ウルトラマンジード 視聴開始しました(1~2話)

夏アニメも徐々に始まってきましたね

そんな中、フォロワーさんの評価もよろしかった、ウルトラマンジードを見始めました

アニメとしては、「将国のアルタイル」と「タイラー」も録画してるのですが、まだ何とも言えない・・・

来週からは、NHKの「THE REFLECTION」も観ようと思ってます


ここ数年、仮面ライダーだけでなく、ウルトラマンの新作は結構出ていましたが、何故今になって戻ったのか
それはちょっと、最近の特撮ものに偏見を持ってしまったのです

まず、CGアクションがどうも無味乾燥に見えていたこと
次に、若い俳優さんの・・・その、台詞の棒読み・・・と言ったら失礼なんですが、こう熱さの足りない演技内容が・・・いやその、みなさん必死なんだと思いますが・・・うーん
そして、番組内容で透けて見える、おもちゃ屋の戦略への辟易

2年前に、『仮面ライダーゴースト』を思い切って観ようとしてみたものの、眼魂を集めるのじゃ~という台詞を聞いた瞬間、販促の意図が頭に浮かんで、冷めてしまったんですよ
で、結局特撮から距離を置いていたという

でも、ジードでちょっと反省
ちゃんとスーツアクションしてて、セットで撮影して、CGもあんまり煩くなかった
こういう作風になった(戻った)のはいつ頃からだったんだろう
ちょっと失敗してたかな、このところの自分、と反省


第一話冒頭
ベリアルのために宇宙が危機に陥り、それ故に全てが滅びる・・・
の後、とりあえずウルトラマンキングが出てきて、なんとかしちゃったよ

さすがはキングやでぇ

さて、朝倉リク、という主人公
孤児であるが、屈託無い笑顔を振りまき、ごく普通の笑顔を浮かべる青年
と思いきや、その正体はあのベリアルの息子(?)

自分の正体を知らず、ごく普通の地球人だと思っていたら、実はウルトラマンでした
っていうシチュエーションはたぶん、今までの中で初めてなんじゃないでしょうか
基本ウルトラマンって、使命を持って地球にやって来るワケなので、何を置いても正義の味方であり、その正義の在り方と地球の正義、そして宇宙のバランスについて悩むというところが、ある種ウルトラマンのお約束なんじゃないかと思うんです
でも今回の場合は、リクの個人的な正義感が行動発端なんだけど、そのために振るう力がいわく付きと言うところがポイント
しかもその力の使い方について、彼自身が決めていかなければいけない

これ話の途中で、リクが悪堕ちするパターンですよね?(待て
怪獣や宇宙人がそれなりに認識されていて、怪獣出現時も冷静に非難するようにというアナウンスがあるのは、フォロワーさんの指摘にもあるようにシン・ゴジラ的な演出と見えなくもない
破壊された町がそのままで、避難所があって・・・うん、ある種のリアル

と言うより、そもそも怪獣さんがゴジラの声で鳴いて(放射能光線
第一話で導かれた秘密基地
権限が移譲されたという以上、アレはベリアルが作って置いた・・・と言うことでしか無いのですが
本人が悪さのために作ったのか、それとも子供が生まれることを予測して、置き土産していったのか
どっちにしても、なんかあの風体にしては、意外と細かい奴だな、とツッコみたくなってしまうw

だがそもそも、本当に「子供」なのか
ウルトラキングのアレを観ると、もしかしたらベリアルが「再構成」されたものなのかなぁ、と思ったり

だがそうすると、敵役(とおぼしき)伏井出ケイの行動や、変身時の姿に矛盾がある、かも
彼自身がベリアルその物のように描写されていたような(2話)

あるとすれば、ベリアルの中の僅かな良心(?)がリクで、悪その物がケイ、ということも
もしそうだとすると、ジードははた迷惑な親子喧嘩、もしくは同一人物によるはた迷惑な自作自演の可能性もある

なんにせよ、伏線がなかなか良い感じ
で、親子と言えば
次回はウルトラマンゼロが来るぞー
ゼロがジードにどう関わるのか、ちょっと楽しみ

そしてペガたんは癒やしでした
スポンサーサイト

テーマ : ウルトラマンジード - ジャンル : テレビ・ラジオ

2017/07/15 17:14 | ウルトラマンジードCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

最近の特撮って別次元に飛んでますから……まともに考えると見てられません

ここ数年の傾向としては特撮に“この設定ありかよ!“と言うのが多いんですよ。戦隊でも今放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』なんて初期登場人数九人(戦隊シリーズ史上初)でしかも追加戦士が既に三人、しかも三人目はレット系(これはタイムレンジャーやシンケンジャーでありました)。更にこの前はデカレンジャー&ギャバンのスポット参戦も、過去の戦隊キャラがスポット参戦は時折見られましたし……『海賊戦隊 ゴーカイジャー(2011年)』は設定上毎回こんな感じですがね。


で、仮面ライダーも今放送中は“医者ドラマ+ゲーム”と言うコンセプトです。当然古参の特撮ファンの中にはそりゃあないだろって言う言葉も漏れてくる。『仮面ライダーアマゾンズ』は逆に昭和感万歳つつも見事な特撮技術が見られる作風です……ただしお子様には見せられません、毎度流血だらけですから……。


平成ライダーはブラックRXの様に戦闘形態が変わるのも定番で最終的に二桁に到達事も……これが四人以上出てくる作品だと凄い事になります。


・国際宇宙ステーションでボール型ロボット試験運用開始

アムロ、アスラン「「JAXA、ハロのカラーリングバージョンマダー」」
ハナヨ「私の様に立体映像装置付きもお願いします」


後は先輩からツッコミ


某ウルトラマン「俺の時なんて攻撃されたぜ、ネットの評判でへこむな」

No:5641 2017/07/15 22:24 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

過去作品の使い回しも辟易

YF-19Kさん>
自分がこのところの特撮を見てなかったのは、それらの設定ぶっ飛びもそうですが
過去の戦隊物等を「食いもの」にしていたというのもあります
もちろん古参の視聴者には嬉しい部分はあるでしょうが、独自の設定だけで何とかやってけないもんなのか?と・・・
そういう意味ではジードも過去を使い回していますが、仕切りはできてると思います

> ・国際宇宙ステーションでボール型ロボット試験運用開始
古谷さんのTweetで、ハロ的なものができたと喜んでましたね
せっかくだから会話が楽しめるといいんですが

No:5642 2017/07/16 22:36 | あるす #- URL [ 編集 ]

使いまわしの功罪

あるすさん>

返信どうもです。

ロングセラーになるとどうしても敵側の怪人や怪獣のデザインや設定コンセプトもデザインも被る……今回のウルトラマンもある意味では“いっそのことカブり上等!”と言う感もあります、批判する人は批判してください……所詮制作陣の苦悩を知らん奴に作品を評価する資格はありません、ただのクレーマーです。ちと制作陣と一般人の距離が近過ぎるのも考え過ぎかなぁ……


No:5643 2017/07/17 18:08 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |