【読者レポート】ガンダム無双2【プルプルズ ストーリーモード】

こないだ、ちょっとセンチメンタル(死語)になっていた管理人
リアルでは顔に出してないつもりでしたが、親は誤魔化せないもので母に心配をかけてしまいました
心配かけてゴメンよ、カーチャン(´・ω・`)


そんな悪い子、というわけではありませんが
毎度いろいろなクロスオーバーに引っ張り出されては、空気の読めない行動をして総スカンを食らうことの多い、プルプルズの物語です

本来別々のミッションとして独立しているそうなのですが、非常に密接に関連付いていると言うことなので、今回は二人分いっぺんに掲載です
それぞれの記事で、参考にするべき部分へのリンクを張りました
同じページないで移動しますので、戻る時はブラウザの『戻る』ボタンを利用して下さい


続いてはセシリー編やルー編で空気が読めずに私自身もちょこっとイラッとしたエルピー・プル編です。
200902062043000.jpg
このミッションは、プルツー編といろいろリンクしているので、両方見ることをオススメします。

ミッション1~決死の勇~
例によってハマーンの軍勢が攻めてきました。狙いは、もちろんジュドーです。だが、プルとしても、愛しの義兄であるジュドーを渡すわけには行かないのが、義妹以上恋人未満の女の情というもの。
さぁ、行けプルよ!その手で暴虐女帝ハマーンから、愛する者を守ってみせよ!(※実際にはこんな熱い解説はされていません。)
まず、ハマーンはクェスとギンガナムとセシリーを刺客として送り込んできたので、それを倒します。それらを倒したらついに暴虐女帝(当社比)ハマーンが出現しました。
200902062054000.jpg
そして、ハマーンを倒しとりあえずジュドーを守ったのです。(え)

ミッション2~迷える少女~
前回ハマーンと戦った際に、プルのニュータイプ能力がハマーンの寂しさの感情を読み取ってしまいます。その感情を見たプルは、敵は敵でもさすがにかわいそうと思い、ハマーンを助けることにしました。はてさて、どうなることやら。
まずは、敵に押されてハマーンが苦戦していたので、脱出の手伝いをします。脱出経路を確保していると、人を表面上でしかみない人のエゴにプルが苛立ちを感じます。
200902062108000.jpg
その最中キラ、アスラン、シンが出てきますが、ええいもう無視だ。そうしていると脱出地点にスレッガーがビグ・ザムに乗って出現。勘弁してよ・・・
大変な思いでビグ・ザムを倒すと、ハマーンが珍しくお礼をいい脱出しました。

ミッション3~果てなき戦い~
プルツーに「少し、頭冷やそうか・・・」でこてんぱんにされたルー(プルツー編のミッション2を参照)が、救難信号を発信しました。その救助信号を受け取ったプルが、ルーの救助に向かいます。
まずは、敵を倒してルーを探しますが、初期の敵がカミーユにヤザンとある上フォウ、ヒイロ、ジェリド、東方不敗と明らかに出すぎです。勘弁してよ・・・
そいつらを倒すとルーを発見しますが、相変わらず厳しいです。
200902062158000.jpg
で、ルーを救出した後にルーもカッとしていたと反省しましたが、プルはプルツーの身を案じるのであった・・・

ミッション4~葛藤~
ルーと同じようにプルツーに叩きのめされたエマを発見します。(プルツー編のミッション3を参照
最初は警戒していたエマですが、プルの弁解により納得しましたが、しばらくエマの護衛をすることになりました。エマの脱出ルートを取りながら戦います。その際に黒い三連星がやってきます。こいつら一度に3体同時にでるから苦手なんだよなぁ・・・
そのさなかプルがエマに、プルツーをまだ怒っているかを聞きます。その問いにエマはさすがに仲間として、その行いをするべきでは無いと答えます。
200902062229000.jpg
深いです。その後エマを脱出地点まで連れて行くと、カテジナが邪魔をしました。自重しろよ・・・
で、カテジナを倒すとエマがプルに感謝して脱出します。

ミッション5~赤と黒~
半狂乱になったプルツーにジュドーがやられてしまい、それをプルが発見します。(プルツー編のミッション4を参照
このままでは、グレミーにいいように利用されていたときに戻ってしまうと感じたプルは、プルツーを説得に向かいます。
基本的にはジュドーを守りつつ、プルツーを探します。探しているとプルツーがクィンマンサに乗って出現しました。
200902062255000.jpg
やはりプルツーは半ば錯乱していますね。
200902062252000.jpg
シリアスな場面なのに、ジュドーでぶち壊しなのはなぜだ・・・
その後プルツーが一度撤退し、ジュドーを逃がしてから再びプルツーと戦います。しかし、元々プルツーもプルのクローンの一体なので、むしろ二人の魂を同調させるための戯れの意味合いのほうが強いです。
そして、プルツーを倒すとプルツーが正気に戻り仲直りしました。
よかった、よかった。
最後にキュベレイMk-Ⅱ(プル機)のSP攻撃はファンネルを縦横無尽に飛ばします。
200902062055000.jpg


続いてはプルツー編です。
200902062116000.jpg

ミッション1~戦場の脅威~
ハマーンが性懲りも無くジュドーを狙ってきました。しかし、プルツーにとってジュドーは大切な人なので、渡すわけにはいかないので追い払うことにしました。
と、言うわけでフィールドを制圧し、ハマーンの軍勢を追っ払うことにしました。とりあえず、プルツーとプルがフレンドリーです。
200902062130000.jpg
そういうわけで、しばらく制圧しているとハマーンが直々に出て来ました。まぁ、問題なくたおせました。

ミッション2~すれ違う心~
プルがハマーンに同情してハマーンを助けた(
プル編のミッション2を参照)のでルーにハマーンのスパイじゃないかと疑われます。事実無根ですが、「少し、頭冷やそうか・・・」(VO.田村ゆかり)と言うことでルーと戦います。
まずは、最初に出ているルーと戦うと、撤退してその後グレミーやらカミーユが出てきます。それを倒すとルーが再び現れます。
200902062145000.jpg
ルーを武力制裁しても、ルーはまだプルツーを信じる気にはなれないようでした・・・

ミッション3~苛立ち~
ルーを武力制裁したのがエゥーゴで問題になり、エマに独房入りを宣言されたプルツー。
「冗談じゃない、喧嘩を売ったのはルーの方だ。」と、プルツーは徹底抗戦の構えを見せます。「戦いが新たな戦いを生む」と誰かが言いましたが、あながち間違いではないのかもしれません・・・
今回は基本的に向かってくる敵をぶちのめすだけです。
最初にラクスと東方不敗とクワトロが出現。この際ドズルinビグ・ザムも出現しますが、ええい面倒くさいから放置だ!放置!
それを倒すとエマが出現します。味方なのですが話が平行線なので倒します。
200902062211000.jpg

ミッション4~混沌の宇宙~
ルーやエマを倒したことに、さすがにジュドーも怒ります。だが、プルツーにはプルツーの言い分があり食い下がれません。仕方なく武力で決着をつけるはめになってしまいました・・・
まずはシャアが出現して、それを倒すといろいろな敵が出現してと、マンネリなので省略します。最後にジュドーが出現します。
200902062240000.jpg
しかし、今回のジュドーは仲間を傷つけられてキレているのか、いつもより強く感じました。ジュドーを倒すとプルツーは強化人間で精神が不安定なので、混乱してしまいます・・・
200902062240001.jpg
まずいな・・・

ミッション5~赤と黒~
ジュドーを攻撃したことによりプルがどうして?と疑問を問いかけます。しかし、プルツーは強化人間の性で半狂乱の状態になっており、プルを拒絶します。そんな二人がついに衝突してしまいます・・・
最初はプルと戦います。何故かプルはサイコガンダムに乗っています
それを倒すとジュドーがなだめようとしますが、半狂乱になっているプルツーの耳に届くわけも無く戦います。それを倒すとキラやアポリーが出現します。それらと戦っていると、カミーユなどのエゥーゴの仲間が、精神体の状態でプルツーを説得します。
200902062316000.jpg

200902062318000.jpg
するとジュドーが再び出現し、プルツーを説得します。なるほどプル編でプルツーと再戦したときに若干穏やかになっていたのは、みんなの説得があったからか。
最後にプルと再戦。それを倒すとプルツーもさっぱりして元にもどり仲直りをしました。
よかった、よかった。
最後にキュベレイMk-Ⅱ(プルツー機)のSP攻撃は、ファンネルを縦横無尽に飛ばします。
200902062123000.jpg
《管理人より》
ええ話や
ええ話なのに・・・何故こんなもっさり感のある、中途半端なシナリオなんだw

たぶん、前作のプルのストーリーのはっちゃけ具合と、プルつーのストーリーでのロランとのフラグというインパクトが強烈なんだろうな、自分
スポンサーサイト

テーマ : 機動戦士ガンダムシリーズ - ジャンル : アニメ・コミック

2009/02/13 00:20 | 【ガンダム無双2】COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

 | BLOG TOP |