【第三次Z】連獄篇1~7話

昨日のうちに、「第3次スーパーロボット大戦Z 連獄篇」をDLし、スタートしました
こちらの話は短いらしいので、なんちゃって春休みの間にクリアしたいな、と考えております

プレイした第一印象としては、時獄篇もこれぐらいスッキリしたシナリオでやりゃあよかったんだよ!
って事でしょうかね
もちろん、連獄篇は疑似OGsみたいなもんですから、ストーリーをまとめやすい、という利点があるのでしょうが


第一話「翠の地球」
舞台は、(おそらく)時獄篇ラストで出てきた、もう一つの地球
そこへ現れたのは、アドヴェントと彼の部下ブルー
つまりこの連獄篇は、アドヴェント(と言うかブルー)が主役のようだ
201504032.jpg
201504033.jpg
彼らは時獄篇のストーリーの合間、こうしてもう一つの地球に足を踏み入れていたようだ
その星は翠に溢れていたが、すでにサイデリアルの魔の手が迫っていた
翠の地球を守るため、アドヴェントの戦いが始まる
それにしても、翠・・・星のガルガンティア・・・うっ、頭が(おい

第二話「乙女の祈り」
この地球でも、サイデリアルの支配を可としない人々が、レジスタンスを結成して戦っていた
その中に、次元震で跳ばされたセツコの姿もあったのである
彼女の本来の機体であるバルゴラは行方不明で、こちらの世界の汎用機であるエイクロスを改良して戦っていた
201504035.jpg
一応、彼女一人でも雑魚相手なら問題なし
マップ上にギルターという、サイデリアルの幹部が出ているが、この相手と戦う頃には、アドヴェント達が増援で現るため、特に支障は無いだろう

第三話「駆け抜ける獅子」
アドヴェントに一抹の疑問を感じつつも、その度に同行することになったセツコ
一方、別のレジスタンス部隊が、先ほどのギルターに襲われていた
そこへ現れたのが修理屋として呼ばれたランド
201504038.jpg
ところがそのランドの行動を見て、ギルターはうっかり禁句を連発してしまう
201504037.jpg
この画像の後にランドが怒っているにも関わらず、自分が禁句を言っていると理解しないギルター。禁句発言をこの後3度重ねることにw
そこへ現れたアドヴェント達
せっちゃんは相変わらずのランドの熱さに顔をしかめる。せっちゃん、そろそろ馴れようよw
201504039.jpg
もちろん、アドヴェントはともかく、ブルーも暑苦しさに気圧されることにw
一件落着後、アドヴェントはセツコと同様ランドにも、自分の旅に同行してくれるよう頼む
セツコと違い、ランドは二つ返事でOK
と言うのも実はガンレオンと共に、メールも行方不明になっているらしい
そこへ、スフィアリアクターを探し当てる「強運」を持つアドヴェントの登場。これはある種の運命だと感じたランドは、運命に賭けることにする
・・・のだが、ブルーはランドの外見に似合わぬ直感力の方に驚いていた
2015040310.jpg

第四話「天秤の皿の上」
これまた別のレジスタンス戦闘現場に、自らを売り込みに出かけていたのはクロウ
2015040313.jpg
正確な額は定かでないが、レジスタンスにそれなりの額をふっかけていたらしく、30%OFFを提案しても契約して貰えない
もちろん、そんな交渉の場でも敵は襲ってくる
2015040312.jpg
仕方ないんでクロウは、ある意味営業活動として、サイデリアルを迎撃することに
この涙ぐましい営業活動ッぷりをご覧下さいw
2015040314.jpg
追いついてきたセツコに、また借金関係で戦争やってるんですか?とツッコまれる始末
2015040315.jpg
一件落着後に、アドヴェントが実は既にスコートラボに接触しており、姐さんからクロウ探索を依頼されていたことが判明
実はそれがクロウを心配というより、借金返済のためと聞いて、またセツコにドン引きされるw
2015040316.jpg
なお、「乗ると借金が増える」という理由で、ブラスタは封印してたらしい。まぁそりゃそうだ
ランドとセツコは、転移の際にバルゴラとガンレオンを失っていたが、どうもブラスタは時獄篇の世界にあるようだ(?)

なおここで、ランド達がアドヴェントに対し、スフィアリアクターを感じられる能力や、単機で次元を行き来できるアスクレイプの存在を示唆し、彼もまたリアクターでないかと問うのだが、彼曰く
「黄道十二星座を背負う者がリアクターであるなら、自分は違う」
と応える
それは当然、アスクレイプの名前がアスクレーピオス=蛇遣い座から来ているのは明白なので、そうであれば確かに言っていることは正しい
するとアスクレイプに搭載されている「機関」は、異端のスフィアかもしくは人造スフィアか
人造スフィアというと、無印Z時代のカイメラの機体や、ジェニオンの疑似スフィアなどが予想される
また、カイメラの機体に蛇遣い座を模した物があったようにも記憶する
すると彼の機体の開発元、もしくは彼の存在その物が、ジ・エーデル・ベルナルのそれに繋がることも予想される
なにせ彼は、再世篇にてエルガンが死亡した後に現れたという
また、疑似スフィアを作ったと言う、AGの所属機関との関係も疑われる
彼は何らかの形で、本来のスフィアを集めようとしているのだろうか・・・

第五話「スフィアを追う者」
サイデリアのとある基地を占拠すると言うマップ
敵の数は多くないが、第一陣の敵が去った後、彼らも恐れる謎の「虫」型兵士の乗った部隊が登場する
こちらは通常の相手よりも手強い。もちろん普通に戦えば問題ないが
このマップでは、二人の重要人物にであう
一人がスフィア研究をしていたという、「クラヴィア」という女性
なんかどっかの惑星から、サイデリアルに拉致られて来たらしく、一行をある種の解放者として歓迎
2015040318.jpg
もう一人は記憶喪失の青年。赤髪の彼の正体は不明だが、顔つきが何処か誰かに似ているような・・・

第六話「脱走者」
サイデリアルからの脱走者を救出する、というマップ
アドヴェントの参戦は後になるが、彼を救う事自体は難しくない
途中で、前話に出逢った赤髪の少年が、何かを内に抱えたまま参戦
その後彼はセツコに「オリオン」と名付けられ、部隊に編入されることになる
2015040321.jpg
なお、脱走者当人の「サルディアス」であるが、幹部用の機体に乗っていたので重要人物かと思えば、彼もまたクラウディアと同様に、サイデリアルに拉致られて来た一兵卒だという
2015040320.jpg
軽口を叩き、何処か妙に達観した印象を与える彼の、真意や正体は・・・?

第七話「ターミナル・ベース攻防戦」
このマップから、機体ごとにグループを組むことが可能になる
また、クロノ改革派から「レッド」が合流し、戦艦をつかうことが可能になる
2015040324.jpg
さて、サイデリアルは、翠の地球にとある「光の道」を走らせていた
その道が集合するターミナルを奪取する、というのが目的
このターミナルには次元力を応用した兵器があり、不可視・不可避の威力があるとされている
これを無力化するため、クロウの機体にクラウディアが同乗し、次元力のシステムを止めることになる
条件として、4ターン以内に指定地点にクロウを送り届ける必要があるが、事前にブースターを強化パーツで付けておけば、3ターンで移動可能である
その後のイベントにて、クラウディアが自らのを卑下し、こんな大事な任務なんてできないと言うのだが、クロウがこれを励まし、クラウディアは自らにもできることがあると奮起。見事システムを乗っ取ることに成功する
ただし、あまりにクラウディアに自信を付けてしまい、彼女もまた戦闘機に乗って「クロウのために!」と言って参戦
相変わらずのクロウの天然タラシ体質に、ランドもセツコも「ああ、またやっちまった」と呆れるほか無い
さらにマップクリア後、システム乗っ取りを成功させた報酬として、借金返済のボーナスよろしく!と真正直にアドヴェントに叫んでしまったクロウを見て、クラウディアは喜びの頂点から呆れのどん底に一直線
しかし、それが何故か判らないクロウに、ランドもセツコも「ああ、またやっちまった」と遠い目

ちなみにサイデリアルが走らせていた「光の道」は、次元力を収集するための物
謂わばインサラウムが使っていたZONEと同じ物で、使い方を誤れば、この星を灰にしかねないものだった
しかし、次元力やスフィアの「恐ろしさ」を知らないクラウディアは、次元力はが素晴らしい未来に繋がるのでは?と状況を理解していない
そんな彼女の幻想を打ち砕く存在が、次のマップに現れるのである・・・

スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦シリーズ - ジャンル : ゲーム

2015/04/03 12:37 | 【第三次Z】COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

どの作品にもいますね、クロウの様な人



モモカ「多分姫様は同じポジですね」
C.C「うむ……ルルージュと同じだな」
ジル「ウチの部下はスコシマテと言う設定ありが多いぞ、百合は当たり前だ」

No:5031 2015/04/03 17:28 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

クロウのアルト越え

連獄篇後半にて、クロウさんのアルト越えが確定しました
マクロスキャラ以上に、女性関係でフラグをおっ立てる奴が出るとは・・・
女性関係でもクロウさんは貧乏くじのようです

No:5032 2015/04/04 12:30 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |