〔漫画書評〕カミヨミ 7&8巻

ワタクシ、基本的にコミック派で、掲載雑誌は時々立ち読みする程度
漫画家の方、雑誌社の方、本屋の方にしてみれば失礼な話なのは重々承知しています
何で雑誌の方は購入しないかというと、いろいろ理由言い訳があって

例えば、その雑誌で必要な作品が少ない場合
具体的には「週刊少年ジャンプ」で、今「魔脳探偵ネウロ」は面白いので注目しています。しかしそれ以外についてはちっとも読まない。"ネウロ"のためだけにジャンプ買うの勿体ない

次に、雑誌の購入が躊躇われる場合
「週刊ヤングサンデー」(休刊しちゃうけどね)や、「週刊ヤングマガジン」の場合
前者は「鉄腕バーディー」を、後者は「XXXHOLiC」をたまに読んでいるのですが、両方とも雑誌の中身がほとんどエロ雑誌と化しつつあり、とてもじゃないけど一人で読むにしても気が引ける

あと、作品が気に入っているのに購入していないコミックもあります
大抵の場合、既刊数が膨大で購入代金を想像すると引いてしまうw
代表例としては、「月刊マガジン」に連載されている「海皇記」。「修羅の門」はダメだったけど、これは面白い・・・けど37巻も一気に買えないよ、ママンorz


漫画の書評は、購入ペースから考えても年間一怪で良いんじゃないか、と思い始めた今日この頃
これも含めて、買っている漫画が全部月刊物だからね
週刊物で買ったのって、「聖闘士星矢」や「封神演技」ぐらいだな~・・・
カミヨミ 7 (ガンガンコミックス)カミヨミ 7 (ガンガンコミックス)
(2007/12/22)
柴田 亜美

商品詳細を見る

カミヨミ 8 (Gファンタジーコミックススーパー)カミヨミ 8 (Gファンタジーコミックススーパー)
(2008/05/22)
柴田 亜美

商品詳細を見る


7巻前半までは、6巻から続くお話の〆である
八俣が持ち込んだ狼の骨から現われた女性の御霊、それは愛子の母親・淡菊
語られる出生の秘密と、浜崎老人の夫人に収まっていた姉・朝比奈の血まみれの姿
彼女らは文字通り狼女の一族だったのである

天馬への淡い恋と、狼としての本能の狭間で悩む文石
彼女を憎み狼として純粋に生きる朝比奈
過去に淡菊の"変身"を見たために、血まみれの獣に魅入られた浜崎
彼らが互いの愛憎でつぶし合い、姿を消した後に現われる日明蘭
零部隊、と言うか軍は、銀狼館の幻覚を見せる温泉を手に入れるために、天馬たちをここに送り込んでいたのである
思いがけない研究材料(人狼)や、計画通り手に入った幻覚ガスに満足する零部隊に、帝月は「彼はら獣より恐ろしい鬼だ」と一言言う


7巻後半より8巻半ばまでは、毒丸とその周辺で起る"毒"にまつわるお話
実は中国大陸出身者であった毒丸が、いかにして零部隊に参加したかが語られる

物語は、大陸に残してきた恩人の娘・呂雉が、雑伎団の一員として日本に渡ってきたところから始まる
その頃、日本の高名な政治家が正体不明の毒で非業の死を遂げる事件が起る
これとは別に、呂雉の様子を見に行った毒丸+天馬達
彼らと小競り合いを起した陸軍の兵が、突然死を遂げたことから毒丸に容疑がかかり騒動に発展してしまう
この騒動を大佐(日明蘭)に知られては一大事と、激を初めとした零部隊白服連中が動き出すモノの、今度は毒丸を捕らえていた憲兵隊中尉まで、同様の症状を出して死んだことから、さらに騒動が大きくなってしまう
このまま事件は迷宮入りかと思われた、リミット当日の夜
帝月のカミヨミによって、全身が毒である鴆を使い、雑伎団の仮面を被って暗躍する暗殺集団の目論見が露見する

と、格好良く終わったかと思いきや、結局日明蘭は予定よりも早く戻り、騒動の一部始終はバレてしまうのだが、この騒動の発端である政治家を"零"にしたことで、全ては有耶無耶となる


このカミヨミという作品に関しては、いろいろ思うところはある
柴田先生は、比較的長い話をずっと書き続けるタイプの方だと思っていたが、これに関してはテーマは一貫しつつも短い話で区切っており、そう言う意味では読みやすい
第41話~第47話での、零部隊全員を個性的に書いた話などは、決められた回数の中でキャラクターの特性を表現しきっており、さすがいくつもの作品をやりこなしてきた方だと感心させられる
ただ、「PAPUWA」の時も書いたが、クライマックスに入った段階での告白大合戦が相変わらずある。それがしかも、短編ごとに入ってくるから結構読んでいて辛い
これは、良くも悪くも先生の色と言える部分になっている、ということなのだろうか
「変身王子ケエル」ぐらいの独白レベルが一番バランスが取れている、と思うんだけどなぁ
ちなみに吐血どばぁー、手足が吹き飛ぶ、首ちょんぱ、等々についてはちーとも怖くないのでいいんですが

辛い、とは言いつつも、注目すべきキャラクターも多く、読ませる作品である
特に八俣警視総監
先生が生み出してきた、どのオカマキャラよりもキャラ立ちがいい!
真面目な自分を嗤うためのオカマ、と割り切っている辺りが好感を持てるのかも知れない


さて8巻から先は、滝の向こうの隠れ里のお話
そこは死者が居ない村
死者が蘇ってくる村
モデルとしては"桃源郷"だろうか?

スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2008/06/15 20:38 | 漫画書評COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

XXXHOLIC、面白いっすよね~!

ご無沙汰です!
AP発売が近くなるにつれ、日ごとに気力が10ずつ上がってるワタクシであります。
それにしても、XXXHOLICは個人的に大好きな漫画です。とりあえず全巻持ってるというw
しかしまあ、発売が遅いのがタマにキズなんですがね・・・

ちなみに、最近はAP発売に向けて少しでも気分を抑えるためにOG外伝とかやっちゃったりして・・・
しかも18、19日はAPのために有給取っちゃったというね(爆)
もちろん水曜にフラゲしますとも!

え~と、フラゲしてすぐにプレイレポートを提出し始める事になりそうなんですが・・・OKですかね?

No:280 2008/06/16 01:52 | ワイルドヘヴン #- URL [ 編集 ]

CLAMPは嫌いじゃない

ええ、「聖伝-RG VEDA-」は頑張って読んだもんだ

それにしてもワイルドヘヴンさんは、特殊技能「戦意高揚」でもお持ちかw
ついでに「気力限界突破」「気力+(ダメージ)」「底力」も持ち、性格が「超強気」だとしか思えん!
これでもし、18,19日に有休取らせてもらえなかったら、会社関係者に大ダメージが・・・

それにしても、てっきりMGS4でもやってらっしゃったのかと思ったのですが、OGSですか
私はと言いますとまったく逆で、一切ゲームをやらずに頭をすっきりさせ、大人しく待つ姿勢で居ます
PSP改造はしっかりしましたがね!

>フラゲしてすぐにプレイレポートを提出し始める
へい、心してお待ちしておりますw
ただし、開幕の火ぶただけは、ワタクシが切らせていただきますが・・・

No:281 2008/06/16 22:55 | あるす #- URL [ 編集 ]

さて、明日(実は明後日)発売です!


というわけで、おやすみなさ~い!(何ッ




あ、自己紹介考えとかなきゃ・・・

No:282 2008/06/17 21:55 | ワイルドヘヴン #- URL [ 編集 ]

フラゲ・・・

なんかもう、連休だけでクリアしてしまいそうな勢いですな・・・
無理してまたインフルエンザになったりしたらたまらんので(今、百日風邪はやってるし)、人間らしい生活しながらプレイしてくだされ・・・w

自己紹介はお任せですよ
甲児君風におちゃらけでも
竜馬風にド真面目でも
ええ

No:283 2008/06/17 23:19 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |