FC2ブログ

【KF3】ゲイナーとレントンの国荒らし日記【6】

ティエリア「誰にでも過ちを犯す瞬間がある。要は後で、それをどう償うかだ」
刹那「・・・何が言いたい?」
ティエリア「ヴェーダからの報告で、どうやら地球に近々、何らかの危機が訪れる可能性があるらしい。このゲームの憂さ晴らしというわけではないが、成果を出すためにも一度艦に戻って欲しい」


――――訪れた、『来るべき対話』の刻。
彼らの世界の変革、そして人類の目覚めの刻。

「外宇宙から来た、地球外変異性金属体。
 ……連邦はそれを、『ELS(エルス)』と名付けた」

外宇宙からの来訪者。
未知なる生命体……ELSとの戦い。

「……、駄目だ…………」
『刹那!?』
「トランザム…バーストでは……、俺だけでは……もたない…………」

ELSは脳量子波を求めた。
イノベイターに変革する可能性のある者達が狙われ……多くの犠牲が出た。

「ロックオン、アレルヤ!刹那を頼む!!」
「ティエリア!?」
「お前、まさか……!」
「……精神データは残る。僕は…イノベイドだからな。
 だから…行ってくれ!刹那を……対話への希望を護る為に!!」
「くっ……!」

戦力比は1万対1。
絶望的な状況の中………ソレスタルビーイングはELSとの対話を試みる。


「………行きましょう、皆。
 これが私達の……いいえ、人類の…ラストミッション!」

希望とも言える、対話への鍵は3つ。

「GNT-0000、ダブルオークアンタ……。
 俺が望んだ力、対話の為のガンダム…………」

一つは、ダブルオークアンタ。
ツインドライヴ用に新造された太陽炉を搭載された、『対話の為の力』。


『刹那、ダブルオークアンタにヴェーダとの通信ユニットを組み込んだ。
 君が受けきれない分は、ヴェーダで……僕達で引き受けよう』

二つは、ヴェーダ。
高速演算を以って、『莫大な情報の流れを処理する力』。


「ダブルオークアンタ!刹那・F・セイエイ、出るッ!!」

三つは、純粋種のイノベイター。『対話を行う者』。

数多の命が散る戦場を、ダブルオークアンタが駆ける。
ELS中枢へ。対話を行い、そして分かり合う為に。

「刹那を援護する!ライル、遅れるなよ!?」
「兄さんこそな!」

『奴らに負けてられねェ!俺達も行くぜ、アレルヤ!』
「うん!」

中枢に辿り着いた刹那は、クアンタムバーストで対話を試みる。
そして――――――ELSの『真意』を知り、ELSもまた刹那の『想い』を知った。


「……行こう、ELSの母星に」
『いいのか?皆には……』
「会う時間など無い。それに……」
『…………』

ダブルオークアンタはGNソードⅤを武装放棄し、ELS母星への転移を試みる。
その先で、相互理解を確たるものとするべく………刹那はELSにある提案を試みた。


「ELS……俺と共に。受け入れよう……お前達を」
<…………>
『ッ!?刹那!?』

彼自身とELSとの………物理的融合。
彼は……それを『相互理解のはじまりを示す盟約』として成そうとしているのだ。


――――――――気付いただろうか?
その行為は、世界の未来…平和には繋がっていても…………彼自身の幸せには繋がっていない事を。
学園にはELSが一切認知されていない為に、そこに戻る資格を失いかねない行為に相当すると言う事を。


"今お前が目指している未来に………描いている世界の中に、お前の姿はあるのか?"

――――――これから語るのは、そんな彼が一歩を踏み出す話。
自分自身の罪を赦せる事を知り……幸せと言う名の未来へ歩き始める、その始まりとなる話である。


レントン「・・・で、なんでゲイナー兄さんがPSP握ってるんスか?」
ゲイナー「『刹那がティエリア・アーデに拉致られたので、取り戻してくる』って書き置きしたまま、ヒイロが居なくなっちゃったんだもの」
レントン「二人が帰ってくるまで待ってりゃ良いんじゃないッスか」
ゲイナー「いや~、なんか長くなりそうだしね・・・読者さん待たせちゃうでしょ」
レントン「で、道連れが俺ッスか」
ゲイナー「他に適任者が居なかったんだよ。コンビニのバイト休んでもらってまで、付き合わせて悪いとは思ってる」
レントン「リュウセイ少尉は?」
ゲイナー「RPG系は苦手だって断られたよ」
レントン「ゲーム同好会部長(=マサキ・アンドー)は?」
ゲイナー「・・・彼が真っ直ぐ進めると思う?
レントン「思わないッス」
ゲイナー「じゃ、そういうこと」
レントン「・・・理解したッス。でも後でこの分返して下さいね」
ゲイナー「年明けにガンダムスタンドアート箱買いするので勘弁して」


ゲイナー「うーんと、前回までのことを確認すると
全部のイシリウスアイテムは集め終わってて・・・これからその鍵を使って、聖地を探索するところみたいだなぁ」
レントン「全部の『鍵』は、レオンさんに預けたんだよね。まだ時間がかかるって言ってるけど、なんで先に冒険進めないでクイスト(=ゲームスタート地点)をウロウロしてんッスか」
ゲイナー「『鍵』がないから、遠くにワープできないでしょ。それだと、戻ってくるのも一苦労なんだよね。というわけで、クイストと古戦場を行ったり来たり」
レントン「そろそろできてますかねー。おーい、レオンさん・・・って、居ない?」
2010-10-23_19-57-09.png
ゲイナー「・・・鍵とか剣とか、なんか乱雑に散ってるよ・・・なんだろう、なんか嫌な予感がする」
レントン「手紙が落ちてるッスね。
2010-10-23_19-57-32.png
あと、これは鍵・・・の完成品なのかな」
2010-10-23_19-57-48.png
ゲイナー「エクセレクターが最初の姿に戻っちゃってる。鍵を作るのに、全部の力を使っちゃったって事?
2010-10-23_19-58-08.png
それにしてもレオンさんはどこに行っちゃったんだ」
レントン「・・・ゲイナー兄さん、墓地に・・・
2010-10-24_20-47-25.png
ゲイナー「そんな!レオンさんまで死んじゃったって言うの!
カミーユ「みんな・・・みんな死んでいく・・・こんな死に方、嬉しいのかよ、満足なのかよ・・・!」
レントン「うわぁ、カミーユさんっ!?」
ゲイナー「マズい、死者の魂に引きずられて、カミーユが来ちゃったよ
レントン「これはさっさとクリアしないと、ゲーム同好会部室がエラいことになりますよ」


ゲイナー「とにもかくにも、聖地に『鍵』を設置してみたよ」
2010-10-23_20-17-35.png
レントン「今までただの岩だった『門』に、何やら変化があったッスね」
ゲイナー「こう言う状態になると、青い渦状になった『門』を伝って、切り離された大地・・・言わば島だね・・・同士を移動できるようになるよ。宝箱から、グランダルの籠手やらオルラディンの鍵とか、いろいろと見つけることができるようになったね」
レントン「ヒイロさんと刹那さんのプレイ記録を見ると、この『門』のことが判らなくて、何度も『島』をダッシュで飛び越えようとしては、落下して死にまくったログが残ってるッスね・・・
ゲイナー「事が済んで帰ってきた後、この事を二人が知ったら、いろいろな意味で発狂しそうだよね・・・」

ゲイナー「さてと、ワープをして辿り着いた奥地に、『オルラディンの迷宮』っていう場所があったんだ。これが、オルラディンの神殿に書いてあった、"始まりの地にて待つ"っていう場所のことなんだろうけど・・・」
2010-10-23_20-26-36.png
レントン「"待ってる"わりには、悪質なトラップだらけですね」
ゲイナー「まったくだよ。ウィンドウカッターを吐いてくる、この壁の顔とか
2010-10-23_20-32-01.png
炎の渦を吐いてくる石の顔とか
2010-10-24_21-10-42.png
岩を吐いてくる石の顔とか
2010-10-24_23-19-49.png
近づいて攻撃できないから、弓やら魔法やら使って、身が持たないじゃない・・・」
レントン「レジストファイヤやら、ミサイルシールドやら使ってるだけで、ガンガンMP減って行くもんね・・・回復の水(金)を、無限に持てるワケじゃないし」
ゲイナー「その件については、迷宮の奥地で見つけた『オルラディンの兜』で、どうにかなるかなとは・・・思うけど
2010-10-24_20-45-59.png
使用MPが半分になるって、すごく大きいんだよね」
レントン「ゲイナー兄さん、オルラディンの鍵が少したまってきたから、神殿の方に戻りませんか?」
ゲイナー「この迷宮の方も『鍵』が必要なところだらけなんだけどねー・・・ま、でも、シチュエーションとしては神殿をクリアしないとアレだろうからね。早めに宝箱を開けておかないと、また刹那がキレたりヒイロと喧嘩する原因になるだろうから、そう言う不安要素は取り除いておかなくちゃ
レントン「流石ゲイナー兄さん、気遣い半端ないッスね
ゲイナー「よっし、まず最初の宝箱を開けたら・・・なんだろう、変な石が出て来たよ」
2010-10-24_23-33-32.png
レントン「物知りのハイエルフさんに聞いたら、これがギーラの元に行くための必要アイテムだそうです」
ゲイナー「やっぱりすごい重要アイテムがあったなぁ。あとは、『オルラディンメイル』があったし
2010-10-25_19-55-57.png
『オルラディンガード』もあったんだけど
2010-10-25_20-06-11.png
やっぱり問題は迷宮の方の奥にあった、この意味ありげな骸骨だよね」
2010-10-25_19-18-21.png
レントン「首がないッスよ」
ゲイナー「ま、普通に考えればこれがオルラディン自身で、首を捜して来いって事だよね。それがまた大変だったんだけど」
レントン「壁からどろどろした溶岩が吐かれてて、うっかり脚つっこんだら即死したッスからね(実話
2010-10-25_20-40-31.png
ゲイナー「まさかとは思ったけど、本当に死ぬとは・・・さらにまさかとは思ったけど、この顔を倒したら溶岩が止まって、渡れるようになるとも考えてなかったよ。
2010-10-25_20-35-55.png
しかもそこに、火を吐く蜘蛛の魔物が無限で出てくるんで、顔を倒すのだって一苦労だったって言うのに」
レントン「まぁ、苦労の末に骸骨見つけたから、良しとしましょう」
2010-10-26_13-07-13.png
ゲイナー「首を骸骨に戻したら、オルラディンの遺志が語りかけてきたんだ。それで、彼が守り続けたイシリウスの力の源に案内されたんだよ」
レントン「シースとギーラの関係性や、この世界の成り立ちなんかを語られたけど・・・なんかこの世界の人たち、この二体の竜に引っかき回されてるって言うこと、改めて判るような内容だなぁ」
ゲイナー「創造主も嘆いてるみたい。そこでと言うわけではないけど、イシリウスの兜や鎧と言った、装備品を全て受け取ったよ。多分これが最強装備だとは思う」
2010-10-26_13-20-07.png
レントン「いろいろなバランスで装備は換えることになりそうっすけどね」
ゲイナー「そういえばさっきクイストに戻ったとき、村長さんが『死の洞窟に、王家の宝箱を開けられる"聖王の鍵"がある』って言っていたなぁ・・・でも、二人のプレイログには、そんな鍵はないんだよね」
レントン「この際だからそれも捜しておいて上げましょうよ」
ゲイナー「そうだね。それにしてもこの洞窟、ホントに怪しい罠ばっかりだし、隠し扉がどこにあるのかもサッパリわかんないよ」
レントン「イシリウスシリーズから、ブローミアシリーズに装備し直してるから、ある程度は大丈夫ッすけどね」
ゲイナー「前作までは幻の杖があったんだけど、今回は全くその類が見つからないからなぁ・・・あ、あったあった、聖王の鍵。
2010-10-26_15-36-55.png
隠し扉を3重くらいクリアした奥にあるよ。これは死の洞窟クリアでいっぱいいっぱいだった二人じゃ、見つけるの無理だったかな」
レントン「それ使って近くの箱を開けたッすけど、なんか見るからにヤバそうな指輪が出て来たッス」
2010-10-27_00-25-02.png
ゲイナー「イビルリングなんてまんまな名前・・・体力を常に消耗する代わりに、体力が上がるらしいけど、リスキーすぎ」
レントン「あとは、盗賊の洞窟の隠し扉の向こうで、同じ宝箱の側からイビルクレッセントも見つけたッスよ。
2010-10-27_16-26-58.png
攻撃力絶大だけど、やっぱり体力奪われるッス」
ゲイナー「肝心の宝箱からは、『龍神』っていうヤーパン風の盾が出て来たね」
2010-10-27_16-28-11.png
レントン「この流れだと本当は、ドワーフの洞窟→ガラン→ブローミアシリーズが揃ったら死の洞窟→果ての谷→オルラディンの迷宮・・・って言う形だったんじゃ?」
ゲイナー「そうみたいだね。まぁ、今となっては後の祭りかな」
ゲイナー「ああそう言えば、前に刹那がプレイしていた時、兵舎にいた兵隊さんが『ロドム隊長とグレイン(=カズンの村で石にされてた騎士)は、時が来たらライルに剣を教えたいと言っていた』って台詞を見たな。この辺、二人はどうしてたんだろう?」
レントン「話しかけた感じでは、どー見てもその件のイベントはクリアしてないッスね」
2010-10-25_20-11-01.png
ゲイナー「この台詞だけだと判りづらいけど、ここで魔法剣を教えて貰えるみたい。試した感じだと、日本刀の『風神』で風の魔法剣が出るのと、『モルグラインアックス』でメテオと組み合わせた攻撃が出るみたい」
レントン「多分ですけど、エクセレクターと光の魔法でなんか出るんじゃ?」
ゲイナー「うーん、今は出ないね・・・ちびエクセレクターに戻っちゃったからかな。もう一度育て直すしかないんだろうか」
レントン「で、そのイベントの後、今更のように『グランダルソード』をもらっちゃった件については?」
2010-10-27_16-21-40.png
ゲイナー「・・・二人とも凹むだろうなぁ
ゲイナー「さってと、死の洞窟の向こうの『祈りの丘』に再チャレンジ」
レントン「あ、あれがムーンライトソードがある場所じゃないッスか?」
2010-10-27_16-43-26.png
ゲイナー「本当だ。真ん中からぱっきり折れちゃってるけど、確かにあのムーンライトソードだよ。
2010-10-27_16-43-36.png
これ・・・後で何とかなるのかな?とりあえずは持っていくけど」
レントン「それにしても、『祈りの丘』って言うわりに、墓石ばっかりで気味悪いッスね。その辺にゴーストが山のように湧いてるし・・・」
ゲイナー「まぁ、ライトニングボルトと、さっきオルラディンから習ったフラッシュを適度に唱えてれば、ほとんどの敵は倒せてるんで良いけどね」
レントン「そんな中、この山のような墓石を一個ずつ漁るんッスね
2010-10-27_19-59-13.png
ゲイナー「え、このゲームの基本でしょ?」
カミーユ「何故そうも墓石を荒らすんだ!遊びでやってんじゃないんだよーッ!」
レントン「カミーユさんがまた出て来ちゃった-!?
ゲイナー「これゲームだから、カミーユ!落ち着いてよッ!」
レントン「墓地の奥の教会に、可愛いお姉さんが一人で居ましたよ」
2010-10-27_16-46-23.png
ゲイナー「城に閉じ込められた婚約者を待ってたんだって。健気だなぁ」
レントン「城に入る鍵を、墓地に隠してあるって教えてくれましたけど、その場所がまたややこしかったですよ」
ゲイナー「わざわざ墓地の裏の山をぐるっと回って、裏手に出ないと取れないって、どこまで嫌がらせないベントなんだろう・・・」
2010-10-27_19-55-55.png
レントン「でもこの鍵、具体的には城のどこで使うんだろう?さっきのお姉さんにもう一度聞いてみたらいいかな」
ゲイナー「・・・あれ・・・居な・・・い?
レントン「・・・ゲイナー兄さん・・・まさか・・・
カミーユ「命は・・・命は力なんだ。この世界を支えているものなんだ!それをこうも簡単に失うことは、それは酷いことなんだよ!」
ゲイナー「・・・とりあえず城に入ろうか」
レントン「ゲイナー兄さん、逃避しないでー、カミーユさん止めてッ!
ゲイナー「城門まで来たね・・・
2010-10-27_20-03-43.png
あ、この泉には見覚えがあるよ!KF1で出て来た『竜の泉』だ。えーとログを見ると、ここでミーナさんの形見の指輪を使うんだよね」
2010-10-27_20-05-00.png
レントン「ひい!ゲイナー兄さん、泉の側になんかボーッと人の影が浮かんできましたよっ!?
2010-10-27_20-05-27.png
ゲイナー「この人がアレフ、つまりKF2の主人公さんだね。こういう人だったんだ・・・っていうか、3になっても人物のグラフィックが、相変わらず適当というかなんというか。モンスター類は異様にリアリティがあるのに」
レントン「普通RPGの主人公、しかも3Dって言うなら某FFみたいなのを思い浮かべるんだけどねー。NPCだけじゃなく、主役級キャラですらのっぺらぼうなんだもの」
ゲイナー「後のロボット再現異常な変態会社とは思えないね。ま、魔法剣を習ったらそのままおさらばだから、そもそもキャラを書き込むつもりがなかっただろう事が、ありありと伝わるから、尚更困る」
ゲイナー「さあってと・・・」
レントン「ん?なんすか、気合い入ってますけど」
ゲイナー「この先はね、KF1の舞台の『王家の墓』なんだよ」
2010-10-27_20-07-23.png
レントン「それがなにか?」
ゲイナー「KF1の墓所で得た聖剣、つまりムーンライトソードはギーラが作った物なんだ。すなわち、墓所の第5層で出遭った竜はギーラなんだよ」
レントン「ギーラが居る、ってことは」
ゲイナー「当然、その前にシースの邪魔が入る、って事なんじゃない?」
レントン「なるほどー。すごく大変そう」
ゲイナー「ここを先にやっておいて上げたなら、刹那達も後が楽なんじゃないかな。だからここは失敗できないね」
レントン「ますますのお気遣い、感服するッス!

レントン「KF1の記事を見返しながらやりましょーか・・・」
ゲイナー「基本的なマップは変わってないみたい・・・かな?」
レントン「それによると入り口近くに、いくつかのアイテムが入った樽と、第3層へのワープポイントがある、隠し扉があったようッス」
ゲイナー「あったよ、樽。薬草なんかがちょっとあったかな。隠し扉は・・・開くのかなぁ?開いたとして第3層がまだあるのかな」
レントン「物は試しに開けてみましょう」
ゲイナー「あ、開いた・・・って、スケルトンが居た!?
2010-10-27_20-10-44.png
レントン「これ・・・KF1と全く同じ配置じゃないッスか?」
ゲイナー「全然強くないし・・・(ライトニングボルト一発で撃沈)雑魚がそのまま配置してあるって言うの?流石に第3層に行く魔法陣はなかったけど」
レントン「だとするとゲイナー兄さん、この先にKF恒例『隠し扉の向こうにスケルトン+レザーシールドのある宝箱』の、初代ポイントが配置されてたはずッすけど・・・」
ゲイナー「・・・ホントにあった・・・
2010-10-27_20-12-11.png
レントン「そんなもんまで忠実に再現しないで良いよ、フロム・ソフトウェア!!
ゲイナー「嫌な予感がするなー・・・ずんずん進んだら、昔と全く同じ場所にセーブポイントもあったし・・・もしかしてこのあの売店も、そのままあるのかなぁ」
レントン「予想通りにあったと同時に、売店のおじさん(=ライト商会)まで居たよ」
2010-10-27_20-18-07.png
ゲイナー「と言っても亡霊だけどね。このおじさん、ギーラに召喚されて、プレイヤー待ってたみたい・・・可哀相だな」
レントン「それよりもゲイナー兄さん!ライトのおじさん、不吉な事言ってますよ・・・メレル・ウルって・・・
ゲイナー「見てるよ。KF2で名前だけ出て来た、伝説のハイエルフの戦士でしょ・・・前作での最終装備の元の所有者かぁ。そんなのが近くを彷徨いてるって事?」
レントン「ゲイナー兄さんのヤバい予感が当たったッスね」
ゲイナー「でもなんにしろ、墓所の中を探索しなきゃ・・・うーん、やっぱり第2層以降は行けないみたい。他の場所も、行き止まりになったりしてて進めないなぁ」
レントン「あとはー・・・昔第4層に飛べた場所と、蜘蛛がワラワラ出て来てたあの場所が残ってる見たいッス」
ゲイナー「第4層はやっぱり無いかぁ。後は逆の扉の奥か・・・って!」
レントン「ギャーッ!出た、出たッスよ、なんか出た-!?
2010-10-27_20-32-20.png
ゲイナー「こ、これは・・・メレル・ウルだ、間違いないよ、この鎧兜!!
レントン「えーっ、だってこの人はもう死んでるんじゃっ!」
ゲイナー「ライトさんが言ってたのはこのことなんだ!彼もきっとシースに召喚されて来たんだよ!!シースめ、いくら造物主の分身だからって、もう死んだ彼をこんな風に使って・・・くそっ、やっぱり伝説の勇者、って事はある。強いっ、このお!」
カミーユ「ここからいなくなれーッ!!
ゲイナー「ちょっとカミーユ、待ってーッ!!?

ゲイナー「・・・と言うわけで、フラッシュの魔法と成長していたエクセレクターと、カミーユの貴い犠牲(?)で、どうにかこうにかメレル・ウルは倒したよ」
レントン「メレル・ウルの剣だけが残りましたねー」
2010-10-27_20-34-13.png
ゲイナー「とりあえずもらっていくけど・・・なんか可哀相だなぁ、あの人も」
レントン「でもゲイナー兄さん、この後がもっと大変だったじゃないですか」
ゲイナー「うん。メレル・ウルを倒した後、第5層にワープすることができたんだけど、そうしたらいきなりグレーターデーモンが沸いて出てきて、四方八方からライトニングボルトが飛んできて、一時はどうなることかと・・・スクリーンショットなんか撮る余裕無かったよ」
レントン「挙げ句の果てに昔の第5層とわざわざ構造が同じで、まさか部屋の仕切りから落下して即死できるとは、思いもよりませんでしたねー
ゲイナー「本当だよ。で、どうにか辿り着いた第5層の奥地で、さっき手に入った妖精の石を解放したら、ギーラの意思と接触できたんだよ。そうしてムーンライトソードが復活したんだ。昔ほどの威力はないし、まだ魔法剣が出ないみたいだけど、握ってるとMPが回復する効果は戻ってきたみたい」
2010-10-27_20-50-15.png
レントン「雑魚相手の時は、これを装備しておいた方が良いかもしれないッスね」
ゲイナー「うん、ここまで状態を持って行ければ次第点かな。この後はいよいよ城に入ってラストの物語に入る事になると思うから、あの二人が帰ってきたら大詰めだけで楽になるだろうね」
レントン「二人とも何しにどこに行ったか判んないッすけど、きっと帰ってきたら喜びますね!」
ゲイナー「うん。じゃあ、ここまででセーブして、バイトに戻ろうか」
レントン「はい!・・・あれ、ゲイナー兄さん、カミーユさんは?」
ゲイナー「・・・置いてきた」
レントン「?」

@王家墓所
カミーユ「暑苦しいなぁ、ここ。出られないのかなー、おーい、誰かぁ、出して下さいよー」
スポンサーサイト

テーマ : 懐かしのゲーム - ジャンル : ゲーム

2010/11/20 01:03 | 【キングスフィールド3】COMMENT(7)TRACKBACK(0)  TOP

コメント

どうも、お久しぶりです。

師匠、最初の部分一体なんですか?なんだか刹那がやばいことになってますけど・・・。
まさかせっちゃんとうとうウルトラ○ンになっちゃったとか?!そして兄さんは一体どんな行動を?!!



・・・えー、本題に戻りますと、兄さんとレンちゃん乙ですた。
しっかしこの国の荒れようはひどいですね。いろんな人が死んでたり荒れてたり、それにしても王家の墓の変わらなさといったらwww
今回のKFも内容が深いですね。

主人公に死亡フラグが立たなければいいのですが・・・・・。

No:2268 2010/11/20 06:36 | イヴ #cnZdQCf. URL [ 編集 ]

いつの間にかタイトルまで変わっているよ(汗)……ゲイナーはみかけによらず強引だな。



今週のOG

遂に表に出て来たインスペクター!マオ本社にも魔の手が及ぶもヴァルシオーネが駆けつけたが、耐え切れない!そしてエクスバイン起動!こんな事があろうかと“ウラヌスシステム”を搭載してました(笑)

始めは“裏システム”と聞こえた……


合体攻撃

テスト用回路を使用してAMガンナーとの合体攻撃!流石プチSRXと言うべき恐るべき性能!因みに八房さんの作品でもR2のバイソルランチャーをR1の掌にあるコネクトで装着して使用した例もあるからっこれが元ネタ?


艦長~~(大汗)

ヒリュウ改が駆けつけましたがお休み中だった所らしく


   ネグリシュ+ぬいぐるみ


これ艦橋クルーは緊張が解けた瞬間に笑うでしょうね。

流石に裸体でも出したら斬艦刀が飛んできますわ。



追記

ISの追加キャスト……まさか束さんのCVさんが“時空管理局の白い悪魔(最近じゃ魔王とも呼ばれてます)”のお方とは……。

織斑先生のCVさん某ガンダムにて戦艦オペをしたいたサブヒロイン担当の方。

No:2270 2010/11/20 11:23 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

もうちょっと続くんじゃ

後一話ぐらいでこのゲームも終わる予定

イヴさん>
あんたって人は・・・ゲイナー兄さんが出て来た途端に、元気にコメントしてくれちゃって・・・w
>師匠、最初の部分一体なんですか?
あれは漆黒の翼さん投稿SSの予告編でござる
数日中に前編を上げる予定
>しっかしこの国の荒れようはひどいですね
10年もこんな状態なので、主人公もさぞ居所が悪いでしょう
そしてエンディングに近づく度、周囲の人から「良い国造れよ」と言われまくり、ますます主人公はプレッシャーに・・・

YF-19kさん>
ゲイナー君はアレで自己主張が強いので、代役であろうと名前は変えさせてもらう!って感じかなと思いまして
>今週のOG
リアルにやったぜウルフが出たと聞きました
個人的にはもっとシャウトしてもよかったんじゃないかと
え、マイクが持たない?

No:2272 2010/11/21 01:22 | あるす #- URL [ 編集 ]

あるすさん>

>やったぜウルフ

もしかしてリョウトの事?確かにこの人OGではDC側に居たけど何時の間にいいポジションに……。


ISのPV第二弾

IS学園は何所にあるのか明確になってないですが、学園の近くにはモノレールが……

  車両タイプは千葉市で使用される懸架型(見覚えがあるのは“俺の妹がこんなに可愛い筈がない”のOPで登場するから)。

東京の羽田線はゴザ型(コンクリートのレールを跨っている方式)……。


銀の福音は凄かった

こりゃあバケモノですね……よく勝てたなぁ。

No:2274 2010/11/22 19:59 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

Re: タイトルなし

> >やったぜウルフ
> もしかしてリョウトの事?
ベーオウルフ=キョウスケのことッス
ゲームだけだったはっちゃけ台詞
「究極!ゲシュペンストキック」
を生でやるとか、今回のOGアニメパネェッス

> ISのPV第二弾
・・・千葉都市モノレール?w
つーことはなんですか、アレが千葉駅か都賀駅辺りが舞台ですか

No:2275 2010/11/22 22:38 | あるす #- URL [ 編集 ]

あるすさん>

>やったぜウルフ

ベーオウルフ=キョウスケの事なんですね……確かに一話冒頭でのアイゼンの変化は狼男変化にも見て取れます(マティ!)。

>……千葉都市モノレール?w

原作小説にも明確な場所が示してないんですよ。ただショッピングモールがある市内(少なくとも東京都ではない)表記されてますので千葉市の可能性も……。



No:2277 2010/11/23 00:02 | YF-19k(kyousuke) #vOF08ZPo URL [ 編集 ]

ニコ動で

ニコ動で「やったぜウルフ」とか「しっかりウルフ」で検索かけると、その手の動画がいくつか見れますぜ
テッカマンネタが絶えないのはいつものことw

No:2278 2010/11/24 23:23 | あるす #- URL [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |