FC2ブログ

【プチ考察】なぜ“こちら側”のアクセル・アルマーは居ないのか

最近、弁慶さんに煽られる形(w)で、仮面ライダーディケイドのサイトをチェックしているワタクシが居ます
って、次回予告の『見参 侍戦隊』って・・・
どうみても侍戦隊シンケンジャーが出てくるって事じゃねーか!!
しかも、シンケンジャーのサイトを見ても、同日はスペシャル番組で仮面ライダーディケイド出てくるぞ、って書いてやがる!(笑

やってくれるな東映さんよ!

で、倉田さんが出るのはいつですか??

まぁそれは置いといても、最近のこの手の番組は過去作品の使い回しげふんげふんクロスオーバーが流行ですな
そんな流れで、つい『Gジェネレーションウォーズ』予約しちゃいました
“ウォーズブレイク”システムなんて出された日にゃ、もう我慢も限界ですよ
しかも乱戦っぽいシステムもある。こっちも気合い入ってますよ、珍しく
もしかしてこのために、『ガンダムバトル』シリーズは今年はお休みなのかな?


さてと、今回は何となくワタクシがふと、思いついたことを書こうと思います
それが↑のタイトルの件です
あんましまとまってませんが、ご意見・ご感想大歓迎


例えば、設定を『OGs』に飛躍させれば、元々アクセルの居た世界で大暴れしていた、ベーオウルフことアインスケ、もといキョウスケ・ナンブが、シャドウミラーの渡った世界にも居たわけで、これがいわゆる『異世界の同一人物』

んで(この話題は、基本的に『スパロボA』に限った話だとは思うのですが)特にシャドウミラーの連中はほぼ全員、“向こう側”から渡ってきた時に対応する、“こちら側”の人間が居ませんよね
ま、ラミアを初めとするWシリーズは、バイオロイドなので“居なくて”当たり前です

当のアクセルはというと、ちょっとその辺りを気にしている節がありました

で、結論から言うと、“もう一人のアクセル”って、実はキョウスケ(=結果的にアインスケになっちゃった方)なんじゃないのかな、と思うんですよ
あの二人って、キャラが違うようで実は似通っているというか、同類嫌悪みたいな節が見受けられるというか


で、ここで持論展開
オカルト理論な部分がありますが、一つの次元(=世界)が受け付けておける“存在”の量というのは、あらかじめ決まっている、と言う説があります
これを前提とすると、同一の次元に全く同じ要素を持った存在が、2つ以上同時に“有って”しまおうとすると、どちらかが消滅するか最悪同時に消滅して、その次元はバランスを取ろうとするらしいです

つまり、『OGs』で繰り広げられた、(詳細は不明ながらも)アインスケVSアクセルの戦いというのは、彼らのどっちがその次元に残るべきか、それを賭けた戦いだった、捉えることもできなくはないかも知れませんね
アクセルのことをこうして持論展開したとしても、レモンとヴィンデルにも居ないじゃあありませんか
いや、居たら困るんだけどさ。ヴィンデルはいいとして、レモンが消えちゃうでしょう
そうだとしてもレモンについては、これまた設定を『OGs』に拡張させれば、エクセレンが“こちら側の自分”に当たる?ので、まぁ何とかなるっちゃなるか
“コア”が一緒なだけで、基本的には“別人”らしいし
でもAの世界では該当者無し・・・
余談だけど
こうして考えてみれば、アクセルとキョウスケって、一人の女を取り合うライバル同士、って言う方が正しい表現なんですよねぇ、きっと?

ヴィンデルは・・・あんなのと同じのが、Aの世界に居て貰っても困っちゃうのですが、意外な所で実は三輪長官がそうだったりし(残影玄武弾!
・・・イテテ
だってアクセルが、「アレと同じよーなヤツの扱い知ってる」って言ってたじゃないか・・・
気を取り直して
とはいえ、異世界の同一人物が、その本人と全くのコピーである、と言う保証は無いので、本当に意外な所で凄く根が優しくて素直で大人しい、人畜無害な一般人なのかもし(麒麟・極!!

しかし、こうした『異世界の同一人物』が居ないのは、別にそう不思議なことではない、とは思われます
実際、元々シャドウミラーが居た世界では、数年前にアムロ・レイは死亡しており、おそらく小説版どおりにカイ・シデンがNTに目覚め、ジオンをひいてはシャアを討ったのでしょう
つまり、『過去には居たかも知れないが、今は何らかの理由で居ない』というのは、有りうると言うことになります
ということは、アクセルやヴィンデルの鏡に相当する人物は、何らかのアクシデントで既にA世界には亡く、彼らが入り込むだけの隙間を、Aの世界の次元は持っていた、と考えられます
だからこそ彼らに限っては、すんなり世界を渡って来れたのかも知れません
そしてシャドウミラー隊500の内、多数が“事故”にあってこちらに来られなかったのも、案外そう言う理由のような気がします
『異世界の同一人物は、過去には居たかも知れないが、今は何らかの理由で居ない』

よく『歴史改変』について、話題となる漫画やアニメがあります
つまり未来から来た者が、何らかの形で過去に干渉して、未来を都合よく改変するというヤツですが、これはワタクシは昔から無理だろ、って思ってたんですよね
それについては、長谷川裕一先生が『クロノアイズ』で図版化されてますので、内容もお薦めなんで読んでいただくといいんですけど
クロノアイズ (1) (マガジンZKC (0010))クロノアイズ (1) (マガジンZKC (0010))
(2000/01)
長谷川 裕一

商品詳細を見る

要するに実際過去に干渉したとしても、そこで“干渉された未来”と、“干渉されなかった未来”が分岐するだけで、一つに未来が集約されるわけではない、というのがワタクシの持論だったのですよ。で、干渉者が戻れるのは、干渉者の居た未来ですから、実際は何も変わってないわけですね
ちなみに『クロノアイズ』では、この干渉のレベルが極端に小さければ、ちょっとだけ分かれた枝が、後で吸収されることが可能と言う考え方があって
例えば
大事な計算式を書いた紙を無くした→世界レベルでの大発明がお釈迦になる危機→実際の未来では、その計算式の発案者が計算式を思い出して事なきを得ている
でも→クロノアイズが紙が無くならないように手配する→計算式はきちんと発案者の元に戻る→発明は無事に行われるので、未来は一つになる
これが主人公達が属するクロノアイズの“修復作業”に充るんですな


で、何が言いたいかというと
シャドウミラーはどうして、“都合よく”『異世界の同一人物』の居ない世界に飛べたのでしょうか?
それこそ下手して『IMPACT』の世界に飛ぼうもんなら、(管理人の持論が有っているなら)アクセルとキョウスケ、エクセレンとレモンで壮絶な“生存合戦”をせねばならなくなりますがな
なので、誰かが手を回して、比較的安全な次元を用意した、という事も考えられます
状況を見越してシャドウミラーから、過去への干渉者が“飛んだ”のかも知れません。そうして、アクセル達と対応する人物を暗殺しておいたとすれば?
その干渉者は永遠にシャドウミラーに合流はできませんが、アクセル達が飛ぶ先が分岐した未来になってさえいれば、その暗殺者はきちっと役目を果たしたことになります
しかし、先に述べたようにコピーのように同じ人物が居るわけでもないので、安全確実な方法ではありませんな

次に考えられるのは、次元を見渡している“神”のようなヤツが居る、ということにもなります
それはガンダム世界だとトミノ神であり、スパロボ世界では寺田神ですが・・・いや、意外と真聖綾人かもしれんけどw
つまりだ
“神”によって、Aの世界に飛ばされた時には、ちゃんと隙間があったと
しかし、『OGs』ではその調整がされていなかったために、あの二組のカップルは壮絶な一騎打ちをする羽目に・・・
そしてアクセルだけがアルフィミィの干渉で、ある種アインストの要素を取り込んだために、彼はあの次元にとっては、キョウスケとは別個の存在として受け入れられ、生き残れているのかも・・・
しっかしだ
もし↑に書いた持論が本当として考えると、マサキ・アンドーアサキム・ドーウインが出逢ったらどうなるんだろう?
アサキム死ねないらしいから、一方的にマサキの方が死ぬか取り込まれるかしちまいそうだな、オイ
いや、こいつらが同一人物と決まったわけじゃないですがね

・・・平行世界論って、面白いようで考えると訳分かんなくなるから困る
スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

2009/07/06 01:00 | ゲーム考察COMMENT(5)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

興味深い・・・!!!!

なるほど、中々筋の通った考察ですねぇ。

自分はこう考えます(あるすさんとかなり似通いますがw)

パラレルワールド=様々な可能性
Aの人物は両次元にいるがBの人物は片方の次元にしかいない
(Aがキョウスケ、Bが元の世界にいるアクセルと仮定)
シャドウミラーが次元を超える____
(同じ次元に同じ存在がいられないという法則があると仮定)
すると、跳んだ先の「存在の席」が埋まっている場合はその次元にそもそも割り込めない
しかし、「自分が居ない世界」へアクセスできたとしたら割り込む形で入り込む事ができる
・・・・という感じですかね。
レモンも前の人物だった頃だと跳躍は不可能だった可能性があります。
しかしレモンは元の世界のある事件があったからこそ存在している特別なパターンなのでオンリーワンだったのかもしれません。

さらに視点を変えてみますと
「存在の座標」が同じ人間はいるかもしれない、という物です。
「こちら側」のアクセルに当たる人物はいるかもしれませんね。
可能性としてはどこかの会社で平凡に仕事をこなすOLだったりしちゃうかもしれませんw
ただ人間関係が交わらないというだけで、存在している可能性は大いにありうるかもしれませんね。

あるすさんの言う通り、過去に亡くなっている・・・というのもうなずける話ですがねw

まぁダブルブッキングしないように、「次元力(作者力?ww)」とでもいうような力が調整を行った結果がコレというのもアリといえばアリですがwww

う~ん、やっぱ難しい!(汗
まぁ、全ては可能性・・・・・可能性の話なんですねぇ。


PS.自分のPCの内蔵無線LAN送受信機(air Mac)の設定いじくったらPSPとかDSとかWiiをネットに繋げられるようになっちゃいましたw
(PCをアクセスポイント化できるようになったんです)
最近はWiiの購入を検討してますが、もしかしたらGBU(GBC)も始めちゃうかもしんないです(爆

もしGBU(GBC)始めたらお手柔らかに対戦や協力プレイを希望しちゃうかも・・・・!

No:1387 2009/07/06 02:12 | ワイルドヘヴン #- URL [ 編集 ]

お久しぶりです

どうも、最近いろいろ忙しくてなかなかコメを残せなかったイヴです。

今回の考察もなかなか面白かったですね。平行世界の同一人物はなぜ出会ってはいけないのか、どうして別の平行世界の人がこちらの世界にこれたのかがすごくわかりやすかったです。
たしかにその平行世界の同一人物と出会ってなかったり、その人はすでに死亡していれば消滅は免れるっていう説もうなずけます。

ところでちょっと気になったんですけど、スパロボZの多元世界の場合はどうなんでしょうか?その同一人物の存在と消滅の仕組みはどうなってんでしょうか?もしかしたら本当に次元を見渡す神が居たりして・・・。

P.S.
小説のネタは2~3日くらいでまとまりそうです。しばらくおまちください。

No:1388 2009/07/06 06:01 | イヴ #cnZdQCf. URL [ 編集 ]

思考が似てる気が…

まさかクロノアイズをあるすさんがしってるとは!

さて私の考察
・同次元に同じパラメーター(名前、性格が一致している等々)の者は存在出来ない
との大前提で考えます。でアクセルと恭介は「ある時点から分岐した異なる人物」となり存在できる訳です。

同様にスパロボZで考えますと
『完全な同一人物』→『次元による干渉』→『時間がずれる』→『過去の黒歴史』
と考えてます。つまりシャドーミラーの同じ場にいなかった人たちは未来や過去、さらに別次元や違う星に跳ばされていると。だからゲシュペントの開発者かもしれないし、他の星の侵略者は子孫かもしれない。

PS.第二話は明日までに送れそうですので掲載可能ですよ♪

No:1389 2009/07/06 07:43 | 飛白 #- URL [ 編集 ]

迷走するパラレルワールド

どもっす!

何だかあっしの妙なプッシュが影響してしまったみたいで…wおのれ、これもディケイドの仕業か、悪魔め!(by鳴滝
ちなみに、ディケイド本編の平成ライダーの世界では、クウガ・アギト・カブト・響鬼の世界がお勧めです

で、平行世界論
ディケイドでは本来の世界とリ・イマジネーションの世界という様々な形に分かれていますが、実はディケイドの劇場版では、リ・イマジの世界のライダーたちが生存を賭けて戦い合うというシーンがあるらしいんです

そこであっしが思った事。無数の世界において、実は基本軸となる次元があり、そこに住む人物が地点中心・0の存在。足し算や掛け算=過去の干渉などはほぼ通用しない。しかし微妙な誤差の生じた、枝分かれした「有」の存在=多くの平行世界は、過去のちょっとした出来事でも多大な影響を受けてしまうという理不尽な空間。それが平行世界ではないか

OGの場合だと、アクセルがあるすさんの言う特別な「要素」を取り込んでしまったために、特例としての0が誕生してしまった…と言えるのではないでしょうか?
で、マサキやアサキムの場合だと、本来の0と特殊な状況によって0になってしまった者同士の、地点争いという感じになってしまうのではないでしょうか?

しかし、ここで個人的に気になったのは、『D』のベルフェクティオの存在。奴はメガゾーンの世界や宇宙戦国時代の世界に対しても、何の干渉もなく入り込んできます。しかも、侵入阻止や追い返す事は出来ても、存在そのものは消せない
次元を見渡す神によって統治されていても、ベルフェクティオが動き回る事によって混乱が生じる。…スパロボ世界の平行世界の動きはこんな感じではないでしょうか?

…う~ん、自分で書いてて何が何だかさっぱりになってきました(笑
あるすさん、ダメな長文すいませんでしたorz

お詫びに、劇場版ディケイド関連の動画を貼り付けます(マテ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7529982?oldplayer=1

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7141564?oldplayer=1

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7528394?oldplayer=1

http://www.nicovideo.jp/watch/sm7179929?oldplayer=1

では、今日はこの辺りで失礼しやす!

No:1390 2009/07/06 15:53 | 弁慶 #9fYuzJy. URL [ 編集 ]

またネタが一個降りてきた

ワイルドヘヴンさん>
>「こちら側」のアクセルに当たる人物はいるかもしれませんね。
>可能性としてはどこかの会社で平凡に仕事をこなすOLだったりしちゃうかもしれませんw
アクセル子ちゃんですね、わかり(でぃぃぃやっ!!
>もしGBU(GBC)始めたらお手柔らかに対戦や協力プレイを希望しちゃうかも・・・・!
おっけーですよ。意外と、通信対戦しないとクリアできない面もあったりするんで
詳細はメールしておきます故・・・

イヴさん>
>スパロボZの多元世界の場合はどうなんでしょうか?
あれ、それでネタが1コ出てきたぞ

飛白さん>
>まさかクロノアイズをあるすさんがしってるとは!
ちゃんと連載中に読んでましたよw
ラストのラスト、あの展開にはやられた!って感じでしたね

弁慶さん>
響鬼はリアルで見てました。あのオリジナルの雰囲気は好きですが、今回のディケイドで再現された響鬼世界はちょっち・・・w
>無数の世界において、実は基本軸となる次元があり、そこに住む人物が地点中心・0の存在。
↑で書いたクロノアイズでは、そこから発展した見るに堪えないほどぐちゃぐちゃに分岐した、『世界樹』の姿が描かれております
アレを見た時は、長谷川裕一先生すげーと思ったもんだぜ
>『D』のベルフェクティオの存在
あれがクトゥルフの言う所のアザトースなら、たとえ次元を見渡す神が居たとしても止められないでしょw
存在してるだけで混沌まき散らすんだし、その存在という表皮が全ての次元と触れている、と言う設定だからなぁ、ヤツはww
もし止められるとすれば、ナイアルラトホトテップしかいないでしょうねぇ
・・・しまったこゆいレスをしてしまった・・・orz

No:1391 2009/07/07 00:32 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |