第二次スーパーロボット大戦α 「地球的意志との関わり」

Wikiは中断しました
なにやらスクリプトを組んで、定期的に改竄をするヤツが居るみたいなんで、面倒くさくなりました
FC2Wikiには、まだこう言う不正行為を止める仕組みがないので、放っておくとただの踏み台にしかされないし
だいたい、支持を受けないWikiなんてあっても仕方ないしね


そして
Gジェネ魂も一旦中止
これはかなり持続力のいる辛いゲームじゃ・・・クソゲー一歩寸前だぞ、オイ
MSに萌えるのも限界ですよ、トホホ・・・
というわけで第二次スーパーロボット大戦αに逃避
そして気づいた
やはり(版権)スパロボの方が面白い、と言うことを

唯一の慰めは、どうも版権スパロボらしきモノの移植について、公式ブログでほのめかされていたらしいと言うことか・・・


※ここからしばらくは2ヶ月以上前のプレイのため、少々記憶があやふや
第40話
5thルナの落下に巻き込まれたαナンバーズは散り散りに
そんな中、北の地に落下した勇と親分
衰弱した二人を看病していたネリー・キムとの、オーガニック的ななが~い会話イベントがある
チラリとこんな場面があるのがニクイ
(ネリーが『少佐の運命、成すべき贖罪』と言ったことについて)
20080118-01.jpg
勇にも『未来での出来事』(α外伝)は伝わってるわけね
ゆっくり静養しようとしている二人の前に、電波男出現
20080118-02.jpg
だからそれはピーだと・・・

ジョナサン・バロンズゥと何体かのグランチャーが出現する
ユウ・ブレンは戦闘不能。ダイゼンガーだけで対応しなければならないうえ、3ターン後まで親分の精神コマンド使用不可
当たるわけ無いね、アンチボディにダイゼンガーの攻撃が
無難にやり過ごしていると、ユウ・ブレンとネリー・ブレンの融合イベント発動
ここで精神コマンド封印解除、またαナンバーズの増援(イベント出動のガオガイガー+ゴーショーグンと3小隊)もあり、ようやく反撃と相成ります

戦闘終了後、他のメンバーと合流した親分に
20080118-03.jpg
イルイがなにやら危ないことを言う


第41話
科学要塞研究所に迫るミケーネの軍勢
αナンバーズ行方不明の今、愛するモノのために特攻を決意する兜博士の前に
20080118-04.jpg
マジンガー兄弟推参!
このマップでは暗黒大将軍との決着をつけることになる
流石そう言う場面だけ合って、スーパー系とは言え敵は相応に強かった
記憶に間違いなければ4回ほどやり直したかと
というのも、ユリシーザーがかなり当ててくるんである・・・首を
そう、首を飛ばしてくるだけなのに、その攻撃のために何度キュベレイMk-IIが落ちたことか・・・いや、避けられないプルに問題があるのかもしれんが
第42話
地獄大元帥に率いられたミケーネ軍団、そして敵の手に墜ちた真ゲッターとマジンカイザーとの戦い
・・・ほんっとーにこの二体、敵に奪われるの好きだね
GP02並に敵に奪われてばかりだよ
実はこの面の映像が失われてしまって、詳しく何をやったかよく覚えていなかったり・・・
真ゲッター&マジンカイザーのHPを1000まで削らないと話が進まないが、パイロットがいないとはいえ素が強いユニットなので
たしかトールギス&ゼロカスやνガンダムのフィンファンネルで削るだけ削ったような・・・
それ以外の連中は近づく端からばったばったとなぎ倒せるだけは育っていたので、とりあえずなんとかなった・・・はず
第43話
ここも映像が無くなってて詳細を思い出せずw
確かみんなして地下の敵基地に乗り込んでいった・・・ような
敵については、やっぱりリアル系で削ってスーパー系でトドメ、で難なくクリア
マザーバンガードの危機に駆けつけるキンケドゥが格好良かった、かな
第44話
地上に上がったオルファンの真の姿を見極めるため、αナンバーズはラサに向ったオルファンと対峙
(その前に交わされる、勇と比瑪の電波会話は素晴らしいの一言である)
その様子を撮りにに来たベルトーチカと、イザベル(ゴーショーグンのキャラらしい)も登場
このお話の辺りから、ドクーガがビムラーと関係がありそうなものにちょっかいを出し始める
その手始めがオルファン

で、問題のオルファンに辿り着いたものの、正体を現したゲイブリッジ(一応これでもノヴィス・ノアの関係者)のせいで、グランチャーの攻撃に晒されるαナンバーズ
敵は数体のグランチャーに、依衣子姉さん+ジョナサン+シラー
これをすり抜け、比瑪とゴーショーグンをオルファン到達させるのが目的となる・・・結構遠い
さすがにグランチャー部隊はすばしっこいため、そうそう攻撃も当たらない
しかも途中でドクーガが邪魔してくる。ここを境に、5ターンでの目的達成が要求されるようになる。この先は手加減無しでガンガン進めっと・・・
実際、敵の攻撃をうざがっていると、ターン制限に引っかかると思う
また、最初に出てきたグランチャー以外は増援が無いので、依衣子姉さん達を倒したら、即加速で突き抜けるべきだろう(見直してみたら、何をトチ狂ったか、ゴーショーグン加速使い忘れて動かしてるよ・・・)
作戦目的を達したところで
20080118-06.jpg
比瑪がオルファンと話そうと思ったら
20080118-07.jpg
ドクーガがよりによって核を持ち出し
20080118-08.jpg
なんとそれをαナンバーズが使ったように見せかけようとするゲイブリッジ
しかもそのために、少々オルファンが傷付いてもいいような素振り
20080118-09.jpg
これにはさすがのジョナサンや依衣子姉さんも憤慨。力を合わせてチャクラシールドを作り、オルファンを防衛することに・・・

その想いを受けたオルファンと邂逅する比瑪
20080118-10.jpg
ああ、なんかよくわかんないけど、通じ合った模様

この辺りから、射程の長い敵の、射程外からの攻撃がうざくなってくる
まぁ確かに自分も、射程外からチクチクはやるが、やるのはよくてもやられるのはよくない
そんなもんだ
第45話
この辺りからイルイの調子がおかしくなってくる
さて、敵地で孤立したグットサンダーを助けるミッション

南側に出現する自軍を囲むように、西にブンドル・東にカットナル・北にケルナグールが居て、ケルナグールの側(自軍の初期配置の対角線上正反対)にグットサンダーが居るわけだが
なんと信頼も修理も受け付けない孤高っぷりを発揮してくれる困ったユニットだったりする
ケルナグールの勢力はさしたる物ではないが、やはりちりも積もれば何とやら
かなり何度もうっかり撃墜されてしまった
元々の移動力が高く、かつ長距離攻撃ができるユニットを、加速フル活用で3ユニットは2ターンのウチに近づけないときついかも・・・
ウチの場合は、Hi-νガンダム+GP03と&ドールギスIII+ゼロカス&クロスボーンX1,2,3と、親分+ヒュッケを側に寄せて防衛
「有機体を進化させるエネルギー」であるビムラーを巡り、ゾンダーとメガノイドの横やりがあったが退けることに成功

5ターン以内の敵全滅はできなかったが、なんとかかんとかクリア
グットサンダーに居る真田博士によると
なんでもオルファンとビムラー、そしてゲッター線には何らかの関係があり、それらがまとまって地球の未来を作ろうとしてるんだとか・・・
それを聞いて決意を固める、ケン太と護
そして行方をくらますイルイ
物語は佳境へ

ケルナグールの用意したガンダムもどきとか、カットナルが出してきたゴーショーグンもどきとかは見なかったことにする
本日の一枚
核攻撃を受け止めての比瑪の叫び
20080118-05.jpg
ン、もうね
言うこと無いわw
スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

2008/01/20 01:30 | 【第二次α】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |