【第三次Z】天獄篇 30~33話

とりあえずここまでプレイしての感想を一言(ネタバレ無し

こんだけ一気にネタ詰め込むんだったら
時獄篇時代でもっといろいろやれただろうが!


・・・ふぅ、1㎜ぐらいスッキリした(おい


第三十話「闇の中の真実」
中央大陸組と合流したFAINAL-Z
甲児らの報告で、ズールと宇宙魔王がまだ生きていたことが判った・・・
201505041.jpg
いい加減退場しろよ、アンタら

この会話に混じってないのがヒビキ
黙々と訓練に勤しむ彼が、あまりに無理をしているのでは、と周囲は多少不安を抱える
そこから訓練・修行という単語が出る中、努力と根性で話を通じ合うノリコとノノ。そこからアマタの能力が、ミコノへの愛というネタ振りが行われ
「二人でイチャイチャするのが訓練ですね!」
201505042.jpg
とノノがツッコんだところ、ミコノの恥ずかしがる姿を見て、アマタが浮く。分かりやすい奴め
その中でカミーユは一人、渋い顔
彼の心配事は、ランドやセツコと違い、ヒビキが既に「常時スフィア発動状態」であることだった
それはつまり、彼らに見せる希望の感情の向こうに、それと同量の極端な絶望を抱えている、ということである
201505043.jpg
これについては、聞いてやることも解決してやることも、彼のナイーブな部分に触れることを考えると、自ら打ち破るのを待つほか無い、と言うのがメンバーの意見
そこへ、こちらの心配を余所に、訓練に付き合ってくれとヒビキが顔を出す
もちろん全員が買って出るのであるが、その成績は12勝46敗
201505044.jpg
これは負けすぎだろw

翠の地球解放作戦の一環として、とある基地を攻め落とした一行であったが、そこには妙な装置が置いてあり、そこから救助された人々は、ヒビキと同じように「血塗られた瞳」を発動していた
201505046.jpg
更にはそこに、退院したと思っていたシンヤらや、病院を退職した後行方の知れなかったマキの姿もあった
彼女は自分のできることを探そうと考えた末、軍の医療チームへ志願したのだという。その後紆余曲折でサイデリアルに誘拐され、ここに収監されたという
そんな二人の間に入ったティティ。敵襲に備えて飛び出すヒビキの後を受け、マキと会話を交わすのだが・・・
201505047.jpg

現れたのは尸刻らとアマルガムの混成部隊
レナードもその場に出てきており、FAINAL-Zを見学中
201505048.jpg
さて、尸空らは部下にもあの蟹メカを使わせてくる。尸刻曰く、これを出すというのは彼らなりの本気の証、なんだとか
2015050410.jpg
マップはこんな感じである
201505049.jpg
尸冥爪よりもなにより、手前に居るラムダドライバ搭載ASの方が面倒くさい
尸冥爪はあまり動いてこないので、こちらもレイラインを上手く使い、密集形態でまずはラムダドライバ搭載ASを集中攻撃した上で、他の敵に挑む方がいい。もちろん、バリア貫通を標準装備した機体で揃える、と言うのも常套手段だが
問題なのは、この時点でSRポイントゲット条件の表示が無いこと。まだ続きがあるわけだ
その続きとして現れたのが、まず尸空。なんでもあの尸刻、彼の妹らしい・・・似てねぇ
2015050411.jpg
さらに、バルビエルが修復されたジェミニアを持ち出してくる。その中身はスズネ先生であった
アムブリエルを名乗る彼女曰く、そもそもジェニオンの正規パイロットは彼女なんだという。故に
2015050412.jpg
「いがみ合う双子を返してもらおう」
と言ってジェニオンに襲いかかってくるのだ
2015050413.jpg
ここでSRポイントゲット条件解放。
「ジェミニアの撃墜。なお、アムブリエルはHP30000で撤退する」
・・・ウザい条件は無視するに限る
そのアムブリエルのステータスであるが、なんでアンタが「勇気」持ってるんだと、小一時間問い詰めたい気がする
2015050414.jpg
勝利条件を満たすとイベント発生
クロウがSPIGOTを解放するイベントとは良いとして
バルビエルを止めようとしたセツコが、罠にはまって捕まってしまう
2015050415.jpg

彼女の救出は当然として
問題はAGの方である
アムブリエルのこともあり、FAINAL-Zのほぼ全員がDトレーダーに攻め込み(苦笑)、AGを問い詰めようとする
しかし、自分はロボットであると素知らぬふりを続けようとするが、ヒビキに「エージェントを続けるのか、FAINAL-Zの一員を続けるのか選べ」とすごまれ、FAINAL-Zの方が大事であると応える
2015050416.jpg

ここからの経緯を簡単にまとめると
DEM社の中で、いがみ合う双子を使った、スフィア搭載機体の開発が計画された(これ自体ブラフな気がするが)
当時、既に該当のスフィアが、ガドライトのジェミニアに搭載されていることを知ったDEM社は、これを強奪すべくジェニオンの開発を開始。そのパイロットして、彼らはスズネ先生に目を付けた
それは、ルゥやカナリアが分析したように、彼女が先天的に解離性同一性障害、つまり二重人格であったこと
いがみ合う双子としては、天然の良い「素材」であったため、偶然を装い彼女をジェニオンに接触させ、その二つの人格のコントロールをスフィア発動条件へ繋げようとしたのだ

アムブリエルと名乗っているのは、この解離性同一性障害によって起きた裏人格で、現状バルビエルの悪影響でスズネを押さえ込んでしまっているようだ
2015050418.jpg
さて、スズネを取り込もうとしていたジェニオンだが、これにヒビキが先に接触してしまった
2015050417.jpg
このためジェニオンは、ヒビキに適応した状態で最適化されてしまった。ただ、AGにとって良い誤算だったのが、ヒビキもまた両極端な感性の持ち主で、上手く行けばリアクターに成れる可能性があったこと。さらにスズネとも懇意にしていたため、偶然を装って彼女もジェニオンに載せてしまい、人造スフィアの不安定性を、二人の極端さで安定させていたらしい
ここまでの話の間で、AGがあまりにもヒビキやスズネをモノ扱いするので、さしもの竜馬や隼人も憤りを覚える
だがヒビキは、利用し、利用し合ったのはお互い様だ、と敢えてAGを極端に責めない。もちろんその代わり、これからは何でもやってもらうぞ、という脅し付きだが
2015050419.jpg
これでもまだAGの策に乗るというヒビキに、シャアは「これは悪魔との契約かも知れぬ」と警告するが、状況の厳しさを考えれば、例えそうであっても乗らない手は無い
2015050420.jpg

しかもジェニオンの開発コードのDEMとは、「Diabolus Ex Machina」(機械仕掛けの悪魔)でもあると言う
2015050421.jpg
いつも因子が足りずに、現世に出てこられない某時空の番人がアップを始めるのか?(おい


てぇかさ
この「いがみ合う双子」の発動条件
アレルヤさんなら最強に使いこなせるんじゃね?
すでに彼は、二つの人格の統合術も獲得してるし・・・
さて、セツコが攫われて気が気でないのが、シンちゃんである
シンにとってセツコは、人生の指針となり、スパロボでのシンの救済に、最も尽力したスパロボオリキャラであるから、そりゃもう当然だろう
2015050422.jpg

ところで、このところのリアクター覚醒イベントにて、味方リアクターもスフィアによる恩恵を発揮しつつある
例えばランドの傷だらけの獅子は、マップ全員の防御値アップ
2015050423.jpg
クロウの揺れる天秤は、命中率アップとなっている
いずれも気力150以上となっているが、それにしてもサイデリアル側のスフィア能力と比べると見劣りする
2015050424.jpg
スフィア同士の戦いなんだから、ここはびっくりする能力の設定があっても良かったんじゃ無いのか、と思うんだが

第三十一話「憎しみと悲しみと」
破壊された基地に残された奇妙な装置
これを聞きつけてトライアが急ぎやってきた
彼女の見立てと、シビルとAGの強力によって、これがかつてプロトデビルンが作っていた、スピリチアル吸収装置と同じ原理を持つ、人の生命を吸い上げる機械であると分かる
2015050425.jpg
しかもそれは、絶大な恐怖を与えることで、トラウマを引き出して、そのショックによって発生した感情を吸い上げるというもので、単純に「元気さ」を奪われていた「マクロス7」の世界と違い、バサラの歌であっても完全な回復を見るのは困難と言われた
2015050426.jpg

トライアは、初めて生で出逢ったヒビキに、母の面影があると伝える
彼の母は、その手の業界ではトライアも目標にするほど、それはそれはすごい人だったようだ
だが、この人が「死んだ」理由を、トライアは知ってしまっていた。これがヒビキに深い影を落としていると感じ、助言をしてみたはものの、それは空振りに終わってしまう・・・
2015050427.jpg

さて、マップ開始。シンちゃん殺る気満々ですが、まずは相手はサルディアスからです
2015050429.jpg
ある程度彼らの部隊を倒したところでバルビエル登場
彼女は渡さない、殺したいほどに気になるから、と嘯く彼にC.Cが一言
「恋しさ余って憎さ百倍。惚れてるのか?」
図星だったらしく、ムキィと顔をしかめてくるバルビエルに、C.Cさらに
「好きな女この事でからかわれてキレるとはな。まるで思春期の少年だ」
2015050430.jpg
こういう場面での煽りは、C.Cが一番適してるなw

と、そこへ囚われていたセツコが戦場復帰
セツコはバルビエルの憎しみに対して、その感情に囚われた彼を悲しみ、解放したいと考える。そのような視線がバルビエルにとっては不快でならない。憎しみを吸い取られるようで・・・
しかし、この救出劇の立役者は、初代Zからのセツコのストーカー、アサキム
2015050431.jpg
さらにアドヴェントも駆けつけるのだが・・・
ヒビキはここで、アドヴェントの助力を振り切ることを決意する
いつまでも彼らに頼っていては、本当に壁を乗り越えた「何か」を得られない。高みを目指すには、自らが道を開かなければならないのだ
「ワタシの手を振り切るのか?」とのアドヴェントの問いに、FAINAL-Zの方も「そろそろ意図を聞かせて欲しい」とか、「改革派が本当は何を目指してるのか、教えてくれても良いのではないか」と問い返す
これを見てアドヴェントは、突然掌を返し、FAINAL-Zは自分達の同士たり得ないと決めつけ、殲滅を宣言する
今の言動の何が悪かったのか、全く判らないFAINAL-Zの方は大混乱
しかも、アサキムにも「スフィアは好きにして良い」とまで言い出すアドヴェント
2015050432.jpg
FAINAL-Zの方はやむなく応戦せざるを得なくなる
ここでSRポイントゲット条件解放。「同ターンに、同ユニットが、アドヴェントとアサキムを同時に倒す」
・・・あのなぁ・・・
とは言え、何とかしましたよ。たまたまシンジ君が良い場所に居て、マキシマムブレイクも貯まってたんで、れっつらごー
おかげでLVがガッポリ上がりましたが

問題はこの後です
アドヴェントが、突然掌を返したことが納得できず、半ば混乱しつつ彼を追うヒビキ
しかしその前に立ち塞がった、改革派の「ホワイト」は実はマキであった
さらにアドヴェントは、暴走したヒビキにアスクレイプを破壊されながらも、なんと生身でジェニオンを撃破
「君は私のモノだ(だから何も知らなくてイイ)」とのたまい、その理由が実は自身こそが、ヒビキの追う「テンシ」だからだと暴露
2015050433.jpg
自らの支えとしたモノが、目の前で全部ひっくり返されたことで、ヒビキは卒倒
そのままトレミーの医務室に担ぎ込まれることに

実はマップ開始前、クロウはアドヴェントへの感想として、「恋は盲目」と評していた
あまりにも助けられてきた故に、すっかり彼を信じ切っていた一行
2015050434.jpg
しかし、クロウは連獄篇の頃から、アドヴェントに不審を隠さなかった
今回でも、ノノやレドはアドヴェントに不気味さを感じ、何か恐ろしいモノを見ていた

更には、例の基地でマキと話したティティは、マキからは何の嘘や偽証を感じられず、むしろ楽しそうだったと語る
ブルーらも、あの場でFAINAL-Zと戦闘するのは想定外で、若干の戸惑いがあったと感じられた
敵を欺くには先ず味方から・・・アドヴェントの行動は、そういうことだったのだろうか
さらに問題は、アドヴェントと対峙することは、「罪の意識」や「後ろめたさ」、分かりやすく言うと「親に逆らおうとする子供の心理」を感じることがあったという。それはつまり・・・

第三十二話「太極」
宇宙【そら】へと上がったFAINAL-Zは、衛星軌道上でダナンと合流
トレミーの医務室で昏睡するヒビキに寄り添うカレン達とは別に、宗介はテッサへの戦況報告を行っていた
衝撃的な事実が暴露される中、隊員全体の士気は旺盛であると伝える宗介
2015050435.jpg
その宗介に、ヒビキを心配しないのかと問うテッサだが、宗介はヒビキを信じているという。自らもどん底に行ったが
「その時の感情など、とっくに犬に食わせました」
と伝える彼に、テッサは逆に奮起させられる

さて、インベーダーさんが襲ってきたので、マップスタート
SRポイントゲット条件は、こいつらを1ターンで倒すこと
2015050437.jpg
これが意外と難しい。いや、倒せなくは無いのだが、インベーダーのAIが割と賢く、変な風に数を残して敵ターンを迎えると、反撃不能位置に居るタッグに攻撃を向けたりしてくるので、実にいやらしい
できれば味方ターンで全て片付けたい
自分は数度やり直したが、リアル系でワイド攻撃にて両翼を削った後、スーパー系でトドメというのが王道パターン
むしろ真ん中に一匹だけ居るデカい奴は、ギリまで削って敵ターン反撃でOK
ヒトデさんの始末が一番面倒なのである

こいつらを始末すると、宇宙怪獣の増援、さらには謎のAI軍団、ついでにゲシュタルトの軍団、トドメにアムブリエルがワラワラと登場
ここでクロウが、まだ前後不明のヒビキを、無理矢理ジェニオンに乗っけて出撃
AGからの依頼というのが、「金でも積まれたのか!?」とのツッコミに、マジ顔で「なんとでも言ってくれ」との回答
これは並々ならぬ覚悟があるとみた一行
しかし、こちらの呼びかけに応じる気配の無いヒビキを起こすため、タケルは超能力でヒビキの精神にダイブし、叩き起こしてくることを提案
2015050438.jpg
が、万が一の場合はそのまま闇に飲まれ、還ってこられない事さえある危険な賭
それでもやると言う彼を、イノベイターが、ニュータイプが、それぞれの力を駆使して援護

そこで見たのは、母によって命を絶たれようとした、という究極的なトラウマを負ったヒビキの過去
2015050439.jpg
母に捨てられそうになった、命さえ無にされそうとした恐怖。これがヒビキの最大の闇の根っこ
2015050440.jpg
ここに介入してきたアムブリエルは、ヒビキはここかさらに失った様々なモノに次いで、スズネさえも失うだろうと脅してくる
2015050441.jpg
だが、スズネは完全に押さえ込まれたわけでは無かった。人の心の光の中で奮起したスズネは、ヒビキに「自分はまだ居る」という一筋の希望を見せる
2015050442.jpg
これがきっかけとなり、ヒビキはジェニオンの中で覚醒
「絶望に腐るのでは無く、半端な希望に頼るのでは無く、その先に行く」
この覚醒により、ジェニオンは最終形態「ジェミニオン」へと「変身」を遂げる
しかも、機体の機動情報はバルゴラのデータをプラス、次いでガンレオンの半自律機能を追加、さらにはトライアにお願いして、ブラスタのスフィアパワーダイレクトシステムを増設
要するに・・・「AGが考えたさいきょうのすふぃあきどうへいき」
2015050443.jpg
その姿は一瞬禍々しさを現したが
「まだだ、まだこれは違う!」
ヒビキの念は止まるところを知らない
「あ、ちょっとヒビキさん、それ以上は良いですから、ちょっとー!」
と、これらがAGの想定より上に行っちまった結果、それは「ジェミニオン・レイ」となって覚醒
2015050446.jpg
人の心の光が集中した結果のこれ。ゲシュタルト曰く、まさしく「太極」の姿だと・・・
2015050444.jpg
つまり、機械仕掛けの悪魔を作るつもりが、機械仕掛けの神ができたでござる(滝汗
もう何が何だか判らないが、いがみ合う双子が完全覚醒したのは間違いない模様
技量+10という効果らしいが、もうちょっとなんだ、がつんとした効果は考えられんかったんかい?
2015050445.jpg
なおこれより、ジェニオンは出撃後、ジェニオン>ジェニオン・ガイ>ジェニミニオン・レイへと三段変身することになります

と言うわけで、ここまでのイベントが終わった段階でのマップ状態
カオスですねー
2015050447.jpg
しかし、SRポイントゲットしてますので、後はお好みで撃墜数なりPP稼いでください

と言うわけでアムロさんエースゲット
2015050448.jpg
続いてテッサもゲット
2015050449.jpg

アムブリエルはここで倒してもまだ諦めない
2015050450.jpg
ヒビキ曰く、完全に鼻っ柱負ってやらんとアカンらしい

クリア後、シン達はヒビキが、AGになにやら薬でも打たれたんじゃ無いか、と心配する
2015050451.jpg
一応今は、AGから機器調整終わりました、と言われたことで立ち直ったようだが、そうで無ければ薬でも何でもやったと言ってはばからないAG
2015050452.jpg
そんな危険な賭に、なぜクロウは乗ったんだと聞かれるが、クロウ自身もハッキリした理由はわからないが、ただAG自体は信用に値する、と直感で感じるのだそうだ。トライアもAGとは気が合うようなので、スコート・ラボ特有の何かがあるのか?などという話が出たりもする
そのAGを、スメラギはペシッと平手打ち
結果として上手く行ったから良いモノの、隊員を無用な危険に曝したのはいただけない、とお怒り
これに対してのAGの答えが
「やはりスメラギさんの平手打ちは効きますな」
2015050453.jpg
この直後ティエリアが気づいているとおり、これは重要な台詞である
と言うのも再世篇でエルガン・ローディックが、ほぼ同じシチュエーションで、スメラギに平手打ちを食らっているのを覚えておいでであろうか
そして今の今まで、AGがAGとして、スメラギにピンタを食らったシーンは、無い
しかもこいつはセツコと初めて逢った時、耳にフーのセクハラもかましている
これまた初代Zで、某変態博士がセツコにやったセクハラである
詰まるところこいつの中身は、ほぼ間違いなくジ・エーデル・ベルナルのうちの一人だと言うことだ
・・・やだなぁ、アイツ引っぺがすと、アレが出てくんの?(汗

マップクリア後にDトレーダーへ行くと、ヒビキがAGに素直にお礼を述べると、あれだけのことがあった割の礼ということで、AGの方がドン引きしてしまう
「やれ信用できないだ、やれ守チップ奴だ、やれセクハラロボだ、やれディメンションジョークが寒いだ、やれDトレーダーの商品が高額すぎるだ、やれ足が短いだ、やれ発言が下品だ、やれ隠し事が多いだ、やれアドバイスがテキトーだ、やれ横幅が広すぎて邪魔だ・・・って」
これらは全て、ロジャーやルルーシュ、その他諸々のFAINAL-Z諸兄に言われたことだそうである
まぁ、全部間違ってないので、フォローはしてやれん(ぇ
その後ヒビキが、本音でお礼を言ってるんだよと言うと、今度は開き直って「商売商売」を言うよう迫ってくる
これについても、FAINAL-Z諸兄にあの手この手で言わせてきて、残るはヒビキだけだという…(そうだったけ
もちろんヒビキは全力でお断りですが
2015050459.jpg

ただし余興はここまで
翠の地球にある月のディアナより、FAINAL-Zに救援要請がきたのだ
2015050454.jpg

第三十三話「黒歴史の闇」
月の宮殿とD.O.M.Eを武力制圧したのは、エルーナルナ
だがこの状況でも、ディアナは臆することなく、侵略者に対して完全とした態度を保つ
2015050460.jpg
そんな女王に、エルーナルナはクロノの名を持ち出すのだが・・・
2015050461.jpg

ディアナの一大事、そしてD.O.M.Eの一大事とあらば、ひげガンダムの出番である
というわけで(ぇ)、今回はロランとがロードがタッグでイベント出撃
2015050463.jpg
マップはこのような状態で、血の気の多いエルーナルナの部下との対戦にいなる
2015050464.jpg
SRポイントゲット条件としては、こいつらを4ターンの間に撃墜しながら、その中で自方母艦2隻が1機以上の敵を撃墜すること
これ自体は特に難しくない。未だ誰も、熱血も魂も覚えてないのだが、武器の改造具合やスキルを活かせば、これといって困ることも少ない
一応、ダラバーンがランドに嫉妬むき出しなんで、会話をみたい方はランドも出撃させませう
で、母艦に活躍させてたら、ジェフリー艦長がエースゲット。地味に助かるこの手の能力を得るためにも、自分は艦長組に優先的に撃墜数を譲ってます
2015050465.jpg

んで、全員追っ払うと、ダラバーンは失態をエルーナルナに報告せねば(=愛しいエルーナルナ様に逢う口実)と言って撤退。これを見て、エルーナルナ自身も潔く軍を引き、この機会にとディアナがD.O.M.Eの封印を解き、黒歴史を再度解き明かすとお出ましになる
なお、再世篇メンバーには、黒歴史の単語の意味が違うので、キラより追加説明がある
2015050466.jpg

D.O.M.Eに案内された中、黒歴史の発端(というより分岐点)について、シャアは自らのアクシズ墜としが、それらの分岐点になったであろう、と予想して告白する
これにレドが驚愕するのは無理もない
2015050467.jpg
さて、無印Zの時代、役目を終えたとして眠りについたD.O.M.Eであるが、ことの重大性のため、ディアナからのたっての願いにより、ティファが呼びかけてその封印が解かれる

ここから明かされることを要約すると
まず、D.O.M.Eは「最悪の結果が選ばれた場合の未来」に属する存在である。そのため、次元としてはレドたちの世界と同じ時間軸に属するという
2015050468.jpg
さて、最悪の結果・・・つまりアクシズが墜ちた後
地球環境改善のため、種の存続のため、様々な試みがなされた
そのうちの一つが、ヒカリムシを散布しての海洋環境改善対策。ガルガンティア号はこの対策の進捗具合を見つめ、その成功に尽力するために集められたもので、これらに参加したのがエイミーらのご先祖様となる
2015050469.jpg
それ以外にも、もちろん月やコロニーへの避難のほか、「キングゲイナー」の世界のようなドーム型シティへの待避、「ザブングル」のように中緯度帯へのドーム型シティ建設など、様々な試みがなされた
しかし一方で、地球に固執することをやめ、人為的に環境に適応する身体を手に入れ、苦境に対応しようとする者もいた。それがイボルバーであった
2015050470.jpg
ここに来てレドは、ようやく胸の内にためていたヒディアーズの正体を口にする
2015050471.jpg
人同士の戦いに苦悩したレドであったが、D.O.M.Eから見たとしてもヒディアーズは、生き物としては強固になったかもしれないが、知性と文明を捨てた時点で道を違えてしまったのだ、とレドと同一の見解を示す
そういった現在のFAINAL-Zの交戦状況に、寝ていた割にD.O.M.Eが異様に詳しいのは、なんとヴェーダとD.O.M.Eがお友達・・・というか、同じ目的で作られ、同じコードを持ち合わせているため、情報の交換を重ねていたからだという
2015050472.jpg
再世篇の世界で、DXがサテキャを使えていたのは、ヴェーダのサポートあってのことだったということだった
イオリアの先見性に驚くソレスタメンバーであったが、問題はこの後であった
2015050473.jpg
ヒカリムシが発展し、月光蝶システムの元ができたとき、ここでもクロノ保守派による一つの施策が行われた。それが月光蝶による文明の埋葬である。彼らは人類の進化はこれ以上必要ないと考え、人為的に文明を無に帰し、その機会をリセットしてきた
おそらくこれは後々、「トップをねらえ!2」へとクロスする設定だろう。あの世界では、縮退炉やトップレス能力が、バスター軍団や宇宙怪獣を呼ぶ火種になっていた。クロノ保守派はこれを恐れ、無理矢理可能性を潰してきたのではなかろうか
その中でもクロノの良識派が、月には多くの遺跡を残していた。それらを管理していたのが、ディアナの祖先たち
なぜ月なのか?それは、地球から最も近く、最も到達しやすい天体が月であり、目標になりやすいからであった
そういった経緯の中で、実はラプラスの箱も重要な役割を持って生まれたらしい・・・が、この先を聞くことはかなわなかった
2015050474.jpg
まーたミカゲが横やりを入れてきて、D.O.M.Eの機能を停止させてしまったのだ
だが、D.O.M.Eは悲観していなかった。長い長い歴史を生きてきて、すべての終わる時代に、やっと「終わることができる」と。彼のいう「死ぬことも権利」という言葉に、ガロードは感じ入るものがあった
2015050475.jpg

というわけで後半戦
ミカゲが出してきた軍団とドンパチになるが、SRポイントは取得しているので、のんびりレベル上げに徹しましょう
2015050476.jpg
3ターンほどすると、マップ西側にエンシェントアクエリオン登場。勝利条件は、こいつのHPを30,000まで減らすこと
景気よくMAP兵器版神来無限拳をぶっぱされるので、ぶん殴るときは1ターン中にやるべし
また途中で、ディアナの名により月光蝶システムの封印が解かれ、∀は本来の力を発揮できるようになる
2015050477.jpg
さらにD.O.M.Eの粋な計らいで、DXのサテキャチャージが1ターンで済むようになる
別の場所で戦っているジャミル達の声援もあり、若い二人を先陣にミカゲの撃退に成功
2015050478.jpg
しかしミカゲは「試験は終わった」といった趣旨の言葉を残し、青の地球を目指して消えてしまう
さらには、青の地球と翠の地球の間に、宇宙怪獣が現れたとの一報も入り、FAINAL-Zは慌ただしく月を出立していく
その後を見送ったディアナは、この戦いの先に真の平穏が来ることを確信しているとハリーに伝え、そうなった暁には地球よりキエルを招き、自分は隠匿して歴史から消えると告げるのだった
エースをゲットしたアムロさんに、AGは祝辞を述べると同時に、いつまでもその活躍をつぶさに観察し、アムロの特集本を作るつもりだという
その策を聞いたアムロさんは、自分のトンデモ本が出る原因が、こーゆーところにあるのだ、と痛感するのであった
2015050455.jpg

続いてテッサに謝辞を述べたAGは、そのまま彼女の抱擁を期待するが、そこに現れたマデューカスの鋭い眼光の前にたじたじ
テッサ曰く、自分の功績はダナン搭乗員全員によるものであり、自分だけが祝辞を受け取るべきではない、とのこと
この鉄壁の布陣を前に、それでもテッサに不埒な真似を働くのであれば、ダナン搭乗員全員がAGを鉄くずにするであろう・・・
2015050456.jpg

続いてジェフリー艦長
艦長を褒め称える女性陣の姿に、AGは「ブリッヂが女の園なのも、マクロスの伝統」との言
2015050479.jpg
ボビーに褒められるも、その彼に「ボビー様も、ラフレシアのごとく咲き誇ってください」とのたまってしまい、ボビーの厳ついお顔を頂戴する羽目に
月を脱したあとDトレーダーへ行くと、AGからロランとがロードに「商売商売」のお願いが
あっさりとそれを受ける二人に、「若い方々は話が早い」と感じ入ったAGであったが
2015050480.jpg
「変にまとわりつかれるより、さっさと相手した方が早い」
とドライなことをいわれて落ち込むw

落ち込んで奮起したAGが出した、マウンテンサイクルからの特価品・・・
それはα・アジール・・・!?
2015050481.jpg
AG・・・お前ねぇ・・・なんてものを・・・
しかもこやつ、地形対応「空」だよ!?
つまり、飛ぶの、飛ぶのこいつ!?
わかったよ、買ってやるよ!
ニュータイプはいっぱいいるから、誰か乗せて運用してやるよッ!!
スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦シリーズ - ジャンル : ゲーム

2015/05/04 20:10 | 【第三次Z】COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

イボルバー


これがガルガンディア船団では“クジライカ”、レドが居た所では“ヒディアーズ”なんですね……まあ提唱者が自分の娘(エイミーにそっくりらしい)まで改造した設定になっているので……。

キャプテン.G.G「心配なのは火星圏コロニーに住むコーディネイターだな……遺伝子操作しまくってイボルバーの様に人間外になってしまうかもしれない」
キラ「大丈夫、続編の話は無いから」
アスラン「10周年過ぎてもあんまりねぇ……」
ロウ「本編主人公が身も蓋も無い」



何故か仲良くなれるのか?


某掲示板でスパロボの主人公の面々は良く仲良くなれるなというお題があったので……って言うか各作品を見ればそれなりに察しが付くと思うんですがねぇ……。


・敵同士が手を組んでいるから


マジンガーZシリーズやゲッターロボが参戦すると必ず手を組んでいるので……因みにコンバトラーVやボルテスⅤ、ダイモス、ライディーンでも同じ傾向なので。


・世界観が同じ

マクロスでは時代こそ異なるが状況的に近いので仲違する事はありません。ガンダムもそうですね……。



・敵の特性上、倒せるユニット(とパイロット)が限定される。


EVAの使途やソンダーロボ、堕天使、プロトデビルンが代表格かな?

No:5063 2015/05/04 23:11 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

突き進んでここまで

ガンダム種の10年の呪いは、もうこのまま解けなくて良いと思うよ(ぇ

チーム仲違いと言えば、最高傑作α外伝ですねぇ
昭和のノリって言えばアレですが、すれ違いと集合って、ああいうのを言うんだと思うんだ

No:5064 2015/05/06 23:20 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |