【A.C.E R】クロスボーンガンダム編【終】

ホランド「・・・つー訳で、リクエストがあったんで、お鉢が回ってきたんだけどよ、なんでお前も居るんだよ
ゲイン「居ちゃ悪いのか?」
ジャミル「お前は出演しているじゃないか・・・と言うことなのだろう」
ゲイン「確かに声は出しちゃ居るが、今のところ出撃ユニットとしての出番はゼロたぜ?ムービーシーンでちょろっとガチコに乗りはしたが・・・」
ホランド「うるせーよ、喋ってるだけでも充分だろうが。影も形もない俺達の身にもなれ」
ゲイン「居るだけ空気ってのも辛いぞ?ガチコじゃなくても、エンペランザぐらい出してくれても良いものだ、とは思うけどな」
ジャミル「前回の『戦場を駆け抜ける驚異のガチコ』が、常識外れすぎたので、続投させるのは問題があった、と考えるのがスジだろうな」
ゲイン「そうかもしれんねぇ・・・いやぁジャミル、お前さんが常識人で、俺は助かるよ・・・」
ホランド「その言いようじゃぁ、俺がまるでバカか何かみたいじゃねーか」
ゲイン「自分の胸に手を当てて聞いてみな。さてと、まずは管理人の独り言から行こうか」

『Ζガンダムにキンケドゥさんを乗せてみたけど、覚醒もウェイブライダー突撃も、コマンドに出てこないんですけど
あれ、カミーユ専用のコマンドなのか!?
クワトロさんとかでも試したかったのに』


ホランド「他のゲームじゃぁ、Ζに乗ってりゃ覚醒突撃使えるから、それを期待してのことだったんだとよ」
ジャミル「まぁ、カミーユ君は『宇宙世紀最強のニュータイプ』だからこそ、あの覚醒が使えた、と言うことなのではないのかな?」


第17話
三島の罠により、捕らえられてしまったトビア達は、テロリストとして処刑されようとしていた
だが、オータム・フォーの機転により、どうにかマクロスやアーク・アルファを取り戻すきっかけを得られそうだ
2010090602.jpg
彼等はこれから始まる、絶望的なバジュラとの戦闘を乗り越えなければならない


一方グレイスは、ランカを使ってバジュラをコントロールするための、最後の準備を進めていた・・・
2010090603.jpg

ホランド「さってと、今回はバルキリーが相手何だか、バジュラが相手何だかわかんねぇから、とりあえず改造度が高い連中で出て行ったわけだが」
2010090604.jpg
ゲイン「いやー、驚いたね。巨大なランカお嬢ちゃんが出て来たんだよ」
2010090606.jpg
ジャミル「だがアルトも言っているように、アレはまやかしだったのだ。その後ろから現れたのは、バトル・ギャラクシー。同じマクロス船団の一つだそうだが、思想的差異によってこのような戦闘行為に及んだと言う話だ」
2010090607.jpg
ホランド「ったく、バジュラが居るってのに、人間同士でやり合ってる場合かよ?」
ゲイン「とは言え、あっちはやる気満々なんでね。こっちとしても応戦せざるを得なかったというわけだ」
ジャミル「素早いバルキリー相手では、MSでは少々難儀をするな」
ゲイン「ああ、バトロイド形態か何かになって、一瞬止まった隙を見過ごすわけには行かない。ファイター形態の時は深追いしないに限る」
2010090608.jpg
ホランド「お、ある程度倒したら、あのブレラってガキが出て来たぜ」
2010090609.jpg
ジャミル「基本的に一対一になるが、VF-27の機動は驚異的だし、ミサイルの誘導もかなりキツい。基本的には奴の後を追ってダッシュしつつ、やはりバトロイド形態などになった時に斬り込むしか無かろう」
2010090610.jpg
ホランド「んで、奴さんを倒したら、またバジュラの群れかよ。休む暇もねぇな」
ジャミル「今回のバジュラはかなりの耐久力がある。クロスボーンガンダムX1改がいかに改造されていようと、囲まれれば袋のネズミになる。ここは慌てず、必ず群れの外側に位置するよう、注意して戦闘をしろ」

ゲイン「何とか耐え凌げば、こうしてマクロス・クォーターとバトル・フロンティアが援護に来てくれる。同時にシェリルの唄もスタートだ」
2010090611.jpg
ホランド「お、敵さんの耐久値が、一気に下がったぜ?」
2010090612.jpg
ジャミル「動きもかなり鈍っている。これが唄の力、と言うことなのか」
ホランド「そうみてぇだな。なんだ、構えてたわりにエラい楽なマップだったじゃねぇか。初プレイでSを獲得したぜオイ
2010090614.jpg
ゲイン「だがしかし、グレイスはバジュラ・クィーンの身体を手に入れちまった。最終的な決戦は、次まで持ち越しになるらしい。気を抜くには、まだまだ早いぜ」
2010090613.jpg


第18話
バジュラ・クィーンと融合したグレイスは、全宇宙を掌握したと宣言する
2010090616.jpg
さらに、フォールド波を利用したその思考ネットワークに、フロンティア船団の人々まで取り込もうとしている
だがそこへ、アルトに救い出されたランカが戻ってくる
2010090617.jpg
二人に励まされたシェリルは、思いの丈を込めて歌を唱う
それによって、彼女の野望を阻止できるのか?


ホランド「あんだあんだ?最終決戦ぽいのに、一人で出撃しなきゃならないって、どういうこった」
2010090615.jpg
ジャミル「管理人も訝しんだらしいが、理由はこう言うことだったらしい」
ゲイン「なんの前触れもなく、チェイスモードが発動したんだなぁ、コイツが。このゲームを始めて初のチェイスモードだったこともあって、勝手が分からず相当おろおろしたらしいぞ」
ジャミル「元々シューティングが苦手の上、左スティックでの位置調整と、ロックオンサイトの調整が上手く行かず、かなり混乱していたのが見て取れる」
2010090618.jpg
ホランド「リプレイを見て気づいたらしいが、テンションの問題はあるにしろ、ブラインドマーカーは使えるんで、弾を避けるのと的を絞るのを、どうやら両立しないでも良かった見てぇだな」

ゲイン「そして、ランカちゃんが戻ってきて歌を唱ったら、なんとバジュラがこっちの味方をしてくれる、って展開になるんだ」
2010090619.jpg
ホランド「で、二人の歌姫のデュエットに、みんなで最敬礼すると・・・すげーシーンだな、これ」
2010090620.jpg
ジャミル「ん・・・ガンダム勢だけ何故やってないんだ
ゲイン「富野監督からだめ出しでもされたんじゃないのか?」
ホランド「んだったら、ゲイナーだって敬礼してちゃヤバいだろうが。それに、キラは関係ねーだろ?」
ゲイン「じゃぁ、サンライズから駄目出しされたんだろ。ビックウエストのアニメに、サンライズが敬礼してなるものか、とかな」
ゲイン「あー、それはあり得そうすぎて、さすがの俺も否定できないぜ」
ジャミル「二人とも、下らない論争はその辺にしろ。ギャラクシーの連中は性懲りもなく、ゴーストV9を多数送り出してきたぞ」
2010090621.jpg
ゲイン「おーおー、前作でもお世話になったアレのお仲間か」
ホランド「って、まだここでもチェイスモードなのかよ!」
2010090622.jpg
ゲイン「あんまり攻撃されはしないんで、とりあえず凌げばいいだけみたいだけどな」

ジャミル「マクロス・クォーターと、バトル・フロンティアによる、ダブルマクロスアッタックが、ギャラクシーに炸裂したぞ」
2010090623.jpg
ゲイン「で、さらにチェイスモードで敵機を撃墜して、そこからアルトとブレラの合体攻撃発動だ」
ホランド「こっから先はムービーだから、やるこたぁ何もないぜ。しっかし・・・A.C.E 2でやったあれを、今回もやるか
2010090625.jpg
ゲイン「ホントはここに、アルトが居るべきなんだろうけどな」

ジャミル「こうして、バジュラ・クィーンとの決戦を制したトビア達は、ようやくの平穏を手に入れることができた」
ゲイン「このあと、『アルトがシェリルとランカのどっちを取るか』、なんて野暮な話をし出すバカ共が居るんだがな」
2010090626.jpg
2010090627.jpg
ジャミル「もちろん、シルビア達に野暮だと言われるわけだが・・・桂もピエールも相変わらずだな」
2010090628.jpg
ホランド「ホントだぜ。そういやゲイン、お前なんで出てこねぇんだ?お前もこいつらと同じ穴の狢だろ」
ゲイン「へいへい、どうせ俺は尻の軽い男ですよ」
ホランド「んだと、てめ、なに拗ねてやがんだ」
ジャミル「いい加減にしないか。まだ戦いは終わっていないぞ」
ホランド「あん?シーズンって連中が攻めてきたのかよ」
第19話
2010090629.jpg
アイランド1に突然出現した、巨大な樹
それは堕天翅達の大事なもの、生命の樹
2010090630.jpg
このままでは、アイランド1に住む人々のプラーナが、堕天翅によって奪われてしまう可能性がある
アポロ達を先頭に、一同は生命の樹を目指して出撃する

2010090632.jpg

ホランド「おーいジュドー、出番だぞー
2010090633.jpg
ジュドー「あいよっと」
ゲイン「ここまで来て、まだ中の人ネタか・・・」
ジャミル「彼等はこのかりそめの生命の樹を使い、平行世界に存在する多くの人間を生け贄にするつもりのようだ」
ゲイン「というわけで、再び両翅とやり合うわけだが、こっちはほとんどMAX改造してあるクロスボーンガンダムX1改だからな・・・初めて3分ぐらいで片が付いちまったぜ」
2010090635.jpg
ジュドー「俺の出番、これだけー?
ホランド「そうらしいな、さっさと頭翅が出て来ちまったし」
2010090636.jpg
ジャミル「次なる敵は、頭翅と音翅だ。それぞれ別のHPになっている。どちらから対応するかは難しいところだが・・・」
ゲイン「ま、大将格は後に取っておくべきだろうな」
ホランド「に、してみると。SDじゃなくリアルサイズだと、MSと堕天翅のサイズ差がすげーな・・・」
2010090637.jpg
ゲイン「だからってこっちが有利でも不利でもないんだが、やっぱ改造してあると楽だな。一発殴るだけで、かなり相手のHPを削れるぞ」
2010090638.jpg

ホランド「んでま、この一戦は制するんだ。が、結局お決まりのごとく、生命の樹は枯れちまうって展開」
2010090639.jpg
ゲイン「・・・なんだったんだ、このミッション。なんか意味があったのか??
ジャミル「いや・・・なんというか、取って付けたというか、なんというか」
ホランド「なんやかんやで、惑星エリアに戻ることにはなっちまったしな・・・ま、時空を越えるヒントが、堕天翅から得られた、って流れではあるみたいだが」
2010090640.jpg

第20話
マクロスから提供された物質で、アーク・アルファは時空を飛び越えるチャンスを得た
そこに、アクエリオンや桂達の力、そしてキングゲイナーのオーバースキルを加え、トビア達は惑星エリアに戻ることを試みる
堕天翅達の妨害を、バジュラの群れの助力によって退けた一同は、一路惑星エリアのシステムACE中枢を目指す
ついに最終決戦の時だ


ホランド「んでだなぁ・・・ここのマップなんだけどな」
ゲイン「あまりに暑い状況で録画していたところ、PCが熱暴走ですっ飛んで、録画情報も飛んだらしい」
ジャミル「その上勢い余って、クリア情報を上書きするという、初歩的なミスを犯すとは・・・」
ホランド「さらに二周目を選んだら、すぐにリプレイできるかと思ったら、そうは問屋が卸さなかったわけで」
ジャミル「なので、一旦別のルート選択が終わった後、再度挑戦してきた。機体はクロスボーンガンダムX3でだ。何故かというと、X1改は1対1ではかなり強いが、ボス戦では不利な機体だと言うことに、今更気づいたそうだ。詳細は、追々報告する」

ジャミル「まずはゲーム前のデモだが・・・ここでまさか、というかようやく『Vドライブ=バルドナドライブ』と言うことが確定したな」
2010090643.jpg
ホランド「これを使って、空間を跳躍しようって事なんだが、こんなときに堕天翅の連中も湧いて来やがったぜ」
ゲイン「不動GENの言うには、これも宿縁らしいけどな。だから、あのオッサンはこの辺を予想してたらしい。この事態でも慌てず騒がず、作戦続行と言うことになった」
ジャミル「マクロスを置いて、とにかく前に進もうというわけか」
ホランド「しかも、バジュラが俺達の援護をしてくれる、だと?」
ゲイン「そのなかで、アクエリオンが時空を越える力を発動させるんだ」
2010090646.jpg
ジャミル「次元を越える無限拳、それが超時空無限拳・・・こんな技、アクエリオン本編にあったか?」
2010090647.jpg
ホランド「無い。確実にない」
ゲイン「スパロボ捏造技という奴か。いいのか、これ?」

ゲイン「ふぅ、どうにか転移には成功したな」
ジャミル「見えたぞ、あれが相手の本丸のようだ」

ジャミル「先にも言ったとおり、X1改で最初は向かったのだが、これが大きな選択ミスだった。このマップは、まさかのとんでも仕様になっていたのだ」
ホランド「まさか一回もインターバル無しで、ボス戦4連続とは・・・」
ゲイン「スプリング・ワン
2010090649.jpg
→サマー・ワン
2010090650.jpg
→オータム・ワン
2010090651.jpg
→ウィンター・ワンと立て続けに戦闘。回復一切無し!
2010090652.jpg
ホランド「しかも、ラスト直前にウィンター・ワンと『バルドナ・ペネトレイター』(シーズン側のバルドナドライブ)について話し合ってる最中に、リュウセイの奴が・・・」

2010090653.jpg
リュウセイ『(自分たちがバジュラの本星に飛ばされたのは)そのバルゴラなんとかって奴のせいか!』

ホランド「リュウセイ違う!そりゃセツコの機体名だ!!
ジャミル「・・・これは、スーパーロボット大戦Zのネタを引っ張っているのか?」
ゲイン「言い間違いにもほどがあるだろ・・・」

ジャミル「あー、コホン!そしてウィンター・ワンとの戦闘になるのだが、ここでは様々な攻撃が展開される
狙うは『腹』に見える部分にあるACEコアだが
2010090656.jpg
この部分からは黒いレーザーが発射されたり
2010090654.jpg
氷状のホーミングレーザーが出たり
2010090657.jpg
触れると一時的に氷ってしまう氷の塊が発射されたり
2010090660.jpg
かなりのパターンがある。また、コアは時計回りに逐次移動し、そのコアを護るような青い膜状のモノは、ランダムに出たり消えたりするので、下手に撃っても防がれてしまう。無闇に近づかずに牽制をなるべく行い、テンションを溜めて一気に削る方がいい」
ゲイン「それで判ったのは、X1改のバスターガンに比べて、X3のムラマサ・ブラスターの方が、レーザーの誘導がかなりいいんだ。X1改だと、周りからコアを狙っても中々当たらないもんだから、ちっともテンションが溜まらん。その点X3だと、誘導がキツいのでいい確率でコアに着弾するんだよ。おかげでかなり楽だったな・・・」

ホランド「しっかし、ここまで頑張ったってのに、バルドナ・ペネトレイターのチャージを止められなかったってのか!?」
2010090661.jpg

ジャミル「いや。ウィンター・ワンの様子がおかしい。見えない何者かが、バルドナ・ペネトレイターを彼の意思に反して止めたようだが」
ゲイン「そ、ここで、最後に彼等の創造主、ドクター・シキが出て来たんだ
2010090662.jpg
つまりこのミッション、ボス5連戦という鬼のような設定だったわけ」
ジャミル「この真のラスボスであるドクター・シキだが・・・死んだと見せかけておいて、実はウィンター・ワンのボディに肉体の一部を移し、影からこの事態を操っていたのだ
2010090663.jpg
彼は惑星エリアを効率的に護るため、シーズン達を使って、エリアの人類を虐殺したと主張する
2010090664.jpg
ここで受け答えをするのがクワトロ大尉とは、何とも皮肉な場面だな」
ゲイン「付け加えておくと、こいつは億単位での人間を護るのが面倒だから、生殖細胞だけ残しておこう、って結論に達したんだとよ
2010090665.jpg
典型的な『目的と手段の逆転』だな。馬鹿馬鹿しい」
ホランド「しかも、トビア達の遺伝子を欲しがる上
2010090666.jpg
惑星エリアを覆う『ケージ』のコアと、自分の命を繋げておき、エリアその者を人質に取ったように振る舞いやがる。どっかの誰かさんと似たようなことをやりやがって、くそったれ!」
2010090667.jpg
ジャミル「だが、ゼロに考えがあるようだ。そこで我々はともかく、ウィンター・ワンの身体を使っているドクター・シキを捕らえるため、最後の戦いに挑んだのだ
2010090668.jpg
幸い、彼の攻撃は強力ではあるが、アルファートクラスの機体のため、通常のボス戦闘の感覚で戦える。それまでの戦闘でよほど疲弊していなければ、特に問題なく戦場を制することができるだろう
2010090669.jpg
ウィンター・ワンの時の数倍楽だ」
ホランド「ラスボスの方が弱いって、どんなパロディウスだよ・・・
ゲイン「そして、敗北に狼狽して逃げた奴に、ゼロが仕掛けたのは・・・予想通り、ギアス
2010090670.jpg
ウィンター・ワンのボディは壊さず、ドクター・シキの精神だけを殺す。上手いことを考えたもんだぜ」
ジャミル「だが、奴の最後のあがきで、ペネトレーターが発動してしまった。このままでは・・・」
ゲイン「ま、その辺はオータム・フォーが何とかしてくれたんだ・・・が」
2010090671.jpg
暗黒の球体に再び飲み込まれたトビア達は、見慣れた大地に放り出される
そこには、ベラとベルナデットの姿があった
キンケドゥは時間のロスを気にするが、ベラが言うには彼等が一時行方不明になって、2時間ほどしか経っていないという
2010090672.jpg
そして去って行く死の旋風隊の姿
自分たちは長い長い夢を見ていたのだろうか
遠い異世界で、人が生き残ろうとする、その戦いの夢を・・・


彼等が去った後、オータム・フォーは大地に命を解き放ち、エリアを再生することを選んだ
2010090673.jpg
自分に力を与えてくれた、幾多の『異邦人』を想いながら


ホランド「なんなんだ、この『俺達の戦いはこれからだ!』的な終わり方は?最後にぜってー木星帝国と一戦交えると予想して、クロスボーンガンダムを鍛え続けたのはなんだったんだ??」
ゲイン「今までのA.C.Eでは、必ず全ての作品について、唐突なところもあっても決着を付けてきたが、今回の話で版権はマクロスFしか事が終わってないぞ」
ジャミル「Vドライブのことも、ここに来ていきなり『バルドナ・ドライブ』と呼称したりし出したが、その辺りについては全く手がかり無しだしな・・・」
ホランド「わざわざA.C.E 3との繋がりを臭わせておいて、それなのに知らん顔して放り出されると、すっげーむかむかするな、オイ」
ゲイン「『アグレッサー』がなんなのかも、結局のところ判らずじまいだった。うーむ、かなり消化不良だな。コイツは・・・続編作る気満々なんじゃないのか、これ」
ジャミル「お前もそう思うか・・・」
ホランド「やっぱ、『全ての版権が話の途中から』参戦してるのが、結構足かせになってんじゃねーのか、と思うんだな、俺は。いや、途中でもかまわねぇんだが、互いの事情になんの関連性もないと、話が纏まらなくなる、って典型だろ」
ジャミル「A.C.E 3では我々三人の世界が、スパロボZの世界では例えば『ザブングル』と『ガンダムX』の世界が、それぞれ同じ世界観の中にあり、意識を共有していたから、ストーリーが成り立った部分は大きいだろう。そのZでさえ、決着を全て付けるのに50話以上かかっているというのに、たった20話ではなんの盛り上がりもない・・・と言うのが管理人の見解らしい」
ゲイン「シナリオをスパロボ風にするんなら、その辺りもスパロボ風に仕向けるべきだったんじゃないのかねぇ・・・と、文句ばっかり言っても仕方ないか。んで、良かったところはあったのか、管理人?」
ジャミル「なに、『機体が格好良かったところだけ』・・・だそうだ」
ホランド「なんだよ、まだ文句あるのか、テメーは」
ジャミル「またカンペが回ってきたぞ。『キャラ同士のクロスオーバーが少なすぎて、単に声優が豪華なゲームになってる。前作の方が絡みが面白かった』・・・だと言っている」
ゲイン「まぁ、前作の『プラネッタのイベント』がはっちゃけてたのがあるしな」
ホランド「アレはアレでやり過ぎだっつーの」
『アレこそ声付きクロスオーバーの醍醐味だろうが!』
ゲイン「・・・ついに我慢できなくなって、心の叫びを直接吐いたぞ」
ホランド「その辺はアンケートで言っときやがれってんだ」
『言われなくてもアンケートやりに行くわッ!』
ジャミル「ではその報告は後ほど聞こう・・・で、二周目はどうするんだ?」
ゲイン「OGS組でやるらしい」
ホランド「ああん、珍しいじゃねぇか、管理人がOGS組を選ぶなんてよ」
ジャミル「サイバスターが思った以上に格好良かったから、らしい。また、継続した報告をしてもらおう」
スポンサーサイト

テーマ : スーパーロボット大戦 - ジャンル : ゲーム

2010/09/06 22:31 | 【A.C.E R】COMMENT(9)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

全クリおめでとうございます

今回はPS3での一作目でしたのでテストも兼ねているのでしょう。
アンケートで苦情を沢山書けば多分次回作で改善されると思うので遠慮しなくていいですよ(ぇ)
あとストーリーが中途半端なのは多分仕様です。
重要なことを言わないで裏設定を匂わすのはフロムのお家芸ですから。
さて、あるすさんには憂さ晴らしも兼ねてバルドナドライヴ絡みでACERとACE3のクロスオーバーSSをフロム脳全開で書いてもらいましょうか(おい)
個人的にはACE3のベルクトはACERのシーズンのアンドロイドの技術のプロトタイプという妄想が…ないか。
あとフロム脳について分からなかったらニコニコ大百科あたりでググって下さい(ぇ)

No:2105 2010/09/06 23:38 | あくと #6Z79jEeU URL [ 編集 ]

娘々サービスメドレー

因みにサントラにはTV版で使用したバージョンの他にも特盛があります。


敬礼

これ元ネタは“超時空要塞マクロス 愛おぼえてますか”で一条輝がしました。VF-25Fがバーミリオン小隊時代の一条機と同じカラーリングしているのでしないといけません(笑)


一万年と二千年前から凄かった


アクエリオンならこんな技でも産み出せます。(ちなみにこの技は原作には出てない)

アサルドモード、砲撃形態にも変形しちゃうし、ケルビム兵と合体しちゃうし……


この木?なんの木?気になる木?危険な木ですから~~早く倒しましょう♪


アイランド1も災難だなぁ……所でゼントランのプラーナでもOKなのか?

何よりもプロトデビルン(マクロス7)が出ていたらカオスです(笑)


VF-25S+スーパーフォールドブースター

実はTV版やイツワリノウタヒメでもしてないんですね……ミシェル機とアルト機は装着しましたが。ちなみにLAI提供でルカが持ちだすのに苦労したブツ。


合体戦艦

バトルフロンティアとバトルギャラクシーは六隻の中型戦艦が合体しており専用ドックが必要が無いしアップデートも容易です。ちなみにマクロスクオーターも合体戦艦なんですね。(小説版では分離してギャラクシー船団所有のヴァンダル級ボムケッチを撃破してます)

No:2106 2010/09/07 00:03 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

アナタノオト

お疲れさまでした。

ナイスミドル三人組、全然違和感ないです。ACE3でジャミルさんがGXに乗れたら合体攻撃があっただろうな~。
ってゆーか、乗れ!!

各所でいろいろ聞いてましたが、本当に20話で終わるんですねー。あとインターミッションが紙芝居とか。それにマクロスフロンティア優遇説、本当みたいですね…。自分、好きだからいいけど(笑)

次はスパロボOG組ですか。自分、こいつらと宇宙海賊が使えると聞いて注目してました。特に古鉄っ!!
相方の白騎士は何処に(泣)
失礼しました~。

No:2107 2010/09/07 00:33 | 酢ダコ #- URL [ 編集 ]

突飛なストーリー、でもコレはコレでアリ!?

いやぁ・・・物凄い展開ですね
PS3が欲しくても高くて買えません・・・orz

リクエスト、受けて下さりありがとうございます!
ガチコとエンペランザ、出ないんですかねぇ・・・そうだと残念。
やはり今作にも隠し機体はいるんですかね?ネタ機体求ムw
ちなみにこの記事で初めて知ったんですが、Fってマクロス級多いんですねぇ
画面が狭く感じそうw

No:2108 2010/09/07 01:06 | Wild Heaven #- URL [ 編集 ]

開拓重機♪

もう一度、失礼します。

あくと様

酢ダコと申します。よろしくお願いします。フロム脳、最近知りました。フロムさんのゲーム、いつもこんな感じなんですか!?確かに、ACE3でも、アークシリーズが何故別世界にとか思いました。それともどこかで説明ありましたっけ!?

あるす様

チェイスモード、いわゆる強制スクロールですね。これも賛否両論と聞いています。

最初に聞いたとき、PS2のガンダムめぐりあい宇宙を思い出しました。ほぼ同じだと思います。ただ、そのゲーム、ビームライフル一発でマルチロックできるんです(笑)んなアホなと思いました。たしかNTレベルでロック数、速度が変わったような気が(爆)。

うろ覚えでスイマセン…

長々と失礼しました~。

No:2109 2010/09/07 01:19 | 酢ダコ #- URL [ 編集 ]

お疲れ様でした

ストーリー的には及第点かな?
アンケート既に出しましたがレポ出すべき?

敬礼シーン>
敬礼してないのはカミーユ&シン
やっぱり似てるのか(笑)
チェイスモード>
稼ぐには一番楽♪
無改造でハードクリア出来ます

ラストのボスラッシュ>
某RPGですか、これは(爆)
三周ぐらいするとあと一回ボスが増えます

PS例の写真届きました?

No:2110 2010/09/07 01:51 | 飛白 #- URL [ 編集 ]

お久しぶりです!

ACERクロスボーンガンダム編お疲れ様でした。
しかし、お話を聞く限りかなり消化不良な話ですね・・・
しかも、「バルドナ=ドライブ」なんで聞き慣れた言葉が出てきた・・・
ってことは、ACE3の話も混ぜた続編が来るのかな?
w~~~いケイたんたちチェンゲ組にまた会えるかも?(^^)
でも、その前に3とRのクロスオーバー読みたいです!!

No:2111 2010/09/07 06:03 | 壱華 #- URL [ 編集 ]

Wind Heavenさん

そうですね、バトル級は明確な総数はあかされてませんが約二十隻と思ってください。バトルフロンティアは25番目のバトル級です。(本によってはフロンティアは25番目の超長距離移民船団とされてますが第五十五次超長距離移民船団です)

ただし船団が壊滅し沈んだバトル5や諸事情で移民船艦で使用されずに太陽系防衛ラインに使用されているバトル13もあります。

実はマクロス艦同士のどつきあいはシリーズ初なんです。(しかも複数のマクロス艦が出たのもシリーズ初?)

小説版ではSDF-1マクロスの艦橋オペレーターだったキムがバトル13の艦長になってます。

他にもSDF-1の準同型戦艦が数隻ほどあり、調査船団母艦として使用されてます。マクロスFではガリアにて不時着したB.J.グローバルが登場しストーリーのターニングポイントになってます。

No:2112 2010/09/07 16:49 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

クロスボーン編のクリアお疲れさまでした。
しかし、最後は完全なマクロスゲー状態でしたね(苦笑)私はPS3を持っていないので友人にプレイさせてもらったのですが、やりすぎ感すら漂う本編再現でした。
機会があれば、某動画サイトなどで見てみてはどうでしょうか。

No:2113 2010/09/07 21:01 | ジャン #DhuRAo1g URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |