遅れてきたA.C.E戦記(7)-一気に終息へ-

ふと気づいたことがある
キャラクターイベントが入るとき、なんでカットインがあったり無かったりするんだろう?
先頃のレイズナーのイベントにしても、エイジの顔が入ってくるのが最後の最後で、ル・カインとゴステロばっかり出てくる
さらに言うならドモンばかり目立って・・・オイオイ、これはGガンダムのイベントなのかレイズナーのイベントなのか('A`)
メモリが足りないのか、面倒くさいのか
やるならやるで徹底して欲しいもんなんだが、大人の事情ってやつなのかな・・・


ブリーフィングで喋る艦長及び指揮官クラスの声優さん達、使い慣れない用語をいっぱい喋って大変そうだよな(;^_^A
特にシナプス艦長とバニング大尉
オーガニックとかオーラ力とか、ガンダムに全然関係ない用語連発で、時々舌を噛んでいるように聞こえるのは気のせいだろうか・・・


さて、今回は一気に進んだぞ
もう広げた風呂敷をたたみまくるので、ボス戦の連発だ

レイズナー救出はなんとかクリア
へぇ、ル・カインってペンタゴナでも有名なのか・・・てことはなにかい、ペンタゴナとグラドスは(あくまでA.C.E2上では)そこそこ近い距離にある惑星って事か。しかも何らかの形で恒星間での交易もしくは交戦が起こっていると
そんな高度な技術を持つ連中に、まがりなりとも勝ってしまうアルビオンって・・・(ナデシコは曲がりなりとも惑星感航行が出来るシステムがあるが、アルビオンはあくまで地球近海用の戦艦のはず。まぁ、SRW系ゲームでのお約束と言うところか)

で、今度はマクロスかよ。システム的には「愛 覚えていますか」をベースにしてるようだ
つまり、バルクホルツ達が言いたかった「来るべき地球外からの驚異」っていうのは、これのことなわけだ。マクロスはすでにこの世界に落っこちてきていて、改修も進んでいたんだから、当然UCE内部ではゼントラーディのこともメルトランディーのことも承知だったわけで。それでもその事実を公表しないでいたと・・・やっとストーリーが繋がったか

では張り切ってマクロス防衛イベント行ってみよう・・・って、えっ・・・うあああっ、ブレンが、ブレンが抜けたー!!Σ(゚д゚lll)ガーン
仕方ない、しばらくはビルバインに全てを託すか・・・(血涙)
しかも、マクロスに巻き込まれて冥王星まで飛ばされたよー!!!(爆笑)
で、フォールドシステム紛失(映画通り)、ナデシコはボソンジャンプ不可能と来て、通常航行で帰還ですか・・・
何年かかると思ってるねん
その間に地球は滅んでしまうわ・・・
しかーし!そこはさすが地球のスーパー技術。あっというまに土星まで到達だ!!
・・・もう突っ込む気力が無くなってきた

マクロス関係のイベントが続く
戦艦破壊イベントやら、空母内部市街地の防衛やら
そして最大の見せ場・・・マクロス トランスフォーメーション!!
目の前で本当に変形するマクロスって、ある意味すごい・・・ゲームでここまで再現できるんだ
ガイ「おおおーっ!格好いいー!!やっぱり変形・合体は男のロマンだぜー!」
だあっとれw
続いて輝とミンメイのイベント発生。助けに行くメンバーが、フォッカーとガイってのが笑える
フォッカー「すまんな、手を貸してもらって!」
ガイ「いいんですよ、生ミンメイちゃんが見られるんだから!」
ああもう、ガイうるせーぞw
しかもこいつら、ゼントラーディ艦のフォールドで一緒に行方不明になりやがった・・・まぁ使ってないからいいけどね
ついでに地球に戻ってきてしまう、アルビオンとナデシコ。ご都合主義もここまで来ると・・・(ry
その後、ゼントラーディ内部での会話が続くが
いやあの司令官殿、それなんか間違ってる、間違ってるよww

地球はと言えば、アルビオン隊が居なくなって一ヶ月が過ぎていて、グラドスに北米大陸を占拠され、さらにグラドスタワーを作られてしまったという
ほほう、レイズナーのTV前半の話は居ない間に終了ですか(苦笑)
で、ル・カインの挑戦に応じて現れたエイジの元に、もう一人の戦士が現れる
ドモン「この男を知っているか!」
あなた、ル・カインにまでそれを聞くか。相手異星人だぞw
ル・カイン「知っていたとしたらどうするのだ」
知ってるのかヨ( ̄□ ̄;)!!
勝ったら教えてやってもいいと言うル・カインを前に、ドモンがGガンダムを呼び出し、ガンダムファイト・レディゴーと相成りまして
死鬼隊を排除したと思ったら、地中からおもむろにデビルガンダムのガンダムヘッドが出てきたヨ!
いつ、どこでこれを手に入れたの、ル・カイン・・・脈絡なさ過ぎだよ
レジスタンスの援護を終え、一気にグラドスタワー制圧へ
ザカールのV-MAXは怖かったが、とりあえずは単調に済んでしまったかんじ
風のように現れて風のように去っていったグラドス・・・ww

しかし、ここでギワザ様のお出ました。デビルガンダムはどちらかというとギワザの方が手に入れていたらしい
それをル・カインに貸していたという筋書きということか
そういやさっきのステージでも、グラドスの援護にギャブレーが出てたもんなぁ・・・
ギャブレー「クワサンのために貴様を倒す!」
ダバ「クワサンのことは諦めろ!」
戦闘中に女を取合う会話をしてんじゃねぇよ、こいつら・・・_| ̄V)
ギワザを追って宇宙に上がったところ、わざわざペンタゴナから反乱軍の艦隊が応援に来たらしい
ギワザはといえば、どこから持ってきたのか工業衛星を地球に落とそうなどと企んでいるとのこと
サージェ・オーパスを追い詰めたらアトールが出てきたが、これあれですかネイ様が乗ってるんですか、やぱし
とりあえず問答無用で連係攻撃で撃沈。さらばギワザ

エルガイムの物語が収束したと思ったら、たたき込むようにデビルガンダムとの最終決戦だよ
本来的にはドモンを出すべきなのだと思うが、怖くてプレイヤーとしては出せません。オマケでだしてやろう(ヒドス)
で、さ
キョウジ兄さんは、キョウジ兄さんはグラフィック無しですか?(泣)

続いてはバルクホルツとの決戦
衛星の内部で2,3回迷子になってしまいリトライしたあと、なんとかクリア
外ではマリナとバルクホルツが待ちかまえている
しかし、いくらフェザーアークが高性能の機体でも、パイロットでもないバルクホルツが乗ってりゃたかが知れているもの
バスターアークは捉えるのが大変だったが何とか撃退
バルクホルツの台詞を何気に聞き逃したような気がするが、知らないふり(爆)
しかし、ここに至ってまでツンツン状態のマリナは一体何をしたいんだろう?
あのゼントラーディの巨大戦艦おも撃沈できる可能性のあるガーディアンシステムが鍵を握っている、ということらしいが
何を手に入れたいんだろうか・・・もしかして、ガーディアンを使って驚異を全て排除して地球の救世主になるとか、そんなつまんない野望なのか・・・?

休む間もなく、オルファンとドレイク軍との決着を付けるため、地球へ
やっとブレンが戻ってきた(o ̄▽ ̄o)
が、トッドが来る以上ここはビルバインで行くのが筋と言うもの。ばしばし叩いてたら、ホントにハイパー化したよ
でかっ!
しかし、なんとかたたき割ってハイパーライネックを撃破
トッド「いい夢を・・・見させてもらったぜ・・・」
ショウ「これが夢でたまるかよ!」
ふひー、続いてはジョナサンだよ。ああっ、しかも黒騎士まで一緒に出てきやがった。ガラバがハイパー化しないのがせめてもの救いだ
なんかバロンが後方で叫んでるー、うぜー!依衣子姉さんもうざー!はんぎゃー!気づいたら巨大バロンズゥがー!!
・・・ヽ(´Д`ヽ;)(/´Д`;)/ ヽ(´Д`;≡;´Д`)丿 アワワ
次から次へと襲い来るボスを、力ずくで叩きのめしていく
ジョナサン「バローン!・・・な、なんで、なんであんたがバロンなんだ・・・」
バロン(ジョナサンママ)「ジョナサン・・・貴方の側に居たかった・・・」
ほれ、ジョナサン。君のママはすぐ側に居ただろうがw
こうしてたたみかけるようにブレンパワードネタが終息する中、ドレイク軍との決戦ではなんとアルビオン、ナデシコ、ゴラオン、ノヴィス・ノアが一堂に会するグラフィックが!燃える!!
シーラ「ゴラオンをウィル・ウィプスに特攻させます!」
えーっ・・・って、誰かシーラ女王止めろよー(苦笑)
どきどきしたが、TVみたいにシーラ様がお亡くなりになったり、全部浄化されるというようなことは無かった( -.-) =з
ドレイク・ルフト、地上に散る


こうして考えると、同じ富野作品で似たようなモチーフをもちながら、一方は全て消え去ってしまう「ダンバイン」と、片方で全てを許して回帰していく「ブレンパワード」
富野監督の人生観というか、作品作りそのものに対する考え方の変遷を見ているようで興味深いものがある
さて、最後のゼントラーディ掃討戦が残ってるぞ
また稼ぎプレイするかー
スポンサーサイト

テーマ : ゲームプレイ日記 - ジャンル : ゲーム

2006/08/05 20:50 | 【A.C.E 2】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |