お魚アイテム探索 ~金沢八景編~

前々から身体の調子が悪い旨、ブログに記載してきましたが
今年いっぱいでいったん現場を離れて、しばらく療養に専念することができるようになりました

で、それは当然現場の他の方々にも連絡するわけですが
そうして事実を知った方々からは、自分のところに顔を出して下さって
心配する前に
「いつ帰ってくんの?」
と声をかけてきやがりました・・・


こっちだっていつ治るのか知りたいぐらいなのに、聞かれて答えられるかぃ!
って言うか、大丈夫の一言ぐらいくれよ・・・orz


さて、今日の熱帯魚日記
神奈川県の中でも、主に横須賀中央の「中央水族館」をご紹介していましたが
今回は横浜市金沢区にある、京急金沢八景付近の情報ご紹介です

と言っても、今日やっと場所を開拓してきた感想なんですが

元々金沢八景には、主に道具関係購入を目的に、京急ハウツに良く行ってたのです

京急ハウツはいわゆるホームセンターでして、それだけならこれと言って何かあるわけでもないですが
ここにはある特色があります
とりあえず、道具類の揃え具合は一通りで、基本的な飼育アイテムは揃えられるだけのものはあります

しかしなんと言っても、エサの揃え具合が中々良い
特に、キョーリンの各種飼料のうち、少量タイプの品揃えが充実してるんです
多くのお店では、主に大袋しか置いてないのですが、京急ハウツはほとんどの飼料の小袋があるのです
これは、自分みたいな小型水槽での飼育がメインの人間には、非常に助かります

魚の餌と言っても食べ物ですから、なるべく早く使い切るに越したことは無いんです
でも例えば、10匹にも満たないメダカを飼っているのに、「ネオプロス メダカ」48gの大入りはそうそう使いきれません
そこに20g入の小袋があるとなれば、こっちをこまめに足した方が全然良いわけです
また、一匹のオトシンクルスネグロ君のために、「ひかりクレストプレコ」78gの大袋は買えませんので、仕方なくコリドラスのためのエサで代用していました
しかし、15gの小袋なら彼のために買ってあげてもいい、と思うことができるわけです

また、同じくキョーリン系で新飼料が発売されると、ここは真っ先にそれを仕入れて棚に並べてくれるのも嬉しい限り
「ネオプロス メダカ」が発売された後、それが川崎のユニディに並ぶのにかなりかかりましたが、京急ハウツはソッコーで並べてくれていました

そう、新商品に素早いんですよ
水作の新しい飼育セットが出たりすると、ぱっと揃えてくれるんですよね
ペットコーナーの担当者が敏感なのかも知れません

ただし・・・
生体はその、なんというか
残念無念、またきてねん、って感じなのが玉に瑕でした


なので今日は、前々から行きたかったところに向かいました
それは件の京急ハウツから少し離れたところにある、「アクアリサイクル」というお店

名前から察せられたかも知れませんが、アクア用品のリサイクルを手がけている珍しいお店です
いや正確には、お魚自体も引き取って、他のアクアリストさんに提供するという、おそらく日本でも珍しいタイプのお店では無いかと思います

そのためか品揃えが他とは一線を画しているという噂を、前々から聞いてはいたのです
中々立ち寄るタイミングが無く素通りしてきた中の訪問でした

で、行ってみて色々ビックリ
綺麗なエンゼルフィッシュやプラティはいいとして
パロットはいる(最高5,000円)
オスカーはいる(最高同額)
ディスカスは居る(時価)
アロワナは居る(時価)
さらには超珍魚の古代魚ポリプテルスも居る!!(一万円ぐらいします)

ふつうのアクアショップでは、こんな子達に巡り会うのはそうそう期待できません

で、それがみんな、市場価格の7割ぐらいの価格で売られてるのです
詳しくは伺いませんでしたが、たぶんみんな、元の飼い主さんが手放された子なのかもしれません
自分が伺っている際にも、グッピーを手放されに来た方が居ました
どうも予想より増えてしまっての事だったようですが、そもそもグッピーが卵胎生であることを知らず、密かに妊娠して増えていたことすら気づいていなかった結果だったようです
店主さん曰く、そう言う基礎知識無しで、単に可愛いと言うだけで熱帯魚を購入し、飼育方法もロクに教わらないまま持ち帰り、その後困る人は後を絶たないんだとか

さっきのアロワナ、ポリプテルスなんかは、そもそも1メートルクラスに育つ連中です
と言っても、南米から輸入されるとこは幼魚なので、デカくなることを想定しないで購入した人が、手に余ってここに預けに来たのかなぁ、と思うとちょっと複雑な気持ちになりました

そんな中、メダカの在庫があるかを伺ったところ、中々いい子を紹介してもらったので、数匹もらってきました
特にこのラメ幹之(鉄仮面)などは、美しい光沢と透き通る体色が中々です
201612232.jpg
これで1,000円なのは驚き。ふつうのお店だったら、2,300円はする代物です
他にもミックスの幹之や楊貴妃も、200円以下という驚きの価格
綺麗なメダカは上から見てこそ美しい
201612231.jpg
時季外れだったせいか、少々痩せている状態ですが、自分の方で大事に育ててあげれば大丈夫でしょう

他にも、立派な体格の白コリが300円だったり、中古の水槽セット(外掛けフィルター付)が500円で売られていたりと、お買い得感もありつつ、思わぬ「友人」との出逢いができる可能性のある、面白いお店でした
お近くにお住まいの方は、一度行かれてはどうでしょうか

ただし一言
初心者向けのお店ではありません(苦笑
先ず店構えからして、入るのを戸惑う作りでして
ふつーのアクアショップってガラス張りで、品揃えが外から見えるよう、見栄え良くしてるんですけど、こちらのお店は門戸をしっかり閉めて居られます
さらにお店の入り口に、暇つぶし・目の保養お断りと張り紙がww
そこは店主さんのこだわりで、「本当に魚を探している人だけに来て欲しい」という、切なる願いなのだそうです
自分も躊躇いがちに入ったら、店主さんにいきなり「探して居る物は何か」をしっかり聞かれちゃいました

犬猫と違い、直接コミュニケーションが取れないとは言え、魚だって生きている者達ですから、そう言う姿勢での販売もある意味正しいのかも知れません
ただ、店主さんは悪い方では無く、むしろ真摯に対応して下さるので、気持ちさえあればドンといける・・・はず

使われなくなったポンプやライト、意外と必要なプラケースなどもあるので、魚を愛している方にはばっちりな店舗です
自らのお魚愛に自信がある神奈川県南部在中の方は、是非是非足を運んでみることをお薦めします。
スポンサーサイト

テーマ : 熱帯魚 - ジャンル : ペット

2016/12/23 20:34 | 熱帯魚日記COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

お大事に

取り返しがつかない状態になる前に……私も今月腰を痛めて花卉卸売のパートを休みました。本当にスッと立てなくなり自転車に乗れないとなるとヤバい。



地元にあったJR九州の逸話


よく京急の無茶ぶりを聞くがJR九州にもありました。偶々ネットで見つけたのですが……

・盆と暮れの臨時特急にL特急から通勤電車に改装した車輛を使用、座席がロングシート……更に811系を使った事もあるがこちらは近郊型のクロスシート、これはJR九州の普通/快速に使用される車輛に共通しているが市営地下鉄に乗り入れている車輛等はロングシートです。


・JR九州のダイヤ乱れて普通や快速を止めて特急を定時で走らせたり、九州新幹線が止まった時には在来線で定時の特急を運休させて代替え特急を出したりと武勇伝を持っている。その中でも凄いのが鳥栖貨物ターミナル発の貨物列車が故障し本線で立ち往生、この場合は救援列車(もしくは機関車)が来るのだが電車でも回送(=乗客を乗せない)にするのが当たり前である。

その時は何と後ろにて足止めを喰らっていた営業運転中(すなわち乗客を乗せたままの)の博多駅行きの特急みどり/ハウステンボス24号として運転中の783系電車(特急として運用する車輛である)をそのまま貨物列車の最後尾に連結させて故障した貨物列車を中線まで推進運転、その後連結を外して後退し本線に戻り博多まで運転。言ってみれば“幼児がするプラレールの様な編成”をした貨客混載をやってのけた。

(この日は未明まで特急が走っていたと言う”ネット上の呟き”があったとか)


・京急で有名な“逝っとけダイヤ”もJR九州は”京急+名鉄÷2+特急(地元の某鉄ちゃん曰く)”。快速が運転停止になっても普通が途中で短縮になっても特急は走る。まあ接続を図るが行き先が変わる事もあるし数時間後復旧しても普通に追い越される快速まで出て来る事もある。

なお逝っとけダイヤの最中に普通も快速も運転再開のめどが立たない場合は特急券無しで途中駅まで載せて貰える事もあるらしいが(この場合は駅員さんに確認する必要がある)これは北部(福岡周辺?)での話です。南部(宮崎周辺?)になるとどうも事情が異なるそうで……。


こんなJR九州ですが車輛デザインがイケているのも特徴なんですよ……

No:5431 2016/12/24 00:56 | YF-19k(kyosuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

特急帝国 JR九州

> 取り返しがつかない状態になる前に……私も今月腰を痛めて花卉卸売のパートを休みました。本当にスッと立てなくなり自転車に乗れないとなるとヤバい。

そちらもご愁傷様です
自分の場合は内蔵系の病気のため、自分でも何がどうなってるのかいかんとも把握しがたく・・・
確かにおなかは痛いんですがね、うん

そしてJR九州さんの特急至上主義は、ホントに有名ですよね
立ち往生した列車を、特急列車で救援した話は、聞いたときに
「アホか」
と素直に思いました・・・
全てはその特急を通すため

車両デザインは秀逸なの多いですよね
そういうところは、JR東は見習って欲しいです
JR東の車両は、動けば良いって感じなんで

No:5432 2016/12/24 20:01 | あるす #- URL [ 編集 ]

そのライバルの西鉄も凄い、バスの方ですがね

あるすさん>

返信どうもです。


腹痛と言う事は神経性のモノならよろしいのですが……


特急至上主義だから“ななつ星”というとんでもないモノが……お陰で他のJRも似た様なモノが……ただ車輛デザインに関しては少しでも客を集める為の苦肉の策でもあるんですよ……それにJR東の場合は車輛デザインに金かけるどころじゃないかも。


西鉄は本業の鉄道部門よりも路線バスに武勇伝が……西鉄バス路線には“特快”や”快速”がありこれらは大体渋滞回避をする為に“都市高速”を使用、しかも行き先表示が変わるのが当たり前。実は鉄道路線空白地帯を埋める為に郊外の営業所から直に天神に来るがバスを待機させる場所がない、この西鉄バスは路線バス保有台数は日本有数なので……福岡市でも中心地の地価は東京には及ばないが高いし限度もある、なら天神に入ったら其々の終点設定されているバス亭から博多駅か郊外にある営業所へGOなのである。

こんな芸当が出来るようになったのが表示のLED化……布地方式だと用意するのに大変な話になるのでLED化がJR九州よりもパ早くなった。

No:5433 2016/12/25 00:26 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |