第二次スーパーロボット大戦α 「宇宙決戦!」

バトル・オブ・サンライズの詳細がファミ通に載りましたが・・・
正直どうしたもんかと
ネット上でも、普通のゲームなんじゃないかという意見と、クソゲー地雷乙という意見とが錯綜し、かなりカオスになっているようです
何より定価が8,000円というのがそのカオスに拍車をかけている模様
まぁあのボリュームでその値段じゃ二の足踏むわな

個人的には、ガンダム無双とシムシティ2のどっちを買おうか、などと低レベルなことで悩んでいたりはします
どちらも特にキラーソフトというわけではないし、むしろガンダム無双が地雷になる可能性を秘めていて、シムシティの方が安定ソフトではあります
両方買えばええやんって?
そんな金がどこにある(爆)


ようやく熱が下がってきました
なので、たまっていたニルファの記事を作りたいと思います


第50話
小バームに乗り込んだαナンバーズだが、強力な武器の前に一旦後退することに
その時助けた平和解放機構の参加者から事情を聞き、エリカを助けバームとの和解再開のため、改めて決戦に望むことに
20080217-01.jpg
天才サコン君の作戦に合わせ、コンバトラー・ボルテス・ダイモスを突入させるため、まずは3分間耐える
まぁウチのリアル系の連中には敵ではないが・・・と思ったら
20080217-02.jpg
その規定のターン終了までの間、出撃している小隊のうち3隊がランダムにイベント攻撃を受け、HPを半分に減らされてしまう、というギミックがあることが判明
これもまぁ、当たらなければどうと言うことはない連中ならば、避けて耐えればいいんだけど、ね・・・うざいわ
と言っても削られると心臓によろしくない。修理役の居る小隊は、例え主力ユニットが居るところでも、今は修理役を主体に回ってもらうことにする(例えばビーナスAとか)

そして規定ターンを過ぎ、イベント発生
20080217-03.jpg
小バームに突入した3体のロボにより、遠距離攻撃を行う装置は破壊される
20080217-04.jpg
そしてハイネルに導かれたリヒテルにより、オルバン達は追い詰められたが・・・バルバス、ライザという尊い犠牲を出してしまう
で、守護神ゴードル(ハイネル)&ギメリア(リヒテル)を連れて戦場に戻ってきた長浜ロボどもですが
小バームを挟んで全く逆側に出てこないでください
狙い撃ちにされるのを助けに行くのが大変じゃないか。それ以上に7ターン以内にオルバンを倒さないと熟練度が上がらない、ときたもんだ。この時4ターン目
加速が使えて敵の攻撃なんぞかすりもしないMSどもを、とにかく最速で突っ込ませることに
えい、これでもか、これでどうだ、こんちきしょ~・・・
なんやかんやいって7ターン以内で事を済ませてしまったαナンバーズ、でした
しかし、今度は暗黒ホラー軍団が牙を剥く


第51話
小バームを囲む暗黒ホラー軍団を迎え撃つべく策を練っていたところで
20080217-05.jpg
ちょっとぉぉ、市川治氏のフルボイスでこんなイベント入れんといてぇな!
うるっときちまったよ・・・(これでガルーダまで入ったら号泣もんですよ)
ただ一つ、なぜ健一(白石ゆきなが氏)のセリフはなくて、一矢(神谷明氏)はボイスがあるんだ。それだけは納得いかん!(ぉ

閑話休題
二人の犠牲により、デスクロス現象の難を逃れたところで、αナンバーズ総攻撃開始!
8ターンクリアってことは遠慮せんでええわけね・・・
が、ここで暗黒四天王の方に主力を向けてはいけないんだな
4ターンほど後、小バームのすぐ脇にダリウス大帝が現われるのである。取り巻きも含めて出てくるため、大帝だけを狙おうにもやりづらい状況である
コレも含めて8ターンクリアなんだから、そのつもりで部隊を持って行かないと間に合わない
そこで取った作戦は(一旦途中からやり直して)、ゼロカスやZZをダリウス大帝初期出現位置に近づけておく
20080217-06.jpg
↑画面右下の毛むくじゃらみたいのがダリウス。右上のサンドロックの所にZZが一緒にいる
で、こうして囲んだところで、マップ兵器で綺麗に周りをお掃除してやる
あとは周囲を囲んでフルボッコ。といっても削るのも大変。何故かというと、ダリウス大帝にはダメージ-30%という小隊長能力があるのである。ずるすぎるが、そこは援護攻撃でカバーだ。なんせこのマップの前後で、親分に援護攻撃のスキルを付けてあるんでね・・・
20080217-08.jpg
雲擁の太刀で援護なんて強力すぎだぜ
およそ2ターンかけて削りまくった結果、規定内でマップクリア。そして暗黒四天王達も機能を停止して無に還っていく
ついに異星人との戦いには終止符が打たれたのであった
第52話
20080217-09.jpg
木星帝国との戦いで孤立していたハマーン様をお助けすべく、現場に急行するαナンバーズ(あれ?)
さぁ、木星帝国との最終決戦。原作でのオチを知っている故に、ここでの精神コマンドの無駄遣いが死を招くことは明白。慎重に行きましょう
と言っても流石に今までの戦いでLvの上がっているαナンバーズ。いかに相手が高性能MSであるといっても、当たりゃしない。特にチャクラシールドがあるといっても装甲の薄いブレンが、集中を使わなくてイイってすごい意義があるよ?
ちなみにハマーン様は第3軍扱いで操作はできません。言う間でもないが、雑魚でも顔キャラでもこの御方を墜とすなどとてもできないので、放置プレイで構いません
ギリはひたすらトビアを狙ってくるんであるが、どうもトビアの方がエライ強くなっているらしく、コヤツの攻撃はかすらずこっちの攻撃はばんばん当たる。あえてギリを狙うことなく、反撃だけで対応してもイイと思う。おそらくこうしてやっていると、バーンズだけ残ってしまうと思うが、こいつはもう放っておきましょう・・・
2ターン目、カラスとザビーネが出てくる
20080217-10.jpg
カラスは基本的にトビア達を狙う
同様にキンケドゥを狙うザビーネであるが
20080217-11.jpg
壊れとる壊れとる(これが梁田氏のフルボイスだから、さらに壊れ具合倍増・・・)
うざいので超電磁ロボ二体に始末していただきました
でまぁ、粛々と駒を進めて敵を排除しては行くんですが、流石に数が多くて喰らうダメージが半端じゃない。メタスフル活動でもちょっと追いつかないので、久しぶりに戦艦で休むという休息タイムを使うことになる場面も・・・それもコレもこの後のため
20080217-12.jpg
そう、これですよ、これ
7機のディビニダドを相手にするという、これです。というかこれだけじゃないんだ
20080217-13.jpg
8機目、つまり本物のドゥガチを倒さなきゃいけない。しかも(登場してから)3ターン以内に
熟練度上昇条件は、その他7機のディビニダドも倒した状態でオリジナルを倒すことなのだが、余裕が無いというか面倒くさいので今回は見送り
ディビニダドは火力は高いが、懐に飛び込むと単体攻撃しかできないので、とにかく近寄って叩くしかない
20080217-14.jpg
この辺りの会話はまさに富野節
クロボンを長谷川漫画であり、お禿様は関係ないと言う人もいるが、こう言うのを聞いていると、いわゆるライディーンやザンボット3のような、情熱ある少年が主人公のロボアニメの変形であり、充分富野作品といえると思う
20080217-15.jpg
こうしてようやく木星帝国は沈黙する
本日の一枚
20080217-16.jpg
本編でよそ見してバグにたたっ斬られたのはお前だろうが
スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

2008/02/17 11:59 | 【第二次α】COMMENT(2)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

レェッツ、マ〇トガイン!!

…ってな訳でどもっす!

なんか、色々言われてるようですねぇ、あのゲーム。まあ、キングゲイナーやエクスカイザーといった作品を参戦させないようじゃ、買う気も失せるってもんですよ(爆

あと、トビアの会話ですが、読んでると「ああ、大分落ち着いた頃のト・ミーノの思考だなw」などと納得してしまいました。 つか、OVAでやってくれませんかね、クロボン

ついでに、新作投稿しときました。遅れてすいませんorz  ちなみに、今回は某勇者特急の挿入歌 『グレート・ダッシュ』を聴きながら完成させました。そのせいか、勢いで書いてしまった感がめちゃくちゃありますww

毎度すいません、では、今日はこの辺で!体にはくれぐれも気をつけて下さいね

No:200 2008/02/18 16:28 | 弁慶 #9fYuzJy. URL [ 編集 ]

インフルエンザ ハ メイワク

病み上がりなのに8時間ぶっ通しの会議に出てきてへろへろっす

>なんか、色々言われてるようですねぇ、あのゲーム。
そうなんですよ。出演作品の多くは、自分のハートにぐっと来るんですが、『あの』英雄譚の劣化コピーの可能性が否定できず、触手を伸ばせないでいます
誰か自爆してくれないかなぁ(ぉぃ

>つか、OVAでやってくれませんかね、クロボン
もう完結したんだからやってくれてもいいんじゃないでしょうか?
ちなみに挫折したGジェネ魂では、結構シナリオ充実してるみたいです
木星じいさんもちゃんと声つきで出るし

新作は拝見しました
自分としては、これくらいのスピード感があった方がいいと感じましたよ
校正してから載せますね
あと・・・サソリは要らないw

No:201 2008/02/19 00:54 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |