【G無双】オリジナルモード~ジュドー編~

休日が潰れたあるすです
悔しいので仕事中、つい「スパロボZで、アクエリオンの合体システムってどう再現されるんだろ?」と妄想してみました
アクエリオンは、搭乗したエレメントの中で、最もプラーナが上昇している者の力を中心に合体しますよね。つーことはイベントの時以外、まずは分離状態でないと出撃できないのでは無いでしょうか(これが分離合体復活?の理由かも)
次にプラーナをどう表現するかですが、気力とイコールでもいいとは思うけど、エヴァのシンクロ率みたいに、ランダム数値で別パラメーターがある方が、原作準拠でいいんじゃないかと
だってそうしないと、性格が『超強気』になりそうなアポロばかり頭になりそうだし、回避率の高そうなベクタールナに乗っているキャラクターは、避けすぎて気力上がらなそうな気もする(避けて気力が上がる技能が今回もあるなら別)
逆に、回避率の悪く設定されそうなベクターマーズばっかり狙われて、そんなのに性格が『弱気』になりそうなリーが乗ってたら、気力下がりまくりでいつも頭になれない、なんてことになりそうだ
そんな中、弱気でも興奮しないと能力発揮できないつぐみには、もしかしたら特別救済措置があるかも知れない・・・そんなことになろうものなら、リーは涙目で
「おかしいですよ、つぐみさん!!」
って叫びまっくてるだろう
同じ三体合体のゲッターとの運用を変える、と言う意味でも"激励"非対象のこういった状況を作り、ある種の使い分けができるような『性格分け』は必要ではないでしょうか


20080428-01.jpgよく、ガロードの声が親父声でダメだ、って言う人居るけど
それを言うならジュドーだって充分その傾向があると思うんだけど
そしてそれが良い
ついでに言うなら、ガロードにはあの声以外認めん

さて、やってきましたジュドー編
メインストーリーをシロッコでプレイしてしまいましたが、真の主人公であるジュドー本人の視点からは、どのような内容になっているか確認せねばなりますまい
本人のレベルは13MSレベルは6からスタートです


大まかな部分はシロッコと同じだがジュドーの場合、ノリが良すぎてはしゃぎ過ぎな所を、ルーにお尻ひっぱたかれつつ進む感じである(笑
敢えて言うならTV版ZZ前半の、何とも真面目にバカやってる雰囲気が、奇妙に再現されているというのでしょうか・・・

ミッション1でも大筋の流れは一緒
Eフィールド辺りでプルツーと対戦した後、Hフィールドにランバ・ラル、Jフィールドにマ・クベ出現
ここでたまたまJフィールドを通ったときイベント発生。その隣であるIフィールドはイベントで制圧したことになる
しばらくして中央付近にロラン達が出現するが、すぐに攻め込む必要はない。周囲を掃討してからでも充分間に合う。そこで、Fフィールドに攻め込んできていた黒い三連星を撃退
この後はシロッコ編と同様に、北西と北東の基地を制圧してから中央を抑える訳なのだが、ここでロランと対戦したとき
ジュドー「そのガンダム、カッコいいなあ!」
ロラン「え?そんなこと言われるの初めてですよ!嬉しいなあ!」
ジュドー「うんうん・・・カッコイイから、ジャンク屋に高く売れそうだ!」

お前の判断基準は全てそれなのか!!

ミッション2では、ヒイロとの大砲対決があるのであるが
20080428-02.jpg
ジュドー「視たことのないガンダム!アレは高く売れるぞ!バラバラにならないように、注意して戦わないとね!」
ヒイロ「・・・? お前は何が言いたいんだ?」

やはりお前の基準はそれしかないのか!!!
そして、シロッコ編でのあのオチへ続くw

続いて師匠との対決では
師匠「うむ・・・いい気迫だ。手合わせしてやろう!」
ジュドー「なんだ?じいさん!?腰抜かしたって、知らないからね!」

無い無い、それは絶対無い

ミッション3では、新たに仲間に加わったヒイロと親交を深めようとするジュドーだが
ジュドー「よっ、ヒイロ!一緒に頑張ろうよね!」
ヒイロ「・・・」
ジュドー「あれ・・・?どうした?」
ヒイロ「・・・戦闘中は目の前の敵に集中すべきだ。俺はそうして戦ってきた」

相変わらずボキャブラリーのないヒイロであった

この後中央付近に向うとムービーが入り
20080428-03.jpg
ハンムラビ隊による蜘蛛の巣の罠にかかるZZというイベントがあるんだが(もちろんまったくパワー負けしない、というオチ)
ヤザンを演じている大塚芳忠氏の声が異様に力が入っている・・・なんつーかこう、嬉しさのあまり声裏返ってます・・・w

最後、たまたまプルが残ってしまい、とりあえず対戦しに行くと
プル「ジュドー・・・ごめん・・・でも、アタシね・・・」
ジュドー「気にすんなって、分かってるよ。けど、負けたら潔く諦めてくれよ」
プル「うん・・・分かった・・・じゃぁ、本気で行くから!」
ジュドー「え?このプレッシャー・・・ちょ、ちょっと待ちなさいって!」

プルツーのときもそうなのだが、勝負して仲間になってもらうよ、という話の流れ・・・これぞまさにZZ節である

ミッション4では、シロッコ編とは逆にこっちが中央から出撃する形になる
敵に囲まれているシロッコを助けなければ、と頑張るシャングリラ・チルドレン
少しは真面目な展開になるのか、と思いきやマップスタート直後、Bフィールドで戦っているとイベント発生
ルーにエラそうに命令されたエルが憎まれ口を叩き始め、一方でプルとプルツーが敵陣を突破してこちらと合流しようとする
こうして
Eフィールドのエルとルーの喧嘩を仲裁するか
Aフィールドで無茶してるプルとプルツーを助けに行くか

どっちか選びなさい、とな・・・このノリがZZですよ・・・orz
(完全に二択なのか時間制限なのか、どちらかの問題を解決すると片方はダメになってしまうオチしかたどり着けなかった)
この場合
エルとルーの間を仲裁すると、プルとプルツーが撃墜され、ついでにヒイロが危険になり
プルとプルツーを助けに行くと、エルとルーは完全に仲違いして連携しなくなり、放っとくとロランが撃墜される危険性が上がる
味方の数を減らさないように策を立てるには、プルとプルツーを助けておく方が良いのかも
一回目のプレイでは、エルとルーを仲裁してから、ヒイロがHフィールドで苦戦しているので助けつつ、地上で苦戦しているシロッコに助け船を出す
ここでシャアとハマーンも出てくるが、まぁなんとでもなる

このままZZノリで行くのかと思ったら、南東拠点でアムロとカミーユと対戦したところで一変
20080428-04.jpg
イベントムービーで対面する三体のガンダム
ニュータイプの感応で、どうも戦ってはいけない相手だ、というのは感じるけれど引くに引けない同士、死力を尽くしての戦いが始まる、というわけなのだ
しかしここでの会話、Zガンダムを見て「ルーじゃない、誰だ?」とジュドーが言うのだが、マップ開始前イベントで、「カミーユさんも敵か」って言ってたわりのセリフで、演出ミスなのか?
と、思ったら
20080428-05.jpg
途中でルーが援護に来てしまい・・・ああ、同じ戦場にZが二機居るw
実際、近づいてきたZがどっちなのか、よく見てないと乱戦状態だと視認しづらい
これじゃ確かにジュドーも勘違いするわな
鬼火みたいのが付いてるのがカミーユ、そうでないのがルーである

ミッション5でもおおかたはシロッコ編と同じなのだが
まずシャアとの対戦時にイベントムービーが入る
20080428-06.jpg
どーやらジュドー編では、シャアがこの星を地球に落そうとしているらしい・・・あんたって人はぁぁぁ!(ぇ
なおシャアが出てきたからと言って、そのフィールドへ迎撃に出てやる義理はない。近くに大抵、プルかプルツーが居てある程度削ってくれるからである。おかげでスペシャルアタック一発で片が付いた
そして最後が大笑い
中央に迫り来る武者ガンダムを迎え撃つべく、一人戦っていると
まずビーチャが、続いてプルとプルツーが、さらにルーシロッコまで駆けつけて
20080428-07.jpg
全員でフルボッコモード
もはや武者ガンダムには反撃する余裕もなく、ずっと空中を舞うしかない状態にw
(ちなみにエルは中盤に撃墜されていたので、それさえなければここに来てたかも)

ZZのハイメガキャノンで武者ガンダムを打ち消したジュドーは、崩れた地下堂から無事生還する
パワーが切れそうなZZに手を差し伸べる、ルーのZと・・・そしてシロッコのジ・O
20080428-08.jpg
ジュドー「あんたが手を貸すなんてね」
シロッコ「ん?何か言ったか、少年」
ジュドー「いや、なんでもない!」

20080428-09.jpg
持ち前のバイタリティで全てを引っ張っていける
この明るさがジュドーだね!


ようやくZZも育ってきたので所感を
ここまで使ってきて感じたのは、ZZは射撃はアテにしない方がいいと言うことだと思う
同じ大砲屋のウィングガンダムゼロinヒイロと違い、通常コンボにダブルビームライフルすら混じってこないのだから仕方ないことだ
それよりも、ハイパービームサーベルの射程が意外と長い。エピオンのヒートロッド並みに範囲があるので、一発目がスカっても二発目以降に勝手に敵が突っ込んできて、そのまま斬り込みコンボに持ち込める
方向にだけ気をつけて、■連打が一番楽だったと思う

さて、スペシャルアタックは二段目から
20080428-10.jpg
相変わらずのミサイルランチャー発射だが、この場合一発目のハイメガキャノン後であるため、ターゲットは大抵ランチャー到達点まで飛ばされており、あまり無駄にはならないだろう

続いてスペシャルアタック三段目
20080428-11.jpg
スパロボで言うところの『ハイメガキャノンフルパワー』といったところか
巻き込める敵の数が半端ではない。また3秒ほど照射されるため、左右に15度ぐらいは発射角を移動させることができるのが恐ろしい。狭い角度だと思うが、これだけの幅を持っての移動だと、意外な数の敵を一掃できてしまう。これが出るようになると、やっとZZらしい怪物ぶりが発揮される
但しコンボとは数えられない・・・当たり前か

そして、他キャラと連携中のみ出る"四段目"
軽くジャンプした後、極太ハイメガキャノンを
20080428-12.jpg
合計三発叩き込むという鬼攻撃
しかもこの攻撃、ターゲットをサーチしてほぼ的確に打ち込むうえ、コンボ扱いだったりするんだこれが
つまり、スキル「ヒートアップ」を付けておけば、一段目からここまで全部ヒットすると、最後にとんでもないダメージを相手に与えられるわけで・・・
最後がローリングであるウィングゼロの場合、攻撃が全段入るわけではないことを考えると、こっちの方が断然凶悪と言える

さてジュドーのストーリーにおいて重要なのは、何よりかによりルーのZガンダムとの連携である
以前も書いたようにZZは非常に隙のでかい動きをする
MSレベルが9を超えた辺りからだいぶ動きが軽快になるものの、他の機体に比べればやはり物足りないスピードだ
その隙を埋めるかのように、ルーが適切なフォロー攻撃を入れてくれるのである
特に敵の時に喰らうと腹の立つ、グレネードランチャーによる援護射撃が非常に助かる
ジュドーが誰かのコンボを喰らってるときなんぞ、どこからともなく駆けつけたと思ったら、相手にばしばし攻撃叩き込んで危機を救ってくれることがしばしば
そう言う意味でジュドーモードとは、ジュドーとルーの夫婦ッぷりを堪能すること、なのかもしれない
ジュドー「えーと、エピオンだろウィングゼロだろ∀だろ・・・あとゴッドにマスターガンダム・・・たっくさんパーツ手に入ったなぁ。これ、いくらぐらいになるだろ」

ドモン「俺たちの機体は全部売り物か!
ヒイロ「いやな思い出が甦る・・・貴様は敵だ、排除する!」
ロラン「それをやったのは貴方の方じゃありませんでしたっけ?」
ミリアルド「しかも最後に"アーマーゲイン"(三段目のスペシャルアタックがヒットすると、その分相手からHPを吸収する)なんてスキルを身につけて・・・」

シャア「どこまでも人のものを踏み台にしてるな」
カミーユ「でも、良くも悪くもそれがジュドーですから」
アムロ「それでいいのか?」
スポンサーサイト

テーマ : ガンダム無双 - ジャンル : ゲーム

2008/04/28 23:02 | 【ガンダム無双】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |