【第三次Z】天獄篇 22~25話

前作のことを考えると、これでだいたい1/3程度終わったのかな
などと考えている管理人です
相変わらず引っ張られる謎と、予想はしてたけど解説はしてくんないのね、と言うような話で充ち満ちていますが
とは言え完結編である関係上、ストーリーのテンポは速く、ちゃっちゃかちゃっちゃか進んでいくのはありがたいですけど


第二十二話「再会の火星」
インサラウムの入植者地へ誘われ、補給・修理を手配してもらうFAINAL-Z
彼ら、アークセイバーとの間には既に壁は無かった
マルグリットからユーザーの真意を聞かされた彼らは、亡き王の遺志を継いでインサラウムを今後とも存続させるべく、赤い大地の上で必死に頑張っていた。FAINAL-Zも、そういう意味では彼らにとって恩人であり、惜しみない援助の手がさしのべられたのである
火星には未だサイデリアルの手は伸びていない
だが最近の地球の状況に心痛めたマルグリットは、一念発起して地球に向かったという
その出立とFAINAL-Zの動向はすれ違ってしまったようで、現状の彼女の動向はわからない
そんな彼女を心配するクロウを周りがはやし立てると、アークセイバー達はマルグリットの身を(いろんな意味で)案じ、不埒な真似をしようものなら天誅を下すと息巻かれてしまうw
201504291.jpg
慌てて取り消すクロウ・・・こんなところでも、彼の天然タラシ体質は災いを呼ぶ
なお、そのマルグリットの外見しか知らないクルツは、飛びかかって(以下略)をすると言っているが、そんなこと彼女にやろうものなら、一刀両断されるのは目に見えている

さて、話は最近の火星について
マルグリットが出立する前後、入植地はメガノイドを名乗る連中に襲われ、攻防を繰り広げていたという
201504292.jpg
え、メガノイドが今更出るの・・・と思ったら、磁気嵐の中での何かの騒動の結果、彼らは殲滅されたらしい
その立役者は、メガノイドの基地があった場所で、バルビエルと対峙していた
201504294.jpg
実はこの世界でのメガノイドは、破嵐創造がクロノの思想の一つから、人類の進化の形の一つとしてメガノイドを生み出した、と言う話をしつつ・・・

話はFAINAL-Zに戻る
ZONEの調査に向かった一行。ぱっと見にはZONEに異常もなければ、傷ついた形跡も無い
そんな中、たわいも無い会話がいくつか交わされる
まずはデュオが、クルツを貧乏くじ同盟に推挙するも、当の本人は冗談じゃ無いと必死の拒絶
とは言え素質が見える事と、「何より声がイイ」とのクロウさんのメタ台詞が、クルツの今後を示唆しているw
みきしんキャラはもれなく、貧乏くじを引く運命にあると言うことだ。デュオは例外w
そのデュオであるが、ヒルデに「クロウと何処か似ている」と言われる。生きる指針とか行動パターンとかが、らしい
冗談じゃ無いと返答するデュオだが、そんな彼に「じゃあおまえも将来、莫大な借金を背負うだろうな」と、言ってはいけない予言(続編小説Frozen Teardropネタ)をするクロウ
201504296.jpg
ええ、その時はヒイロさんもエラい目に遭うんですが
なおそうなったとしても、アタシは貴方を見捨てないわよと言うヒルデであったが、実際は・・・げふんげふん
そんなところに、地球で行き場を無くした旧マリーメイア軍の残党が出現
インサラウムの入植者地を奪おうと襲ってくる
アークセイバー達に受けた恩に報いるためにも、彼らの侵攻を止める事が必要になる

と言うわけでマップスタート。見ての通りサーペントしか居ない
201504298.jpg
こんなんでマップが終わるとは思えない。吶喊したらなんか有るんじゃ無いか、と警戒しながら進んでいたところ、バルビエルの部隊がサーペントの後ろから登場
どうやら旧マリーメイア軍の兵士達は、バルビエルの力であらぬ憎しみを引き出され、悪用されていたらしい
だがそんな彼らに対し、アークセイバー達が立ち上がる
ユーザーの愛に応えるため、その愛を一身に受けた民を守るため、恥も外聞もかなぐり捨て、命を張るアークセイバー達・・・カッコヨス
201504299.jpg
その姿を見てクロウは、彼の「尽きぬ水瓶」の水は、未だこの砂塵の惑星の民を潤していることを実感する
そういや、ちゃんとユーサーとガイオウの墓に花は手向けてきたんか、君は?
その一方でバルビエルはヒビキを付け狙う
ところがその攻撃の前に身をさらしたのは、やっぱり生きてたアドヴェント
2015042910.jpg
さらにはアドヴェントに首根っこ捕まれてきた(?)アサキムも登場
2015042911.jpg
トドメに噂の快男児・破嵐万丈も駆けつける
2015042912.jpg
万丈さんは判るとしても、アドヴェントとさらにはアサキムもこのマップでは味方
2015042913.jpg
アドヴェントは「生きていた」理由を語らないし、アサキムもなんでアドヴェントに連れられていたのかは語らない
なんじゃこりゃー、と言う状態のままマップ継続
万丈さんはヒビキとタッグになる
2015042914.jpg
2015042915.jpg

マップクリア後、アサキムはまたも単独でバルビエルを追ってその場を離脱
アドヴェントも、ブルー達と共にその場を去る
彼曰く、アサキムとアドヴェントの目的は同じ方向にある。また、アドヴェント自身も、FAINAL-Zと最終的には共に戦うだろう、と予言する
とは言え、アドヴェントの突然の登場は、ヒビキの心に良くも悪くも影響を与えていた

そんなところに、銀河系中心部にぶっ飛ばされていたはずの、FAINAL-Z主力メンバーが帰還
2015042916.jpg
どうやら彼ら、その場でバトル7や(和解した)プロトデビルン達と交錯し、色々な情報を得てきたらしい
2015042918.jpg
ゲペ様と共闘もしたとか・・・そのついでにシビル付いて来ちゃったようですw
2015042919.jpg
また、宇宙魔王の呪縛を離れたグーラと、ミケーネ神との戦いを続けるゼウスも、FAINAL-Zと交錯していた
2015042920.jpg
彼らもまた、バアルと宇宙の中心部の関係性を調べていたようだ

なお、シビルのキャラクター性に、一時腰が引けるクルツやロックオンだが、敵で無いと判った途端、ナンパに走り出し、周囲の総スカンを食らうあのであった

Dトレーダーにお邪魔したところ、守銭奴と守Zチップ奴の不毛な会話が開始さるる
2015042921.jpg
また、初邂逅の万丈相手に、AGは「破嵐財閥」ネタをふりかけるw
「それって並行世界の万丈のこと?」と色めきだつビューティーらを尻目に、万丈がDトレーダーの商売を取り仕切ってしまうのであった
2015042922.jpg

第二十三話「最後の来訪者」
万丈はFAINAL-Zに新たな情報をもたらす
それはサイデリアルに奪われていた、外宇宙調査船ソレスタルビーイングの場所
その情報源は「クィーン」・・・ツィーネさんがアップを始めたようです
2015042923.jpg
罠か否かを論ずるより、今は動くことが先決
ヒビキも、アドヴェントの謎について悩むより、彼が生きていたという事実だけを、ありのままに受け止めることで気持ちを切替え、ソレスタルビーイング号及びヴェーダ奪還作戦に臨む

マップスタート・・・いきなりストラウスが居ます
2015042926.jpg
補足説明ではあるが、マクロス7船団との接触により、アルトのデュランダルは修復され、今マップから利用可能に
また、同様にマクロス7船団に保護されていた、ブレラ兄様が味方として加わっている
さらに、木星付近でELSとの接触戦が行われていた模様。その関係で、せっさんはクアンタを持ち出しています
異次元空間では、これを通じて真ゲッターと真ドラゴンが合流し、それぞれ乗り換えと増員が行われています

ストラウス以下、サイデリアル兵力は殺る気満々のため、1ターン目より激しい戦闘が行われる
ストラウス自身も二回行動があるため、早い段階で接触戦となることは必須
ここで初めて「欲深な金牛」の能力の悪影響を受ける。マジでENがガッポリ減らされて萎えたw

ランドはそんなストラウスに何かを感じていた
何処か何かシンパシーを覚えるが、互いに背負う物がある
1対1の決闘が行われようとしたその時、「欲深な金牛」と「傷だらけの獅子」が共鳴
2015042927.jpg
その影響か、この場にエヴァ4機が突然召喚される
心配していたシンジ、そして前後不明だったアスカの復帰に喜びを露わにするFAINAL-Z
・・・うん、まぁそう簡単な状況じゃ無い、と言うのはプレイヤー側だけが知っていること
とは言え、おそらくあちらの世界で、ほぼ孤立無援だったシンジを受け容れてくれるFAINAL-Zに、カヲルは好意を示す
2015042928.jpg

マップクリア後、シンジ、カヲル、アヤナミレイ、アスカ、マリの4人は、ソレスタのブリーフィングルームを借り、今後について話し合う
2015042929.jpg
どうも彼ら、セントラルドグマのアレから、槍一本抜いちまった直後の状態から召喚された模様
シンジは意識せずにニア・サードインパクトを起こしたことから、アスカに猛烈な怨みを投げかけられている
2015042930.jpg
そんな彼を庇うカヲルとの間で、シンジは何をどうしたら良いか、何も見えずにオロオロするばかり・・・

ヴェーダに再接触したティエリアは、おそらくクロノと関係があったであろう、イオリアの計画の真意を探るべく、決意を固める
幸いにして、ヴェーダはサイデリアルに侵されては居ないようだ

Dトレーダーでは、カヲルの登場に戸惑うAGに対し、ご本人より自己申告で決め台詞発動
2015042931.jpg
マイペースなカヲルの前には、普段は押しの強いAGも、一本取られてしまったようだ

第二十四話「一筋の光明」
シンジに気を遣い、積極的に話しかけてくれるアルト達だが、シンジ本人達は歯切れが悪い
なにせ見た目は変わらなくとも、彼らは14年の時を経た先からやってきている
2015042932.jpg
さらには、救いようも無く滅びかかった世界で、まだ不毛に争っているなど言えるわけも無い
2015042935.jpg
唯一マイペースなのがカヲルだが、その近づきがたい雰囲気にユノハが戸惑う一方、サザンカは腐女子全開。まぁ、ある意味では間違ってないんだけどね!
2015042933.jpg

そんなところに、サイデリアルに言われたのか、ソレスタルビーイング号を襲う、ネオ・ジオン艦隊が近づく
マップはご覧の通り
ギュネがちょっこり居りますのと、その後ろではローゼン・ズールに乗り換えたアンジェロが居ります
2015042937.jpg

さて、未だやけ気味にネオ・ジオンに居残り続けているギュネイ。そんな彼を
総帥でお仕置きするか、クェスと喧嘩させるか、ハサウェイと恋のライバルさや当てをするか、はたまた原作通りアムロさんで始末するか考えましたが、指摘を受けて確認したところ、特定人物を近づけると「説得」コマンドが出ました
2015042938.jpg
確認したのは、シャア・クェス・カミーユ。カミーユが含まれてるのは、ギュネイが総帥繋がりで、彼を一方的にライバル視してたからでしょう
2015042939.jpg
とはいえ、説得しても仲間にはならないので、最後は誰かでお仕置きしましょう
今回はハサウェイでぶん殴り殺しました

すると、マップ北方にレズン率いる増援が登場
これに対応したのは、ジンネマン達ガランシェールのクルー
2015042940.jpg
現状のネオ・ジオンに不満を持つ同士ながら、連邦に尻尾を振るのはまっぴらというレズンと、状況を変えるためにシャアについていくと決めたジンネマンは、交戦を余儀なくされる
だが、ここでアンジェロを撃墜すると、全く別方向から横やりが入る
それはカヲルという不確定要素により、さらなる復活を遂げたミカゲ
こいつ曰く、ついでに不動司令が永遠の牢獄に囚われたという。それも全てカヲルの「功績」だそうで、ミカゲ的な恩返し手段として、シンジを付け狙っていたアスカが標的にされた
2015042941.jpg
だがシンジは、損得を無視してアスカとマリの小隊を援護防御
「もう誰も傷つくのを見たくない」と言うシンジについて、カヲルは「これがリリンと言うものだ。君は翅無しと蔑むかも知れないけどね」、と人の持つ光明に期待する言葉をミカゲに投げかける
この時点で、残っているネオ・ジオン勢は撤退。ミカゲも置き土産だけして居なくなる
残ったケルビム兵を始末してマップ終了
ミカゲはまた、何かが実る時期を待つと言い残していたが、それが何なのかは不明

ガランシェールのクルーは、シャアの要請もあり、ソレスタルビーイング号に駐在して、護衛を担当することになった
ここでシャアも、呼び寄せた側としてジンネマンと合流するかと思いきや、現状打破のための戦力不足を憂い、しばらくFAINAL-Zに籍を置き続けることになる
それについてマリーダは、兵士では無いシャアの立場について意見する
2015042943.jpg

そんなところに、例の「クィーン」から再び通信が入った
彼女はFAINAL-Zの中から、数名を話し相手として指定
2015042944.jpg
クロノのキングの秘書官であったことを明かし、その上で保守派も改革派も目では無く、むしろクロノ自体が滅びれば・・・いや、この多元世界自体が滅びれば良い、と言う
中でも桂には、多元世界発生の張本人、歩く特異点と言うことで、個人的な嫌悪感を隠さない。まぁね、初代Zでも、桂には半ストーカーだったもんね、アンタ
だが、サイデリアルにすりよるつもりも無い彼女は、翠の地球に囚われている、もう一人の歩く特異点、オルソンの居場所を伝えてくる

Dトレーダーでは、ヒビキの行く末を心配するスズネとAGの会話
常に二つの極端な感情と環境に身を置いてきたヒビキ
2015042945.jpg
その不安定さが、今後の彼に何をもたらすのか・・・

第二十五話「特異点の使命」
翠の地球解放作戦の初手として、オルソン奪還作戦がスタートする
そのために、各艦隊は様々な場所から翠の地球へ降下
その中、マクロスクォーターの中では、桂とオルソンが言われる「特異点」とは何か、との質問がエイミーからなされる
レドから解説を指示されたチェインバーだが、辞書通りの説明では普通の人が判るはずも無い
これを分かりやすく言い換えてみせるモーム
「機械」としては同じようなものながら、感情や仕草というものを持つモーム。あっちには負けだな、と揶揄されるチェインバーであったが、パイロット支援啓発インターフェースとして、そう言う機能はありません、と冷たく返答してくる
2015042946.jpg
その様を、何処か懐かしいものを見るように眺めるのは、宗介の視線であった

作戦説明の場では、ミスリル残存勢力内で、人事異動があったことをが明かされる
尉官となったマオや、曹長となったクルツ・・・しかし、アルトやレドが少尉なのに、クルツでも曹長なんだ、とヒビキの反応は薄い
2015042947.jpg
うーん、この場合はどうなんだろうね
普通、空軍系統では、パイロットとして正式に採用された時点で、基本少尉からスタートなんだよねぇ
ASというのが、戦闘機と同等なのかどうか、ってのが判断基準なのかも知れない
そう考えると、宗介でさえ軍曹で、それでAS乗りなのだから、ASってのはただのパワードスーツでしか無く、これを操るからパイロットって概念では無いって事なんだろう
クルツ、残念無念
やっぱり貧乏くじの資質があると言われる彼だが、その中でもクロウは加えて借金体質がある、と毒舌を吐くアレルヤ
アレルヤはクロウにはいつも手厳しいw
2015042948.jpg

ブリーフィングのあと、自身の異常について不安を覚えるスズネは、そのことをヒビキに伝える
自身の変貌が顕著に感じられるようになったが、以前まで感じた不安の感情が比例して薄れ、心身がアンバランスになっている
2015042949.jpg
それ故に、今後何が起きるか、自分でも予想がつかない
どうなろうと、スズネはスズネだと返すヒビキであったが・・・

マップスタート
まずはマクロスクォーター単艦で敵を引きつけ、その間に突入部隊が基地内のオルソンの探索、及び救出を行う
2015042951.jpg
別に初期位置から動かなくても良いのだが、ここでは
「5ターンの内にマップをクリアする。さらにその場合、誰か1名のパイロットに5機以上撃墜させる」
と言うSRポイントゲット条件がある
イベント進行がハッキリしない以上、クォーターで稼いでおく+削っておくのも必要かも知れない
当然ながら集中攻撃を受ける関係上、バトル形態に変形しておき、ピンポイントバリアの発動条件は整えておくべきだろう

基地内では、バルビエルとの間にある「何か」を確かめるため、セツコもまた潜入部隊として動いていた
やはり「悲しみの乙女」と「怨嗟の魔蠍」の間の、何かの関係性に要因があるようだ
2015042952.jpg
と言うのも、セツコはバルビエルと行動を共にして居た間、彼から「悲しみ」を感じていた
それがバルビエルの「憎しみ」の元であるなら、その何かを知りたい・・・
しかし、バルビエルはそういうセツコが「認められない」
スフィアの力でセツコ達を惑わそうとするも、咄嗟の行動で「悲しみの乙女」と「怨嗟の魔蠍」が衝突・拮抗
2015042953.jpg
この隙にその場を後にする一行・・・やっぱり、セツコのスフィアがバルビエルのカウンターである可能性は高い

さて、ここでクォーターが一端撤退
自分が勝ったと思い上がるギルターの前に、ヒビキが単機出撃
出現位置の関係上、これまた集中攻撃を受けることになるジェニオン
「集中」で雑魚からの攻撃は避けられるので、これを利用して彼もエース獲得
2015042955.jpg

だが直後、バルビエルがしかけた「毒」により、黒スズネが突然凶暴モードで覚醒し、ヒビキをジェニオンから蹴落とそうとしてくる
2015042956.jpg
これに抵抗するヒビキへの「当てつけ」として、黒スズネは自らジェニオンから降り、何を思ってかバルビエルについていく
そんな彼女を、バルビエルは「アムブリエル」と呼んだ
2015042957.jpg
ショックを受けすぎている彼を、オルソンを救ってきた桂がフォローする形となり、改めてマップ攻略開始
イベントでギルターは撃退され、バルビエルも居ないので、残りは雑魚だけ
レベル上げとSRポイントゲットのためにお使いください
2015042958.jpg

スズネの奇妙な行動は、FAINAL-Z内部の誰一人として理解不能であった
確かに憎しみの感情は、人間は誰しも持っているかもしれない
だが、スズネがそう言う感情を持って、ヒビキに接していたとは思えない
何もかもが判らない中、ただ一つ言えるのは、バルビエルがヒビキに対する、最高のオモチャを手に入れた、と言うこと
2015042959.jpg
そのヒビキ自身は、自らを鍛えるために、強い心を持つために訓練に没頭したいと言ってくる
そのための相手が・・・カミーユや宗介はイイとして、竜馬やらキリコ・・・

良くも悪くも死ねるわw

無力感を覚えているのは、いつもは軽い男で慣らしている桂も同じ
多次元世界発生の元凶ながら、時空振動が重なりまくった現状の世界では、彼とオルソン程度が揃ったぐらいでは、時空修復どころか一億と二千万年の危機の前にも、これと言った対抗策を提示できるわけでも無い
だからと言って絶望に沈むつもりも無いわけだが・・・
責任を取る時は来るのかも知れない。その時は命がけでやらねばならないだろう事を、彼は薄々感じる
2015042960.jpg
オーガスIIフラグですか、わかりました(お


黒スズネ・・・アムブリエルの覚醒(?)については、AGも「計算外」と呟く
だからと言って商売はあきらめません、とのお言葉で商品棚に並んだのが
マウンテンサイクルから発掘したという、ジュアッグ
2015042961.jpg
おい、マジか、こんなときに、こんなものを(爆笑
良いじゃ無いか、買ってやろうじゃ無いか!
150Zチップなら安いもんだぜ!!

そしてステータスを見てさらにずっこける
補給装置ついてる!!!
2015042962.jpg
どこに、あの機体のどこに、補給をする機能があるとw
マウンテンサイクルの中で変異したのか?
それにしても、アムブリエル、か・・・
これもしかして、アンブロジア(ギリシャ神話の『不死の果物』)のアナグラムじゃないのか?
で、こういう展開になったって事は、数マップ後で黒いボンテージコスチュームに着替えた、悪堕ちスズネ先生が出てくるんですよね、判ります
おや、誰か来たよう(バキューン
スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦シリーズ - ジャンル : ゲーム

2015/04/29 14:08 | 【第三次Z】COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

アムブリエルは実際にある天使の名前ですよ

No:5056 2015/04/29 18:35 | 通りすがり #- URL [ 編集 ]

ヒビキは果たして(色んな意味で)帰ってこれるのか(汗

スズネ先生、覚醒しましたね(汗
アムブリエルは黄道十二宮の双児宮(双子座)の守護天使名だそうです。
…双子座って事は、反対のスズネ先生と裏スズネだからリアクターの資格があったって事ですかね?(汗
ついでにバルビエルは天蠍宮(蠍座)の守護天使名だそうです。

後、アドヴェントは怪しすぎて後々裏切る気しかしないです(汗

No:5057 2015/04/29 21:58 | アーリィ #rGBmXYgI URL [ 編集 ]

腐女子の鋭さはNT並

河森作品繋がり


ミーナ「やはりそう思いますか?カヲル×シンジ君」
サザンカ「はい!」

二人とも握手する。


シンジ「何か寒気が」
アルト「気にするな……オフの時には深池袋に繰り出す猛者だ……あれ?ユノハは?」
アスラン「感情高ぶると消えるらしい」



チェィンバーから見たプロトデビルン


桂「チェィンバー、良く冷静に……受け入れられたな。プロトデビルン」
チェィンバー「ヒディアーズは知性が消滅したから武力行使しかない……まだ話せる余地がある方は理解できる」
キラ「慣れてますね」
桂「大佐とかで慣れているからね……」
シン「敢てあの子の名を出さないのは?」
桂「今じゃロリコンって誤解され易いからなぁ」

No:5058 2015/04/30 00:27 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

連休中にクリアできるかなぁ

通りすがり様>
あまり守護天使には詳しくなかったので
なるほど、そうでしたか

アーリィ>
スズネ先生については、先々に進んだらいろいろありましたでござる
情報量がパネェので疲れますw
アドヴェントは・・・アイツは・・・ねぇ

YF-19Kさん>
腐女子はこの世界から排除するッ!(ぇ
プロトデビルンは、文明というものについては関心があるので、ただの獣とは判断されなかったのでは無いかと

No:5059 2015/05/02 22:29 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |