ダーリン・イン・ザ・フランキス 第二十二話

今日のルパパト
ノエルさんのせいで、むっちゃくちゃカオスになった(もう色々と全部)

*高尾ノエルさん
正体を隠して第三勢力で行くのかと思ったら、あからさまに自分を曝していくスタイルとは、恐れ入った
きっと主体となる居場所は国際警察にするんだろう。パトレンジャー側にもルパンレンジャー側にも、「潜入捜査」って言えるしね
で・・・国際警察フランス本部でルパンコレクションを研究して、改造していた、と言うこと
視聴者側は「人間が使えるルパンコレクションは、誰かが手を入れている」と言うのを、デストラさんの台詞で聞いているので、確実にコイツが怪しいのは判る。初期段階で、コレクションを人間に扱えるよう改造したのは、初代アルセーヌ
で、コレクションを集めることを任務と言っている
グッドストライカーも彼を友達と行っている
と言う状況から、アルセーヌの子孫なのは彼なのでは?という予想は付く
ただそうすると、国際警察の情報を横流ししていたのは誰?という問題が解決しない
ノエルがギャングラーをおびき出すため、ワザと情報漏洩を行っていた疑惑もあるが
とは言え、新しいマシンは男の子の血をワクワクさせる、操縦断面図付きの列車。しかも、走りたいところに線路が出現する恐るべき仕様。汽車と電車の組み合わせって言うのも、なんかこういろいろと妄想させますな
*パトレンジャー
ギャングラーを追いかけに行ったと思いきや、さらっと現れてノエルを確保する圭一郎先輩w
その後ノエルの素性を知っても、怪しさ満載の彼に疑惑の目を向け続けるが、それをつかさ先輩に「甘いお菓子」で「どうどう」されてるのがクッソ笑ったw
なお、ノエルの妄想に出てきた国際警察の面々が、ただの家族写真にしか見えない、ともっぱらの噂である
*ルパンレンジャー
夜逃げの準備が早い初美花が笑いどころだったw
今回は玩具の販促もあってルパンレンジャーも出番は多かったが、どちらかと言うと振り回された感じか?
*ところで
全然出番が無いザミーゴさんのことも、たまには思い出してあげてください

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/24 21:01 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

2018/06/23のアニメ&特撮

今週は真面目にヤバくて駄目でした・・・
風邪かなんか判んないのですが、どうにもだるさが抜けず、仕事に行くのが精一杯
仕事場でも頭痛が酷くて、今週全体として忙しくなかったのが、不幸中の幸い
土日で何とか体力戻さなくては


来月から新しいウルトラマンが始まるので、今週のオーブクロニクルがレオ・アストラ兄弟を扱っていたんですけど
昔の特撮ってこうだったよねぇ、ふむふむ、と思うだけで無く
さり気なく凶悪なエピソードをぶっ込んでくるシナリオに引いてみたり
やっぱりセブン親父(モロボシダン)が、鬼教官であることを再確認してみたりでした
ちょっとはゲンのことを褒めようよ、ダン・・・


これでは確かに、最初からゼロをセブンに預けられなかった理由も、なんとなく察せるというものだ
こんなんで子育てしたら、ゼロがぐれるどころじゃ済まない(ぇ

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/23 19:05 | アニメ感想COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第二十一話

今日のルパパト

なんというか、戦隊物ではテンプレートとして昔から存在するシナリオなのですが、組織が二つに分かれていることをちゃんと活かした内容になっていましたね
*パトレンジャー
こういう組織ものだと、必ず出てくる面倒くさい上司に絡まれるパトレンジャー
色々言うワリに、自分が一番何もしないタイプが多いんだがな、こういう場合
なので、もうちょっと朔也がキレても良かったと思うんだけどね(ぇ
それでも自分の仕事に対して素直でしか居られない朔也と、それを見越して待ち受けてたヒルトップ管理官・・・
管理官、かっこええぜ!
で、圭一郎先輩・・・そのお饅頭は何ですか。国際警察の公式アイテムなんですか、経費で落ちたんですか
そして実物はどこに行けば買えますか(おい
*ルパンレンジャー
料理を台無しにされてキレそうな透真と、それをなにげに止める魁利、というさり気ない演出に目が留りましたね
そして今回の件、このジュレとグッドストライカーがいないと解決できなかった、という舞台作りが良いです
最後に、「冤罪かけられて酷い目に遭った」者同士の共感か、パトレンジャーにグッドストライカーを譲る透真が何ともニクイ
*毎年恒例追加戦士
怪盗と警察の間を渡り歩くそうですが、どういう風に振る舞うのだろうか?
そもそもそう言うキャラクターが、国際警察本部の所属と(嘘か本当か)言う時点で、パリ本部が無茶苦茶怪しいわけで
*職場の覇権争い
同期の出世が気にくわなくて、主人公戦隊のコピーを作って、組織を牛耳ろうとした人が居た戦隊なら覚えてますね
ジェットマンって言うんですけど

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/17 21:20 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

2018/06/16のアニメ&特撮

突然ですが、福井の恐竜博物館、今夏の特別展示にどうしても行きたい管理人です
8月の基調講演が、どうしても聴きたい!
しかし・・・判ってはいることですが、関東から日本海側に行くのって、一筋縄じゃいきませんな
どういうスケジュールで行くのがベターなんだろう・・・

そもそも福井県立恐竜博物館と言えば、やはり日本の古生物学聖地の一つですかr、いつか行きたいとは思ってたんです
しかし今夏、獣脚類と鳥類に関する特集をするとなれば、もう行くしかありません
日本での恐竜(というか古生物)に関する、ある種の先頭に立つ福井県立恐竜博物館が、この学説にどう向き合ってるのか

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/16 22:41 | アニメ感想COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

本当は見たかったシンカリオン~コラボ編~

前回のアニソン語りに「誰がために(サイボーグ009)」を入れ忘れた、という前置きをしつつ
平成に入る前までのアニソンで、これはと思うものを羅列してみましょう
「銀河旋風ブライガー」
「ラムのラブソング(うる星やつら)」
「空からこぼれたSTORY(名探偵ホームズ)」
「スターダストボーイズ(サジタリウス)」
「サイレント・ヴォイス(ガンダムΖΖ)」
「勝利のマシンロボ(マシンロボ クロノスの大逆襲)」
「夢色チェイサー(機甲戦記ドラグナー)」
「Get Wild(シティーハンター)」
「スターダストアイズ&サムライハート(サムライトルーパー)」

ガンダムは敢えて挙げないようにしてましたが、サイレントヴォイスだけは外せなかった
富野監督作詞のガンダム主題歌の中で、一番切なくて美しい曲だと思うので

で、この中でどれが一番かというと、難しいところなんですが
「空からこぼれ落ちたSTORY」
ですかねぇ・・・
NHK版の犬ホームズはマジで名作
OPからして素晴らしかった

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/12 21:55 | アニメ感想COMMENT(4)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第二十話

今日のルパパト

いろいろとカオスだった展開
しかし、2つに分かれている戦隊の状態を、上手く生かしたシナリオだった
*パトレンジャー
たまにキレッキレになる圭一郎先輩は、地味に怖い
と言うところで、クレーンに吊されて落ちて来たと思えば、つかさをお姫様抱っことか、ネタの絶えない圭一郎先輩

そして、国際警察の中にある情報漏洩元は一体?
ザミーゴが一枚噛んでいることは間違いないんだが、ルパンコレクションのことを考えると、事は単純じゃ無いように思える
次回は朔也にピンチが訪れるが、一体全体どうして
今週のお茶入れで可愛いところを見せた彼に何があった?
初美花は彼を助けるのか?(ぇ
*ルパンレンジャー
どんな奴でも、気合を入れている相手には弱い魁利
自分自身が「努力」して、勝利にコンプレックスを持って、そこから起こしたすれ違いのこと、気にしてるんだろう
だが、魁利は良いとして、ブランコに乗ってるトリガーマシンってシュール
*ルパンコレクション
コレクションは元々、ギャングラーの世界にある物だった
と言うことは、コグレが言う「アルセーヌ様」って、次元を超える能力を持っていたのか?
わざわざそんなことをしてまでコレクションを持ち去ったのは、もしかして世界平和のためだろうか
ドグラニオが999歳というのも、何か関係している気がする
過去、初代(?)アルセーヌが、ギャングラーからの侵略に備えてコレクションを盗み出し、一部を逆に戦力にしようとして、現在のトリガーマシンを生み出した、と仮定すると
ドグラニオはその頃にアルセーヌと邂逅しており、コレクションは取り返したに過ぎない、という話にも発展しそう
何より、トリガーマシンを作れる(た?)のはアルセーヌだけである。すると、国際警察のフランス本部には、彼(もしくはその類縁)が存在しているかもしれない
それが情報漏洩とどう関わるのか・・・は、今は何とも言えない・・・
*トリガーマシン
絶対できると思っていたけど、やっぱりできた「警察のも怪盗のも同時に付けられます」
これは6神合体への布石だ!(おい

*映画予告
つかさ先輩、見られてます(ぇ

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/10 18:52 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

2018/06/09のアニメ&特撮

先日アニソンを語りましたし、ちょっとだけ続きを
かつてのアニソンというのは、作品その物について歌っている物が主でした
主人公の名称を連呼する、作品のスタイルに合った歌詞で語る
自分も本質的なアニソンって、こういうところだと思ってる面があります

そんな自分の、1970年~1979年の中でベストのアニソンというと
「空飛ぶマジンガーZ」(マジンガーZ)
「真っ赤なスカーフ(宇宙戦艦ヤマト)」
「銀河鉄道999」(TV版・ささきいさお歌)
「薔薇は美しく散る」(ベルサイユのばら)

をお薦めしますね
作品その物とのマッチ率が驚異的です

特に「真っ赤なスカーフ」が一番好きです
♪あの子が振っていた、真っ赤なスカーフ
 誰のためだと言うのだろう

って言う歌詞から始まるこの歌が、最後に"真っ赤な地球"をバックにしながら、ヤマトがイスカンダルに向かう姿で終わるのがいいんです
つまり真っ赤なスカーフってのは、遊星爆弾で焼き尽くされて赤くなってしまった地球なんです
地球が、ヤマトの救いを待っているよ、っていう歌なんですよ

こんな切なくて良い歌ありますか

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/09 20:24 | アニメ感想COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

作品の時代性~原点とリメイク~

今日のルパパト
圭一郎先輩に注目が集まる回だったので、彼を除く5人が"みんなで"、何気なく協力してしまう、という物語性が良かった
*パトレンジャー
圭一郎先輩と付き合おうなどとと、なんという命知らずか、と思って観たら、末那ちゃんええ子やんか・・・
むしろ圭一郎先輩の、「駄目だけど、そこが良い」ところがまたもやクローズアップされ、本人の株がストップ高になっただけという
末那ちゃんに惚れられてるの、最初から判ってるんだ。判ってて、今の自分では答えられない。真面目だから。世界の平和のために本当に真剣に真面目だから。最終的に、末那ちゃんもそれ判って旅立ってる。何だよ、この純愛
みんな好きにならないわけじゃいじゃない、こんなキャラ
朝加圭一郎という漢、恐るべし
ちなみに、夢の中でぬいぐるみに囲まれデレデレの本性を剥き出しにしたつかさ先輩と、初美花が好きだけど写真集止まりで(成年として)自制している咲也の方が笑いを誘ったという・・・
圭一郎先輩のお巡りさん姿は永久保存版です(ぇ
*ルパンレンジャー
レッドとブルーの出番がアレだったけど、今回はこれでいいのかも知れない
今回のことで、初美花だけがパトレンジャー側と踏み込んだ関係になった。これは後々の伏線になるのだろうか
彼女を演じる工藤遥さんが、モーニング娘。で積んだ経験が活かされた演出も良かった
そして、この全員で圭一郎先輩を見守る光景がほっこりする
20180603.jpg
これ、いつか崩れる日が来るんだよね・・・
*ギャングラー
ギャングラー怪人の声が置鮎さんだったので、エラいエレガントな敵に聞こえました(中の人ネタやめい


はい、今日はダリフラが休みだったので、違うネタですよ

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/03 20:37 | 漫画考察COMMENT(0)TRACKBACK(0)  TOP

2018/06/02のアニメ&特撮

今はインターネットで調べれば何でも出てくる、と言われて久しいです
自分ももちろんパソコン世代で、様々な情報をGoogle先生に聞いています
しかし今この時代において、知識を正確に得る手段では、「本」に勝るものはないな、と思うこの頃です
特に自分のように生物学などが好きな人間にとって、研究成果をまとめてくださった本ほど、素晴らしいものはありません
昨今の考古学ブームで、カンブリア紀の「アノマロカリス」など有名になりましたが、wikiに書いてある情報量と、専門誌の情報量は雲泥の差があります
そしてその情報では、アノマロカリスを正確に理解するのは無理と言わざるを得ません
入り口はインターネットでも良いけど、識ると言う道に入ったら、ちゃんと専門書を見るべきですね

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/06/02 20:57 | アニメ感想COMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

ダーリン・イン・ザ・フランキス 第十九話

今日のルパパト

*ルパンレンジャー
ネタとしてはすごく真面目なのに、透真の入れ替わりネタでカオスなことに・・・
ただ、魁利の"覚悟"がどんどん昇華してきてるのが判った良回でもあった。間接的に、前話での圭一郎先輩の無茶振りから、何か学んだところはあるのかな
複雑な事情を話せないで居ることを誤魔化さない彼らと、以前の共闘のことがあるので、ある程度彼らに理解を示し始めていたパトレン2号のちょっとした会話を見るに、お互いの裏の顔が距離を縮めているのかな?
*パトレンジャー
やっている事は正しいのに、視聴者から見ると事態を混乱させているだけ、という狂言回しを上手く演出されたところに拍手
最後につかさ先輩が透真に話してた時、確実に彼女の透真感が「彼女に逃げられて、自棄になっている可哀想な男」になってたのが、かなり腹筋にきたw
圭一郎先輩もなにげに酷かったしね
あと咲也、お前は黙ってなさい
*ギャングラー
檜山さん、自重しる
あの声が聞こえてきた瞬間に、今回のお話での注目点を全部持って行きやがったw
なんて良い声ではっちゃけるんだ、あの御方は・・・
それにしても、ギャングラーにも『モテる』って概念があるんだなぁ
*次回予告
圭一郎先輩に惚れている日本国民なら、おそらく万単位で居る(確信)と思うんだが、それらを全て敵に回すキャラクターが出ると言うのか!?

続きを読む »

テーマ : アニメ・感想 - ジャンル : アニメ・コミック

2018/05/27 21:27 | ダーリン・イン・ザ・フランキスCOMMENT(3)TRACKBACK(0)  TOP

BACK  | BLOG TOP |  NEXT