FC2ブログ

〔5月購入マンガ〕イレブンソウル 3

イレブンソウル(3)イレブンソウル(3)
(2007/05/10)
戸土野 正内郎

商品詳細を見る

スパロボとA.C.E 3にかまけてすっかり書き忘れていたレビュー
実際A.C.E 3が出たら絶対こんなの書く暇ないから、今の内にたまってるヤツを処理しないとな・・・


では、3巻の見所をまとめてみましょう

硫黄島攻防戦終了。またも倒れるたけちー
やはり「何か大事」に遭遇すると、体内で「進化(?)」が起こるのか、こうして酷い熱を出すようだ
事実、3巻のあとの方に出てくる模擬戦では、ほとんど伊藤隊長並みの体術を会得しており、それに対して神永一佐自身「異常」と評している。また、その光景を見た伊藤隊長も「あれはまるで・・・(シャヘルのようだ:管理人意訳)」と感想を持っている
それにしても、40度を超えた熱を出しながら、自室で放置されてるってどうなのよ
状況を知ってか知らずか、電話かけまくる一番隊のメンバー&屋上からたけちーの部屋への不法侵入(笑)を試みる九十九・・・あんたらもどうかとは思うんだがw
意味深・与党幹部会
工事現場のラーメン屋台を舞台に開かれる幹部会・・・確かにこんなところにこんなこゆいメンバーが揃っているとは思わんね、普通
通り一辺倒の報告が成されたあと、情報部から提供される「シャヘルには独立した指示系統がある」というリーク情報
ここで注目すべきは、現場の人間(伊藤&神永)以外のメンバーに動揺が見られないこと
特に首相は「あっそう」と言わんばかりの淡泊な対応である
後の場面でで来る人格を持ったコンピューター「シャレム」の事を考えると、首相レベルの人間はこのことを知っていて隠していた可能性がある
他にも重要な情報を持ち、それを知ってさえいれば死なない人間や失われなかった土地があったかも知れないが、何らかの目的があって敢えてスルーしていると言うことか?
K計画
その「何らかの目的」が、このK計画と言うものと思われる
進行状況が1~7まであるらしく、フェイズ7を実行してしまうと「人類の総人口が0.1%まで削られてしまう」らしい
この計画のために使われるのが「伊藤博士の遺産」
だとするならば、遺伝子工学に優れた博士のこと、生物兵器である可能性が濃厚
人類の特定の遺伝子情報に反応するものでは無かろうか?
シャヘルにも人類の遺伝子情報がある以上、その条件にさえ合えば効果が出ると言うことか
その生物兵器は、シャヘルに与えられたホモ・サピエンスの遺伝子で、最も有効に動いている部分を狙って働くと考えるのが妥当だが・・・それは「知恵」を司る部分?
この計画をある程度の段階で止めるため、伊藤隊長は身体強化レベルを突然7へ引き上げる。拒絶反応に苦しむ描写が痛々しいが、それしか彼を支えるものはもう無いらしい
フェイズ3用の外骨格
とある個人用に完全カスタマイズされているらしい3体の外骨格
シャレム曰く、コレを完全に運用すると「一騎当千」が現実になるほど、爆発的な戦力になるらしい(逆に言うと、人類が力を持ちすぎてしまう、と言うこと?)
神永曰く「一つは伊藤用で分かるが、他の2体は誰のだ?」
まぁたけちーは確定として・・・乃木さん?九十九さん??
キャラクターとしては九十九である可能性が高いが、どちらかというと九十九はそう言う方面と関わらないキャラの代表っぽいので・・・
大穴は丹波か!?
シャヘル「ミスラ」の反乱
・・・なのかどうかは分からんが、とにかく「ミスラ」が「ヤザタ」の制御を離れて単独行動を起こしたことだけは間違いない
その現象を持ってして、アジアへの侵攻を「危険」と判断した「ヤザタ」は、アラスカから「ラーマン」を呼び戻す(恐らくセレブレートコマンダー全員を呼び戻している可能性が高い)
そしてその「ミスラ」は、日本に紛れ込んできている
何故「ミスラ」単体だけがこうして制御を離れただけで、「ヤザタ」はこうも閉じこもった行動を起こすのか?
考えられるのは、「ミスラ」が「ヤザタ」に匹敵する何かを持っていることか、もしくは日本に「シャヘルの優位をひっくり返せる」何かがあることを「ヤザタ」が知っているかどちらか
どちらかというと前者の方が可能性が高いような・・・?
だとすると、前巻で「自分の制御範囲内から出るな」と念を押した理由も何となく察せられる気もする
書かれる日常(1)・寿司屋
何故こんなにいじめられるんだ千葉w
いじられキャラなんだろうなぁ、変に強気なのが仇になっている
同様にいじられキャラであるたけちー。初恋の学校の先生の話、コレって実は伏線?
で、妙なインテリぶりを発揮するが故に、華麗なスルーを受けている鉄ちゃんw
曰く、エリート教育を受けているらしく、それ故プライドが高いようだが・・・まぁ実際、嫌われてるのかも(苦笑)
書かれる日常(2)・幸せってなんだっけ
こーゆー一見幸せそうな日常が、微妙に死亡フラグの前兆だったりするから、この人のマンガは困る(涙目)
といっても最後の方で語られる、神永の言うところの「幸せとは進歩である」という持論には頷かされる
今この世の中、まさにそう言う停滞時期にあって、幸せなのに幸せが感じられない世の中だもんな
志=イレブンソウル
『士とは、十の経験を一に帰結させるもの』
十を一にする心を持つからイレブンソウル、ということか
乃木隊長、こういう場面だけ見ると普通にいい人なんだけどねぇ
反骨精神極まっちゃって殺人者?
この人は伊藤やたけちーを見守る者になるのか、それとも彼らの踏み台になって散っていく人なのか・・・今後の動向が気になりますな
スポンサーサイト



テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2007/08/27 02:46 | イレブンソウルCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |