『シン・ゴジラ』に足りない物は、見えないもの

今日、本当はアニゴジを観に行こうと思っていたのですが、思いっきり調子崩して寝込んでました
風邪が流行っているようですので、皆様お気を付け下さい


『シン・ゴジラ』地上波放送で、様々な場所で様々な意見が改めて交わされました

『シン・ゴジラ』が、過去のゴジラ映画と異なって異彩を放つのが
「ゴジラに類する存在が、過去一例も確認されていない」
世界にしたことである、という意見は他の方も言っておられます
その大前提こそが、あの映画の根底を成しています


昭和ゴジラを多数見てきた親父に『シン・ゴジラ』の感想を聞いたところ
映画中盤の鎌倉上陸が一番印象的でイイ!と思ったそうな
その理由を聞いたところ
「何でもない日常風景に、突然変な物が混じって目の前に現れる。初代ゴジラの違和感を一番よく再現している」
とのお言葉
なお、それ以外はどうだったのかとさらに聞くと、他はまぁ普通でしょ、だそうな

えー、タバ作戦とか、無人在来線爆弾とか、どうなんだよー!
・・・と思ったところからスタート


『シン・ゴジラ』に足りない物がある、という方が居る
淡々と進む物語の中で、人の死の描写が足りない、と
必死に生きようとする存在の描写が足りない、と
そう言う部分を無視して、ただただ会議と台詞が繰り出されていく、と

確かに、そう言う面もあるかと思う
ならばそう言う人は、『シン・ゴジラ』に"合わない"ので、この作品を良作だという輪の中には、向かわない方が良い
そのように感じる人には、(敢えて言うが)いわゆる"行間を読む"と言う演出が難しいか、もしくは体質として合わないのでは無いのか、というのが自分の意見だ

では
死の描写が足りないという人は、何を求めてその感想を出しているのだろう
あんな巨大な"物"が、縦横無尽に好き勝手に暴れれば、それだけで充分な被害が出るだろうことを、想像出来ないのだろうか
誰か特定の存在が、「わぁぁぁぁ~っ!」と叫んで闇に消え、それにショックを受けて泣き叫ぶ誰か、それを糧に奮起して戦う誰かが具体的に特定されて出てこないと、判らないのだろうか
と、こういう話まではネット界隈でも見かける
では何故、判らない人が居るのか
もしくは、具体的なシーンを求める人が居るのか

それを色々と考えてみて、フッと自分の頭に浮かんだのは
もしかして「愛」が足りないと感じているんじゃ無いのだろうか
と言うことだった
ここで言う「愛」とは、「何かを愛おしく感じる」という博愛心、あるいは「大切な何かへの執着」のことを指す
『シン・ゴジラ』には、それを具体的に現すシーンはほぼ無い

なら例えば巨災対のメンバーが、ゴジラの襲撃から逃れて立川に落ち延びた時、主人公である矢口が
「俺はゴジラが許せない・・・!目の前で罪なき国民を殺したゴジラが・・・!」
とかやれば良かったのか
巨対災とりまとめ役である森が
「妻は・・・妻は僕の仕事に理解を示して・・・!でもこんなのって・・・」
とか泣き崩れれば良かったのか

昨今の映画・ドラマには、必ずと言って良いほどあるこういう吐露シーン
申し訳ないけど大嫌いである
具体的な『個』への執着心を表現しなければ、誰かへの『愛』が判らないという演出が嫌いだ

そんなん口に出さなくても、『シン・ゴジラ』劇中の人物達は充分に泣き叫んでいる。心で
目が、口が、手が泣いている
けど、その個人の嘆き悲しみ以前に、彼らには護らなければならない物がある
それは日常だ
誰もがただ淡々と生き、普通に生活出来る空間である
巨災対はそれに対して『愛』を持っている
それを取り戻すために戦っているのだ


親父が冒頭に言った感想の中に出る「日常風景」こそが、あの映画の登場人物達が取り戻したい物であり、愛を向ける物なのだと思う

その『愛』が見えない、もしくは判らないと言うのであれば、それはおそらくだが『観る方』の感性が足りてないんじゃないのか、と思う
あと考えるとすれば
「官僚が日常に『愛』を持っているはずが無い」
という、政治に対する変な刷り込み意識で、目線が凝り固まっているのでは無いだろうか
政治という物が求めるのが、利権・権力・金であって、人民とはそのための材料でしか無い、とかいう紋切り型のフィルターをかけていないだろうか

勿論自分も政治家に良いイメージを持っているわけでは無い
だがそれはそれだ
少なくとも『シン・ゴジラ』の官僚達は、日本の日常を取り戻すために戦っている
その日常の中でしか、権力闘争も金儲けもできはしない
それ故に、コネも使えば裏人脈も使い、下げたくない頭を下げ、言いたくない嫌みも言う
遙かな遠くに行ってしまった日常を取り戻し、いつも通りの政治世界で駆け回るために


さらに言えば、あの世界にはスーパー兵器もぶっ飛び科学も無いけれど、培ってきた『日常』を駆使して戦うからこそ、最後のカタルシスがある
ゴジラが日常を壊すなら、その日常が逆襲してやんよ、というスタンスが、一部の人に大ウケしたのでは無いか、と思っている
富野監督はアニメを見るにしろ何にしろ、観劇・読書・死を嗜む等、文芸に触れ合うことを推奨している
それは、行間を読む能力を上げろということだ、と理解している
古いアニメを引き合いに出して申し訳ないが、「イデオン」の描写こそがその極みと言っても過言では無い
『シン・ゴジラ』を持ち上げろとは言わない
言いたいのは、口に出す台詞だけが文芸作品の良さでは無い、という事だけだ
そして、大事な物というニュアンスが、なにもハッキリとしたイメージでそこに有る、という事では無いかもしれない、と言うことも
映画の最後に映った、避難所の風景こそが実はそこなんだけど

そういう意味では、『シン・ゴジラ』は感動させるための映画では無い
あれに「足りない」を向ける方には、別の映画を観て頂くしか無い
そのバッサリ感こそが、私は好きではある
なお、ゴジラ侵攻ルートの超地元民からすると
最初の蒲田襲撃時点で愛する京急がやられて悶絶し
続く鎌倉上陸~武蔵小杉に至る風景があまりにも見慣れていて、止めろ止めろ、そこ友達の家あるんだよ、やめろー!と悶絶しながら観れた、という楽しみもありました
スポンサーサイト

テーマ : 特撮 - ジャンル : テレビ・ラジオ

2017/11/23 20:57 | アニメ感想COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

ゴジラ

日頃は無価値みたいに扱われがちな「日常」を取り戻そうと奔走する(普段は悪役に見られる)官僚達の必死のやり取りが好きです。
まるで、いつもはのび太に意地悪なのに映画の時だけ協力的なジャイアンみたいで馴染みやすかったです。
会議ばかりで物足りないと仰る方々も、実際に自分が危機に直面したら自分に出来る事なんて普段の行動の延長線上でしかない事に気がつくと思うんですよね。
そういう意味で凄くリアルだったと思うのです。
グロ描写があれば死を描けたとは限らないですし、肉体を持つ動く超災害ゴジラに現代人がファンタジーや超兵器無しでどう立ち向かうかを見れたので私は凄く楽しめたゴジラでした。

No:5774 2017/11/24 22:30 | 風見鶏 #- URL [ 編集 ]

果たしてアニゴジは

風見鶏さん>
ご意見ありがとうございます。

やることをやれる範囲でやる
このことを徹底して描いたのがシン・ゴジラだったと思う、という感想に御同意があって安心しました
ああいう場面には、ある意味特異なヒーローって居ないんですよね
みんながヒーロー
まさしく、災害に遭った時の人間社会その物ではないでしょうか

No:5775 2017/11/25 23:52 | あるす #- URL [ 編集 ]

アニゴジ

あるすさん>
返信ありがとうございます。

折れても折れてもそれでも努力する普通の人々好きな私には良いゴジラでした。

アニゴジはまだ見てませんが、中の人は宮野なだけにメカゴジラに搭乗したらスパロボにゴジラ参戦しそうで楽しみです。
宇宙戦艦ヤマトが来てゴジラが無理な筈がない!

No:5778 2017/11/26 02:23 | 風見鶏 #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |