ダーリン・イン・ザ・フランキス 第六話

「ルパンレンジャーVS.パトレンジャー」第2話観ました
*ルパンレンジャー
いろいろと複雑な事情があることが判明
互いに一物腹に抱えているので、目的では一致してるが、行動がバラバラ
コグレさん、怪しすぎじゃね?あんた裏で国際警察と繋がってない?

*パトレンジャー
仮にも警察なんだから、犯人追撃中に街中壊さない
2号(陽川くん)もうちょっと映してください
1号(朝加くん)完全に銭形警部です。ありがとうございました(水ポチャ素敵)
戦隊物の定番、全員の合体攻撃が、物理的に合体(融合)だったことに吹いた

*グッドストライカー
君が元凶だろう。そうだろう
こいつのたくらみで、いつかロボが6体合体するよね、そうだよね?
*ロボ戦
ちょっとCG色が強すぎてどうかとは思った・・・。今時、着ぐるみでドカンドカンやり合うのは流行ら無いのかも知れないけど
*ギャングラー
貴重な高木さんをここで使ってしまうとは(苦笑
この手の怪人をやってくださってイイ感じの声優さんというと、次は矢尾さんだろうか
ドグラニオ・ヤーブンが格好良すぎ&懐深すぎ


迫り来る叫竜達
その群れの後ろから迫る巨大な物体、それも叫竜なのか
2018021803.jpg
数でも圧倒してくる叫竜に不安はある
だが、パラサイト達は異様に冷静だった

これは、彼らに恐怖とか差し迫った危機感であるとか、そう言った感情が持たされていないからなのだろうか

感情と言えば、ヒロのことで未だ思い詰めるイチゴ
それを察したゴローは、ヒロとイチゴに会話の機会を設ける
2018021804.jpg
イチゴには言いたいことがあるはずなのだ
だが、彼女はおそらくその感情も、言葉も知らない
ヒロもイチゴが抱いている感情を理解出来ないし、彼自身全く判っていない
ただ、いつものように作戦を成功させよう、と声をかける
2018021805.jpg
それはヒロが、パラサイトとしての自分がそうあらねば、居場所が無いことから"今は"脱却し、この状況に依存(あるいは酔っている)ことからくる、妙な光景だろう

そんなヒロを心配する自分の思いを、「自分達は兄弟のようなものだから」と言うイチゴ
そうでは無いのは、観ている側は判る
彼女はヒロが好きなのだ・・・でも、好きという感情も理屈も、知る由も無い

出撃する13部隊
2018021806.jpg
その前を守る26部隊
これが量産型か
2018021807.jpg
戦い慣れした彼らの連係攻撃は的確で、コンラッド級をコツコツと狩っていく
2018021808.jpg
そんな26部隊にお荷物扱いされることに不満を持つゾロメ達だが、実際彼らは未熟
たった4体の敵相手に上手く立ち回れない
見ては居られないね、という様子のゼロツーからの言葉に、ヒロは痛む身体を押して救援に出る
2018021809.jpg
複数の敵をまとめて串刺しにしたり、それを振り回して周囲をボコるといった、驚異的な戦闘を見せつける
2018021810.jpg
だが、ヒロの状態は安定しない
2018021811.jpg
まさしく限界とも言える状態だが、ゼロツーは彼を気遣わない
ヒロもまた苦しみを訴えない

雑魚の片が付いたところだったが、相手の巨大物体はその姿を露わにする
箱形のそれが変形して、人のような巨人の姿となったのである
2018021812.jpg

引き続いて対応しようとする26部隊だが、燃料切れを起こしてしまい、交替せざるを得ない
ここで、さっきまでブツブツ言ってたのに、ちゃんと助けに行くゾロメは良い子
2018021813.jpg

残った13部隊で対処することになるが、イチゴはストレイチアを最後のトドメだけに使うことを提案
ゴローはその話を「ストレイチアの槍で無ければ、この巨大な相手のコアに届かないから」と周囲に説明、納得させる
2018021814.jpg
だがそこは、イチゴがヒロを戦わせたくないあまりの我が儘なのを理解していた
この辺はやっぱりパートナーの絆なんだね・・・判ってるんだ
分り合ってるから、余計に観ていて切なくなる

それを知ってか知らずか、痛みを隠して戦いを続けるヒロ
ゼロツーはヒロの痛みがわかっていながら、それでも終わらせたければ戦えと言わんばかり
2018021815.jpg
この冷たさは一体どこからくるのか

イチゴ達の作った隙を突いて吶喊したストレイチア
だが、肝心の所で槍は届かず、叫竜に叩き返された
そのコクピットの中で、ヒロは既に気を失っていたのだ
2018021816.jpg
ヒロが死んだと思い込んだイチゴは、自責の念からデルフィニウムの起動に支障を来してしまう
2018021817.jpg

意識を失ったヒロはそこで、かつてのパートナーから叱責を受ける
自らの器を自ら決めて、それ以上のことをしないと
2018021818.jpg

意識を取り戻した時ヒロが観たのは、悲しみとも怒りとも付かない声を張り上げて、一人で叫竜に叫び追いすがろうとするゼロツーだった
2018021819.jpg
その切なさに、ヒロはゼロツーの"冷たさ"の意味を自分なりに理解する
誰も自分を独りぼっちから解放してくれない
そう言った現状の中でも、叫竜と闘う事への固執
その彼女が、楽しそうにフランキスに乗ることを助けたい、と思っていた自分であるのに、何を自己満足で倒れていられるか
ヒロがそう感じた時、痛みのトゲが消えた
2018021820.jpg

ヒロの限界というのは、実際には自分で決めていたものだった、と言うことなんだろう
彼は自覚無しに自信家であり、強い責任感と使命感も併せ持っている可能性がある
それ故に、できないことや支障がある状態を受け容れられなかった
だから一時的に脱落してしまった、という理解ができる


復活したストレイチアの槍は、今度こそ叫竜のコアを貫く
その時機体は、翼を広げていた
2018021821.jpg

ゼロツーに戦う意味を問うた時、逆に聞き返されたヒロ
オトナ達を守るため意外の意義を見いだせなかった彼が、ゼロツーのために心を持った
2018021823.jpg
「君の翼でありたい」


アルト「へくちっ」

ミシェル「同類が現れたようだな」
オズマ「まぁ、両手に花で、どちらかも決めかねてるような、柔い男とは違うだろうがな・・・」
アルト「なんですか、隊長!なんでそんな目で睨んでるんですか!?」
彼女らを見守るフランキス博士が言う、ゼロツーの願いというのは何なのだろうか
2018021822.jpg
それが、彼女が無心に叫竜を狩ることと、何か関係があるのか・・・
スポンサーサイト

テーマ : 2018年新作アニメ - ジャンル : アニメ・コミック

2018/02/18 20:31 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

……一応乗り越えたけど、新キャラが波乱を起こす

ダーリン.イン.ザ.フランキス


・旧型試作機だらけの第十三部隊


これでトロイの木馬の様な母船が出れば……何が飛び出すか分からないから怖い。第二十六部隊のコドモの一人があれだけ優秀なのに何故旧式の試作機をと言う位ですから……。


・新型叫竜


え~と何処かで見た様なフォルムでしてねぇ……それにしても使途もびっくりな形状になるなぁ。


凱「ゴルディオンクラッシャーといい勝負だな」



・フランキス博士


フランキス「漸くカメラマンが映してくれたのぉ」
ナナ、ハチ「「ソレヲイウカ?」」



怪盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー


コグレとヒルトップがルパンそのものならねぇ……まあ色んなケースがあるからねぇ。それと戦隊マシンサイズのカーチェスなんて迷惑なんですが。

ボウケンジャーとゴーゴーファイブが出動する事態にならないように……ボウケンジャーの場合ニ号ロボにもなる各マシンってやたら建機系が多いから障害物撤去も可能だしね。


・なんじゃぁこりゃあ!


え~と必殺武器は色々とあったけど戦隊メンバー同士が融合したのは初めてかと……戦隊ロボは同時に出ない訳ですが、これ最後には合体するんでしょうね。

No:5884 2018/02/18 22:33 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

ゼロツーの願いとは

> ・旧型試作機だらけの第十三部隊
> これでトロイの木馬の様な母船が出れば……
はい、ストップ

> ・フランキス博士
ただのエロ親父かと思いきや、何か秘密が?

> 怪盗戦隊ルパンレンジャーvs警察戦隊パトレンジャー
> コグレとヒルトップがルパンそのものならねぇ
ああ、やっぱりその線狙ってますか

> ・なんじゃぁこりゃあ!
> え~と必殺武器は色々とあったけど戦隊メンバー同士が融合したのは初めてかと
きっと6体合体があるに違いないと信じている
ゴッドマーズのように

No:5887 2018/02/24 21:32 | あるす #- URL [ 編集 ]

謎事態がどれなのか迷う

あるすさん>

返信どうもです。


年度末が近付くと忙しくなる……これも仕方ないです。


本当に宇宙空間での戦いも可能性があるだけに……



彼の存在もある意味謎ですし……何処まで引っ張るのかな?



今の特撮界のノリならね……本当に何でもアリと言う感なんですよ。ルパンの正体にしろ……ゴットマーズの様な感も出て来てもおかしくない……


No:5889 2018/02/24 23:22 | YF-19k(kyouske) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |