【キングスフィールド】ヒイロと刹那の墓荒らし日記【3】

お知らせです
試しに、添付ファイルを送れるメールフォームを作ってみました
ゲームの記事を送りたいけど、写真はどうしたら?という方向けです
Zipにしていただければ、500KB以内で送れると思います

そしてワタクシはと言えば、見事にA.C.E Rスタートは明日以降になりました
ま、やはり予想通り家電量販店には寄れなかったので、計画通りと言えばそうなんですが
ま、そんな事情もあって、しばらくはネットを巡回するのは控えていかないと、フラゲ情報やら早解き情報を見てしまったら、自分の楽しみが減ってしまいますからね
いつも通りぬるぬると、牛歩で行こうと思います


刹那「・・・そのせいか、すでに地下3層まで到達して墓を荒らしまくってるな
ヒイロ「見事にあれから一度も死んでないしな」
刹那「PSPはある意味優れ、ある意味中毒を引き起こすものだ、とよく判った。電車での移動中、延々とゲームをやっているのは、社会人としてあるまじき姿だ」
ヒイロ「まぁ、周囲を見渡すと、某狩猟ゲームやら何やらをやっている、同じ穴の狢で溢れているんだがな


ヒイロ「ではあれから起きたことを、掻い摘んで説明するか
・・・まず、とりあえず『ガンダーム!』と叫びつつ、宝物庫に殴り込みをかけたな」
刹那「ファイヤーボールが情け容赦なく飛んできたが、ここであの貧弱な"ライトニードル"が役に立つとは思わなかった」
ヒイロ「物理攻撃にしろ魔法攻撃にしろ、ヒットすれば必ず相手に"のけぞり"が発生する。それを利用して、"ライトニードル"で隙を作らせ、その間に懐に飛び込んで斬るという筋立てだ」
刹那「しかしそれだけの代償を払って、手に入れたのが『真理の鏡』という、何に使えるのか皆目見当の付かないアイテムだけだった」
2010-08-18_14-31-44.png
ヒイロ「たまに、重要そうで実はそうでもないアイテムがある、というのもこのゲームの特徴ではあるな」


ヒイロ「そのあと、貴族の墓所を介して騎士の墓所に乗り込んだわけだが」
刹那「このあからさまな落とし穴が、あちこちにありつつ、しかしその向こうに敵が居る。
2010-08-18_12-54-50.png
挙げ句の果てには、穴の向こうに宝箱がある。
2010-08-18_13-01-46.png
俺は悪意を感じざるを得ない
ヒイロ「ちなみに左手に見える緑の池は、毒の沼だ。落ちるともれなく毒にかかる」
刹那「もう一つもれなく、刃の立った落とし穴が組み合わせである。こっちは落ちるとダメージ大だ」

ヒイロ「そして、どうにか振り子鉄球の罠を止めて、騎士の墓所中央に乗り込んだわけだが」
刹那「この巨人の群れには手を焼いた。
2010-08-18_12-55-52.png
だが俺はガンダムとして、負けるわけに行かなかない。こちらも先ほど同様、"ライトニードル"と剣の攻撃で凌いだが、あの方法でよかったのか」
ヒイロ「攻撃魔法が今これしかない以上、唯一の遠隔攻撃手段だ。お前の戦術は間違っていない」
刹那「"今これしかない"?他に何かあるのか」
ヒイロ「まぁ何事も順番だ。ほら、『土の封印石』を取っておけ」
2010-08-18_12-58-58.png
ヒイロ「続いては、マップ南東下部にある、規則正しく並んだ墓所に向かった」
刹那「ここの植物系の敵は手強い。コイツなどは茎を大きく伸ばしてくる。意外なリーチがあるので、迂闊な接近は禁物だ」
2010-08-18_14-03-07.png
ヒイロ「だがしかし、一番タチが悪くて顔が引きつったのは、この状態だな」
2010-08-18_14-10-43.png
刹那「真ん中のリーパーに切りつけようとして、左のヘッドイーターに噛まれ、右のヘッドイーターに切りつけると、リーパーに殴られる始末だ。仕方ないので、ここも"ライトニードル"の世話にならざるを得なかった・・・俺はまだまだガンダムにほど遠い」
ヒイロ「この部屋の奥にはもう一匹ヘッドイーターが居る。それを倒すと衛兵に聞いた『丸呑みにされた牢獄管理人が持っていた鍵』が手に入るぞ」
刹那「骸骨すら出てこず、鍵だけ残るという表現が、あまりにシュール且つ突き放した表現だな」
ヒイロ「こう言うところがキングスフィールドの、キングスフィールドたる所以だがな。あと、この墓所の奥の通路はまだ続いている。その先には部屋もあるから、探索は続けることを薦める」
刹那「そして、その近くにある不規則な通路に入ったわけだが、いきなりなんの前触れもなく『水の封印石』を入手した」
2010-08-18_15-49-17.png
ヒイロ「説明がないのはいつものことだ」
刹那「そしてさらに奥に進んだところで、ちらと噂に聞いていた"賢者"と遭遇し、いきなり『真理の鏡』と引き替えに、魔法を授かった・・・」
2010-08-18_15-50-09.png
ヒイロ「やっと"ヒーリング"を覚えたな。
2010-08-18_15-50-32.png
この後防具を"ナイトヘルム"にして魔力が上がったおかげで、"ディスポイズン"も覚えて、戦術の幅が広がった」
2010-08-18_16-04-22.png
刹那「薬草も毒消し草もあるのに、今更回復魔法に意味はあるのか」
ヒイロ「水の魔法は今後の戦術に必要不可欠だ。"ライトニードル"を使わなくて済む時は、積極的に使って魔力を上げるべきだ」
刹那「戦術了解・・・」
ヒイロ「さて、貴族墓地の奥の弓矢の罠も解除して
2010-08-18_16-20-41.png
続いては残りの地域の調査だ」
刹那「マップ南西下部にある、入り組んだ地形を探ったが、めぼしい物はない・・・と思ったら、一番奥に何者かが居たぞ。話しかけたところ『待っていた。用事があるので、自分が居るところに早く来てくれ』と言っていなくなった。相変わらず話が読めない」
ヒイロ「解説すると、そいつはこの迷宮の主に付き従っている妖精だ。事情があって、今はお前が自分の足で居場所に向かう必要がある」
刹那「本当に脈絡がないな。その奥にあった宝箱の中の『緑竜の杖』も、なんの説明もないのでどうしたものか」
2010-08-19_16-53-46.png
ヒイロ「後で役に立つから、とりあえずは先に進め」
刹那「マップ北東上部は、渡れないようで実は橋がある箇所がある。しかしその先は、例のゴーストがかなり居て、迎撃が困難だ。理由としては、高い天井まで奴らは這い上っているからだ。その位置まで"ライトニードル"を当てるには、慎重な角度調整と発射位置の調整が居る」
ヒイロ「まぁ最悪無視してもいいんだがな。後で面倒なので、始末しておくに越したことはない」
刹那「その奥の迷宮に、衛兵が噂していた『詩人』が居た。近くを通りかかると、壁の向こうから音楽が聞こえるので、それを頼りにしていくと良い。彼に出遭う時には、『竜王草の実』を最低一つ以上携帯しろ。あればその場で、『竪琴』を交換で入手できる」
2010-08-19_17-14-17.png
ヒイロ「この場に至るまで、死なずに回復を『竜の泉』に任せていたなら、最低二つは所持しているはずだ」

ヒイロ「そして、その竪琴を所定の地点で奏でると」
刹那「道が現れたぞ。なるほど、こういう仕組みか」
2010-08-19_17-26-52.png
ヒイロ「ちなみに、この時だけは一旦スケルトンと戦う必要があるが、二度目からは居ないので安心しろ」
2010-08-17_21-24-19_edited-1.png
地下2層 地図
  • 緑チェック:罠解除位置
  • ダイヤ(北):土の封印石
  • ダイヤ(南東):水の封印石
  • 月(マップ中央):真理の鏡
  • 月(南東):賢者(水の魔法)
  • クローバー(南東):牢屋の鍵
  • クローバー(南西):緑竜の杖
  • クローバー(北東):詩人(竪琴)
  • 音符:橋が出現する場所

刹那「そして地下3層に入ったが・・・少し進んだら、いきなり彼方からファイヤーボールが飛んできたんだが
ヒイロ「その近くに、近寄ると動き出す衛兵型のモンスターが3体居るんだ。とりあえず倒しておけ。次からは出ない」
刹那「この敵を倒さないと、セーブポイントに入れないというのは、最早嫌がらせの域に入っていないか?
ヒイロ「それより、もう少し北上した位置に居る、その辺の幽霊と変わらないヤツを撃破すると、なんの前触れもなく『ムーンストーン』が落ちる方が、フロムらしいと思わないか」
2010-08-19_21-26-22.png
刹那「ああ・・・しかも何に使うのか、解説していたキャラクターが居た記憶がない」
ヒイロ「それは当然だ。これも換金できる宝石だからな」
刹那「・・・売れるものと、持っておくべきものの区別が付かない。さっきいくつか拾った『幻の杖』も、何の代物か判別が付かないぞ」
ヒイロ「一応"隠し扉が見える"効果があるんだが、地図をほぼ覚えている管理人には不要だな」
刹那「何か不条理なんだが」
ヒイロ「キングスフィールドだからな(キッパリ)

刹那「しかし、流石にこの場所では消耗が激しい。だがここから戻るとなると、また竪琴を使うなど厄介だな。どう動くか」
ヒイロ「そこでさっきの『緑竜の杖』を使ってみろ」
刹那「・・・なにっ、ワープポイントまで瞬間移動した!?
ヒイロ「その杖は、現状の戦場もとい階層の、スタート地点までテレポートする効果がある。これを利用すれば、無駄な戦闘を行わずに移動できるぞ」
刹那「本当に、何故これを説明するキャラクターが誰も居ない・・・判らないとそのままだぞorz」
ヒイロ「回復&買い物をして出直して、衛兵の言っていた『祈りの塔』へ入ったわけだが」
刹那「この階段は危険な感じがする。下手に動くと脇から落ちるのではないのか?」
2010-08-19_21-27-36.png
ヒイロ「その通りだ。こここそなるべく壁に沿うよう、コントローラーを壁側に向けながら歩くべきだ。一応、階段の向こうから攻撃されることはないから、そこだけ安心しておいて良い」
刹那「だがその通路の、落下位置寸前に『竜王草の葉』が落ちてるのは、やはり嫌がらせか
ヒイロ「ああ、そうだろうな」
刹那「さて、塔の向かって左側を探索したところ、『火の封印石』を置く台座と
2010-08-19_21-29-05.png
『土の封印石』を置く台座を発見した」
2010-08-19_21-30-57.png
ヒイロ「これが例の、四大要素による封印、というやつだ。『土の封印石』は持っていたから、すぐに台座にはめておくと良い」
刹那「ということは逆側を探索すれば、『水の封印石』と『風の封印石』を置く場所があるのだな」
ヒイロ「そうだ。そしてこれまでの噂で聞くとおり、この階層には"風の塔"がある。そこにはその名の通り『風の封印石』があるが、ギルが言っていたように、そこに居るブルーデーモンが強敵だ
2010-08-18_13-53-02.png
『風刃の腕輪』を捜すまで、まずは前々王ランドルフ8世の墓所に行った方がいい。ランドルフ8世は何かを手伝ってくれるわけではないが、敵ではない。接触する価値は充分ある」
刹那「ランドルフ8世は炎の魔法を極めた、と誰かが言っていたな。ということは、『火の封印石』のヒントがありそうだ。ミッション了解」
2010-08-19_21-26-32_edited-2.png
地下3層地図
    • 爆発(赤):モンスター出現位置
        月(左下):火の封印石の台座
          月(左上):土の封印石の台座

          ヒイロ「だが流石に、明日以降は記事を書けんだろうな、管理人は」
          刹那「週末にいろいろ企んでいると聞く。本当に今後が思いやられるぞ」
          スポンサーサイト

          テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

          2010/08/20 00:38 | 【キングスフィールド】COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

  • コメント

    A.C.E.Rまだでしたか

    私は早速始動♪

    敵が堅い!
    爆発迄タイムラグがある!

    …とりあえずEASYをお薦めします

    No:2048 2010/08/20 02:27 | 飛白 #- URL [ 編集 ]

    戦闘画面とインターミッションの落差に泣いた

    やっとプレイ開始しましたー

    > 敵が堅い!
    > 爆発迄タイムラグがある!
    チュートリアルで慣れておかないと、ちょっとタイミングを掴みづらいですね

    > …とりあえずEASYをお薦めします
    ・・・ノーマルで始めてしまいましたよ・・・

    No:2049 2010/08/20 23:54 | あるす #- URL編集 ]

    A.C.E.シリーズやっていてもEASY推薦

    でないと死を見ますよ?
    私はnormalでラスト迄来ましたが機体かなり改造しないとすぐ力尽きます(笑)

    あるすさん>
    きっとOGかな?
    まぁ辛さを味わってみると┐(-。-;)┌

    No:2050 2010/08/21 04:36 | 飛白 #- URL [ 編集 ]

    コメントの投稿



    管理者にだけ表示を許可する

     | BLOG TOP |