【G無双】オリジナルモード~カミーユ編~

思えば4月10日は『バトル・オブ・サンライズ』の発売日であった
素で忘れてた
それだけどーでも良かったらしい
同じ値段がかかるなら、それこそフィギュアにかけた方が健全だもんな


そんな中手に取った今週のR25
思いもかけず、古谷徹氏のインタビューが載っておりました
声優40周年記念の、例のアルバム関係のインタビュー内容だったんですが、いやホンマにこの人アグレッシブだ

で、ふと最近思うのだが
古谷氏がアムロに似てきた、と思うのは自分だけだろうか?
いや、最近のアムロの肖像が、古谷氏を参考にされているのかもしれないが
皆さんどう思います?
20080412-01.jpg主人公成分補給のため、カミーユ編をプレイすることにしました
スタートレベルは、パイロットレベルが22、MSレベルが10(MAX)という状態
パーツも一揃い付いている状態なので、他のキャラクターより断然有利のはずですが、何せ管理人がへたれプレイヤーですし
何よりも今までのオリジナルモードの内容からして、あらゆる面でカオス展開が予想され、油断は禁物

で、実際やってみましたら
よくぞここまで原作レイプしてくれた、ってくらいハチャメチャなストーリー展開に仰け反るw
ここまでされると怒りを通り越して、笑ってやり過ごしてしまえるくらい
では、突っ込みどころ満載のストーリー内容、行ってみよ!


ミッション1「小惑星地帯」
謎の声にふらっと呼び寄せられているウチに、アーガマとはぐれてしまったカミーユ
そこでグワダンと鉢合わせてしまうのだが、無駄な争いを避けるためということで、ハマーンと一時的に手を組むことに
初期の面子→カミーユ・ハマーン・グレミー
この時点でグレミーの挙動がすでに怪しい

カミーユのスタート地点は戦艦ドック(マップ南南東)、ハマーンはマップ北北西、グレミーは南南西
グワダンがマップ北北東という初期配置である
戦艦ドック以外は、初期の状態では入れない。そこを制圧すると西方のゲートが開き、それぞれ隣り合った区画に侵入可能となる
基本的には西へ西へと攻め込むようになるのだが、しばらくすると敵がグワダンを襲い、これに対処するためグレミーが護衛に回ることになる・・・のだが、とーぜんのごとくグレミーが裏切りに走るんである
ここでミッション内容が、マップ南にあるサブルームAの制圧、およびグワダンの救出に変る
とーころがどっこい、このサブルームAのボスがドモンなんだ
20080412-02.jpg
あんたここで何してんの
まぁつっても、今や■連打してるだけで周辺を制圧してしまえるZ相手では、例えゴッドガンダムだろうが敵ではないんですが
このあとグワダンの配置位置まで移動するんだけど、しばらく放っておいても墜ちやしないので、少々周囲のフィールドを制圧してもいいでしょう
通り道のIフィールドでプルと対戦するが、ここで時間をかけすぎるとグワダンが危ない。これは速攻で倒しにいけるよう心がける

ちなみにグレミーですが、こっちが例の回転斬り無限ループしてる間に、必殺技の一つも放てないうちに撃墜されやがりました
続いてメインルームにミリアルドさん出現。さすがに一筋縄ではいかなかったが、それでもまぁ楽には終れた


ミッション2「城砦都市群」
地上に降りたハマーン
そこに放置されていたビックトレーを奪い去ろうとするうえ、取り返そうとする相手も潰すと宣言・・・もちろん、そんなハマーンの態度に、ミリアルドは不満顔
カミーユ曰く、「くそっ、なんて女だ!」
100%同意だ
ドモンは強そうな相手が出てきて嬉しそうであるが・・・
と言っても戦わざるをえず、前回のマップで負けた面子を加え・・・カミーユ・ハマーン・ミリアルド・ドモン・プルで出撃。なんつー面子だ
相手はロラン一行。途中、エマとヘンケン(アーガマ)が出現、またミリアルドが不満を顕わにして戦線離脱
プレイヤーにはどうしようもないので、戦闘続行。Cフィールドでロランと接触
20080412-03.jpg
ちょうどドモンも居たんで、二人でフルボッコしてみました
負けたロランが投降するというと、「せっかく倒した敵を見逃すなんてどういう了見だ!」とドモンも戦線離脱。あんたがどういうつもりやねん
するとプルツーが北西基地から出現。これに対処する
北西基地を制圧した頃、Aフィールド付近にグレミーが、北東基地にエマが、南東付近に黒い三連星(は?)Cフィールドにランバ・ラル(え?)が出現する・・・どういう面子?
まぁもちろん、グレミーはちっとも問題なく倒せたし、さっさと北東基地を叩いてしまったせいで、時代錯誤な御方々とは全然対戦しなかったのだけど・・・
北東基地のボス、というかこのシナリオの最終的なボスが、さっきぶつくさ言って消えたミリアルド
まぁ、相変わらず強いカミーユの前には敵ではないんだが、ちょっと早急すぎたかもしれない
ミリアルドと対戦している間に、プルが撃墜されるという失態もあったため、周囲を攻め落とすぐらいの余裕を見た方がいいのかもしれない
ミッション3「氷山地帯」
またまた先ほど負けた面子も加えての進軍
この時点での面子→カミーユ・ハマーン・ドモン・アーガマ(ヘンケン・トーレス・ファ)・エマ・プル・プルツー・ロラン・・・もう無茶苦茶だw
もちろん、敵がティターンズ(と言うか師匠)だとはいえ、アクシズの連中と一緒にいるなど、ヘンケン艦長達も納得しているわけではない
不穏な空気が流れる中、それを吹っ飛ばすような会話イベントスタート

ファ「カミーユ・・・」
カミーユ「ファか・・・なんだよ」
ファ「カミーユ、あなた、ずっとハマーンと一緒だったんでしょ?そんなに信用できるの?」
カミーユ「いや、そうじゃない。一緒にいなくちゃいけなかったんだよ、事情があってね。それに、"ずっと"なんてほどじゃないさ」
ファ「じゃぁなんで逃げ出さなかったの?Zガンダムなら、簡単にできたでしょう?」
カミーユ「無茶言うなよ。もういいだろ、出撃の準備をしなくちゃならないんだ」
ファ「ふん!女好き!」
カミーユ「いけないかよ。じゃぁね」
ファ「何さ、もう・・・」
・・・ファ、今吹いた紅茶、弁償してくれないかい・・・(爆笑)
カミーユも開き直ってんじゃねぇよw

マップ開始直後、マップ北端に師匠出現
カミーユの初期位置は南南西であるため、そのまままっすぐ北上したいところなのだが、実はそれではいけないのだ
少々時間が経った頃、例の師匠による氷山崩しイベントが起き、その後師匠がアーガマに直接攻め込んでくるのである
さらに、それに合わせてドモンが師匠の居る方向に移動を始めてしまう。それを囲むようにハンムラビ隊が出現、ドモンを攻撃し始める(Iフィールド)。一周目はこれを救い損ねてしまい、撃破されたドモンは師匠に誘拐(笑)されてしまう
撃墜されないとどうなるのか検証プレイしてみたが、師匠とどこかで合流してしまうと結局ドモンは消えてしまうようだ

さて、Hフィールドではジェリドと遭遇
20080412-04.jpg
まぁもちろん速攻で撃破しましたが
Jフィールドで師匠と戦いあっている頃、ティターンズがアーガマに接近する。位置は南西基地。ここでザンジバルを迎え撃つべし
これを沈めれば、後は周囲を全て制圧し、北東拠点のヒイロを撃墜すれば完了
ヒイロはガードが堅く、例の回転回し蹴りではそう簡単に倒れない。が、他のキャラクター対してもそうなのだが、後ろからの攻撃に非常に弱い
20080412-05.jpg
なるべく背後に回り込んで、背を見せている間に強力な斬り込みを繰り返し、反撃の隙を与えないことである
20080412-06.jpg
膝をついたヒイロを庇うカミーユ・・・
ミッション4「空中庭園」
師匠に誘拐された(笑)ドモンに代わってヒイロ編入
この時点での面子→カミーユ・ハマーン・アーガマ(ヘンケン・トーレス・ファ)・エマ・プル・プルツー・ロラン・ヒイロ・・・何が何だか
もちろん、敵ももの凄い面子→シャア・シロッコ・アムロ・ハヤト・アポリー・ロベルト・サラ・レコア・ジュドー・ビーチャ
とりあえず実直に前に進んで、Kフィールドから制圧
途中、レコアがIフィールドに出現し、それを追うようにエマが移動し始めるのだが、『レコアとエマの接触を避けよ』という指示が出るため、速攻で撃破
しかし同時にジュドーの気配を感じたプルとプルツーが、ジュドーの方に移動を始めてしまう
ハッキリ言って、これを同時に処置することはできない。二兎を追う者は一兎をも得ず。エマを救うか、プル&プルツーを戦場に残すか選ぶこと
また、アポリーとロベルトアーガマを狙うのだが、エマが残っていればこれは何とかなる
続いてGフィールドではハヤトと対戦することになるが、これの対処に手間取ってしまうとアムロも来てしまうので、早めにハヤトを撃墜しよう
20080412-07.jpg
最強NTと往年の名兵士の対決は熾烈を極めましたが、どうにかこうにかアムロを下す
20080412-08.jpg
その勢いで中央庭園に攻め込むとシロッコが出現。まぁもちろん敵ではない

同じ頃シャアが出現し、アーガマ付近に攻め込んでくる
ヘンケン艦長の呼びかけにも、エマさんの問いかけにも応えないシャアは、問答無用でこちらに襲い掛かってくる。いつもの言い訳も、はぐらかしも一切無し。ちょっと、どうしたんだいクワトロ大尉?
で、アーガマの救援に行く前に中央庭園を墜とした頃に、プル&プルツーが敵として出現。一緒に出てきたジュドーに、「カミーユさん、あんたの相手は俺だよ!」と言われておきながら・・・ごめん、エマさんが危なかったんで、ガン無視してしまったよ
ジュドーを応援すると宣言しておいて、これはいかん。何かイベントがあるかもと、検証プレイではきちんと対応したもの、特に会話はなかった
その代りというわけではないが、続いて出現したビーチャに驚き
なんとよりによってネモに乗せられての出現であった・・・確かにここでビーチャが百式に乗っているとシャアの立場がないのはわかる。だがせめてMk-II辺りに乗せてやれよ、と思ったらエルが乗ってたね、そう言えば・・・

20080412-16.jpg
で、最後にエマさんを襲っていたシャアザクと対戦。
20080412-09.jpg
ッたく、ザクの癖に強えんだよ、あんたわ
んで何とかかんとか倒した後
20080412-10.jpg
シャア「カミーユ!地球上に残った人類などは、地上の蚤だという事が、何故分からん?」
うわっちゃぁ、本音出しちゃったよこの人
カミーユ「大尉!あなたって人は・・・」
そりゃカミーユも愕然ですよ。当然この後は、武者ガンダムお出まし
ミッション5「中央都市」
シャアの暴挙を止めるべく集結した一行
最終的な面子→(アーガマ)カミーユ・ハマーン・ジュドー・アムロ・ロラン・ヒイロ・・・歴代主人公でシャアの包囲か、すげーな
ここでハマーンが態度を軟化、全てのメンバーが連携しなければならないのだから、ここは指導力のあるカミーユが先頭に立った方が良い、などと言い出すのである
・・・突然カミーユにツンデレ化?
まぁ真面目に考察すれば、同じ人物からの手ひどい裏切りという体験をした同士、シンパシーを感じているんだろうけど
ハマーンの変りように、他のメンバーもちょっと唖然としている辺りが笑える

カミーユ+ヒイロ&ロランのスタート地点は北北東、南下しつつ制圧
一方ハマーンとアムロ&ジュドーが南南西から北上する
途中、カミーユの要請で(!)ヒイロとロランは、シャアを探しに一時戦場を離脱するため、一人で敵を攻めることになる
が、このマップではもうカミーユが強くなりすぎており、管理人の制御が追いつかないぐらいのスピードで動き回る。すでに雑魚はゲージを溜める相手、もしくはアイテム増殖機でしかない
ただ調子に乗って南下しすぎると敵が奇襲をかけ、アーガマを攻めてくるのでとって返す必要がある(そう考えると南下するのではなく、北側を全て抑えた方が良かったかも知れない)
アーガマを救い終わった頃に、中央広場にジェリドが出現する
20080412-11.jpg
おお、ジェリドもずいぶん強くなっとる
そんな彼のHPを半分削った頃にイベント発生
二人の戦いに百式が割り込んでくる。さしものカミーユもマズいと思ったその時、ロランとヒイロが助太刀に入る
一人で背負い込んでは潰れてしまいますよ、と気遣うロラン
たった一人で世界を救えるなどと思わないことだ、と釘を刺すヒイロ
三人の力を合わせて、この危機に対処すると誓い合う姿がカッコイイ!
20080412-12.jpg
・・・ジュドーを絡ませてやれよw

この後一旦ジェリドを撃退するのだが、執念で(笑)復帰してくる
だがしかしジェリド、ヒイロとロランに阻まれカミーユとの決着を着けさせてもらえなくなるw
しかもこの後、オリジナルモードにもかかわらず、明確に"戦死"したことにされてしまう、と言う脅威の末路が待ちかまえていたりする

さて、問題は百式inシャアである
20080412-13.jpg
中央広場に現われたシャアは妙なオーラに包まれている。これは中央広場を囲むフィールドからの守護パワーらしく、どれだけ対応しても回復されてしまうのだ
これに対処するには、中央広場を囲む4つのフィールドを全て制圧しなくてはいけない
このような場を作り、またその後も様々な場所に出現し、各所に増援を降下させて場を混乱させてくる武者ガンダムの素振りを見る限り、どうもシャアは武者ガンダムの力を自らのものにしようとして、逆に取り込まれているらしい
人それを、ミイラ取りがミイラと言う

で・・・これ、全部の地域を制圧するなんてたぶん、無理なんだろうなぁ?
シャアを何とかしないことには武者ガンダムも一ヶ所に落ち着かないため、中央広場をがら空きにすることを優先しよう。そうするとシャアは中央広場を離れ、カミーユを追いかけてくるようになる
百式の癖に無茶苦茶強い・・・コツとしては、回復アイテム探しも含め場所を逐次移動すること。ついでに味方がいる場所に引きずり込め
カミーユ曰「そんな大人修正してやる、歯ぁ食いしばれ!」ってやつです

最後に武者ガンダムと対戦
港湾地区にはアムロも居たので、協力して撃破
20080412-14.jpg
ちなみに途中危なくなってアイテム探し中、何となく1000機撃破も達成してしまった

ドロドロの戦いの中、心を通わせ合った人たちの力を借りて勝利したカミーユ
20080412-15.jpg
そう、これが若さですよ。大尉
ジュドー「うッわ~、完全に悪役だね、金髪の人」
ドモン「しかもかなりの外道だな」
ハマーン「フン、あれがシャア・アズナブルという男の本性なのだよ」
エマ「とはいえシナリオイベントを見る限り、クワトロ大尉の豹変にはシロッコが一枚噛んでそうよね」

ロラン「それにしてもあのシャアって人、ずいぶんしつこくカミーユさんに仲間になれって呼びかけてましたね」
カミーユ「うーん、あの人にとって俺は弟子みたいなものなんだろうし、そもそも俺を"あの時"の仲間にするために育ててた・・・ってのもあるんじゃないのか?」
ジュドー「もし仮にさ、あの人が"あの時"一緒に来いって言ってたら、カミーユさんはついて行った?」
カミーユ「どうだろうね。ただ劇中でも言っている通り、『本当に粛清されなければならないのは、地球の重力に魂を惹かれた人たちだ』っていうのは、俺もそう思う。でも『そのために大勢の人が死ななきゃならないのは間違っている』とも考えてる。これじゃ答えにならないか?」
ジュドー「おっけー、それが聞ければ充分。変なこと聞いてゴメン」

シロッコ「その手の話を扱ったSSなどは、ネット上にそこそこ転がっているようだが」
ミリアルド「彼がシャアの後継者として立った、と言うような内容だったか?現実味があるとは思えんがな」
シロッコ「代わりに"彼"を出すSSは考えているようだぞ、管理人は」

ドモン「そういえばその張本人と、こういう場で冷徹にツッコミをいれるあの男が見当たらないようだが」
ヒイロ「奴なら、『粛清する!』などと叫びつつ、髪をオールバックにセットしながら走り去ったあの男を、しぶしぶながら追いかけて行ったぞ」
カミーユ「・・・まさか!?」
ジュドー「大変だ、後を追わなくちゃ!」

~小惑星帯付近~
アムロ「待たないか、シャア!」
シャア「止めるな!ここまでの扱いを受けて黙っていられるか?そんなに私に悪人をやって欲しければ、歴史上最大の罪人になってやろうではないか!」
アムロ「何だ、今度はこの惑星を地球に落とすのか?まぁ何を落とそうと、いくらでも何回でも押し返してやるけどな」
シャア「そのやる気のない台詞はなんだ!?」
アムロ「ヒイロの言葉を借りれば『俺はあと何度押し返せばいい?』ってやつだよ。正直面倒くさい」
シャア「馬鹿にして!そうやって貴様は、永遠に私を蔑んだ眼で見続けるのだ!」
アムロ「それは俺の台詞だ!」

カミーユ「・・・仲良いな」
ロラン「ですね」
ジュドー「死ぬまでやってろって感じだね」
ドモン「本当に死ぬまでやりあっていたんだから洒落にならんな」
ヒイロ「そして最後は心中か。笑えん話だ」
スポンサーサイト

テーマ : ガンダム無双 - ジャンル : ゲーム

2008/04/12 23:11 | 【ガンダム無双】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |