FC2ブログ

ウルトラマンジード 第25話「GEEDの証(最終回)」

遂に迎えたジード最終回・・・
ウルトラマンをまともに見たのはどれくらいぶりでしょうか
見終わって思うことは、2クールを実にちょうど良く生かし切った、と言うことでしょうか
もちろんかなり詰め詰めのところも多く、もっと時間が有ればなと思うところが無いといえば嘘になります
しかし、与えられた時間に対して不満を持たず、やれる範囲内でやりきれると言うことは素晴らしいことで、これはもう制作陣が真のプロであった証拠と言えましょう
この方々が作る来年の映画が、さらに素晴らしい事を期待しつつ感想と行きます


もうねー、余計な感想とか書いても仕方ないくらい感動した
最初のタイトルバックからして涙出っぱなしでした

201712232.jpg

傷つきながらも、やれることをやるために、自ら力を振り絞り突っ込んでいくゼロ
201712233.jpg
旧友の暴走に対し、遂に決着の時だと出陣するウルトラの父
201712234.jpg
固唾を呑みながらも、以前とは打って変わってジードに希望をかける店長
201712235.jpg
ライハと交わす拳
201712236.jpg
どれを取ってもクライマックス
クライマックスの連続過ぎて過呼吸になりそうでした


自らの運命を乗り越えるべく出陣するリク
その最後の変身シーは雄々しい物でした
自身のこもった冷静な掛け声と、覚悟のために歩む力強い姿が、まるで演者である濱田龍臣君の成長その物に見えます
201712237.jpg
201712238.jpg
201712239.jpg
2017122310.jpg

ゼガンも出陣!
2017122311.jpg
ゼナ先輩の魅せ場もちゃんとありましたね
たとえやられても、華麗な受け身で着地して無事な辺り、岩田さんらしいですわ

とは言えなんと言ってもやられたのは、いわゆる最強形態がラストを飾るって言うパターンじゃ無く
全変身形態が揃うというこれ
2017122317.jpg
仮面ライダーBLACK RXでこれ観たことあるよ(幻視

出もこれが笑いやネタじゃ無く感動を呼んだのは、そのシーンに対して
「カプセルとして支援してくれていたウルトラマン達が、ジードを信じて輝きに望みを託す」
っていうカットが入ったことなんですよ
2017122313.jpg
2017122314.jpg
2017122315.jpg
2017122316.jpg
彼らのシーンがあったことが、5人のジードが映えたんですね

そして最後
伏井出ケイの異常とも言えるベリアルへの執着
2017122318.jpg
だがそれも彼の性だと認識し、最後までそれを尽した彼を認めつつ倒すライハ
同様に、ベリアルの背負った業を見、それを哀れむでも批難するのでも無く、苦しみの歴史として受け止めて
「もう休んでも良いんだ」
2017122320.jpg
2017122321.jpg
と寄り添うリクの姿には、「うわ!そう来るのか・・・(号泣」とテレビの前で思わず呟いてしまいました
もちろん、ベリアルを赦すと言うことはできない
と言うか業を払うという形で止めは刺すんだけど、それに対して
「さようなら、父さん」
2017122322.jpg
と言えるようにまでなったんだな、リク

ジードの帰還により平和が戻る。モアのはしゃぎようと、ゼナ先輩の脱力ッぷりw
2017122323.jpg
ウルトラマンキングと父に認められ
2017122324.jpg
地球の子供達にもヒーローと認められた
2017122326.jpg
ペガの言うように、彼はドンシャインを越えて自らヒーローとなったのだ・・・!
2017122325.jpg
2017122327.jpg


今作を見て自ら感じたことは、ことウルトラマンというコンテンツに対して言えば、過去作を流用すると言うことに対して、本当に酷い色眼鏡をかけていたことを恥じたことです
過去作を持ち込むと言うことに対して自分は
「全体として、新しいアイディアの枯渇」
「昔のファンへの媚び売り」
「(特に過去子供だった層への)オモチャを売るための手段」
と言う非常にどす黒い印象を持ってしまっており、ジード前作である「オーブ」を観なかった一因でもありました
しかしジードを観た上で反省したのは、ウルトラマンという世界は過去作がある事に対し、非常に真摯かつポジティブな姿勢を持っている事を理解していなかった、と言うことでした
ウルトラマンとは、初代に始まる世界その物が歴史であり、その歴史の上に刻まれた幾多のストーリーがあって、時代に合ったウルトラマンはその時々で現れて、またそこで歴史を刻む
ここで言う歴史というのは、ガンダムにおける宇宙世紀のような歴史とは趣が異なります
それは作風の違いから来るのだと思いますが、ウルトラマンの歴史とは「ウルトラマンと地球人類や宇宙人が、様々な困難に対してそれぞれの考え方でお互いぶつかり合っていった」結果、「時に前向きに、時に悲劇的に、それでも建設的に生きてきた」からこそ先が続いている
だから、過去作は出てきて当然だし、過去を振り返ることで次に進むという、ちゃんとそう言う構造になっているんだと

ジードの最終回はまさに、ウルトラマンベリアルという約10年前に生み出された存在の「歴史」について、円谷がジードを使って出し得た答えでした
そのためには、過去のウルトラマンは出てこなくてはならなかった
ベリアルに関わった者達の力が、リクを支えるので無くては駄目だったんだ
そしてその説得力を持たせる充分なシナリオを描いた
最終回を見終わったあとの涙は、おそらくそのために出たのだと思います

ゼロの出演も良い塩梅で良かった
後腐れ無く爽やかに去って行ったのも彼らしいよね
とは言え、マユちゃんにこだわりを抱いたのは最後まで変わらんかったが
2017122330.jpg
普通の人が最後まで普通だった、珍しいウルトラマン一体化対象者だったレイトさん
きっと彼は、これからもゼロと一緒だった時のことを糧に、それでも一市民として家族と歩んでいくんだろうな
2017122331.jpg

そして今頃ゼロは、セブン父さんに子供欲しいとかぼやいて、怒られているに違いない(ぇ
防衛隊の設定無しで、これだけの登場人物をどう扱っていくんだろう、と最初は懸念してましたが、いやぁよくやったもんです
ヒロインが溢れてどうなるんだと思った時もあったけど、モア・ライハ・レム・ペガ(ぇ)それぞれが良い味出してた
星雲荘自爆ネタも実はレムの悪戯で、リクを巡るヒロイン争いに混じりたかったんだろうなぁ
2017122328.jpg
2017122329.jpg

微妙に残った謎としては、ベリアルが最後まで廃退的だったことでしょうかね
彼の過去がチラリと映りましたが、やっぱりダークネスファイブがどうなったのかが気になるところ
彼らと伏井出ケイが一緒に映っているので、少なくともごく最近まで一緒に居たはずでは・・・?
2017122319.jpg
なんか、彼に何かがあって色々と失って、それが今回のベリアルの行動に繋がったのかな、と言う風にも読み取れます
とにかく素晴らしい全25話をありがとうございました!
最後のジャンプ姿で和ませてもらって、これも本当に泣き笑いした
ゼナ先輩が一番格好良くジャンプしてるんだもん!!w
2017122332.jpg
スポンサーサイト

テーマ : ウルトラマンジード - ジャンル : テレビ・ラジオ

2017/12/23 19:55 | ウルトラマンジードCOMMENT(3)TRACKBACK(1)  TOP

コメント

きっとこうなる

セブンがアイスラッカー投げまくって、それをよけるゼロ……その傍らでメトロン星人がカプセル怪獣三体と共に見ている光景が……無論ちゃぶ台があって……そして伯父らと祖父母が止めに入ると。


ダークネスファイブが全く出なかった辺りは続編の含みと言うべきかもしれません。



新しいアイデアは受け入れられないファンも居る事も確かですが、従来のままではマンネリ化する、これはどの作品にも言えるジレンマです。だからファンはその事を察してあんまり批判するべきじゃない。我慢できないのなら行動すればいい、制作側になればね……最もそれは途方無い道になる事は間違いないですが……


No:5825 2017/12/23 22:33 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

親子喧嘩はおやめください

> セブンがアイスラッカー投げまくって(ry
なにその楽しいセブン一家(ぇ

> ダークネスファイブが全く出なかった辺りは続編の含みと言うべきかもしれません。
もうベリアルにはゆっくり休んで欲しい気がしますがね

> 新しいアイデアは受け入れられないファンも居る事も確か
どこまで言っても原理主義者というのは、良い意味でも悪い意味でも存在します
勿論新作が、旧作を蔑ろにするアイディアで責めてくれば怒って当然ですが、その線引きは人それぞれですからね

No:5826 2017/12/24 21:39 | あるす #- URL [ 編集 ]

なんとなくね

あるすさん>

返信どうもです


ウルトラ一族と言えとも家族もあるのですから……最もセブンは自分の若い頃と同じ失敗はさせたくないと言う事で……


ベアリルの場合はめげずにまた分身を産み出すか……ジートの苦労は始まったばかり(マテ


線引きは重要ですからねぇ……

No:5827 2017/12/24 21:50 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2017/12/24 |  |

-

管理人の承認後に表示されます

 | BLOG TOP |