FC2ブログ

【Gジェネ魂】MS IGLOO編

風邪を引いていたわけでもないのに、突然喉が潰れて声が出なくなっているあるすです
インストラクターという職業上、これはとても辛い
これは負債の呪いだろうか?(心当たりはあるらしい)
いくら心で思っても、新世界の神を正直に『バカ』と言ってはいけなかったらしい


MS IGLOOのシナリオをスタートして愕然としました
いや、MS IGLOOが「奇想天外兵器」ジオン公国版なのは知っていました
しかし、ルウム戦役からの話だとは知らなんだ

出てくる敵がサラミスとかセイバーフィッシュだけ
そんな第一話をやって狼狽
これってもしや、機動戦士ガンダムのシナリオをやりつつ、他のシナリオの同時間軸のパートをプレイするべきだったってこと?

んとつまり、MS IGLOOの一、二話あたりをやってから、機動戦士ガンダムの一話辺りをやって、それからMS IGLOOの三話、そのあと08小隊をやって・・・って流れが正しかったのか?
もしかして??
だから「宇宙要塞 ア・バオア・クー」のシナリオがあんなに吐きそうだったのか???

あああ、本当のところはどうなんだろう
こんな恥ずかしいことを書いてしまう、Gジェネ初心者です


「少しでも効率のいい戦果を挙げる」という目的で結成され、繰り出される珍兵器の実証・評価を行うジオン軍の603部隊を主人公にお話が流れる
Gジェネ魂中、唯一のジオンシナリオである
また、非常にイベント性の強いマップがほとんどで、様々な意味でプレイヤーは傍観者としてしか動けない

1.大蛇はルウムに消えた
20071209-01.jpg
ルウム戦役中に試作・実験された巨大砲『ヨルムンガント』のお話
このマップでプレイヤーがすること
それは
・マイとヒデトの乗る小型艇を、連邦の戦闘機から遠ざけること(武器はない)
・プレイヤーの出撃した位置で、サラミス二隻と戦闘機の相手をすること

・・・これだけである
機動戦士ガンダムのラストシナリオを終えたプレイヤーなら、あえて苦労することはあるまい
小型艇が避けてくれないとハラハラするかも知れないが、ある一定時間が経つとシャア中尉(当時)率いる新鋭MS部隊が登場、小型艇を助けてくれる
しかし、このMSの登場の意義については、深い意味がある(シナリオを実際にプレイしていただきたい)
その後、手負いのサラミスが登場
これをさらに手負いのヨルムンガントで撃沈する。ヨルムンガントの射程は"無限"であるが、このイベント開始時はENが足りない。2ターンほど我慢する必要がある。この間、サラミスは小型艇を追うようなので、ヨルムンガントの射程軸から離しすぎないように小型艇を逃がそう

・・・それもこれもねぇ、兵器にこんな不吉な名前付けたのが不幸の始まりだろう
(ヨルムンガントの原点は、北欧神話に出てくる大蛇『ヨルムンガルド』。大地を支えながら眠り、神々の黄昏の時に目覚め、その大地自体を飲み込むという破滅の蛇)
2.遠吠えは落日に染まった
20071209-02.jpg
いわゆる巨大戦車である『ヒルドルブ』の物語
戦車でありながらMSのようなマニュピレーターを持つこの機体
しかし、マゼラアタックと比べても運用に難があったようで、制式採用されないままだったと言うことだ
ヒルドルブを現地配備させるため、マイとモニクがコムサイで出撃する
ところがこれが撃墜され荒野に不時着、唯一の戦力であるヒルドルブが孤軍奮戦することになる
相手は、ザクを奪って運用していた連邦兵である
このマップでプレイヤーがすべきことは、ヒルドルブの代わりに連邦軍の相手をすること(つまり、ヒルドルブ自体は戦闘をさせてはならない)
連邦兵は上記のザクと61式戦車のみであるため、基本的に弱い
しかし、ヒルドルブが4Lユニットであることから、あまり器用に動き回れずに地形の袋小路にハマることがしばしばあるのが問題なのだ
足の速いユニットは、急いで画面左側に孤立しているヒルドルブを援護しに行こう
そうでないユニットはコムサイの援護に回す
後は難しくない
3.軌道上に幻影は疾る
時期的にはRX-78ガンダムが活躍し始めてから、ジャブローの決戦あたりのお話
20071209-03.jpg
次第に劣勢になってきたジオンが、「新型機を開発した」とプロパガンダを打ったものの、実はその機体「ヅダ」が欠陥機で・・・というお話
そんなこんなの議論中、地上からシャトルで宇宙へ逃げてきたジオン兵を、連邦の手から護ることがミッションとなる
マップは高々度(仮にAとする)、高度(仮にBとする)の二階層に分かれている
自軍はA、ヨーツンヘイムはBの層からスタート
Aには友軍は居ないが、サラミス三隻とジム3機小隊が3体出ている。本当ならBに援軍を送りたいところだが、サラミスを撃沈するのは一苦労
自分の場合、フェニックスガンダム1機を、AB間適時移動させて援護に回した。それ以外のメンバーは初期配置の場所を死守
ヨーツンヘイムからはヅダが3機、友軍のHLVがボール3機小隊に4方を囲まれている。本来このHLVを護らないといけないのだが、全てを護りきることはほぼ不可能。破壊されてもゲームオーバーにはならない
なので、近づいてくるボールを優先に撃破。ヅダは意外と強く避けるので、主戦力として使っても良いかもしれない
しばらくすると、セイバーフィッシュが6機ほど、南方から出てくる。常に四方の警戒を怠らないこと
途中、ジムがBの方に3機、北方側から出てくるが、ここでイベントが発生し、デュバルとモニクの乗ったヅダが戦線から消える
この後は完全に消耗戦。よほど油断しなければ勝てない戦ではない
敵を殲滅するとイベント発生・・・ううう
4.ジャブロー上空に海原を見た
全5マップ中、最も運要素の高いマップ
ズゴックをリサイクルした兵器「ゼーゴック」の試作・運用
このゼーゴック、まぁ要するにロケットに縛り付けられたズゴックです。なんか、いろんな乗り物に乗せられては振り回されるガチャ○ンを思い起こさせる・・・

マップはこれまた二階層だが、今回は互いを移動できない
ゼーゴックの居るところには、初期配置サラミス三隻。これらを8ターン以内に撃墜しなければならない。サラミスからの反撃はないが、ゼーゴックの攻撃が当たるか当たらないかがバクチなのである(サラミスが意外と避けるんだ・・・)
よって、ゼーゴックで攻撃する前後には必ずセーブを行い、一発でも外れたらリロード!
また、倒す順番も重要である
ゼーゴックの武装は二種類で、ズゴックのクロービームと、クーベルメという拡散ビーム砲
ロケットに繋がっているだけのことはあり移動力があるので、必ずサラミスのクリティカルポイントを狙える位置に移動してから攻撃すること
20071209-04.jpg
自分の場合、まず正面のサラミスにクロービーム
二ターン目にクリティカルポイントを狙える位置へ移動、クーベルメで撃墜。チェインで右のサラミスへ接近、同じくクリティカルポイントにクーベルメ(一隻撃沈すると、コアブースターインターセプトタイプが2機登場)
三ターン目、この時点で増援として出てくるマゼランに接近してクーベルメ、敵の攻撃については回避で避ける(EN節約のため)。マゼランの護衛のコアブースターインターセプトタイプも無視
四ターン目、マゼランをクロービームで撃破、チェインで左下のサラミスに接近してクロービーム、耐えて5ターン目クーベルメで撃破・・・という形で攻略した
ただ、コアブースターインターセプトタイプの攻撃がかなり激しく、ゼーゴックも早々簡単に避けてはくれない。5回ほどリセットしてなんとか攻略した
戦艦を全部撃破すると、ゼーゴックの戦いは終わり・・・あとは地球軌道上の自軍の戦いである
なお、自軍の居場所にはサラミス二隻に、ボール3機ジム2機というのが初期配置、3ターン目にセイバーフィッシュが南北に5機づつ、5ターン目に西側にボール2機ジム3機の小隊が2つ現われる。よって、ヨーツンヘイムなり自戦艦なりを早めに回頭し、西側に対面させることを薦める
また、場合によってはサラミスからジムやボールが適時増援として出る
とはいえものの数ではないだろう
5.雷鳴に魂は還る
まずは月面軌道上のイベント戦闘からスタート
ここについてはあえて書かない
その後、ア・バオア・クー戦において、Eフィールドを護るように指示された603部隊
20071209-05.jpg
オッゴというボールと同様の「モビルポッド」のみを配属されながら、それでも戦い抜かねばならないというシチュエーションである
初期配置はマップの西側。東側マップ中央付近まで移動することが最初の目的
目の前にはサラミス二隻、ジム3機小隊が3隊、ボール3機小隊が2隊ジムカスタム3機小隊が3隊・・・またもや吐きそうだ
自軍の初期配置は、オッゴ3機のみ(しかも中身は少年兵)
ヒデトはヅダで追加発進させられるので、早めに出しておく。但し彼らには極力戦闘はさせない。ただし早い段階でマップ中央に移動させておく。サラミスの射程外ギリギリを確認しながら移動しよう
3ターン目、西側からサラミス4隻とマゼラン1隻が出現。そのうち二隻をビグ・ラング(マイ搭乗)が撃墜
20071209-06.jpg
要するにビグロの体が、でかい胴体にくっついている感じである
で、このビグ・ラングを助けに行かなくて良いのかというと、放置して良し
適度に動かしながら戦艦の相手をしてもらおう。何故かというとビームかく乱幕を標準装備しているので、戦艦の遠方射撃を弾いてしまうから。ただし巨大ユニットの宿命で方向が存在するので、敵が多い方に逐次向け直そう
そんなわけで、自軍はとにかく前方を突破することに注力しよう。ここでの戦法は今までと同じ
待ちの戦法でMSを引きつける。MS同士の戦闘は援護を効果的に使うこと
戦艦は戦艦同士で、最終的にはMSが脇に回り込んで撃破
さて、激戦をくぐり抜けて指定ポイントに到達すると、敗走するジオン艦隊3隻と、それを追う連邦艦隊がマップ南側に出現。そう、ア・バオア・クーが墜ちたと言うことだ
ここからは敗走する戦艦を護りつつ、連邦艦隊を抑えるのが目的
その連邦艦隊というのが、サラミス4隻とマゼラン2隻、ついでにジム3機小隊が2隊、ジムカスタム3機とボール2機の小隊(マゼランからは、ジムカスタムが増援で出ることもある)・・・もっと吐けというのか?w
一応増援で、モニクのジグ、カスペンのゲルグルが出てくる(出現位置はビグ・ラングの側)が、あんまり役に立たない
この3機は、ビグ・ラングを盾にしながらマップ中央へ向って移動しよう(自軍と合流させるため)
自軍は前進しつつサラミスやマゼランを撃墜しよう
消耗戦になるが、頑張るしかない
ビグ・ラングはかなり強く、自分の場合レベルAまで育てることができた。上手な人ならSまで持って行くこともできるかも知れない
そうしたら開発可能になるので、余力があれば頑張ってみてもいい

いやしかし・・・
このシナリオ、むっちゃ鬱になる物語ばっかりですわ
実に第三帝国な雰囲気が漂っております・・・いや、そもそも意識しているのは間違いないが
二度も三度もやりたくはないかもね

次は08小隊ですよ


現在、RX-78ガンダム、ゲルググ、高機動型ザクを新たに入手、運用中
ある意味ハンデという面もありますが、弱いユニットは今のうちに何とかせんと
開発という面でも、一つのユニットにこだわっていては派生しませんので
しかし育てすぎると、今この段階で0083のMSや酷い場合0093以降のMSが開発できてしまう
それはそれで困るので我慢している次第・・・
MSの報告は08小隊でまとめて
スポンサーサイト



テーマ : Gジェネレーションスピリッツ - ジャンル : ゲーム

2007/12/09 16:30 | 【Gジェネスピリッツ】COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

PS初期のジージェネは、あるすさんの推測通り、シリーズ毎ではなく時間に沿って進んでました。
(一度クリアするとステージ選択出来るように)
しかも、1stのステージにセンチネルやZの面子とか出てきます。

Fからシリーズ毎になり(ただし、一度選択したらそのシリーズをクリアするまで別シリーズに行けない)、残念ながら作品枠を越えたゲスト出演はなくってしまいました。

ただ、コロニー爆弾トラップやコロニー落とし、P、魂より柔軟な階層マップでの戦略システム、
コロニーレーザーや核ミサイルなどのMAPW、声は無いものの豊富なネタ台詞など、
一部ガノタには未だFがジージェネ最高傑作(というかシステムや演出をそのままにリメイクしてくれ)との声もあるようです。

No:128 2007/12/09 19:13 | 通りすがり #8sxv/MdA URL [ 編集 ]

GジェネFですか・・・

通りすがりサン、ご教授ありがとうございます
昔のGジェネは時代ごとだったのですね
つまり、魂に限って言えば、とりあえずシリーズごとに攻略しても間違いではない、ワケですな

GジェネFの評判は聞き及んでいます
どこに行っても「最高」って言われてますよね
まぁ確かに、余計なガンダムが入っていない唯一のGジェネだし・・・
おおっとしまった
また喉が潰れるようなことを言っている!?

No:129 2007/12/09 21:20 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |