FC2ブログ

戦争というものの存在~善悪の観念を越えたもの~

この時期になると、うんざりするほど反戦に関する番組や、戦争の悲惨さを伝える番組でテレビが溢れます

歴史を伝えることは重要ですが、自分が子供の頃と違って最近は、とにかく戦争が悪という面だけがやたら報道されているように思います
昔は、もっと単純に出来事をまとめて報道していたと思うのです
戦争に関する報道は、ある意味そう言うもので良いと思います


昨今の、悲劇ばかりを持ち上げる風潮に、敢えてこの時期に記事を書きます
長文なのでTwitterは無理だし、読みたい人だけ読んでくれればいいと思っているので


まず、最初に明らかにしておくべきなのは
ほんの70年ほど前までは、国家間の揉め事があったとき、または国内でも騒乱があったとき、交渉が決裂すればそこから戦争という手段で決着をつけるということは、通常の交渉手段として有効であった、という歴史的な事実である
(現代に入ってさえ、問題があれば武力行使が実施されることがあるが、それについては後述する)

古代から近代に至るまで、あらゆる地域で武力による紛争解決は実行されてきた
きちんと歴史を振り返れば、人類社会では暴力による事象解決は通常のことであり、最も効率的な方法でもあったことは自明の理である
例としてニコニコ動画に有る中国の歴史を挙げておく
非常にわかりやすく、国家の興亡を現しているが、これもすべて戦争の結果である


このような古代での騒乱は、昔の人類が粗野で文明的で無く、法律や条約を結ぶことをしなかったのだ、などと言うのは、現代人の驕った発言に過ぎない
エジプトやメソポタミアには、古くから戦争における理性と、捕囚の取り扱いに関する決め事がきちんと存在していた
その他の地域においても、戦争をやったからには、その時にどうするかと言うことは考えられていた
古代ギリシャでのポリス間の約定は有名である

また、古代中国で発達した諸子百家の思想は、如何にして効率的に土地を支配するかと言うところから端を発しており、その中には戦術に関する記述も沢山ある
現代においては、その文学的思想だけに注目が行くが、元々は時の権力者にいかに上手く戦をさせ、人を支配させるかを語れるかが古代の思想家であり、"平和"などはその後の話である

効率的な戦争実施手法と人民支配の思想が同時に語られるのは、それが物資(ヒト・モノ)の管理に直結するからに他ならない
やりたい放題の戦争では、やった側に見返りが無い
戦争というのは、利益(土地・資源)を求めるから実施するのであり、それに見合わない行動には何の意味も無いからだ


こうした「普遍の解決策」であった戦争であるが、現代においても戦争はある
だが、現代社会において戦争は非常に忌避され、また「やり出した方が(政治的に)負け」という傾向がある
それが、2度経験した世界大戦の影響であると言って良い

まず第一次世界大戦において、一つの火種が泥沼を招くということを、世界が痛感したことにある
1800年代以降、各国がそれぞれに築いた世界中との約定や関係性により、ある国が別の国をしばこうとすると、そこに対して利害のある国が割って入ってきてしまう
そのグダグダでエラいことになったのが第一次世界大戦だった

次に、総力戦の常態化
それまでの戦争は、職業軍人同士が主として戦争を実行し、結果を得ていた
だが、大戦中にあまりにも巨大になってしまった戦場では、銃後の市民も戦争に駆り出さざるを得なくなった
それと同時に、大量の物資を一瞬で消費する戦闘スタイルとなったことから、これまた銃後の市民の忍耐を強いることになった

このような状況故、第一次世界大戦後の賠償金は凄惨と言って良いものになった
結局戦勝国は、領土の大幅な拡大や資源の獲得はほとんどできず、国内消費を敗戦国からまきあげる形となった
これが後に、ドイツを尖鋭化させ、ファシズムを煽り、共産主義に理想を求める原因となったが、ここでは触れない

そして第二次世界大戦が始まる
ここで顕著になったのは、後方待機民(都市部に住む市民)が、無差別攻撃の対象になったことにある
前大戦でも一般市民への攻撃はあったし、世界大戦以前の戦争でも、軍が通る道にある市街は略奪の対象になり、破壊が横行していた
しかし第二次世界大戦においては、航空機の発展から容易に敵国の領空に侵入できるようになった
さらに兵器開発は加速度的に進み、安価で大量の破壊を行うことで、相手国全体の資源(モノ・ヒト)を破壊することに主眼が置かれるようになった
前線の兵士を倒すより、補給元を絶つ方が効率的だという考え方であろう
前述したように、非戦闘員の想定外犠牲は過去から存在したが、そのやり方・犠牲者の数・範囲の広さが、戦争当事者達にとってもおぞましい数になった
その最たる手段が原爆だったというのは、私も異を唱えない

さて、このような歴史を経た上で現代の我々の社会でも、軍事力という物は重要である
だが大戦において起きたような事態を知る者は、威力妨害こそせよ本当に戦争を起こさない
それは、戦争を起こした側の方に、(情緒的な意味で)批判が殺到し、成果が上げられなければ批判の対象になる時代になったからだ、と私は思う
湾岸戦争とビンラディン掃討作戦など、その最たるものではないか

少なくとも近代史を学んだ人々は、今迂闊に砲火を放つと、割に合わない(言い方はアレだが)事になるのを知っている
冷戦時代のアメリカとソビエトが、それをよく示している
互いに強力な兵器を持ち、使うぞ使うぞと脅しながら、ついぞ使わなかったのは、使った方が非難されるのに決まってるからだ
彼らが使う物が、たとえ核では無いたたの戦略弾道ミサイルであろうと、その先には銃後の民が居る可能性がある


だから中国も韓国も、日本にちょっかいを出して、こっちがキレるのを待っているのである
が、そんなことはお見通しの防衛省は、とりあえずできる範囲の中でしか対処しない
これを弱気と言うのであれば、何らかの形で現行法を改善するしか無い
専守防衛は構わないと私も思うが、いざやられたときのことを考えた法案には改定すべきである
今でさえ、中東の平和維持活動や、イスラエルとパレスチナの闘争などで、一般市民が巻き込まれれば、そう言う地域に展開していた方では無く、攻撃した方が非難される
今の時代は、そういうものだ
つまり、情緒で判断されるのである
戦争による達成目的はあるのだが、その前に情緒という時代だ
それはお世辞にも良い傾向とは言えない

その情緒につけ込んで、人間の鎖のような卑劣な手段を使う連中も居る
だが何しろ、戦争に巻き込まれる範囲が近代から大きく変ってしまったのだけは確かだ

それ故に繰り返し言うことは
戦争中の辛さや苦しみを伝えるのは必要であるが
現代の社会理念(情緒優先)に併せて、その内容を放送すべきでは無い(伝えるべきでは無い)と言うことである

私は戦争を体験した方々が、当時としては新聞や大本営の報道に一喜一憂し、日本の勝利を信じていたと証言したとしても、それで戦争賛美などとは全く思わない
それは時代を象徴した感情なのである
結果として日本は負けたが、その辺については色々な書が有るので、そちらを見ると良いでしょう
個人としては、アメリカの挑発に乗った日本軍に、最初の問題があったとだけ言っておきます

結論から言えば、戦争の無い人類社会は、今のところ実現が難しく、抑止していくしか無い
しかしそのための手段として、情緒としての辛さだけ伝えるのは間違っていると思う
ただ、ありのまま、当時何があったのかをストレートに伝える事が、なによりまずは必要なのだ
当時の新聞や市井の町の人の声を見聞きして、70年後の自分達が何を思うかかが戦争教育ではないだろうか

戦争から日常を切り離すこと、今も兵器がそこに存在している事実を受け容れない
そんな形では、無知が広がるだけである


「何が起きたのか」
を真っ直ぐ伝えられないのであれば、それこそがまさしく再度の戦争のきっかけになろうということを、最後に記述しておく
スポンサーサイト



テーマ : 日記・雑記 - ジャンル : ゲーム

2019/08/05 20:01 | 雑記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

戦争とは終わらないモノかもな……

一例は韓国や中国でしょう……列強時代に古い体制を変革しきれなかった韓国と中国は今でもその時の事を根に持ってますしここ最近は韓国もヒドいかなぁ……愛知県の一件もタカ派の怖い方が激高していると思いますよ……製作者は韓国人なら今すぐにも帰国して貰った方がね……ネットの炎上では無い方のガチの炎上されてもよろしいのならどうぞ裁判でも起こして貰いたいものです。身の安全の保証はしませんから……


第二次世界大戦の責任なら列強進出した欧州各国にも責任があると思うけどねぇ。

No:6393 2019/08/05 22:00 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

戦争が無くなるわけが無い

今の人類社会が継続するなら、戦争はなくなりませんわな

半島はねぇ
北は70年前で頭ん中止まってるんで、未だに花火を上げてますが、それをどう捉えるかという考え方が、もう変ったことを認められないんですかね
その南の国は、可哀想商法で味をしめててたら、そろそろそれが効かなくなって発狂しているし


> 第二次世界大戦の責任なら列強進出した欧州各国にも責任があると思うけどねぇ。
2度の大戦の勃発が、基本的にヨーロッパだったという事は明白
そもそも大航海時代の後、自分達が世界の支配者だと誤認して、世界中を無茶苦茶にしたのが原因ですから
あの大戦を起こさないようにするには、その時代(1600年代)まで遡って、主にアジア地域の文明を進めておかないと無理です

No:6394 2019/08/06 19:36 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |