FC2ブログ

大人の発達障害~カウンセリング始めました~

1週間の短期休暇も後半
明日ははつさんを連れて、近所の動物病院に行ってこようと思います
物の本によると、鳥は病気でも自分を隠す(群の中で見捨てられないように?)そうなので、いったん健康診断を受けておこうかと
時間が有ったら、そのまま「ことりのおうち」さんに顔も出せたらいいなぁ

さて今日までは、結構あっち行ったりこっち行ったり
片付けたりなんなりしてたんですが
少しだけぼおっとしてるんで
最近話題になっている発達障害と自分の状況について、徒然と書いてみたいと思います


以前の記事を読んだことがある方には重ねての説明になりますが
10年ほど前、2つ前の職場でのパワハラがきっかけで発症した鬱(適応障害)
それが、何年経っても改善傾向が無い事からテストを受けた結果、アスペルガー症候群の傾向が見られると診断されました
しかし診断当初はいろいろとあり、その状況を改善するために本気で取り組めませんでした

アスペルガー症候群と一言で言ってもいろいろな方が居られて、型にはめるのは難しい物があります
自分の場合は次のようなモノが挙げられます
集中力が働く時間にムラがある
逆に何もしないでぼーっとしているができない
人の顔と名前が一致して覚えられない
ある一定の長さの文字列が暗記できない
ただし、一度覚えるとほぼ二度と忘れない(辞書や事典の内容、マンガのストーリーを記憶してしまう)
何事も真に受けすぎる(裏を読めない)
極度のこだわり(決まったルートをたどれないと失敗と捉える)
極端な聴覚過敏


この聴覚過敏が最大に酷くて、耳が受け取る音に対して、脳が優先順位を付けられません
例として、5人のうち1人と自分が話していて、残り4人が全く別の会話をしていたとします
普通の方は、自分と話している人との会話を聞き取るのが「精一杯」と仰いますが、自分の場合は5人分の会話が全部脳に入ってきてしまい、しかも全て「聞き取って」いるため、脳が要らんことまで「理解」しようとしてしまいます
これが大人数の居るフロアだと最悪で、少なくとも3~5メートル四方の会話はほぼ全部「聞こえて」しまいます
なのに情報の取捨選択ができない故に、肝心の会話を聞くことも出来ず、パンクしてしまうのです

最近、発達障害は脳が疲れるというツイートに「わかる」「わかりみしかない」というリプがいっぱいついてましたが、まさにそれなのです

また初期のカウンセリングの段階で、自分は
「状況が理解できず、脳がパンクしてフリーズしている自分」
「何とか普通に見えるよう、過去の経験から得た反射で対応する自分」
2つのタスクが動くようになっている、とカウンセラーから指摘を受けました
この反射対応側が、世間一般で受けの良い態度を取る「訓練」を受けているため、何も知らない人からは話術が得意だと勘違いされてしまうことがしばしばです
しかし前述したように、二律背反の精神的タスクが常に働いているので、心身にかかる負担はとても説明しきれないものがあります
仕事が終わった後は、とにかく寝るしかありません
もちろん、家事としてやるべきことはやります。というか、やらないと逆に寝られないのです
なので、ゲーム無理
二次創作なんてさらに無理
大好きな辞書や事典も読めない状態


だったら一人暮らしは逆に負担じゃ無いの?と思われるでしょう
それがそうでもなく、今まで治療に真剣になれなかった理由に関係します
まず、何度も書いてますが、両親が障害に対して真剣に取り合わなかったことが一因です
実はアスペルガー症候群の判定が出たとき、障害者手帳を取って、真剣に治療に取り組もうと先生に言われたこともあったのですが、母親には「障害者なんて冗談じゃ無い。家族にそんな者が居るなんて知られたら恥ずかしい」とまで言われ、萎えてしまったのです
こんな親とですから、自室に居ても「普通のフリ」モードを動かしておかねばならず、ちっとも心が安定しません
それが今は一人ですから、こうして仕事を短期で休むのも自分の判断だし、断りを入れる相手も居ない
それならさっさと一人暮らししなよ、というのは耳が痛いお話です
両親に関して心配事があったので決断しかねていたのですが、先日とあることがあって杞憂である事が証明されたため、もう気兼ねなく一人暮らししてやります

次は、過去に所属していた会社(と言う集団)が、真剣に取り合ってくれなかったこと
勿論会社は営利集団であり、ボランティア団体ではないので、こういう状況について理解して欲しいというのも難しいのは当り前なのですが、大抵の場合「何を馬鹿なことを」と言われるのが辛かったです
君は普通に仕事をして居る、お客さんの評判も良い。障害だなんて思い込みだよ、と
これ、相手は慰めている(もしくはストレートな感想を言っている)んですが、こっちからするともう完全に理解が無い対応です
任されている仕事が自分に合わない、辛いしキツいという訴えが出る「理由」が判らんのですよ、相手が
それもまた、仕方ないことではありますが
しかし今の会社の営業と社長は、この訴えに真剣に取り組んでくれています
「君が合わないというなら、どんなポジションなら行けるか考えてみようじゃないか」

この言葉は非常にありがたく、それであれば「次の案」を、自分でも探してみようという気持ちになれました
だからこそ、カウンセリングに打ち込みだしたのです

実は今の会社の社長、中国人です
中華系の会社で働いてんのかよ(笑)って人も居ると思います
まぁそう言う人は笑って下さって良いです
外国人労働者問題はいろいろありますし、直近ではゴーン社長の逮捕などありますが、日本人経営者ではなかなか出てこない対応をしてくださる、なかなかの人ですよ
今居る現場は、某日本中堅電子メーカーなんですが、そう言う場所だからこそ、協力会社といえども日本人の正社員を要望してくるんです
中国から直接やって来たメンバーは、そう簡単に日本語を習得できないし、就労ビザの関係もあって相手の出す条件に見合うメンバーがなかなか出せない(日本人もいるんですけど、お察しの通り他の重要案件に行っている)
いつか正社員が増えたときのために、繫ぎとして入っていたんですね
だから我慢していたんですが
「あるすさんが力を発揮できない状況の方が大事だからね。逆に力を出せる現場を新しく作ろう。あそこにこだわりは無いからね!」
って言ってくださったんですよね
こんな発案してくださった経営者さん、今まで誰も居ませんでした
中国から来たという、日本の会社へのしがらみが無い人だからこそ、出てくる言葉かも知れませんが・・・
間を取り持ってくれた営業さん(日本人)も、中堅電子メーカーの現場監督者と話を根気よくして下さり、その結果として新規の現場提案に転換を図ってくれました
ご苦労をおかけして申し訳ない一方、気持ちに寄り添う人々と初めて出逢えたことの幸運にも感謝しています

そう言ったことなのですが、我慢していた分の疲労は半端なく、まともに寝起きできるようになるに4日ぐらいかかりました
朝起きて、動いてるんだけど、脳がやっぱり疲れてて、途中でぱたりする

アスペルガー症候群のような「大人の発達障害」は、治すというのはすでに難しい状態なので、なるべく社会で生きづらくないように訓練していくというのが目的になることが多いです
自分も多分その方向で行くと思います
現在は、今までの事で社会全体に対して疑心暗鬼になっている心情を整理してるところです
自分は障害があるから、酷い見方をされているに違いない、っていう部分を明確にして、そこに対する違うアンサーを出していこうというアプローチです
まだ、新しいことを考えつくだけの材料もパワーも無いですが、そこはカウンセラーの方と徐々にやっていきたいなと

今まで鬱について嘆くだけだったのが、少しだけですが前向きになれたのかもいしれません
はつさんのみならず、熱帯魚のハロ達の生活を守るためにも(苦笑)、たまたま得た縁から生み出せるかも知れない何かのため、やれることはやって行きます
これからもよろしくです

スポンサーサイト

テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

2018/11/26 16:08 | 雑記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |