FC2ブログ

【Gジェネ魂】0083 スターダストメモリー編

Gジェネ魂に関する疑問・・・というか疑念
なんつーかこう、キャラの造形や声とか何かおかしい気がする
原作の絵柄に比べると稚拙というか、崩れているというか・・・アレンジだとしたら、それも程がある
声優陣の喋り方も、場合によっては手抜き・・・といったら失礼だけど、演出が足りない部分を感じる
MSの書込み具合と比べても、相当の落差がある部分がある気がする
特に今回の↓はひどい
20071230-08.jpg
いくらクスリやってたって、ウラキはここまで崩れた顔にならないだろうよ、オイ
あと、このシーマ姐さん
20071231-06.jpg
三白眼にも程がある

よっぽどガンダムバトルクロニクルの方がちゃんとしたグラフィックだったような・・・


なしてガンダムのゲームは、この0083が異様に難易度高いかね
こいつら残党だろ?
テロリストだろ??
なのになんでこんなに強い、こんなに数が居る、こんなにしぶとい!

このストーリーを攻略するに当たって、個人的に最大のポイントと思われることを明記する
それは、マスターユニットに必ずフルアーマー装甲のMSを指定すること
この面の敵はよく当ててくるうえ、非常に攻撃力が高い。ドム・トローベン(リック・ドムII)のラケーテン・バズが典型で、かなりの命中率でしかも当たると問答無用で4800は削れてしまう。そのうえ↑に書いたようにしぶとい(寄せ集めMSのくせに、最終的に9480くらいのHPを持って出てくる)
ただ、これらの攻撃が全て実弾である、と言うことが着目点
つまり、フルアーマー装甲を持っていると、1/3はダメージを軽減できる。それだけで戦果はかなり変ってきた、と言う事実を述べておこう
通常グループのリーダー機も、できればフルアーマー装甲を持って突貫することが望ましい
そうでなければ機動力をとことん上げたMSを投入するべし
また、支援の態勢も万全に。ザクはともかくドム系の敵はかなり攻撃を避ける。無駄だ多すぎか!?くらい支援を繋げ、一発でも多く当たるようにしておかないと仕留め損ねる
1.ジオンの残光
「ガンダム強奪」事件の面
まずはGP02を盗んだガトーと、追いかけるコウのGP01のイベント戦闘
GP02にはサーベルとバルカンしかないので、4マス離れた位置からGP02をちくちく削ろう
増援のドム・トローベン2機とザメルには構わないこと
3ターン経つと勝手にGP02と一緒に消えてしまうからである
この後が本番
初期配置は、ジム改(バニング)、パワード・ジム(アレン)、ザクII改(キース)、GP01(コウ)
敵の初期配置は、崖の左右にドム・トローベンが3機づつ
自軍はそのドム・トローベンの正面に配置する形になる
基本的には出てくる敵を各個撃破することになる。ただし、一定距離進むごとに伏兵が出るので気をつける
例えば、自軍初期位置から、崖の中央あたりまで進むと、背後にドム・トローベンが3機出てくる。戦艦を配置した方向では、最初の1ターン目から出てくるだろう
また、今回管理人は部隊を左右に分けて進めたが、攻略の面から考えると効率は悪いかも知れない(点数は稼げる)。安全性を高めるのなら、方向を決めて固めて移動する方がいい
先鋒と殿をきっちり決めて、戦艦を護りながら進むこと。焦ると伏兵に囲まれまくる
最初のドム・トローベン9機を撃墜すると、マップが北方向に広がり、まずはコムサイIIが姿を現す。敵も出ない攻撃もしてこない、ターン制限はないので、ゆっくり近づいて撃破しよう
20071230-02.jpg
相手が動かないのをいいことに、こういう鬼のようなこともできます。点数稼ぎにはもってこい
コムサイIIを撃破すると、周囲にドム・トローベン9機とザメルが出現
これらを撃破すると、さらに北にマップが広がる。マップ端が海岸になっており、そこに停泊しているユーコンを撃破することが目的になる
ここから、またも進行方向が2つに分かれることになる。また、進行方向正面の崖の中央付近まで行かないと、次の敵ユニットは出てこない。自軍を一旦戦艦に回収し、敵が出てから改めて出撃させた方がいいと思う。また、戦艦は地形の関係上、東側しか通れないと思われる(管理人は失敗して西側に送ったため、ハマった)。まとめて移動させるなら、東側をマスターユニット先頭で進攻しよう
さらに、崖を抜けきる直前に、新たに崖の左右から伏兵が出てくる。殿を忘れないように
崖を抜け、海岸への道に差し掛かる頃、さらに伏兵が出てくる
なお、海岸へ向う通路は一気に駆け抜けないと、ユーコンの魚雷の餌食である
さて、その通路を通り抜けると、GP02とドム・トローベンが2機出現する。これらの敵はGP01を優先で狙うため気を抜けないが、ここまででコウの気力が最高潮に達していれば、クリティカル連発避けるの連発ではある
ユーコンに接近すると、東西にさらにドム・トローベンが3機づつ出現。これが最後の伏兵
これらを倒すとマップクリアだ

なお、GP01をLvSに持って行きたい人は、ほぼここしかチャンスがないので、トドメの全てをコウにやらせるようにした方がいい
管理人は何とか成功しました
2.熱砂の攻防戦
アフリカでのHLV打ち上げ阻止戦
マップは2面に分かれている
アルビオンが居るマップは、西から東に向って進攻する形で、東端にHLVがある。これを10ターン以内に破壊する必要がある。行く手にはザクやドム・トローベンが段階的に配置され、一定距離進むと後方や南北から増援が逐次出てくる
こちらのマップで重要なのは、とにかくアルビオンを先に進めることだ
実際3度ほどやり直す羽目になったが、アルビオンは毎ターン5~7マス前進させないとHLVに攻撃が届くところまで進めない。攻撃したりミノフスキー粒子を散布しているENの余裕もありはしない
なので自軍の戦艦を殿とし、自軍のMSをアルビオンの進路の邪魔にならないところに配置、かつアルビオンの前に展開する敵MSを撃破していくといい(アデルとベイトだけでは到底前を掃除できないから)
一方、敵基地を探索中に囲まれたモンシア(ジム・カスタム)、キース(ジムキャノンII)、コウ(GP01)
道は3方向有るが、どちらも敵MSで埋め尽くされている。また、ここからアルビオンが居る面には移動できない(?)らしい。コウが南に向って「突貫します!」と言うから、そっちに行ったら逃げられるのかと思ったら、そういうことはなかった
逆に言うと、こちらから応援にも行けない。これは厳しい。厳しいついでに、なんとコウは他の2機と別グループ扱いになっており、連携が取れない(どんだけ仲悪いんだよw)
彼らの操作でかなりリセットしたが、とにかく同じ場所に長く居ないように。そうしないと・・・
20071230-03.jpg
囲まれて一巻の終わり
特に注意すべきは、崖の上のドム・トローベン。言うまでもなくバズーカが痛い
ここを乗り越えたコツとしては
ザクのザクバズーカ、ドム・トローベンのバズーカ系は、そこそこ避けることができるので、なるべく回避を選ぶ。逆にマシンガン系の武器は、1000喰らえば痛かった方に入る程度なので、相手がマシンガンしか選べない距離を測って移動しつつ反撃する。そのための的はコウに任せる
ある程度削れたら、連携を取れるキースとモンシアを使い、一方がビームサーベルで一方が援護射撃でトドメを刺す
また、東西どちらでもいいので崖際を移動する。そうすると、どちらか片方のドム・トローベンは攻撃できない距離をとることができ、またもう片方のドム・トローベンはマシンガン以外選べない
何度かHPが危険水域に達することはあるのは仕方ない。何とか耐えて耐えて敵を撃退しよう
最後のHLVは、アルビオンの砲撃を2発程度当てないと落ちない
・・・といっても、撃墜できないんだけどね
3.ソロモンの悪夢
観艦式強襲の面・・・なんでデラーズでプレイなんだよ!・・・ううう
ガトー達の初期配置はマップ南方、このようにトーチカに囲まれた状態でスタート
20071230-04.jpg
自軍は彼らを挟むように配置される
トーチカは動かないが、攻撃力・攻撃範囲が非常に高い。また、デブリのせいでそれほど広範囲にわたって移動できない。トーチカの1マス隣が安全区域なのだが、そこに移動するのは無理。リック・ドムIIなど耐久力のあるMSで仕掛けた後、ザクでトドメを刺しながら進もう
ちなみにGP02はやっぱりバルカンとサーベルしかないので、基本的にはお役に立ちません
また、トーチカを倒したからと言って突出すると、北方に展開したサラミスのいい餌食・・・0083のシナリオは、艦隊にMSで挑むのが伝統らしい・・・
この面のコツとしては
自軍の戦艦を配置した方になると思うが、左翼右翼どちらかを集中的に「掘って」キレイにして進んだ方がいい。均等に掃討するのはまず不可能だからだ(管理人の場合、右翼に集中攻撃をして突破口を開いた)
また、サラミスは隙なく配置されているように見え、うっかりするとメガ粒子砲の的にされるが、実際は各艦の間1マスだけ安全領域がある。移動の際には、サラミスの射程を毎度確認しながら進もう。↓こんなかんじで20071230-05.jpg
その際も、フルアーマー装甲のあるMSが先頭だといい。隙があると言っても、ある程度近づくと、ミサイル攻撃の範囲を一時的に通らざるを得ないからである。サラミスから出てくるジム改対策もある
そうして、自軍の戦艦の援護射撃でHPの削れたサラミスをMSで墜としつつ、最終的に中央に陣取るバーミンガムを撃沈するとクリア。もしGP02にトドメを刺させたいなら、ギリギリまで削った後にビームサーベルでぶちんとやってください
終わった~・・・かとおもいきや!
新たなマップが増え、GP01-Fbに乗ったコウが一騎打ちを挑んでくる
と、いうことはつまり、GP01-Fbはマップ上で生産登録を勝ち取れず、自分で運用して育てなければいけないということだ
一方、残された自軍の側には、新たにマゼランとサラミス2隻、ジム改が出てくるのだが、ここまでを頑張ったメンバーにとっては、たぶん敵ではない
GP02の方は、近寄ってビームサーベルで斬り合うほか対処のしようがない。コウはうっかりするとクリティカルを出すので、そうなったら一度(事前にセーブした上で)リセット
なぜなら、自分が攻撃したときにコウと相打ちになるのはOKだが、コウに墜とされるのはゲームオーバーになるからである
4.阻止限界点
コロニー落下阻止を行う
GP03と自軍で戦いを挑む相手は、ノイエ・ジールを中心とした部隊
ここでの最大の注意点はGP03だ
数で攻めてくるドラッツェの猛攻なんぞ、GP03の問題に比べたら気にすることでもない
4LユニットであるGP03は当然攻撃が当たりやすい。そして異様に実弾攻撃に弱い
そんなところに、ノイエ・ジールは意外と実弾攻撃が多い。有線アームクローなんぞ喰らった日には、あっという間に15000近いダメージを喰らう(そう、まさに原作のように)。もちろんステイメンになれるから死にやしないが、そーゆー問題ではない
さらに、ノイエ・ジールはMAP兵器の範囲に敵が居ると、MAP兵器だけ使って一定距離から近づいてこない。これもGP03のIフィールドでは防げない。役にたたねぇじゃねーか!
・・・で、管理人はどうしたかというと、ビームコートを付けたアレックス(FA)で近づいて、ノイエのビームサーベルのダメージを軽減し、同じチームの実弾攻撃を連携で喰らわして削り、トドメをGP03のフォールティング・バズーカで・・・という形で仕留めた
(GP03はガタイがデカイので、近づいてビームサーベルで斬り合いしようにも、有線ビームクローの範囲にどうしても入ってしまう)
で、これで終わり・・・なわけない
シーマの裏切り、バスクの無謀な作戦がイベントとして流れた後、真の最終決戦となる
それがまたなんというか、アルビオンとGP03と自軍が、北方と南方を敵に挟まれた形で放り出される
つまり、前門のガトー後門のシーマ(最悪)
シーマは第3軍扱いで、まさに三つ巴
下手に戦おうとすると、すぐにシーマ艦隊に囲まれてこう言うことになる
20071230-07.jpg
特にペガサス級の戦艦は、MSが最初前からしか出撃できないので、後方への対処が遅くなりがちなので尚更(そう言う意味では、自軍の戦艦は、後ろにも出られるタイプがいいかも)
ここから先の攻略のポイントとしては
まず三つ巴戦が始まったら、自軍の戦艦とアルビオンを前方に向って移動させ、互いを寄せ合う。この際アルビオンの位置に注意しないと、リリー・マルレーンとムサイの艦砲射撃に巻き込まれる。なるべくリリー・マルレーンの攻撃しか届かない位置に陣取れ(もう一つの効果として、左翼か右翼が空くため、デラーズとシーマとで艦隊戦が始まってくれる)
次に、行動終了してないMSのうち、フルアーマー装甲を持つ物を中心に、戦艦の殿を担当して守りに入る(モンシア・キース・アデル・ベイトが来るまで耐えるため)
その後はひたすら、アルビオンはビームかく乱撒、自軍の戦艦はミノフスキー粒子を撒いてじっと我慢の子
この後は、近づいてきたヤツラから叩き落とす
ノイエ・ジールへの対処は最初と同じ。コイツさえ居なくなれば、GP03は大活躍できる。ムサイ相手に素で15000とかダメージ喰らわせられるのだから
そのうち、ENを使い果たしたリリー・マルレーンが、痺れを切らして近づいてきたらチャンス。ここで一気に回頭して、シーマ艦隊のお相手をしよう(そこまで頑張ってれば、大抵デラーズの艦隊は全部落ちてるか、GP03で対処できる状態になっているはず)
デラーズの艦隊からはドラッツェとリック・ドムII、第一軌道艦隊(シーマ)からはジム改がそれぞれ出てくる。あまり難しい相手ではないが、戦艦を墜として捕獲するのもいいだろう
後はもう持久戦・・・管理人は3時間半近くかかりました(戦闘アニメ全く見てないのに)・・・それでも評価シルバー・・・

なお、ここでGP03をLvSにしたい方は、決して爆導索などのMAP兵器は使わないように。そうしないとLvSになるにはちと経験値が足りない状態になるようだ

はぁ、きつかった
・・・何度も言うが、管理人はデラーズ・フリートが大嫌いです
U.Cの勢力の中でも、ハマーンのネオ・ジオンとザンスカール帝国と併せて、最高に嫌い
んなもんだから、ここから先のシナリオがしばらく悶絶
だって次は「宇宙の蜻蛉」、シーマの視点での物語ですよ
そう言う意味でも死にそうです


さて、今回のベストメンバーで既出なのは
パーフェクトガンダム、アレックス(FA)、フェニックスガンダム、ケンプファー、ブルーディスティニー3号機、ジムスナイパーII、リック・ドムII、ですな
(こうして書くと、見事に連邦・ジオンごちゃ混ぜ・・・)
それ以外の、このマップから参入のMSをご紹介

ジム・ストライカー
20071231-01.jpg
「戦場の絆」で発表された、要するに新作MSVの一種なんだそうです。陸戦型ジムのLv3開発機である
なんというか、こう・・・バーチャロンの某ユニットを彷彿とさせるシルエットだな
機動性が高く、ツイン・ビームスピアなど面白い武器を持つが
20071231-05.jpg
今回のように相手が硬くて当ててくる内容で、しかも地上戦がすぐ終わってしまう流れでは、あまりお役に立てませんでした
今後に期待

陸戦型ガンダム
20071231-02.jpg
陸戦型ジムがようやく成長した姿
地上専用だが・・・強い、硬い、当てる
持っている武器のレンジが多彩なため、援護要員としてもかなり優れていると言えよう
Lv5まで育てるとEz-8になる
どっちがいいかというと微妙。HPがEz-8の方が若干上であることと、ミサイルランチャーがビームライフルになっていると言うことだけの違い
コンプリートを目指すかどうかで決めると良いかも

ジム・クゥエル
20071231-03.jpg
ティターンズは嫌いだが、ガンダム・ヘイルズを作るには通らざるを得ない道・・・
ま、フツーに高性能だからいいんだけど
高性能って言ったって、普通のジム・カスタムより素早くて、武器の使い勝手が上がっている、って程度ではある

ガンキャノンII
20071231-04.jpg
これはずいぶん昔のMSVから居た、ガンキャノンの派生MSですね(ガンキャノンを育てると作れます)
武器が素のガンキャノンよりも増え、後方支援機としての性能が格段に上がっている
また、最初から装甲値が非常に高く、盾としても機能する万能性がある
問題があるとすれば接近戦に非常に弱く、間近に迫られるとバルカン以外使えないことか
ガンキャノン系はこれがラストである
スポンサーサイト

テーマ : Gジェネレーションスピリッツ - ジャンル : ゲーム

2008/01/01 13:36 | 【Gジェネスピリッツ】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |