【スパロボ妄想】実験室のフラスコ その2

ルリ「皆さん、未だお暑い中、本日は『スパロボ家庭裁判所』にようこそお越し下さいました」
アムロ「・・・」
ルリ「これより訴状に従い、それぞれの訴えについて・・・って、大尉。何眉間にしわを寄せてるんです?」
アムロ「ホシノ少佐・・・サッパリ状況が読めないんだが。何やら目の前に、見知った顔も初顔な人たちもたくさん並んでる。しかもみんなもの凄いプレッシャーだ」
ルリ「そりゃ皆さん、ご自分がスパロボZに出番がなかったことに不満を抱えてらっしゃる方ばかりですから」
アムロ「つまり?」
ルリ「まぁ、要するにこれは、『スパロボZに出れなかった作品の連中が、参戦者に文句を言うスレ』ってヤツです」
アムロ「文句って・・・もう発売予定日が確定に変りつつある上、つい最近オリジナル主人公も発表されたのに、かい?」
ルリ「言うだけならタダ、って事で」
アムロ「で・・・俺が判事で、君は?」
ルリ「タダの解説のお姉さんです」

イネス「ルリちゃん、それは私の役目・・・」
ルリ「今回私たちは出番がないので、私以外は自重です」


ルリ「え~・・・では最初は・・・訴状の主はジュドー・アーシタさん、お相手はカミーユ・ビダンさんです」
アムロ「初っぱなから何をやってるんだあいつらは・・・」

カミーユ「ジュドー、どういうつもりなんだ?俺はお前に訴えられる覚えはないぞ」
ジュドー「・・・ダメじゃないか」
カミーユ「は?」
ジュドー「ダメじゃないかぁ!カミーユさんは精神崩壊してなきゃぁ!!」

アムロ「orz」
ルリ「いきなりそう来ましたか」


カミーユ「なんでそうなる!!」
ジュドー「あんたが狂ってくれてないと、俺の出番が無くなるんだよッ!最近タダでさえ冷遇されてるのに、この上前任者が健全で物語が終わっちまったら、俺はどうしたらいいんだよ!!」
クワトロ「落ち着きたまえ、ジュドー君。良く思い出すといい。君は『大人の勝手な都合で戦争に巻き込まれてたまるか』と、劇中言っていたろう。ならばこの際、サッパリ関係ないところで生活できていい・・・そう考えてはどうか?」
ジュドー「一見良さそうでも、それじゃダメなんだよ。ここでコネ作っとかなきゃ、リィナを山の手の学校に行かせる金稼げないし・・・だいたい、俺の話が無くなったら、プルもプルツーも出てこないし、ミネバを攫えないぜ?それでイイのかよ、あんた」
シャア「と言うわけでカミーユ、もう一度ジ・Oに向って突っ込んでみようか」
カミーユ「グラサン外してキャラクターを変えるだけじゃなく、下らない理由で鞍替えする!そんな大人、修正してやるッ!!」
シャア「今の私はシャア・アズナブルだ。それ以上でもそれ」

アムロ「フィン・ファンネル!!」
シャア「ぐふあぁぁぁぁぁッ!?」
アムロ「・・・ロリコンはあっちに行ってような(ず~りずり・・・)じゃ、続けて」
カ・ジュ「「ハ、ハイ」」

ジュドー「だ、だいたいさぁ、俺の話が進まないと、アクシズの話が終わらないんだぜ?」
カミーユ「やめろよな、俺が本気になったら、ジュドー無しでハマーンを簡単に倒せるだろ」
ジュドー「んがぁ~!ムカツク言い方!カミーユさん・・・ここからいなくなれぇぇぇ!!
カミーユ「俺の台詞を盗るな!俺は、生きてファと添い遂げるッ!!
(かきーーーん!)
ルリ「綺麗にビームサーベルが入りましたね。ほ~むら~ん・・・」
アムロ「うーむ、ZがZZを木星に吹っ飛ばして終幕、か・・・裁判も何もあったもんじゃないな、これじゃ」
ルリ「決め台詞がパクリだった件については?」
アムロ「スパロボZ本編で、本人にこてんぱんにやられれば良いんじゃないのか?」
ルリ「ああ、出演声優陣が『勝てる気がしない』と評した、檜山ベガ星人に、ですね?」


ルリ「続いては、地球防衛組の皆さんと、ガンバーチームの皆さんがお出でです」

仁「俺たち、GC以来全然お呼び無し!待つのも限界があるぜ」
虎太朗「お前らは一回出てるからいいじゃん、俺らもいい加減スパロボに出てーよ~!」

吼児(あれ、マリア?ザウラーズのみんなは??)
マリア(何かいろいろ事情があるって言って、来れないみたいなのよ)
鷹介(事情って・・・大人数で攻めれば何とかなるって言いだしたの、あいつらなのに)
飛鳥(しょうがないよ、ザウラーズは6年生だから、進学とか・・・)
力哉(最大の原因は、作者が『ガンバルガー』を最後までちゃんと観てないこと、らしいけどね)


アムロ「君たち・・・ゲームに出たい気持ちは分かってるが、やっぱり子供が出るのはまずいだろう」
ルリ「TV本編と違って、相手メカに生身の人間が乗ってるんですから、子供が憧れるヒーロー気分で出演はできないですよ?」
仁「子供子供ってさぁ!そこにもいるじゃん、俺たちと年の近い連中」
ルリ「・・・だから、神ファミリーの皆さんを訴えたんですか」
勝平「へ、俺たち?」
虎太朗「そーだよ、勝平達がゲームに出られるなら、俺たちだって問題ないよ」
飛鳥「彼らだけが問題ない理由を、ちゃんと説明して欲しいな」
力哉「俺たちだって、マジンガーZとかゲッターロボの側で戦いたい!」
マリア「その理由はどうかしら・・・でも、地球を守りたい気持ちは、誰よりも負けないつもりですよ」
アムロ「う~ん、さっきのホシノ少佐の説明じゃダメかい?・・・俺としては、君らがトミーノな世界に関わらなくなったのは、むしろいいことだと思っていたんだが」
吼児「なんですか、それ?」
鷹介「大人のはぐらかし、良くない!」
ルリ「どうやら皆さんお分かりでないようです。トミーノな世界は、すごーくすごーく怖いところなんですよ?では、御三方どうぞ」

宇宙太「好きで街中でドンパチやったわけじゃねーのに、戦いに勝っても石を投げられるわ追い立てられるわ、散々だったぜ」
恵子「原作で生き残ったのは勝平だけ、最終回寸前にみんな自爆ししていったわね」
勝平「好きだった子が人間爆弾にされて、目の前で死なれたんだよな。しかも第4次スパロボで、それをしっかり再現されちまって・・・」


地球防衛組&ガンバーチーム
「タカ○ト○ーさん、ブレイブサーガの最新作はまだですか?」

アムロ「どうやらあのへたれ勇者の手伝いをする方が楽だと気づいてくれたようだな・・・」
ルリ「お分かり頂けたようで幸いです」
ルリ「ちゃっちゃと行きましょう。え~と、テッカマン・・・しかもラダムな方々がお出でですね」
アムロ「すでにテックセットした状態とは、穏やかじゃないな」

エビル「軌道エレベーターが舞台としてあるのに、僕たちの出番がないとは納得行かなくてね」
桂「だからって初参戦の俺たちを、すでに参戦経験があるあんたらが訴えるって、理不尽なんじゃない?」
ダガー「ラダムと言えば軌道エレベーター、軌道エレベーターといえばラダムなのだ」
ミムジィ「・・・なにか無茶苦茶なこと言っている気が・・・」
アックス「何も問題はない。さぁ大人しく、かの場所を我らに譲ってもらおうか?」
オルソン「できない相談だ。タダでさえ今回、軌道エレベーターの処遇を巡ってとんでもないことになりそうなのだから、そこを異星人の根城にされてはたまらん」
桂「同感同感。早々にお帰り願いたいね。そこの中身が女の子っぽい人、除いて」
ソード「私の全てはオメガ様のためにある、貴様に何を言われる筋合いはない!」
桂「ダメダメ、そんな金切り声上げてるとモテないよ、お姉さん?」
ランス「我らラダムをナンパしようとはいい度胸だ・・・喰らえ、ボルテッカ!
(ちゅどーん)
ランス「フッ、この至近距離ならば、如何に今回の主軸(予想)だろうと・・・なにッ!?」
桂「あ~、びっくりした!ミムジィ、大丈夫か?」(無傷)
ランス「バ、馬鹿なっ、目の前で撃ったのだぞ、なぜ!?」
アムロ「主人公補正というモノが世の中にはあってだな・・・むっ、プレッシャー!?」

ブレード「ボォォルテッカァァァァァッ!!!!」(マイク破壊モード)
エ・ダ・ア・ソ・ラ「ぶわぁぁぁぁぁ!?」

桂「・・・付近一帯綺麗に吹き飛んだよ?」
アムロ「テッカマンランスのモノとは比べものにならない・・・すごいものだな」
ルリ「Dボゥイさんのボルテッカは強力ですからね・・・(茶をすする)」

ブレード「初めましてだな、アムロ大尉。そういうわけで、こいつらの訴えは取り下てくれ」
アムロ「了解した。いろいろありそうだが、後はヨロシク頼む」
ルリ「ご苦労様です、Dボゥイさん」
ブレード「ホシノ少佐も、悪かったな。まったく・・・シンヤも他の連中も、関係ない人に迷惑かけて・・・さぁ、家に帰ろう
ルリ「Dボゥイさん、それ記憶吹っ飛びフラグなヤバイ台詞です」
アムロ「ん?向こうがずいぶん騒がしいな」
ルリ「ああ、こういう場でのいわゆる恒例、『ゲッターロボ大決戦』ですね」

真・竜馬「毎回毎回、同じこと言わせんなよ」
ネオ・竜馬「いい加減俺らの誰かと代わる時期だろよ」
原作・竜馬「ああ、まずは俺からだと思うがな」
綺麗な竜馬「みんなの言いたいことはよく分かってる。だが、落ち着いて考えてくれないか」
真・隼人「あ?何をだ」
綺麗な隼人「まだ説明しないと分からんのかい?俺たちがあったからこそ、ゲッターってのは光が当たったんだぜ」
原作・武蔵「そんなもんは百も承知で言ってんだよ」
綺麗な武蔵「だろ?と言うことは貢献度から言えば、俺たちが優先されたってそりゃおかしくないわけだ」
真・弁慶「そのお役目を、そろそろこっちに渡して休めって言いたいわけだ、こっちは」
原作・弁慶「まずは原作に花をだな・・・」


號「おーい、おっさんたち」
翔「そっちで活発にやってるのはいいんだけどさ」
剴「俺たちも議論に入れてくれない?」


全ゲッターチーム「・・・誰?」
號「ちょっとまてぇいッ!!」
ルリ「知らない方に説明しますと、この方々は1991年にTV放映された『ゲッターロボ號』に出演していた、ゲッターチームの皆さんです」
翔「思い出してくれた?仮にも『ゲッター』の名を冠したあたし達が、こうも無視されてるなんておかしいでしょ」
全ゲッターチーム「ゲッター線を使ってない時点で却下」
剴「その一言で終り?」
真・隼人「よく見なくても、お前達の意匠は『真ゲッターロボ対ネオゲッターロボ』に受け継がれてるんだから、無理に出てこなくてもいいだろうが」
原作・隼人「そもそもマイナーなんだよ、マ イ ナ ー。分をわきまえろってこったな」
綺麗な竜馬「原作の隼人、そんなハッキリ言ったら可哀想じゃないか!」
綺麗な隼人「フッ、リーダーさんよ、ちっともフォローになってないぜ?」
(そしてまたもや恒例『ゲッターロボ大決戦』に戻っていく人たち)

號「うう・・・俺、声"草尾毅"だぜ?充分ヒーロー成分があるのに・・・」
剴「俺の声に至っては"神谷明"なんだぜ、ヒーローもヒーロだぜ?」
翔「中の人はともかく、キャラ的にも充分立ってたはずなのに、酷いわ・・・」


アムロ「・・・弁護も仲裁もしようがないな、あれは」
ルリ「私はむしろ、管理人がTV版『ゲッターロボ號』を持ち出してきたことの方が驚きですが」
アムロ「なんでも当時、しっかり最初から最後まで観てしまったらしいぞ」
コンボイ「えーと、お邪魔します。我々トランスフォーマー軍団をですね」

出演者全員「大却下」

コンボイ「まだ何も言って無いじゃないか!」
ラットル「そーだよそーだよ、俺たち、今顔出したばっかりだぜ?」
チータス「酷いじゃん、仮にもヒーローの集まりなのに、この扱いはないじゃん?」

ロジャー「みなまで言わせるのかね、君たち?」
ジロン「あんたらを出したら、やれ『あいつが居ない』『コイツはどうした』って言われるに決まってるだろ」
ロラン「確かに皆さん、魅力的なキャラクターですが、あなた方だけでゲームが一つできてしまうので、ここは自重していただけませんか」
アポロ「そーだよなぁ、なんせ数が尋常じゃねぇ」
シン「下手すると、全U.Cガンダム(映像化分)並みにキャラクターが居るんじゃないのかな」
甲児「俺たちに負けず劣らず歴史が有るもんな」
鉄也「そう言う意味では、下手に扱えないと言うことか・・・」

メガトロン「ほほ~う、地球人は心が狭いんだなぁ?あん??」
インフェルノ「こっちがデストロンだからか?ごっつんこ!」

ホランド「うっせーよ、てめぇらもそうだが、"コンボイ"だけで何パターン有るのか自分でわかってんのか?
シンゴ「その全てを出そうものなら、ゲームデータパンクだよね」
カミーユ「そう言えばサイバトロンの司令も、時には"コンボイ"じゃない場合もあったりしたっけ」
ハヤト「頭が一定しないって言うのは感心しないな」
ギンガナム「あまりしつこいと、月光蝶で黒歴史の彼方に埋めてやるのである!」
シャギア「サテライトランチャーで援護射撃をしよう」
ガロード「だいたい、どいつもこいつも呼びづらい名前ばっかでさ、もうちょっと簡潔にできない?特にそこの、クリックストローク!
クイックストライク「クイックストライクだ、ぎっちょん!」
コンボイ「どうしたことだ。彼らは思ったことを言っているだけなのだろうが、何故か部下に文句を言われているみたいで、無性に腹が立ってくる
ライノックス「そりゃねぇ・・・中の人がアレだからな・・・ま、自重自重」
メガトロン「俺様達、あんまり他人のこと言えんだろう」
インフェルノ「それを言っちゃあお終いよ」
チータス「と、とにかく、負けちゃダメだじゃんコンボイ!逆から読むと"イボンコ"だけど、そんなこと気にしない!」
ラットル「それ、今ここでは関係ないんじゃない?」
ガロード「"イボンコ"?ははは、おもしれー、何それ!」
ホランド「逆に言ってるだけだろ?しかし逆さにするだけでおもしろいもんだな」
ラットル「あ、わかる?実はこれ続きがあるんだよな~」
コンボイ「こらラットル、お前はどっちの味方だ!?」
ラットル「・・・ごめん」

アムロ「あ~、話に花が咲いているところ悪いが、正直なところ君たちを出すのは、ちょっと難しいと思われるんだが・・・」
コンボイ「数の問題ならば、我々ビーストだけに限定すれば、かなり解決するはずだが?」
ルリ「いいえ、要するに『版権』関係です」
ランページ「なんでじゃぁ!ガオガイガーがありなら、ワシらも問題ないじゃろが!」
ダイノボット「バーチャロンの連中だって、ゲスト扱いで出てたじゃねーかヨ」
アムロ「その辺は寺田Pの手腕にかかってるから、俺たちに訴えられてもなぁ・・・」
コンボイ「むぅ・・・そう言われてしまうと我々も・・・」
メガトロン「ええい、ここで引いてどうするコンボイ!俺様達は壮絶な争いを経て(嘘)、全トランスフォーマーを代表して(さらに嘘)ここに来たのだぞ?」
コンボイ「え?・・・あ、ああその通りだ。今この場で諦めては、ビーストの名が廃る」
万丈「いやでもねぇ、僕らからは"ハイ"とも"いいえ"とも言えないし」

ぴぴぴっ
ハーリー『艦長、大変です』
ルリ「ハーリー君ですか。どうしました?」
ハーリー『海王星の軌道付近から、何か巨大な物体が、高速で地球に向ってきています』
アムロ「隕石や彗星の類じゃないのかい?」
ハーリー『そ、それが・・・ガルファ本星並みのサイズがあるんです。それが、信じられないスピードで動いてるんですよ』
デューク「むっ、もしやそれは・・・」
アムロ「知っているのか、大介君」
デューク「フリード星にいたときに聞いたことがある。トランスフォーマーでありながら、惑星サイズの巨大さを持ち、自分以上の大きさの星を喰らうという、破壊の化身の話を・・・
コンボイ「ま、まさか・・・ユニクロンがこちらに来ているというのか?」
メガトロン「あんだとぉ!?なんであんなのが出張って来んの??」
タランス「一応『トランスフォーマー』を応援するため、なんじゃないかと」
万丈「その気持ちは分からなくもないけどね、なんの考えもなく地球に近づかれたんじゃ困るんだよ」
ガロード「星と同じ大きさだろ?それ、A.C.E3の悪夢再び、じゃねぇかよ」
ゲイナー「あっ・・・『ロシュ限界』ってヤツ?」
レントン「まずいって、ちょっとコンボイさん、帰ってもらうように言いなよ!」
コンボイ「いや、彼は我々と話が通じ合うような仲ではなくてな・・・」
真・隼人「グダグダ言っている余裕はない。ここは真ドラゴン辺りで迎撃するほか有るまい」
原作・竜馬「いや、それよかエンペラーを」

一同「ゲッペラー禁止!!!!」

原作・竜馬「え・・・もう呼んじまったよ」
ハーリー『ユニクロンとおぼしき物体、火星付近で停止・・・ひ、人の形になっていきます・・・その付近に、さらに巨大な円盤状の物体出現!』
一同「言われなくてもここ(地球地表上)からでもなんかデカい円盤が見えるよ!!」

「居るだけで、居るだけでいいからもう何もするなぁぁl!」
「ゲッタートマホークも、ましてやビームも使うの禁止ィィッ!!」
「だめぇぇぇ、チェンジゲッターしちゃだめぇ~ッ!!」
「世界最後の日とかいうレベルじゃねぇ、人類に逃げ場無しッッ!!!!」


アムロ「・・・あー、月の表面で火柱が上がってるな・・(茶をすする)」
ルリ「火星の破片が落着し始めたんでしょう(茶をry)」
アムロ「月光蝶が綺麗だねぇ」
ルリ「目の前がキラキラしてますね、何かいろいろ壊れてきてますよ」
アムロ「ああ、壊れていくな。刻が見えるよ」
ルリ「私はその辺りは見えません、残念です」


-そしてその日、僕らの世界は、終わった
オチちてなくてスマン、切腹
スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

2008/08/14 21:40 | SS【スパロボ系】COMMENT(8)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

Nice chaos

・・・・と、まずは言わせて頂きます!!
いや~気晴らしにメダロット弐COREやってる間にこんなSSが投下されていようとは!

とりあえず、一言。

        『ゲッペラー禁止!!』

グレンラガンでも対抗しづらいっすよ・・・・w

No:481 2008/08/14 22:20 | ワイルドヘヴン #- URL [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No:482 2008/08/14 22:22 | # [ 編集 ]

あるすさん、『アレ』見ましたね?www

…ってな訳でどもっす!ただいま熊本に帰省中のあっしです

今回の作品の元ネタ、某ニコ動にあった奴ですよね?w 頭の中にあの映像が思い浮かんで、吹いてしまいましたよww

てか、特にジュドー自重(笑 お前散々出たんだから小休止しとけよと(核爆
そして『ビースト』の連中め!ww言いたい放題言っちゃってからに

ちなみに、今度の新作を送る時に、似たネタでも大丈夫ですか?自分もこれで作りたくなりましたww

では、今日はこの辺で失礼しやす!

p,s, 『スカイ・クロラ』の感想が前回ありましたが、あっしの戦争に対する考えも、作品の中に少し入ってます         ただ確実に言えるのは、某チンパン首相に国のために散ってくれと頼まれても、「あんたが行け!」と返事する事ですwww

No:483 2008/08/14 22:46 | 弁慶 #9fYuzJy. URL [ 編集 ]

元ネタは飛白さん

最初に頂いたお題はちょっと違ってたんですがね~
突き詰めた結果がこれw
あんまり趣旨に添ってなくてゴメンナサイ、飛白さんorz

ワイルドヘヴンさん>
最初はユニクロンだけで終わるつもりだったのに、ゲッペラー様が降臨してしまいました
>ゲッペラー禁止!!
ですよねーww

弁慶さん>
里帰り中ですか。実家って言うのは良いものですよね
>元ネタ
と言うわけで、真の元ネタは飛白さんですが、確かに某動画の座談会もチラリとは観ましたよ
あれについては、あんまり意識は・・・してなかったですw
>今度の新作
そりゃもう、その辺りは全て弁慶さんのモノですから、自由自在にやっちゃってください
>ビーストの連中
これのためにいろいろ調べたのですが、改めて声優さんってすごいなと思いました、つくづく

>スカイ・クロラ
その『戦争に行け』を回避するための、戦争ショーという考え方ですからね
ま、放っとくと本当に現実になりそうで怖い、とは思います

No:484 2008/08/15 00:51 | あるす #- URL [ 編集 ]

状況終了、周辺を哨戒後RTB!

勝った、SRWAP・完ッ!!
でございますですのことよ、こいつがな。(笑)

いや~詳しくは後々の記事を見て頂くにしても、いい気分です。
ガチンコ勝負でメダロット2のゴッドエンペラーを制した時以上の達成感!
それにしても難易度高かった・・・。
しばらくは平和を日常とする世界に浸らせて頂くとしましょう。


さて、二週目はヴァイサーガにするかな(オイ

No:485 2008/08/15 03:37 | ワイルドヘヴン #- URL [ 編集 ]

かなり変わりましたね

どう練ったらあそこまで変わるのだろうか?
存分に楽しませて頂きました。ユニクロン程度でよかったな。てっきりゾイド辺りも出すかと思っていましたが?

No:486 2008/08/15 05:19 | 飛白 #- URL [ 編集 ]

No title

いやー面白かったです。
いろんな人の愚痴が面白かったです。
黒富野の話ですが富野監督はそういったハードな話や白富野みたいなギャグも書きますからね。
やっぱり天才ですよ。
それと、最後のゲッペラーの落ちはやっぱりねぇ、ゲッペラーと互角に戦えるのなんか数えるほどしかいないだろ。
でも、そろそろOVAゲッターも参戦してほしいなぁ。

No:487 2008/08/15 08:56 | あくと #6Z79jEeU URL [ 編集 ]

盆休み終り

飛白さん>
済みません、錬金しすぎたらしくて、当初とは別のモノが生み出されてしまいました(苦笑)
>てっきりゾイド辺りも出すかと思っていましたが?
トランスフォーマー連中だけでカオスッぷりがたまらんことになったのでやめました
つーか、トランスフォーマー連中もゾイドもやっぱタカラなので、扱いが同じになっちゃう(=ネタが被る)ってのが正直なところ

あくとさん>
>黒富野の話
ワタクシ、「GC」をやったことがないのですが、出演メンバーの面子から流石に白富野な世界じゃないだろう、ということからああ言うネタに・・・
>最後のゲッペラーの落ちはやっぱりねぇ
本当は、ユニクロンをみんなで押し返して・・・と言うオチだったはずだったのですが、ある日突然ゲッペラー様が脳に降臨してしまい、話の流れががっつり変ってしまったのです・・・あろう事か、デカいジムまで出そうだったのですが、それは流石に止めたw

No:488 2008/08/15 17:37 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |