見られる怖さを自覚した時

今日で連休が終わりだなんて信じたくない
そんな方でいっぱいであろう日曜日
しかもこれから一ヶ月近く祝日が無い、という血涙出そうな日でもあります
まぁ、例年に比べればちゃんと休めた方なんですが、このGW
いつもだったら引きこもってる自分が、珍しく出かけまくったりもしたわけで・・・
が、その間の移動時間で暇な時、色々考えたりもして
そこで気づいたのは、自分がかなり「人に見られるのが嫌だ」ということでした


そもそものきっかけは、仕事先の若い子達が話していた資格の話
やれ情報処理能力者検定だの、MOSだのなんだの
取っておいた方が良い資格の話で盛り上がっていたのですが
さて自らを振り返ると、自分は資格は何一つ持っていません
IT系の資格どころか、運転免許すら持っていません

IT業界にいてもうン年ですが、そういう意味では全くの裸一貫、腕っ節と経験だけでやってきました
若い子達に、何故資格を取っていないのか聞かれて
「資格に別に魅力を感じない。資格があっても実務に役立つとは限らないし」
と答えました
実際この業界にいて、資格を鳴り物入りで謳って入ってきた人間に限って、実情に即さない事をやろうとしてきた、と言う体験はかなりしてきました
ただよく考えて、本当にそれだけの理由なのかと、ふと自問自答しました

よく考えると、先ほどの運転免許もそうですが、自分は習い事がどうにも長続きしてない
免許を取ろうとしたことはあるのですが、高い入学金を払いながら途中で諦めてしまいました
英語も喋れたらいいなと思い、独学でやろうとしては続かず、電車広告で英語教室の謳い文句は見るのですが、結局足が動かない
そういう意味で、現場にいる中国や韓国から日本に来て仕事をしている人達の、多少不自由ながらも二カ国語を扱っている姿は素直に凄いと思うのです

で、何で長続きしないんだろうか、と
「この本を読めば英語は完璧!」なんて本を読みながら、結局何故上達しないのかと
気づいたのは、中国人の人に日本語上達の秘訣をなんとなく聞いて、「あるすさんも中国に行けば嫌でも上手くなりますよ。話さないと何もできないから」と返された時でした
その人が言うことは尤もで、だからなるほど、英会話教室でネイティブの先生とスパルタすると、それなりのスピードで上手くなるのだなと感じた時、自分が駄目な理由に、「恥ずかしさ」という物が立ちはだかっている、ということになんとなく気づきました

英語に限らず語学という物は、言葉が通じる者同士で会話をして、通じ合って初めて自分の練度が判ります
いや、語学に限らずあらゆる学問は、互いに研鑽し合って初めて自分を自覚し、不足し補うべき部分を教えてもらい、或いは相手に同様の理由から手ほどきを行い、そうしてレベルアップを図る物です
そう言った場に自分が出た時、果たして大丈夫かというと、そこがどうやら駄目のようです
理由は恥ずかしいのです。怖いのです
英会話であれば、先生なり同じ教室にいる生徒達に、「なんて無知で駄目で進歩の無い生徒だろう」と思われるのでは無いかと
自動車教習所であれば、「こんなどんくさそうな奴に教えたくない」と教官に思われるのでは無いかと
資格が取れなければ、「こいつは馬鹿なんじゃ無いのか」と言われるだろうと


自意識過剰と仰るかも知れませんが、これはどちらかと言うと対人恐怖症の方です
他者からの視線が怖くて仕方ないのです
或いは劣等感の塊と言いましょうか
常に卑下される自分が思考の優先に出てしまい、何かを極めるための場に出ることがはばかられてしまいます
実際には誰もそんなことを言って居らず、むしろ自分のことなど気になんてしない、と言われるかもしれません
ですがそれを証明してもらえばいいでしょう?
自分は大丈夫ですか、と言えばいいのでしょうか
逆にそんなこと聞く方がおかしい、と大多数の方は思うに違いありません

そう考えると、今に至るまで自分が何もかも中途半端なのも、他者との関わりに自信が持てず、一人で全てを持て余しているからなのだな、と改めて自覚しました

それらの思考パターンの理由は、過去のいじめだったり、或いはアスペルガーだったり、いろいろあるかもしれません
とはいえ、これを突き詰めても結局言い訳でしか無く、確かな証明書を持っていないという事実には変わりないのです

こういう自分を克服しようと思って、わざと接客業に就いていた時期も、今にして思えば結局多大なストレスを抱え、鬱を発症しただけでした

克服の方法が間違っていたなら、どうやってリカバリをすれば良いのか、というのが次の段階なのかも知れません
本来ならメンタルの先生の言に従い、カウンセリングとリハビリに通うべきだったのかも知れませんが、そこさえ人目をはばかって避けてしまった気がします。大丈夫だと自分に嘘をついて

ですが今この時、自覚したこの時こそ、何かを立ち返る切っ掛けなのでしょうか
・・・いや、自覚していたはずなんですが、結局一人で「なんとかする」ってやってしまっていた・・・ということなんでしょうか
とりあえず、明言さえしてなければ誰にも咎められない、情報系資格の一つでも取れば自信が付くのだろうか
そう言う方法でいいんだろうか・・・

そんな悶々とした心理の中、とりあえずの日常に戻る管理人です

スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

2017/05/07 20:04 | 雑記COMMENT(1)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |