FC2ブログ

【G無双】オリジナルモード~アムロ編~

レントン「ついに僕らもスパロボ出演だよ!」
ゲイナー「それは良いんだけど、レントン・・・何か部屋の隅でのの字書いてるヤツが居るけど、どうする?」
レントン「某読者さんも一緒にのの字描いてるよ・・・」
ゲイナー「といっても、スパロボとしては僕らは初参戦なんだし、????はもう2回出演してるんだから、僕らに譲ってくれてもいいだろ?」
????「そう言う問題じゃねぇよ!」

レントン「それにしてもドキドキするね。ニルヴァーシュはどんな性能で再現されるのかな」
ゲイナー「・・・」
レントン「どうしたのゲイナー、すごく不安そうな顔色になってるけど」
ゲイナー「いや、出演自体は嬉しいんだけど・・・A.C.Eの時とは比べものにならない人数相手に、僕は上手くやっていけるのかな・・・」
レントン「大丈夫だよ。だって見知った人もいることだし、いざとなったら助けてくれるって」

レントン「と、言うわけで挨拶に来ました!」
アムロ「やぁレントンにゲイナー。二人には慣れない場で大変だろう」
レントン「アムロさん、今回もヨロシクお願いし・・・ま・・・?」
アムロ「どうした?俺の顔に何か付いてるか」
ゲイナー「・・・アムロさんが・・・若い・・・?」
シャア「今回は私も微力ながら力を貸そう」
ゲイナー「えっ、貴方が味方って・・・一体どんな状況なんですか、この物語!?」
ア&シ「「ああ、6年前だから、この世界
レ&ゲ「「6年前・・・ってなに?」」
実際、第3次だったかEXだかのインターミッションで、「アムロが急に老けた」と言われるシーンがあったりするんだな、これが


20080417-01.jpg本来一番初めにやるべきであったであろう、アムロの物語です
何故これをずっと残していたかというと、やっぱり彼とシャアというのは自分にとって特別で、その物語をプレイするというのは、(例え原作レイプであろうと)感慨深いものがあるからでした
ここんところの別キャラクターのストーリープレイの結果、どうも納得がいか無い状態になり、諦めてプレイ開始と相成りました
本人のレベルが23、MSレベルが9という状態からのスタートです

ああ・・・ここでもガンクロみたいに、νガンダムが使えたらなぁ(遠い目)


ミッション1「中央都市」
地球に迫る小惑星の調査のために、アムロはハヤト(アウドムラ)を伴って出撃していた
宇宙にアウドムラをどうやって持ってきたのだろう、などと突っ込んではいけない
そんな彼らに接触してきたのがシャア
「戦力が足りないんで手伝ってくれない」と言ってくるんだが、相変わらず動向を疑われているシャア

アムロのスタート地点は港湾区画で、シャアが北から攻めるのと反対にこちらは南部から制圧することになる
ちなみにシャアの部隊として、アポリーとロベルトも味方として参加している
中央西広場から突入してシャアと合流したころ、ハンムラビ隊が出現して追撃してくる。ヤザンが中央東広場のボスを兼ねている
中央を墜とすとEフィールドを経て北東区画を攻めることになる
この場所のボスはヒイロ
ヒイロが出てきた辺りでジャマイカンが出現して増援を墜としていく
これをFフィールド→Gフィールド→Hフィールドというように墜としていく
Hフィールドのボスとしてジェリド出現。しかしいくら乗ってるMSがMk-IIでも
20080417-03.jpg
赤い彗星白い悪魔の前には敵ではない
最後に南東地区を制圧するのだが、この場のボスが師匠である。どこまでもティターンズを食い物にしている師匠、素敵すぎる
そして相変わらず突っ込み癖にある師匠には、■■▲を目の前で繰り返して切り込みまくると良い
20080417-02.jpg
最後はバズーカの直撃を喰らわして勝利


ミッション2「忘れられた遺跡」
シャアから小惑星の状況を聞くアムロ達。果たして『全てを可能にする力』にどんな意味があるのか・・・

ここからヒイロがゲストで加わるのだが、ヒイロが調査と称して一人突っ走り、敵のど真ん中で孤立してしまうのだ
まず最初は、そんなヒイロを助けに遺跡中央に突っ走ることが目的
ええい、世話のかかるガキだ!
しかも助けてやっても、「俺の命なんて安いものだ」と突っ張る。可愛げの無い奴め

アムロの初期位置はBフィールドで、すぐに中央広場に行けるかと思いきや、ゲートのせいで遠回りをせざるをえなくなる
普通に行くとDフィールド→Eフィールドと回って中央に行くことになると思う
Eフィールドではミリアルドと対戦することになる。普通にやってれば勝てない相手ではないのだが、周囲にいる雑魚のグフが問題。ヒートロッドでかなりこちらの邪魔をしてくるのである
もしできたら、フィールド外におびき出した方が良いのかも。ここでのんびりやってるとヒイロがやばくなるからだ
ミリアルドを墜とした辺りでプル出現。キュベレイと見るや見過ごしてはおけないと迎撃に走るシャアを見て、「ロリコンの血が騒いだだけじゃねーの?」と心の中で突っ込んだ管理人は何か間違っているでしょうか
また、Iフィールドにハンムラビ隊も出てくる。これはアポリーとロベルトが加勢に入ったので楽だった
その後、Cフィールドでプルと戦っているシャアを助けに行き、Bフィールドで雑魚相手に手間取っている自爆男を助けに行き、そうしたら改めて周辺の制圧に入る
自分場合、Dフィールド→Eフィールド→遺跡中央部→Hフィールド→Cフィールド→(西へとって返して)→西部拠点と制圧
20080417-04.jpg
西部拠点ではドモンと対決。さすがキング・オブ・ハートは強かったが、とりあえず無難に対応完了
最後、Gフィールドでヒイロと対戦しているミリアルドと再戦
どちらかというとヒイロが勝手に突っ走ってるので、後ろからバズーカ発射でサポートする感じになる
ミッション3「空中庭園」
シロッコやジュドーの部隊と遭遇したアムロ一行
ここからハヤトがガンキャノンで、ドモンとプルがゲストで加わる

アムロのスタート地点はEフィールド(マップ南南西)
ここを制圧すると、プルが勝手にジュドーの所に行こうとするので、その後を追いつつフィールド制圧。徐々に山を登ろう
Fフィールドにエルがネモで居るのだが、まぁなんというか敵ではない。ただセリフから察するに、このエルを早めに撃墜しないと、プルが戦場から離脱する可能性があるのではないかと思う

Gフィールドを制圧してたらジュドーと遭遇
「ガンダムは高く売れるんだよね。悪いけどそれ、もらうよ!」
などと罰当たりなことを言ってきやがる
ガロード「ちょっとぉ、そりゃ俺のセリフだぜ!」
ジュドー「ガロード!?ちょ、ここに出てきちゃダメだって!」
ガロード「いいじゃねぇかよ、外伝じゃお互いガンダム売ろうとした仲じゃん」
ジュドー「だからって、これは譲れないね!リィナを山の手の学校に入れるためにも・・・」
アムロ「・・・いいから二人とも、そこに座りなさい」
ハンマータコ殴りの刑でお仕置きしました

ちなみにここで問題なのは、ZZよりもルーのZの方である。後ろを取れば結構コケさせるのも楽なZZと違い、Zは攻撃全般が強力なだけでなく、逆に自分がコケさせられてしまうことが多い
また、ZZかZどちらかしか倒せないようなので、損害を考えるとZを狙った方が良さそうだ
その後Mフィールド→Lフィールド→Nフィールドと攻める
Nフィールドのボスはレコア。まぁ所詮パラス・アテネ
ところがその頃、サラがビッグトレーを襲いに奇襲をかけてくるのだ。人が頂上までいったところで出てきやがって・・・しょうがないので、Oフィールドを墜とした辺りで下山、Dフィールドを奪っていたサラを墜とす。どうせボリノーク・サーマンだし、2分もかからなかったぜ
こうして麓の安全を確保し、Dフィールド→Hフィールド→Iフィールド→Jフィールド→Pフィールドと制圧し、中央の孤立化に成功。中央庭園のボスシロッコを迎撃する
これで終わりと思いきや、隠し部屋が出現。そこからジュドー達が下山を始めてしまうので、シロッコを撃退して後を追う。何せ、それを迎撃するはずのドモンが弱くて、すぐ撃墜されちゃうんだものなぁ
隠し部屋のQフィールドを抜け、Fフィールドにいるジュドーと再戦。なかなか苦労したが、どうにか撃退完了
ミッション4「小隕石地帯」
ハマーンとカミーユのコンビを宇宙で迎撃することになる一行
前マップでシロッコが吐いた台詞のせいで、味方パイロットの間にシャアへの不信感が広まる
このマップからシャアはゲルググに乗り換え、ゲストユニットとしてジュドーが出てくる

アムロのスタート地点はサブルームA(マップ南東やや中央寄り)。プルが一緒にいるので、効率的に倒していこう
ここを制圧した直後に、ドモンヒイロが自分勝手に行動を始め、ドモンはランバ・ラルとヒイロは黒い三連星と遭遇してピンチに陥る。さらに、マ・クベシャアに向って攻撃を始める
場所そのものは、Dフィールドのドモンを先に助けやすい
続いてCフィールドで孤立しているヒイロを助ける
しかしせっかく助けたというのにドモン、直後に現われたプルツーを迎撃しに行ってしまう
ヒイロもヒイロで、助けた傍からグレミーを襲いにいき、アッサリ返り討ちにあって撃墜されやがった
仕方ないので、続いて戦艦ドッグを沈めたあと、アーガマ近辺に出ているマ・クベを撃墜
今度はメインルームで苦戦しているジュドーを助けに行く

苦戦しているというか慌てて助けに行ったのに
ジュドー「ねぇねぇ、アムロさんって一年戦争の英雄なんでしょ?学校でも習ったよ!何かおもしろい話、聞かせてくれない?」
緊張感のないヤツだな・・・w

グレミーを撃墜すると敵本隊出現
周囲を囲まれるのだが、慌てずに近場のフィールドを順番に攻め落としていく
アーガマの周囲(A&BフィールドとサブルームB)は特に早めに制圧する必要がある
サブルームBは通常の守備隊長の他に、ハマーンも居るので特に注意しよう

Mフィールドのドモンを助けた後、周囲を制圧しようとKフィールドに向ったら、なんの前触れもなくロラン登場。一発月光蝶を喰らってしまったが、何とか撃墜
その後Gフィールド→Iフィールドと攻めた後、Jフィールドでエマさんと対戦。同フィールドの守備隊長も撃墜した上で、第一作戦宙域のカミーユと対戦
20080417-05.jpg
そりゃもう、そもそもZが強いんでいやになっちゃうんだが、ちょうどプルが来てくれたので協力して当たる

ここで武者ガンダム登場
そして消息を絶つシャア・・・まさか!?
ミッション5「地下堂」
シャアの動きを巡り、皆の不信感がピークに達しているのを、アムロが必死にまとめようとする
だがそうではなかった。シャアは誰よりも早く武者ガンダムの気配を感じ、地下堂に一人突入していたのである

最初の目的は、シャアの居場所まで進んで合流すること
アムロのスタート地点はAフィールド付近、シャアの居場所はCフィールド
合流するとイベント発生
20080417-06.jpg
シャアを疑っていたことを謝罪するアムロ
20080417-07.jpg
疑われるのも当然で、自分もまた罪をあがなう行為をしていないと認めるシャア
20080417-08.jpg
だが人は変っていけるはずだと互いに認め合う

さて攻略自体だが
このマップでは味方がかなりばらついて行動するため、拠点の完全制圧を目指して戦うと、味方があっという間に撃墜されてしまう
なので、フィールド制圧準備中の表示になったら、ともかく急いで次のマップに行くようにしたり、味方を助けるために敵フィールド制圧は後回しにするとか、そう言った柔軟性が必要だ

シャアと合流した頃、ジュドーの近く(マップ西)にハマーンが、カミーユの近く(マップ東)にシロッコが出現する
このどちらかを助けに行った段階で溶岩イベントが発生し、東西を直接繋ぐ道が立たれてしまう
最初のプレイの時、手近だとカミーユから助けに行ったら、ジュドーが撃墜されてしまった。また、カミーユは乗機がMk-IIの癖に意外と粘ることもあり、個人的には西から制圧することを薦める
ちなみに、ハマーンを墜とした辺りで、南南西の地底湖付近に師匠が現われる。これをドモンが迎撃しに行くのだが、これがまたアッサリと撃墜されるんだ・・・
カミーユのこともあるんで、ドモンはもう放置することに。Hフィールドのシロッコ撃墜を最優先にした
続いてNフィールドのハンムラビ隊迎撃、シャアの危機を無視して地底湖へ走りジュドーを救出
そして最後にBフィールドに出てきた師匠とジェリドを迎撃
こうしてようやく武者ガンダムが出てくるのだが、一応周辺のフィールも制圧して万全にしてからの方が良い。そうしないとシャアが最後の場面で手伝ってくれないからである
20080417-09.jpg
非常にガードが堅く、逆に打ち返しが激しい
しばらくはシャアの後ろから、虎の威を借る狐のごとく援護射撃だけしていても良いかもしれない
ちなみに、カミーユ以下のキャラクターは手伝ってくれません

崩れゆく地下堂。危険を承知で、惑星を止めようとするアムロを静止するシャア
20080417-10.jpg
「死にはしない」そう言って瓦礫の下に消えたシャア
20080417-11.jpg
間一髪脱出したアムロが見たのは、乗り捨てられたゲルググ
20080417-12.jpg
そしてアーガマを横目に去って行く百式
彼はどこへ行くのか・・・
当然のことながらアムロの自機はガンダムである
ガンダムは悪い機体じゃないし、オフィシャルモードでそこそこ育てていたから、力不足というわけでもない
ただ、やはり他のガンダムと比べると、決め手になる"これ"という武器がないことと、どうもこう確実に相手のガードを崩せる攻撃がないようで、これがちょっと戦いづらい原因にもなっているように思える
また、斬り込みの動きの関係か、かなり方向転換に癖があり、気づくと敵に背を向けてしまっていることが多いのも気になる

武器の性能は悪くない
特にこの、他のキャラクターと連携しているときに出る、スペシャルアタック"四段階目"
20080417-13.jpg
うん、A.C.Eん時も出してたバズーカ二丁ぶっ放しである
これは射程が非常に長く、↑の画面奥にいるヒイロに追い討ちもできてしまう
但し連携において、シャアとはもの凄く相性が悪いので注意しなければならない
シャアのスペシャルアタックというのは、概して相手を押し出し追撃するタイプである
それに対してアムロは、放った場所からほとんど動かない
なので、気づくとシャアが敵を画面奥に"持って行って"しまっていることが多く、アムロの攻撃が無駄になりかねない
まぁ、この二人が相性良かったら、それはそれで困るけどね・・・
アムロ「まったく、情けない。たかが人形相手に二度も負けるなんて・・・」
あるす「すみません・・・原因は分かってるんです。ガードが上手くできないのと、方向転換が臨機応変にできてないことの二点で・・・慣れなくてダメなんですよ」
師匠「あと少しで20人分のエピソードをプレイし終わるというのに、慣れも何もあるか!このバカ管理人がぁ!」
あるす「あああっ、すんません、すんません!殴らないで、ダークネスフィンガー自重っ」

シャア「ところで諸君。何か私に言うことがあるのではないかね?」

カミーユ「ホラ、とっとと次のプレイに入りなよ」
ジュドー「そうだよ、これが終わらないと、俺らのストーリーできないでしょ?」
ヒイロ「温めているSSもあるのだろう。早めに任務を完了させるべきだ」

シャア「ナチュラルに無視か。嫌われたものだな」
スポンサーサイト

テーマ : ガンダム無双 - ジャンル : ゲーム

2008/04/17 22:51 | 【ガンダム無双】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |