アニメ版「鬼平犯科帳」見始めました(2話+3話)

退院して思い知ったのは
生き物って言うのは、何をするにもエネルギーが要るんだな、ということです

狭い病室の中、痛みもあってあまり動かなかった約一週間
たったそれだけで、歩くといった基本動作からたるくて仕方ない
退院初日は、通常のご飯を食べるのも疲れましたよ
病院食ってそういう意味では、ヘロってても食べられるように設計されてるんだな、と改めて思ったり

実はこれで通算4回目の入院なのですが、思いっきり外科手術して入院したのは、思い起こせばこれが初めてでした
今まではある程度身体が丈夫なまま、安静にさせられてただけだから、気づかなかったことが改めてあったのを思い知らされた次第です


さて
本来一話から観ようと思っていたのに、思いっきりスベってしまい
入院中に録画しておいた2話と3話を観ての、まずは大きな感想を

アニメで戦国物はそれなりにありますが、純粋な時代劇(江戸時代)って珍しいのでは?と思って期待しておりました
視聴結果としては、鬼平がちょっと若く描かれすぎているような?というのがありましたが、概ねよろしいかと
人物描写も過激なまでなデフォルメは無く、人間の骨格がきちっと判るデザインで好感が持てます
変にふくよかにしたり、キラッキラにしてたら鬼平犯科帳じゃないですからね

ただ気になったのは殺陣シーンでしょうか
アニメ特有、というよりアニメだからできる大胆な表現、っていうのはあると思いますが、ちょっとこう派手すぎるかな?
個人的には「人間が普通に動く範囲でのアクション」を期待してたので
本当の剣術で、あんなに剣を振り回すのは無いんじゃないのかな

でも、声優陣はバッチリで、華美な声も出されることがなく、押し殺された雰囲気はバッチリ
江戸時代独特の、繁栄の中の暗さというのもよく描かれているかと

第4話辺りからは、しっかり感想が書けたら良いかなぁ?

スポンサーサイト

テーマ : 感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2017/02/02 21:15 | アニメ版 鬼平犯科帳COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

鬼平のあれこれ

確かに賛否両論ですが萌えとかで溢れかえっている昨今を見るとこの様な作品もあってもよいと……後は殺陣シーンですが実写では難しいから出来るシーンも。


・画期的だった石川島人足寄場

後藤「平蔵は無頼時代に庶民や流れ者の実情を知っているから軽犯罪に該当する者には人足寄場と呼ばれる職業訓練施設と罪人傷病人の保護施設を設立した。今で言う刑務所の機能の一つとも言えるな。それに盗賊の中には職人だった人も多く講師には困らないし、大工は需要が有りまくりだったからな」
野明「でも欧州とか既に……」
後藤「これが無かったんだよなぁ……しかも”生類憐みの令”にも通じるので平蔵の死後も廃止される事も無く明治政府が廃止するまで続いた」
甲児「生類憐みの令ってあの動物過剰愛護の」
後藤「学校ではそのイメージが強いが、一方で捨子や捨て親に故意に傷病人を見捨てる事を禁じており綱吉の死後は過剰な動物愛護は幾分縮小して先程の捨て子や捨て親や故意に傷病人の見捨てる事を禁じた事は継続していた。これは綱吉は戦国時代の気風が残っている事を嘆いていた事や自身の御世継ぎに恵まれないのは前世で殺生をしまくったからだと考えて制定……」
キラ「鉄血で争いが絶えないのは弱者を見捨てているから?」
後藤「それも一理あるな、鉄華団の様な集団も出て来る訳だ……」


・白梅香

平蔵「相手が雪代巴なら俺でも無理だわ……」
桑八「お頭、作品違いです」

No:5478 2017/02/03 01:27 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

時代劇としては週五日と

> 確かに賛否両論ですが萌えとかで溢れかえっている昨今を見るとこの様な作品もあってもよいと
ええ、燃えからあえて外れた、無骨な人物描写は好感が持てます

>……後は殺陣シーンですが実写では難しいから出来るシーンも。
いやー、でも
刀で人間振り回すのはちょっと、いかがなもんかと・・・

> ・画期的だった石川島人足寄場
罪人を更正させる、と言う考え方自体が道徳観念として江戸時代には無かった、ということですよね
身分制度や出身地による差別が有る意味普通だった世界で、そう言う発想に至ること自体が、長谷川平蔵と言う人を有名にしたのかも知れませんね
もちろん、色々言われてる徳川家綱も

No:5479 2017/02/03 19:32 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |