アニメ版「鬼平犯科帳」 第6話感想

今週の鬼平(アニメ版)の感想も遅れてしまいました・・・

今回は江戸以外が舞台となりましたが、テンポも速くとても面白い内容でした
それにしても、高木さんは少年からじいさんまで、幅広い声を出せるのが凄いなぁ、と改めて思った回でもあります
ゲストキャラのおじーちゃんの声を聞いた瞬間、すぐに高木さんだと判ったものの、全く違和感も無かったですね

その演技力も相まって、人情ものストーリーも楽しく視聴できました
と言ってもその人情ものも、江戸と地方の身分差によって、鬼平が上であったからこそできたのですが
その辺りが、単なる人情ものと違って、実は皮肉というところが、今回のミソだった気がします

殺陣の無い回でも魅せることができるアニメに出来上がっている、というのが改めて認識できました

スポンサーサイト

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2017/02/16 19:23 | アニメ版 鬼平犯科帳COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

聖地巡礼はバイクがお勧めかな

墓参り

これは平蔵の父親が京都奉行所に転属になり京都で死去したので……ただ今現在は東京の寺に改葬されてます。


日本の道を知る地味ながら凄い個所

今回の舞台になった峠……地味ながらも平安時代の“蔦の細道”から“平成宇津ノ谷隧道(トンネル)”を含めて全ての道が通行可能な峠道があると言う珍しい場所です。2010年には”東海道宇津ノ谷越”と言う名称で史跡指定されてます。日本初の有料トンネルになった“明治のトンネル”から大正時代から計画され昭和五年に完成した“宇津ノ谷隧道/昭和第一トンネル”に戦後に完成した“新宇津ノ谷隧道/昭和第二トンネル”と……当然徒歩では難しいのでバイクを使った方がいいかもしれませんね。

平蔵らが通っているのは旧東海道でこちらは秀吉の小田原討伐の際に“蔦の細道”では諸事情で不利になるのでこの時整備されたんですね。

因みに蔦の細道は忘れされるも昭和四十年代にある小学校教師らの努力により復活しました。


一両ポン

これでうさ忠に女に耐性付けて貰わないと困る訳です。作中でも部下数人が女絡みの不祥事で辞めたり自害したりしてますから……一両で木村家が続くのならお安いかもしれませんな。まあ恰幅が良い女性に引きずり込まれた辺りはよく脂が抜けたでしょうね……合掌。


盗賊も色々

今回の善八の様に個人で盗みをするケースは非常に珍しく多分若い頃に色々と酷い目にあったんでしょうな。何と言っても下調べが凄い……盗賊の中には“甞め役”と呼ばれる大店の情報(資産や家族構成に従業員に見取り図)を収集して親分らに売る人も居て鬼平では馬落の利平治と言う方が登場してます。この方も平蔵に惚れて密偵になるんですがある事件で命を落とし平蔵がキレる事に。

(実写版では故いかりや長介さんが担当……)


うさ忠ナイスセーフ

ここで幕府の役人とチャンバラしたら大事です……まるで水戸黄門の格さんの様な……あっ“うっかり八兵衛”の方が的確、とは言え鬼平の名を出して一同ビックリ。うさ忠にしてみれば今回のお役目は良い経験になりました。

(実は八兵衛も一度だけ葵の紋所を見せてチャンバラを止めた事があるんですよ。7部12話で……)



No:5499 2017/02/16 20:20 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

うさ忠は懲りてませんでしたねぇ

相変わらずの豆知識、ありがとうございます

とりあえず、うさ忠が懲りて無くて・・・
まぁ、ああいうキャラクターなのかな?

それにしても旅の途中で事件に出くわすとは
鬼平はまるで江戸時代の探偵さんですなぁ

No:5500 2017/02/17 16:39 | あるす #- URL [ 編集 ]

これでも黄門様よりは楽

あるすさん>

返信どうもです。


本当にネタになる事って限られるので……毎回検索と書物でにらめっこしてます。黄門様ご一行は毎日厄介事に遭遇するのではないので……でも江戸城が大変な事になっているかもしれませんね、ここまで不正がポンポン出ると……だから今回の一件も“お互い一族の事もあるから”と言う事で脅したと……本当に再度仕官って難しいのですよ。

No:5501 2017/02/17 17:33 | YF-19k(kyuoske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |