ウルトラマンジード 第18話「夢を継ぐ者」

もうね・・・ジードにはまりすぎてね・・・
『ウルトラヒーローズEXPO 2018 ニューイヤーフェスティバル』・・・行くことにしました・・・


自分がこの手のイベントに行くのは、ほとんど無いので、自分でも珍しいと思っています
ましてや、周囲を小さなお子様とそのお父様お母様が囲む中、いい歳した大きいお友達が混じるのはなんか恥ずかしいですが、なんせ全日程に濱田君と伊澤さんがご出演と聞いては、行くしかありません

・・・本当はね、明日某所で行われる、伊賀栗レイトトークショーに行きたかったんです・・・
でもね、色々あってちょっと出かけられそうも無くて・・・
その時に使うつもりだった交通費を、円谷プロに投資・・・したと思えば・・・


でもね、ジードというか、ウルトラマンに投資したいのは本当なんですよ
ジードのDVD買おうと思ってるし


今日から主題歌が二番に変わりましたね
何故前回では無く、18話からなのか?
それは今回のお話を最後まで見るとよく判ります

それにしてもタイトルバックが物凄いですね
201711041.jpg
これ、もうオチのネタばらしだよ
ベリアルについてすでにバレ情報がいくつか出ていまして、まぁ自分は見ないようにしてるんですが
それを考えるとこれはもうフラグですよ

ベリアルが倒されたことでお祝いムードのギンガマーケット
しかしリクはそれどころでは無い。なんか急に就職先を悩み始めたのである
人の役に立つ仕事を取り上げる彼なんだけど、最後に「会社員!」って言ってるのがミソ
201711042.jpg
レイトと出逢った当時は、会社員がなんぼのもんという感じだった彼が、会社員に着目してる・・・!
でも会社員は・・・うん、なんでもない

そんな中、伏井出ケイが殺人容疑で指名手配されたことが報道される
201711043.jpg
この複線もちゃんと回収するのかー
街中を浮浪者の如く彷徨うケイを見つけた、モア・ゼナ・レイト、そしてリク達の捕獲劇が始まる
ところがそこに、ケイへの復讐を誓うダダの手が迫る
・・・って、何ちゅーカスタマイズをしたレギオノイドだw
自己主張が激しいにも程がある
201711044.jpg
ちなみにダダの奴、レギオノイドをベリアル軍からパクったくせに、肝心のゼロのことを知らないという間抜けっぷりをご披露
いくら侵略性宇宙人だからって、ベリアル撃破最大の功労者であるゼロを知らないってのは無いでしょ
それともこのダダは、M87星雲宇宙からもアナザースペースからも違う次元から来たのだろうか

この混乱の中、リク達はケイを見失ってしまう
だが彼は、何かを目論む石刈アリエが匿っていた
201711045.jpg
彼女は伏井出ケイの謎めいた経歴と現在に注目し、その謎を収集して著書とすることを望んでいた
201711046.jpg
だが当の本人は、何らかの理由で記憶喪失状態であった

モアから、ベリアルが居なくなったことで、野心を持つ宇宙人達のたかが外れ、予想しなかった混乱が訪れたことを知るリク
201711047.jpg

ダダと宇宙で戦うゼロ
今作では珍しい納豆ミサイルと
201711048.jpg
それを迎撃する芸術的なクアトロスラッガーの描写がいい
201711049.jpg
だが無理をしすぎたゼロは、ついに今作初のカラータイマー点滅発生により、変身解除となってしまう
2017110410.jpg
この時、宇宙から地球に戻ってく来たことにオイオイって突っ込んじゃったんだけど、後で見返したらこの変身解除でレイトを危険に曝さないためだったんだよね
それにしても地球に再突入する時の「落ちるぞ!」って・・・もしかして・・・
サイボーグ009ネタですか?


ダダの攻撃に晒された伏井出ケイは、そのショックで記憶を取り戻す
2017110411.jpg
ケイはベリアルが倒されたことは認識しつつも、それ故に自分がベリアルの野望を継ぐのだと決意
力を取り戻したケイは、カプセルを使ってザイゴーグを召喚する
2017110412.jpg
もうね、先々週からさ、ラスボス級怪獣のバーゲンセール、いい加減にしる(苦笑

ザイゴーグには流石にダダが改造したレギオノイドも敵わなかったのだが
2017110413.jpg
Twitterで見かけたけど、ゼロとの粘り合いに打ち勝ち、ザイゴーグ相手に少しでも頑張ったのはすげーよw
そしてやられる時の「この私がやれるとぉーっ!?」ってのが、むっちゃ富野臭してました

自らサンダーキラーにフュージョンライズし、二体でリクの前に立ち塞がるケイ
リクもジードにフュージョンライズして対抗する
2017110414.jpg
ここ、二対一で確かにジードが不利なんだけど、初回から見比べて、明らかにリクの技量がアップしている描写があって、こっちもまるで親のような気分で観てしまう

この状況に、レイトは再度ゼロに変身しようとするが、ライハに止められる
2017110415.jpg

ロイヤルメガマスターにフュージョンライズしたジード
その戦いは、まるでミュージカルのダンスのごとき優雅さ
2017110416.jpg
これを見てケイは、リクがキングの力を継承したと言うが、リクはあくまで継承したのは夢なのだ、と言い放つ

今回は、17話で手に入れたカプセルの使い道が明らかに
ジャック兄さんのカプセルで、ウルトラストラッシュを使え
2017110417.jpg
タロウカプセルでスペシウム光線が使える
2017110418.jpg
スペシウム光線のエフェクト再現良かったなぁ・・・

ジードの敗れたケイに、それでもアリエは助力を申し出る
その時に浮かべたこの笑みが、美しい顔とは裏腹に暗黒に満ちていて何とも言えない・・・
2017110419.jpg
だがこの人間自体が持つほの暗さを描写するのもまた、ウルトラマンシリーズのそれではある
彼女の持っている野心と悪意は、リクが知る「敵」とは違う恐ろしさを発揮することは、充分に考えられる
その時彼はどうする考えるだろうか?


今回のテーマである「夢」
それに向かってあらゆる人が進み始めるNextStage
リクが独立心を獲得し、単なるヒーロー志望から、「人の役に立つ」という具体的目標に向かって目を向け始めたところで
宇宙支配のために野望を剥き出しにする、ダダを筆頭とした侵略性宇宙人達
そして、敬愛していたベリアルの死を乗り越え、自分がその後継者になるのだと決意するケイ(ここだけ書くと主役に見えるが、敵役です)
さらには、それらの秘密に触れたことから、自分の名声を高める手段に魅入られ、敢えて伏井出ケイの企みに加担するアリエ

ここにきてアリエが登場したことにより、俄然先が見えなくなったジード
伏井出ケイがこのまま悪の宇宙人として終わるのか否か
その中にアリエが飛び込んで、果たして彼女が野望を成就するか、それとも身の破滅に追い込まれるか
いやでも絶対、ベリアルの最終形態って、伏井出ケイを乗っ取って現れると思うんだ、自分

今回、リクがキングの力では無く夢を継いだ、と発言したことにも注目
自分はリクが最後、新たなるキングとして地球から離れてしまうのでは、って予測してたんですよ
キング自体が相当の高齢ですから、宇宙にその身を預ける代わりに、その力を行使する代理にとしてリクを選んだのかも、と
そもそもリクが現在ウルトラマンに変身しているのも「無理矢理」なので、最終回に近づくと共に肉体に限界が生じ、生死に関わってくるんじゃ無いかとも予想してました
その回避策の選択肢として、キングの後継者になるのでは・・・?
しかしこの発言からすると、そういうことは無いかも、かも?

次回は伏井出ケイが日去りぶりに悪の陰謀キャラぶりを発揮
彼が星雲荘を用意したんですから、そこにハック出来るのは当然っちゃ当然
そこに関わるレムの動向が気になります

そして最後に映った、リク・レイト・ライハのこのショット・・・
まるでGメンのごときプロフェッショナル感があるのは何故なんだw
2017110420.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ウルトラマンジード - ジャンル : テレビ・ラジオ

2017/11/04 20:29 | ウルトラマンジードCOMMENT(0)TRACKBACK(1)  TOP

 | BLOG TOP |