FC2ブログ

Vシネクスト ルパンレンジャーVS.パトレンジャーVS.キュウレンジャー観てきました

タイトルとは全く関係ない独り言ですが
アニメ・特撮にそれなりに好きを向けている自分でも、J-POPにでのめり込んでいた相手はあるんですよ
B'zなんですけどね
ライブに行くだけの運も体力も無かったので、CD購入だけでしたが、本当に好きでした
シングルもアルバムも買い漁りましたね。特にアルバム「RUN」に収録されてる「MR. ROLLING THUNDER」が大好きでした
でもね・・・なんか2006年か2007年ぐらいに、何か糸が切れてしまって、CDもブックレットも売りに出してしまいました
B'zが嫌いになったんじゃ無いんですが、あの年の頃のB'zの音楽性に付いていけなくなったのと、たぶん鬱が酷くなったのとが被ったんだろうなぁ
今にして思えば勿体ないことした気がする
でも、誰死にもある時期ですよね、推しに対する熱がマイナスになるっての


さて
「ルパンレンジャーVS.パトレンジャーVS.キュウレンジャー」
を公開当日に見てまいりました

限定公開と言うこともあってか、かなり小さい劇場が満席という状態でした
小さいお友達も大勢でしたが、7割方大きなお友達だったように思う

内容については、観に行って良かったの一言ですね
自分はキュウレンジャーを表面しか知らないのですが、それでも事前情報で見ていた「お祭り集団」というのはよく判りましたw
そのお祭りの中に、くそ真面目な国際警察の面々が振り回されるのが主体のお話しなので、実際の主人公はパトレンジャーと言っても良かったかと思います
面と向かって正義の味方を標榜するキュウレンジャーと、法の隙間で義賊(盗賊)をやっているルパンレンジャーを、正面から絡ませるのは難しいでしょう
それ故に、キュウレンジャーのBN団とだけの絡みになったわけで

しかし、小ネタが一杯で、目を離す隙がありませんでしたねぇ
誘拐された魁利達の情報を得るために、何故か変な格好をしてジュレに向かった国際警察
自分達の身代金が安すぎると憤慨する魁利達
この際だから、他のお宝も手に入れようと、嘘の電話をする魁利と、それにノリノリのノエルとコグレさん
世界を救いに来たは良いけど、事情を理解して貰えなくて悶々とするラッキー
同じく合流できなかったけど、カレー屋でのんびりしまくってるハミィ・スティンガー・スパーダ
国連に乗り込んで直接事情を説明したというツルギと、彼に椅子を奪われて困っているヒルトップ

キャラの使い方が本当に上手かったですよ
ラプター283の女子会妄想とかね・・・
その上で話が破綻してない
ラッキーの無茶振りに対して、圭一郎が投げかける仕草のいちいちが、すごい男の友情してましたねぇ

アクションにもちゃんと気合が入っていて、最終決戦の時は「火薬使いすぎじゃねぇの、これ」って苦笑
あ、ノエル(元木さん)が素でアクションしてるところは、もう元木さんだしで済ませました(ぇ

個人的には、グットクルカイザーの中でのわちゃわちゃに対して、つかさ先輩が「いつもこうなのか!?」って言ったのに対して、小太郎(コグマスカイブルー)が、「うん・・・ごめん、なんかごめん」って言ってたのが萌えポイントw

でね、多分最大級の問題が、いきなり「動物戦隊ジュウオウジャー」のジュウオウ・ザ・ワールドが混じってくることなんですよ
出るのは知ってたけど、前振りも何も無いんですよ
突然居るの(爆笑
で、突然仕切り出して、大騒ぎしたかと思うとフェードアウトして、最後にあの体躯座りで皆に無視されてんだ
お前何しに来たんだよw

そして最後のEDですが
これはね、見逃したら後悔しますよ!
EDが最大の見所と言っても過言ではありません
20人のメンバーが楽しそうにダンスしてるのは、こっちも楽しくなります
隠しネタも一杯ありますよ、一回じゃ判らない!

と言うわけで、迂闊にもBD予約してしまいました

スポンサーサイト

テーマ : 特撮 - ジャンル : テレビ・ラジオ

2019/05/03 20:08 | アニメ感想COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |