【G無双】祭の後~ゲーム総評~

スパロボAポータブル発売日と同日に、こんなアイテムが発売されるそうです

スーパーロボット大戦アクセサリーセットスーパーロボット大戦アクセサリーセット
(2008/06/19)
Sony PSP

商品詳細を見る
本体保護用のクリアケースと、持ち歩き用のポーチ
欲しいような欲しくないような

そんな管理人、来月までと思ってサルファを再開しようとしました
が、無理でした
なんだか燃えられないんです。理由はよく分からないけれど、サルファってこんなんだったけ?と言う説明しづらい違和感を感じ、挫折中
MXやりすぎたのかもしれない
根本的に疲れてるのかも知れない
しばらく休もう
晴れてクリアとなったガンダム無双
一言で言うなら、久しぶりにプレイしちまった、ガンダムという名を使っただけのキャラゲー
少し感想などをまとめてみました


とにかくバカゲーでした
(いきなりw)
厳しめに言うのであれば、"ガンダム"が心底好きならやってはいけないゲームだ
つまり、これはギャグだ、と諦められる心の広さがなければ無理である
オフィシャルモードならばともかくオリジナルモードの、スパロボのクロスオーバーと比べるのも恥ずかしい、あのはちゃめちゃっぷりは、笑って流す度量がなければ厳しいだろう
続編がもし出たとしても、購買意欲はあまり湧きそうもない

とまぁ、後ろ向きなことばかり言っても仕方ないので、ゲーム全体に関する評価を

作品の選定
作品数自体はちょうど良いのではないと思う
ただやはり、Gガンダム以外は無双の世界には少し厳しかったのではないだろうか
また雑魚敵の選定対象も、U.C世界から取ったのはいただけないと思う。それこそデスアーミーを使った方が説得力があったのではないかと。だって原作でも湧いて出てくるし
でもそうすると、ラスボスはデビルガンダムじゃないとだめになってしまうか・・・
グラフィック
PS3版をやった人の話を聞くと結構劣化しているそうだが、PS2としては良くできてると思う
つーかあれ以上求めてもしょうがないでしょ・・・
武者ガンダム編での地形めりこみには苦笑したが
BGM類
ZZに物申す。なんでメインで使われるBGMの大半がZからなのだ?
ただでさえジュドーが不遇なんだから、そんなところでまで悲しい思いさすな
操作性
他の場所で何度も書いているとおり、操作性はお世辞にも良くない
対戦相手との位置取りが特にやりづらいのが問題だ。あと、やはりチュートリアル画面はあった方がいいだろう。A.C.Eのシミュレーションモードを見習え(Gガンのシミュレーションは面白いんだぞ)
MSについて
先ほど、このゲームはキャラゲーだと評したが、厳密に言うとMSゲーである
なぜなら、パイロットの性格や技量パラメーターの設定があっても、それが全くMSのメリハリになってないのである。つまり、パイロットはセリフを言うためのキャラクターにしかなってないわけだ
これはスパロボを初めとする、この手のゲームではある種致し方ないことだ。パイロットごとの専用台詞を録るのだって大変なのに、パイロットごとに違うモーションをするようにデータを作っていたら、データはパンクするしプログラマが死んでしまう
とはいえスパロボでは、例えば動きが鈍いZZであっても、元々避けるカミーユを乗せると鬼回避になるし、逆に回避が元々高いZにジュドーを乗せるとバランスが取れる、というような変化が見られる
同じような格ゲー系だが、『ガンダムバトルクロニクル』で、乗せ換えによる攻略への変化が実はあったのだ。同じ改造具合のGP01Fbに、コウではなくアムロを乗せると鬼のように強かった、とか
が、このゲームの場合そう言ったこともほとんど見られない
それは、このゲームが戦略ゲームではなく、結局"無双"という特異な分野に位置していることが原因なのだろう
それを踏まえ、ゲームを攻略しやすいMSを挙げていくと
  1. Zガンダム
    ダントツで最強。遠距離近距離そつなくこなし、武器性能・機体性能どれを取っても申し分ない。実際、Zにアムロを乗せて、二周目を検証のためにやってみたのだが、ラストは武者ガンダムをずっと宙に浮かせながら一度も反撃させずに勝てた
  2. シャア専用ザク
    え?と思うかも知れないが、ザクなのにこんなに強くて良いんだろうか、ってくらいだ。Zと共通しているのは、やはり強力な蹴り攻撃があることだと思う。また、別記事にも書いている通り、空中戦がこなせるのも大きい。なおこれも検証のため、シャアのオリジナルシナリオ4以降をシャア専用ザクでやったところ、ハマーンに一度も反撃させずに勝てた
  3. Gガンダム
    そもそも格闘戦専用なんだから、強くないとおかしい。特にゴッドスラッシュタイフーンの使い勝手は、他のMSの通常コンボと同列としていいのか?というかんじではある。ただ、遠距離戦に極端に弱く、射撃系の相手には強引に近づかないと、一方的にやられてしまう弱さがあるのが玉に瑕
逆に使いづらいMSを挙げていくと
  1. マスターガンダム
    機体が軽すぎる上、そのせいか装甲も薄い。ちょっと撃たれ弱すぎでしょう、師匠。もちろんやられたらやられたで、固くもなるし攻撃力も上がるのだけど、その頃には死と隣り合わせだよ
  2. シャア専用ゲルグル
    どーしてこんなに動きが重いの!おかげで隙もでかい。頼むから盾は背中にしょってないで前に構えてw
  3. ガンダム
    うーん、悪くはないんだけどなぁ・・・強いかと言われると押しが足りない。特にガード崩しがないのが致命的で、周囲を一掃するコンボもないので、囲まれると危険。アムロさんが乗ってると鬼神のごとき強さなんだが、プレイヤーでは無理ですw
ストーリーについて
前述したようにバカゲー故に、ストーリーを求めてはいけない
ただ、シロッコを真人間扱いできるレベルまで引き上げたり、ミリアルドに演舞させたりした功績はでかい、かもしれない(笑)
ま、新品をわざわざ買うレベルじゃない
お仕事や勉強でストレスが溜まっているとき、ちょっとザクの群れを薙ぎ倒してストレス発散をする、という事のためだけにン千円もかけられないでしょう(苦笑)
おまけ
本題とはあまり関係ないSS

ドモンは悩んでいた
俺はガンダム・ザ・ガンダムのはずだ
キング・オブ・ハートの称号を持つ、ガンダムファイトのチャンピオンのはずだ
だが何故かこのゲームでは、他の主人公達に良いようにやられてしまう
その上師たるマスター・アジアは、自分以外に弟子を取ろうとしていると言うではないか

ドモン「一体何が・・・何がヤツラの強さを支えているんだ!?」
このまま雑魚敵に墜ちてなるものか!
そしてドモンは、彼らがMSと一体になって強さを発揮している、と思い至る
そう、自分は仮にもプロ格闘家。翻って、相手はプロの戦争屋ではない(ヒイロ以外)

ドモン「・・・と、言うわけで貴様らに決闘を申し込むッ!」
何故か日本刀装備で各主人公に襲いかかるドモン
ドモン「ニュータイプといえども、生身ならば!」
アムロ「い、いきなりなんだと言うんだ!?(ぴきゅいーん)ちっ、そこっ!!」
バスッ
ドモン「こ、この俺が、一本入れるどころか返された!?」
シャア「私が昔、同じようなことをやって、返り討ちにあったのを知らんのか」

ドモン「くそっ、これで諦めてなるものか!」
カミーユ「なんだ?このざらついた感覚は!?(ぴきぃぃぃん)
くっ、そういうことか・・・歯ぁ食いしばれ、そんな格闘バカ、修正してやる!!」
バキィッ!
ドモン「こ、これが逆ギレか・・・っ」
クワトロ「アマチュアのカミーユに負けてどうする。というかそれではウォン・リーより弱いことになるぞ」

ジュドー「(ぴきーん)よっ、(ぴきーん)はっ、(ぴきーん)とっ」
ドモン「くぉら、避けるな!真面目に戦わんかぁっ!」
ジュドー「へへん、やーなこった」
ルー「ジュドー相手に真面目に喧嘩しようって方が間違ってると思うけど・・・」

ドモン「ぬおおお!俺は、俺は負けないっ!!」
ロラン「ちょっと
(かきーん)何するんですかっ!
(かきーん)危ないじゃ
(かきーん)ないですかっ!」
べきっ
ドモン「・・・俺の打ち込みを全部受けきった上、刀を折られた・・・?」
???「甘いのであーる。ローラは小生の剣を全て受けきった、一流の戦士なのであーる」
ロラン「その声は、ギム・ギンガナム??」
ミリアルド「ん?どうしたドモンにロラン。刀を振り回すとはただごとではないな」

ドモン「くっそおおおお!
俺は、俺はキング・オブ・ハートのはずだーっ!!」

結局生身でも勝てないのか?
ヤケクソになって刀を振り回すドモンの前に現われたのは、ヒイロだった
ぷすっ
プル「ヒイロぉ!」
プルツー「刺さってる、刺さってるぞ、お前っ!!」
ドモン「んなっ・・・」
ヒイロ「暴れるのは構わん・・・強さを求めるのも構わん・・・だがな・・・それの・・・度が過ぎると・・・皆が苦しむんだ・・・体も心も・・・死ぬほど・・・痛い・・・ぞ
ぱたり
ドモン「・・・!」
エマ「ちょっとヒイロ、しっかりしてちょうだい!」
ルー「止血、早く止血しないと!!」

ドモン『こ、この俺としたことが・・・目に見える勝利ばかり追い求めて、大事なことを忘れていた・・・そうだ、俺は"魂"を捨てて"愛"を得た男だぞ!?・・・それを身を以て俺に示すとは、ヒイロ・ユイ・・・師匠が期待するだけのことはある。俺は、俺はまだまだ修行が足りんッ!!

~暗転~

レイン「・・・で、この書き置き残して出て行った、と」
『ギアナ高地で修行してきます。追いかけないでください』
プル「でも、あのおじいちゃんは、血相変えて追いかけて行っちゃったよ」
レイン「自分の扱いに腹立てて暴れるわ、人様に怪我させるわ、挙げ句私を置いてお師匠様とデートね・・・帰ってきたらただじゃおかないんだから」

ジュドー「それにしても、ヒイロが身を挺してドモンさんを止めるなんて、珍しいこともあるもんだなぁ」
カミーユ「考えてないようで考えてるんだな。見直したよ」
ヒイロ(言えん・・・最近ゼロに頼りすぎて、ドモンの刀を避けきれ無かったばかりか、バレないように咄嗟に強がり吐いたなんて、とても言えない空気だ・・・)

落ちはないw
スポンサーサイト

テーマ : ガンダム無双 - ジャンル : ゲーム

2008/05/26 22:44 | 【ガンダム無双】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |