FC2ブログ

悪の組織、そしてその構成の謎(主に特撮)

念願叶って(?)職場を異動しました
と言っても、結局一からやり直しなので、それはそれでまた大変なのですが
まぁ贅沢言ったらキリが無い
気持ちを仕切り直して行きます
新しい仕事用に久しぶりに本を買ったしね
PCスキルようのノウハウ本なんて何年ぶりかなぁ

しかしこう言う物を買おうと思うと、やはり書店で中身をぱらぱらっと見せてもらわないと、納得して買えませんね
Amazonのレビューはあくまで読んだ人の感想ですから
それらしいタイトルの物がいくつかあったのですが、平積みしてある人気本より、棚にひっそり置いてあった物の方が自分にはピッタリでした

でかい書店が有る場所を通れるからの特権ですね


ウルトラマンジードを見るまで、昨今の特撮は
「オモチャ販売のために、過剰にアイテムを繰り出す販促番組だ」
と感じており、どうにも視聴を続けられないことがありました

特に『仮面ライダーゴースト』は初回で眼魂が出てきた時、「あー、このアイテムが増えてオモチャ売るんだ」と感じた途端、挫折してしまった経験があります

ですが前回のジード感想に書いたとおり、アイテムをアイテムとして描かずとも輝く演出もある、と思い知らされました
その勢いでなんとなく『スーパーヒーロー大戦Z』と『海賊戦隊ゴーカイジャーVS.宇宙刑事ギャバン』をレンタルで視聴しました
が・・・オモチャ如何に関わらず、そもそもコンテンツとしての特撮を活かせない『スーパーヒーロー大戦Z』には参りました
一年前作品の『海賊戦隊ゴーカイジャーVS.宇宙刑事ギャバン』の方が何十倍も面白かったわ(個人の感想です)
宇宙警察機構の決定の前に諦めるギャバンなんて、ギャバンじゃ無いんだよ!

それはそれとして、バトルケニア(曙四郎)とデンジブルー(青梅大五郎)とギャバン(一条字烈)の区別が素でつくとは、ゴーカイシルバーは重度の特撮オタだな

そしてよく見たら、子供の頃の濱田龍臣君が出てた件


さて、前置きは良いとして
こういう特撮世界の敵って、宇宙からの侵略者が多いですよね
過去作ですと、ジャッカー電撃隊やゴレンジャーの頃は地球内部でしたが、フラッシュマンやチェンジマン辺りは巨大な星間組織が敵でした
こういう連中が地球に狙いを定め、これに立ち向かうのが戦隊物ではテンプレですが
なんでこいつら、ちまちま戦力逐次投入して、一気に地球を攻め落とすことをしないんでしょうね?
ジュウレンジャーの頃の、"楽しいバンドーラ一家"みたいに、ただ悪戯が好きなだけで、気分が晴れれば大人しくなるっていうだけの人達も居ますけど

そもそも太陽系外の存在が、ピンポイントに地球に来てる時点で、本来の我々はアウトなんですよ
詳しい方に対しては釈迦に説法だと思いますが
地球は太陽周辺を公転しています
でも太陽自体も10万光年の直径を持つ天の川銀河の膨大な恒星の一つに過ぎず
その太陽系を天の川銀河系自体も公転しており、その一周にかかる時間は2億2600万年と言われています
さらに宇宙全体は膨張して刻々と姿を変えている
こんな状態のところから、地球だけ探し当ててぴょいっと飛んでくる時点で、もはや現代科学では理解不能
現在我々が持っている宇宙航行技術は、知見のある惑星や小惑星の軌道を組み合わせて、ある日ある時に目的の天体が予測地点に居るはず、というシミュレートあってのもの
光年単位の移動をする相手が、そんな悠長なことしてるわけが無い
何だかよく判らない技術で、ぱっと地球を探してそこにやって来てるんです

そんな連中が、何故に舐めプで地球を攻めるのか
チェンジマンの首領である星王パズーなんて、その気になったら一発で地球吹っ飛ばせただろうし
ファイブマンのメドーも同じような感じだったと記憶が

だいたい、そこまでできる奴が、何故にわざわざ組織を作って軍団を運用するのか
地球内部の敵(マスクマンの地底人、ダイレンジャーのゴーマ族etc.)でも、そう言う傾向は少なからずあります
玉座でふんぞり返ったボスが、幹部達の戦いを優雅に眺めつつ、いざそいつらが使えないとなると、やっぱりお前面倒くせぇわとばかりに粛正する
そんなことするぐらいなら、アンタ一人でやればよかろうもんを


勿論メタ的に言えば、4クールの間ずっと同じ"ボス"と"ヒーロー"が戦ってるわけに行かないから、ローテーションなんだけど
そういう意味ではキュウレンジャーは上手くやってると思いますよ
味方自体にもローテーションとは考えたもんだ

悪のボスはどうして、一人でできる物事を、部下となり得る人物にやらせているのでしょうね?
多くの悪のボスが、冷酷無慈悲で情の欠片もないと良く言われることから、部下がいて別に嬉しいわけじゃ無い・・・のではないかと思うんですよ

そういう意味で個人的に良くできた悪のボスは、仮面ライダーBLACKのシャドームーンだと思うんです
シャドームーンはとある事情で最初眠っているので、それまではゴルゴムの怪人が襲ってくる
それが三幹部の力で目覚めると、もうそいつらなんて目じゃない強さを発揮して、完全にブラックサンとの戦いを食っちゃう
そもそも、ブラックサンとシャドームーンは同質の存在であり、世紀王として互いに最強であるため、シャドームーンが部下やら何やら使わず、一対一の戦いを繰り広げるのは非常に説得力があります

ライブマンの敵であるボルトの首領・大教授ビアスのやり方も、実に説得力はあります
彼にとって教え子たる幹部達は、自分の最終目的のための部品に過ぎず、ライブマンとの戦いも部品の精度を増すための授業なわけです
そうやって部下達を競わせるために、彼自身は主だっては何もしない
この伏線は最終回近くでやられましたねぇ

こういう万能性のあるキャラクターは、正義のヒーローにも存在します
最近目下売り出し中のウルトラマンキングなんて、まさにそう言う御方です
でもこういう何でもできる人が、何でもやっちゃうと世界は止まってしまうんですよね
今を生きるヒーローが、その意地を賭けてその時を戦い抜かないと、誰も成長しないし歴史も進まない
それでもどうしようも無い時だけ力を貸す

悪の組織は(言い分はどうであれ)未来への希望とかどうでも良さそうなので、首領・首魁もキングみたいな立ち位置じゃ無さそうに思えます

とすると
先ほどのシャドームーンのように、力を溜めているのが一番説得力がありそうです
例えば、実はボスに仕える幹部達も、ボスの余興のためのコマに過ぎず、彼らが自分の権威を笠に着て振る舞うのを嘲笑っているのかな、という説もあります
もう一つは、正義のヒーローの成長を助けるため、あえて弱い(ボス比)幹部達を差し向け、最後に「お前を倒すのは俺なんだからね!勘違いしないでよね!!(///)」というツンデレ説はどうでしょう(おい

読者の皆様は何故だとお思いでしょうか
スポンサーサイト

テーマ : 特撮ヒーロー - ジャンル : テレビ・ラジオ

2017/11/03 22:37 | アニメ考察COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

最近の侵略者事情

今回の戦隊と対決する敵はシリーズ最強とも呼声高いのですが……何かラスボスがとんでもない方になりそうな空気にもなってます。で、昭和の戦隊でどうして敵組織はちまちまと侵略するのと考えてみる。まず“侵略組織”を“会社”として見るとボス=社長若しくは会長、敵幹部は取締役若しくは中間管理職、で毎回やられる怪人はその候補、戦闘員は一般社員として見る事が出来ます。『ボウケンジャー』の様に複数の敵組織が同時に出ると分かりやすいかな?


仮面ライダーも今回は火星で発見された遺物のおかげで日本分断する壁が出現してそこから噴き出すガスで人
間を怪人化しちゃうと言う昭和ライダーではお馴染みのパターン……最も最近ライダーって敵組織と同じシステムを使っているパターンが定着しているんですねぇ……



ガンダムビルトファイターズバースト 四話


レナード三兄弟「「「PGサイズの刹那を見てヤックデカルチャーとツッコミました」」」
メイジンカワグチ「……スミ入れに良いルーペないかな?」
セイ「どのルーペにします?」

No:5752 2017/11/04 00:29 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

つまり悪の組織はブラック企業

>まず“侵略組織”を“会社”として見ると(ry
つまり、悪の組織はブラック企業であり
敵幹部は使い捨てられて過労死or○○(自主規制)する会社員な訳ですね
笑えません


> ガンダムビルトファイターズバースト 四話
HG相手にPG出してくるメイジンの大人げなさにワロタ
そして、しっかり顔見せだけしてくるせっちゃん・・・
いくらダブルオー10周年だからってアンタ・・・

No:5754 2017/11/05 00:14 | あるす #- URL [ 編集 ]

仕事をする意義

あるすさん>

返信どうもです。


まさにブラック企業……でも防衛する戦隊も時折ブラックな一面もあるんですねぇ。



メイジンカワグチはスポンサーの意向を組みますから……PGでもしっかり作り込むのはメイジン故の拘りか……

No:5756 2017/11/06 00:58 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |